ここから本文です
Bonjour à tous !
Kumiです。
 
昨日、フランスサッカーチームLes Bleus20年ぶりの世界制覇を成し遂げました!!
Le 14 juillet 2日連続でフランス全土がお祭り騒ぎとなったのは言うまでもありません!!Bravo Les Bleus !!!
 
こちら仙台は、暑い暑い三連休でしたが、皆さんはいかがお過ごしでしたか?
 
私たちは大汗流しながら日曜大工、家仕事に励みました。
我が家は築40年で老朽化が進み、あちこちに不具合が出てきています。
水回り以外は、自分たちができる範囲でちょこちょこ修繕を試みていますが、かなりの重労働。
今回は、フィリップも私もだいぶ前から「なんとかしたい」と気になっていた寝室のボロボロの壁に、突如私が我慢できなくなり、ほとんど発作的に壁紙を剥がしてしまいました。計画があるわけでなく、やみくもに剥がしてしまったのでその痕は無残。「怒ってるの?」とフィリップに問われたほど。() いや、全然怒ってませんでしたよ。でも、こうなったら、直すしかない。留学中の娘の部屋に家具を移動し、作業を開始しました。始めは、ただ新しい壁紙を貼ればいいのだろう、日曜大工でできるものと高を括っていましたが、そんなに単純じゃないんですね。一級建築士の友人に相談したら、過程が多すぎてめまいがしてきました。まずは、壁に板を張って補強するところから。その後、板に灰汁止めを塗り、パテでデコボコを均し、はじめて壁を塗るか、壁紙を貼るかという作業に移れるのだと・・・あぁ果てしない・・娘が帰ってくる夏休みまでに果たして間に合うのか?大いに不安になってきました。()
というわけで、この連休、フィリップはひたすらべニヤを切り、壁に打ち付ける作業を。私は日に焼けたカーテンを新しくすべくひたすらミシンを動かし続けました。
フランス人は結構DIYが好きです。ちょこちょこ自分で壁を塗ったりすることはめずらしくないですし、私たちの友人には、内装全部自分でやっちゃう人が男女問わずいます。
皆さんもフランスに行ったとき、機会があればDIYショップを覗いてみてくださいね。思いのほか、楽しいですよ!CastoramaM.Bricolageなどがよく知られています。お店は殆ど郊外の大型店舗が立ち並ぶエリア。店の中には、こんなものまで自分でつけるのか、流し台から、バスタブ、シャワー室のモデル。色とりどりの壁紙やタイルのサンプル。照明器具も豊富で、大工仕事が好きな方は創作意欲を刺激されることでしょう。
郊外まで足を運べない方には、パリ市内にも素敵なお店があります。私のお勧めはHotel de ville の前にあるBHV。こちらはDIYというより、インテリアの充実したデパートです。ドアノブやカーテンレールなど細かいパーツに凝ったデザインのものが並んでいます。ソファやクッション、ベットカバー、テーブルクロスなど、もうどれもどれも素敵で、ついつい部屋の模様替えをしたくなってしまいます。
模様替えと言えば、この夏は、カルチェラタンも雰囲気を一新しました。椅子は赤に、窓辺は青に、トリコロールで涼しげになりました!

イメージ 1


 さてもう一方の週末土曜は、フィリップのプチフランス語ビデオ講座の更新日です。
イメージ 2
フランス語学習のポイントを毎週2分間でご紹介しています。私などは、かなりなんちゃってでフランス語を使っていますので、「おぉ〜!そうだったんだ!」と、目から鱗がボロボロ落ちてます。() コンパクトにポイントを絞っていますので、混乱することもなく、毎回すっきり納得の内容です。まだの方は是非一度ご覧ください。きっとお役に立ちますよ!
À très bientôt !

この記事に

開くトラックバック(0)

Bonjour à tous !
Kumiです。
 
暦は6月になりましたが、爽やかな良いお天気が続いていますね。
衣替えはお済ですか?
間もなく、梅雨に入るとヤマセが吹き、湿気寒い日がやってくる仙台ではありますが、今日のような日が続くと、ストーブは全部仕舞うべきか、悩んでしまいます・・・
 
カルチェラタンでは夏のスケジュールをアップしました。

イメージ 1

 
新規開講予定のクラスは、水曜、土曜のフランス語新入門、そして、火曜夜のラテンダンス新入門です。7月3日、4日、7日にそれぞれ無料体験レッスンを予定しています。ご希望の方は今月末までにご連絡ください。
 
土曜の文化講座では映画「Visages Villages」のシナリオを読んでいきます。
Visages Villages」の紹介はこちら

今月横浜で開催されるフランス映画祭では、この映画の紹介のため監督のアニエス・ヴァルダが来日予定でしたが、彼女の健康上の理由でつい最近中止になってしまいました。とても残念ですが、御年90歳ですから、長旅は大変でしょう。いつまでもお元気でまた素敵な映画を作っていただきたいですね。
 
さて、カルチェラタンの映画監督()フィリップも新しい動画のシリーズを作っています。
毎週テーマを絞り、フランス語学習のヒントをご紹介しています。パリの街並み、アパートの壁や屋根や様々な場所にフィリップが出没()してお話しています。皆さんの学習意欲を掻き立てること間違いなしです。毎週土曜更新です。是非ご覧ください。
 
À très bientôt !

この記事に

開くトラックバック(0)

Bonjour à tous !
 
Kumiです。
 
卯月最後の日曜日、第一回「Le pique-nique familial de printemps」を開催いたしました。

絵に描いたような晴天!暑からず寒からず、風もなく、爽やかで穏やかな最っ高のお天気に恵まれました!!
 
震災の年を除き、毎年欠かさず行っていた「Grand pique-nique」では、シェフのお料理をたくさんの方に楽しんでいただいていましたが、今年からは、少し趣を変え、家庭的に行うことになりました。お料理も我が家のピクニック料理を楽しんでいただくことに。

イメージ 7

 
今年のメニューは、

イメージ 1

 盛りだくさんのお料理たちです!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 どれも、家庭料理講座で取り上げたもの。
前回ご紹介した「海老と色野菜のマリネ」は、「家でもよく作ってます!」というお声をいただき嬉しかったです。

イメージ 8

パサつきがちの胸肉がしっとり美味しくなる「エスカベッシュ」

イメージ 9

 
好評だったのが、「鶏レバーのパテ」

イメージ 10

見た目はちょっと不細工ですが、味わい深さは食べてびっくり!レバー嫌いの人にも喜んで召し上がっていただきました。リクエストが多かったので、次回の料理講座でもう一度ご紹介しようと思っています。
 
そしてもちろん、バーニャのパン!

イメージ 11

 このライ麦パンは2.5キロもある特大サイズなんです!

イメージ 12

 
お腹がいっぱいになったら、デザートまでの腹ごなしにゆっくりおしゃべり。

イメージ 14

 
将棋の対戦も。

イメージ 13


 子どもたちは広い園内を駆け回って、元気に水遊びしたり。
子どものようにはしゃぐ大人たちも。()

イメージ 15

 
お腹に少し隙間ができたところで、チーズの登場。たっぷり7種類、フランスから背負ってきました!()

イメージ 16

 
2種類ご用意したデザートの一つ。これは生クリームのコクが癖になるブラン・マンジェ。

イメージ 17

 
暖かな陽差しの下、気が付けば陽が大きく西に傾いていました。

イメージ 18

 
とても贅沢に春を満喫できた一日でした。
秋にもこんなピクニックができたらいいなと思っています。既に秋バージョンのメニューを思案中です。
 
今日は少し不安定なお天気の仙台ですが、皆さんも素敵な連休後半をお過ごしくださいね!
 
À très bientôt !
 
 

この記事に

開くトラックバック(0)

お元気ですか?

Bonjour à tous !
Kumiです。
 
お元気ですか?
私は、今月初めにフランスから帰ってすぐ、珍しく酷い風邪をひき、熱と咳と体の痛みに苦しめられました。更に花粉症と時差ボケを同時発症していたので、体は辛いものの夜に眠ることができず、随分長い間しんどい思いをしました。最近になってようやく楽になってきました。健康の有難みを思い知らされた卯月です・・・
 
そんな私も3月はスペインとフランスで思いっきり楽しい時間を過ごし、一年分の命の洗濯をしてきました。
バカンスはいつもフランスだけだった私が、今回は8日間、スペインに滞在しました。アンダルシアのヘレス・デ・ラ・フロンテーラに留学している娘を訪ねてのこと。「今年は寒い」とヘレスの人たちは言うものの、仙台に比べたら、それはもう天国のような暖かさ。通りのオレンジの樹がたわわな実を付けていました。
人々もお天気と同様、陽気で温かく大らかで、隣の国でありながら、フランス人とはまた違った気性。ヘレスは小さな町であるせいか、時間までとてもゆったり流れている感じがしました。
パリに比べると物価が断然安く、二人で2000円も出せば、軽く飲んで食事ができてしまうのも嬉しい!
と、良いこと尽くめのようですが、
やっぱり困ったのはスペイン語が分からないこと。メニューを見ても??お店の人の英語の説明がなぜか全部スペイン語に聞こえ()、結局分からず仕舞。カルチェラタンのスペイン語クラスを取ろうかと真剣に考えました。()
セビージャの空港でパリ行きの飛行機を待つ間、あちこちからフランス語が聞こえ始め、安心するとともに、言葉が分かるって素敵!と心から思いました。
そんな、南国ヘレスからパリに着くと外の気温は3度。その上空港周辺にはうっすらと雪が残っている!パリは寒いですが冬でも雪が積もるのはとても珍しいこと。しかも3月も半ば過ぎで、これ程寒いのはちょっと不運でしたね・・・
さて、毎年親子3人でバカンスを楽しんでいた私たちが、今年は初めて娘のいない2人きりのパリとなりました。18歳になり(フランスでは成人です)好きな道を歩む娘の成長をとても嬉しく思う反面、パリのどの場所に立っても、小さい娘の手を引いて歩いていた日々が懐かしく思い出され、センチメンタルになることもしばしばでした・・・
その寂しさを埋めるがごとく、今年のパリでは踊りまくりました!
昼は自主練で、夕方からはレッスンで、夜中はクラブで!でも、8日間で30時間のレッスンは、アラフィフの身体にはさすがに堪えましたね。()
パリのラテンクラブは今年も熱気にあふれていましたが、一つ残念だったのは、バスティーユにあった「BarrioLatino」というクラブが姿を消してしまったこと。Barrio Latino90年代パリのラテンブームの火付け役となった場所、サルサを始めたばかりの私が初めて踊りに行ったクラブでした。そして、カルチェラタンのダンスクラスでもこの名前を拝借するほど、思い入れ深い場所でした・・・閉店のニュースは昨年から知っていましたが、看板がかけ替えられた店を目の前にすると、寂しさがこみ上げてきました。時代は移りゆくのですね・・・
そんな中、カルチェラタンのダンスクラスの方は素敵なニュースが2つ!
まずは、いつものメンバーがパフォーマンスをしてきました。
イメージ 1

いつもと違ったことは会場が市内の某高級ホテルのステージだったことです!こんな立派な会場に招かれたことは初めてで、ステージだけでなく控室もゴージャス!
3曲に加え、アンコールもいただき、宴会で盛り上がってる皆さんに更に盛り上がっていただきました!!
打ち上げのビールの美味しかったこと!!!

イメージ 2

そしてもう一つの素敵なニュースは、私の念願だったルエダのクラスを開講したことです!
ルエダは、ペアになった男女が輪になってパートナーを変えながら踊るキューバのストリートダンスです。
初めて出会った瞬間から、一瞬で心奪われました。「絶対習いたい!」と、よちよち歩きの娘を夫に預けパリで連日レッスンに通いました。サルサも始めたばかり、フランス語もよく分からない、その上先生はラテンの訛り。今思うと若さが成せる怖いのも知らずでしたね。()
「いつか仙台で自分のチームを作りたい」あれから15年、ようやくその日が来ました!
「すぐ美味しい、すごく美味しい」というCMが昔ありましたが、ルエダはまさにこんな感じ。出来てもできなくても瞬間瞬間が楽しい!そして、できたら更に楽しい!のです!この味、一緒に味わいませんか?水曜夜のクラス、まだ始まったばかりです。サルセーロ大募集のキャンペーンは今月いっぱいですが、5月中も年会費と体験料無料のキャンペーンを続けます!まずは一度お試しを!
 
開花が早かった桜が終わり、ケヤキ並木の緑が芽吹き始めた仙台、大型連休も間近ですね。連休中カルチェラタンでは毎年恒例のピクニックを今年は家庭的に行います。第一回Le pique-nique familial de printempsの報告をお楽しみに!皆さんも素敵な休日をお過ごしくださいね!
 À très bientôt !

この記事に

開くトラックバック(0)

Visages Villages

Bonjour à tous !
 
Kumiです。

一昨日、大雪でまた一晩で銀世界になったと思ったら、今朝は大雨でその雪がすっかり溶け、今は大風が吹いている仙台です。今日卒業式だった皆さんは大変でしたね・・・仙台は春になるととても強い風が吹きます。春近し、でしょうか?

カルチェラタンでも春のスケジュールをアップしました。
 
この春、土曜新設の文化講座では映画「Visages Villages」のシナリオを読み進めます。
この作品は、女性映画監督アニエス・ヴァルダと、建物の壁などに巨大な人物の写真を貼る表現方法で知られるアーティスト、JRの二人が映画作りの旅に出かけるドキュメンタリー。2017年カンヌ映画祭でL’Oeil d’or(最優秀ドキュメンタリー映画賞)を受賞しました。
 
昨年9月、石巻の日和山でこのJRのトラックに出会いました!

イメージ 2




その時撮ってもらった写真がこれ。

イメージ 1

正直言うと始めは私、あまり興味がなかったのです。だって、ただの大きなポートレートなんでしょ?って感じで。しかも自分のドアップ写真なんて絶対恥ずかしいと思っていて・・・でも、実際印刷された写真を目にしたとき、なんだか不思議な感動がありました。この写真が自分の家の壁や町の建物に貼られた姿を目にするとしたら・・・?映画の中の人々の反応と笑顔に納得してしまいました。
このクラスはフランス語のレベルに関係なく受講いただけます。
おばあちゃんと孫ほどに年の離れたヴァルダとJRの二人が作り出す世界、そして人々との交流の様子を、フランス各地の美しい風景とともにお楽しみください!
 
新講座は他に、フランス語新入門水曜午前も開講予定。無料体験レッスンは11日(10301115)です。お問い合わせお待ちしています!
 
そして、来週金曜から教室は春休みを頂戴し、私たちはフランスに滞在します。私は久しぶりに連日ダンスレッスンの予定です。もちろん、食べる!呑む!も外しません() ニュースをたくさん抱えて帰ってきますので、お土産話楽しみにしてて下さいね!
 
À très bientôt !
 

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事