タクシン派が集会 バンコクで政府に抗議

 タイの首都、バンコク中心部を占拠していたタクシン元首相派が強制排除されてから4カ月目の19日、タクシン氏の支持者らがタイ各地で大規模な集会を開いた。 治安部隊との衝突で多数の死傷者が出たバンコクの民主記念塔の周辺では、赤シャツ姿で有名になったタクシン派の反独裁民主統一戦線(UDD)の支持者や学生らが政府に抗議した。 バンコクでは「非常事態宣言」が出されたままで、5人以上の集会は原則禁止。政府は短時間で解散することなどを条件にUDDの集会を許可したが、治安当局は警戒を強めている。【関連記事】政府系テレビ局に小型砲弾 バンコク バンコクの繁華街で爆発、1人負傷 タクシン派3カ月ぶり集会 混乱なく2時間で終了 テロ罪などでUDD幹部ら起訴 タイ検察 反タクシン派数千人が集会 非常事態下のバンコク 地盤沈下が加速する日本経済の取るべき作戦とは? すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事