大和郡山は平和のシンボル金魚の泳ぐ城下町

「憲法9条」がなかったらどんな日本になっていたのか想像してみよう

全体表示

[ リスト ]

昨日 二つの議案が修正され 一つの請願が採択された

 (篝詰住擦慮些杤だ気二つ、

◆〇毀韻諒欸髻Ψ鮃活動センター『サンライフのの存続』を求める請願の採択、

議会が緊張状態にある、理事側の提案を議会が市民的立場にたって判断・行動した結論と信じたい

この決議にあたっては

,砲弔い討六神11・反対10・退場2

△六神11・反対9・退場3ということらしい、

予算の減額修正ってなんや、、要るもんは要るやろという意見もあるだろうが、

不要不急なもの、予算に見合った的確性のないものはやはり自治体の財政状況を考慮し検討を

くわえるべきだ、

補正予算の減額修正の一つは

市役所前にある消防支所を解体して観光バスの駐車場に4900万円を計上

まず、市内中心部にある消防支所の有用性が損われる、

観光戦略上バスの駐車場を認めるにしても多額の経費をかけないで対応する方法を検討すべき

その建物は現在、消防支所となったが支所としての機能を廃止するにしても建物の有用性があり

無駄に解体すべきではない、過去には『大形梯子車』が入っていたのだからバスの入庫もOKや〜

減額修正の二つめは

市内に24屬療效呂鮃愼し緑地整備をとして2000万円計上

24平方メートルといえば7坪ほど いま市内の土地単価は坪当り高いところでも50万円、

土地代合計350万円として、7坪の緑地整備で坪当たり200万円以上もの経費をかけるのは

理解しがたい。

議会でどんな話で減額修正(前2項目については削除)になったんかは知らんけど

ともかく根回し中心で、予算などを減額というのは画期的なことやろ『ホンマはこうあるべきや』


◆\全蠅侶錙悒汽鵐薀ぅ佞里梁限魁戮

市民の健康増進の立場からいうと存続はあたりまえの話やろ、もともとそれを考えて作られた施設や

維持管理費などの経費負担については工夫せんとアカン事もあるかもしれんが、それと廃止は別問題やろ


請願といえば残念ながら効果の薄いものが多い、言い分が正当であってもまあ

聞き置くというようなことがおおい、、

しかしこの案件は当事者が市当局であり、議会の決議を無視した当該物件の転用や廃止計画は市長が

一人頑張っても困難が伴なうやろ

そこで心配なのはこれらの議決が僅かの差ということや、しかも議決の際、退場者がいてるということや

巻き返しや・寝返りも、また何処からかの圧力も予想される、、

どこまで踏ん張れるのかその真価が問われる事に

こんなときこそ市民が議会の傍聴を、議員を孤立させない支援を、、、

といいながら僕も傍聴したわけではないのだが、その役割を、、

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事