千の歌う音

アニソンなんかをギターで弾いて歌っちゃえ!

全体表示

[ リスト ]

録音環境

半年以上ぶりの新作だったのですが、録音環境のお話を。


じつは前とほとんど変わってないんですね。

基本的には、コンデンサーマイクで録音するだけです。
ピックアップ付のギターを使用してる場合は、それを混ぜることもあります。

オーディオインターフェースは、E-MU 0404 USB。
さいきんはすっかり調子が悪くなってきて、出力時にブチブチノイズが入ったりします。
録音時にはなにも入らないのでまだ使えてますけどね。

コンデンサーマイクはRODEのNT2-AとNT1-Aの二本です。
E-MUに、直接コンデンサーマイクを接続します。
ピックアップの音を入れる場合は、NT1-Aではなくピックアップをつなげます。

ギターの音をマイクで録るときは、サウンドホールより、12Fあたりを狙ってマイクを向けます。
もう一本のマイクはブリッジ下辺りを狙って低音を録ります。
ちなみに今回の動画は、撮影した時にマイクが邪魔だろうから、かなり離してマイクをおいてありますので、ギターの音がちょっとふんわりぼやけて距離感ある音になっているのです。
歌の伴奏って考えるとこれくらいがいいのかもしれませんが、ちょっとぼやぼやしてますね。

今回のように、意地になって録音と動画を一発で収録する場合は、カメラをここでつかいますw
ビデオカメラは、Xacti MDX-HD800ですね。

Cubaseというソフトを使って録音します。

録りおえた後は録音したファイルを、せっせと加工します。
こっからが長いです。
音割れしないように、ほどほどの音量で録音したものを、各エフェクトで最適な音量に調整します。
コンプレッサーで音圧を増やしますが、ディレイを極小の利き幅でかけることでも音圧を増せますね。
あとはリバーブをかけてあげるくらいでしょうか。
なによりアコギの音は、EQが大事だと思います。
イコライザーで如何にアコギらしい音を表現できるかが勝負なので時間をかけますね。

音程調整のソフトは残念ながら持ってないので、歌で音が飛んでるところはスルーですw
歌の録音はNT2-Aだけで録ります。

音割れしないように調整したものをミックスして音源ファイルにします。

先ほど撮影した動画とミックスしましょう。

編集ソフトは、VideoStudio12です。
字幕を入れたりするのもけっこうやりやすいのでオススメですね。

そんな環境で動画製作しています。

環境は一緒でも、毎回ミックスのやり方が違うので、音源の雰囲気が全然違いますねw

まだまだ覚えることが多くて楽しいものです。

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

Quad様ー!!
level5-judgelightをお願いしたいです!!

2011/3/9(水) 午後 9:31 [ L=Lawliet ] 返信する

顔アイコン

なんのアコギ使ってるんですか?

2011/4/10(日) 午後 2:32 [ ネズミくん ] 返信する

顔アイコン

お返事が果てし無く遅くなりました!

orangelightswordさん
演奏動画を見たことはある曲ですが、どうにも難しそうですw
いつかブームが来たらってことで^^

ネズミくんさん
おそくなってしまってすみません!
ギターは、MartinのHD-28VやD-18、Taylorの110などです!

2011/7/11(月) 午後 7:36 Quad 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事