アクシバの雑記帳

記事に関係のないまたはそのような部分を含む書き込みやTBは削除させていただきます。

雑記帳

すべて表示

ノビネチドリ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

昨日アップしたコバイケイソウを撮った場所からさらにゲレンデを横切る道路で上っていくとノビネチドリ(延根千鳥・ラン科テガタチドリ属)が群生する場所が見つかりました。和名の由来はWikipediaによると、テガタチドリ(手形千鳥)の根茎が掌状(=手形)であるのに対し、こちらは単に「延びる根」であるので延根となりました。
 ノビネチドリはブナ帯〜針葉樹林帯で林縁の湿った場所や沢沿いの草地に自生する多年草。図鑑記載の草丈は30-60センチ。ここの個体は15-20センチ。
図鑑記載で5-10個ある葉は楕円形〜狭長楕円形(長さ7-15センチ・幅2-6センチ)で縦に筋があり縁は波状に縮れます。
淡い紅紫色で径1センチ程の花は穂状にびっしり付きます。背萼片1個と側萼片2個は狭い卵形で長さ約5ミリ。側花弁2個は萼片より小さく、唇弁は萼片よりやや長く先は3裂。花の後ろから湾曲して前に伸びる白色のものは距で長さ約3ミリ。なお、苞は披針形。子房は長くて捻じれ、花柄はごく短く目立ちません。長野県王滝村にて、
16日(日)撮影。

その他の最新記事

すべて表示

拝借したアカタテハ

2006/9/24(日) 午後 8:08

のこさんから拝借したアカタテハです。後翅裏面の模様からアカタテハと同定できます。

ヒメアカタテハ

2006/9/24(日) 午後 4:34

2005年に撮ったヒメアカタテハです。参考用にアップしておきます。



.


みんなの更新記事