アクシバの雑記帳

記事に関係のないまたはそのような部分を含む書き込みやTBは削除させていただきます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全613ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

コバイケイソウ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

昨日アップしたクガイソウを撮った後はゲレンデを何度も横切る道路を上っていくと、草地にすっくと立っている5株のコバイケイソウが目に入りました。従来の分類ではユリ科でしたが、DNA分類体系準拠ではシュロソウ科で、属は変わらずシュロソウ属です。分布域は北海道および本州の中部地方以北で主に亜高山帯の湿った草地に自生する多年草。全草有毒。草丈は0.5-1メートル。花は数年に1度咲く(3-4年ごととも)と言われ、今回花に会えたことは非常に幸運でした。
 互生する葉は広楕円形(図鑑の記載は長さ10-20センチ・幅5-10センチ)で、茎の基部は鞘となって茎を抱きます。茎頂につく大きい円錐花序に白色の小さい花(径1センチ弱)を沢山咲かせます。直立する花序に両性花、側枝の花序に雄花が付きます。花被片6個は長楕円形(長さ6ミリ程)、オシベ6個、花柱は3個。もちろん、雄花の花柱は退化しています。長野県王滝村にて、16日(日)
撮影。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

クガイソウ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

王滝村の集落を離れて林道に入るとクガイソウに出会いました。従来はゴマノハグサ科でしたが、DNA分類体系準拠ではオオバコ科です。属は変わらずクガイソウ属。分布域は本州に限られ、山地で日照のある草地・林縁に自生する多年草。手元の図鑑記載の草丈は0.8-
1.3メートル。
葉は長楕円状披針形(長さ5-18センチ・幅2-5センチ)で、先は尖り、縁には数多くの鋸歯があります。手元の図鑑に葉は4-8個が輪生とありますが、ここで見たのは概ね6個でした。
 淡紫色の小さい花は茎頂に出る長い穂の総状花序(ここでは長さ10-20センチ)に多数つきます。筒状の花冠(長さ6-7ミリ)は先が浅く4裂します。オシベ2個にメシベ1個。雄性先熟で多くの場合メシベはオシベより遅れて伸び出します。長野県王滝村にて、16日(日)撮影。

この記事に

開く コメント(6)[NEW]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

昨日アップしたイケマを撮った後は王滝村に移動し、まずはダム道路の脇に咲いていたオオダイコンソウ(バラ科ダイコンソウ属)の花を撮りました。オオダイコンソウは山地の草地などに自生する多年草。図鑑記載の草丈は60-100センチで、全草に白い開出毛があります。
 托葉は扇形で縁に粗い歯牙があり(2段目角丸写真内)、茎葉は3個の小葉からなり平開しない側小葉は斜上気味となります。黄色い花(径15-20ミリ)は離弁花で5個の花弁がありますが、ここの個体には5個以上の花弁を持つ花も目立ちました。オシベ・メシベ共に多数。ちょっと離れたところにダイコンソウもあり、根生葉と花をそれぞれ並べて撮りました。
下の2枚は近くの山側でカラマツ林の林床に出ていたハナビラタケ(ハナビラタケ科)。カラマツやツガなど針葉樹の切り株や根元に出るキノコで、径10-30センチ。写真の個体は13センチ程。花びら状の傘が多数集まってハボタン状となり、新鮮なものほど白く時とともに淡い黄色を帯びます。

この記事に

開く コメント(4)

イケマ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

16日(日)に訪れた長野県木曽町三岳では林縁の低木にイケマが絡み付いて花をつけていました。従来の分類ではガガイモ科カモメヅル属でしたが、DNA分類体系準拠ではキョウチクトウ科イケマ属となりました。イケマは山地林縁に多いつる性の多年草で、長く伸びる茎を切ると白色の乳液が出ます。 
 膜質の葉は卵心形(図鑑の記載は長さ5-15センチ・幅4-10センチ)で、先は尾状に尖り長い柄があります。花は葉腋から出る花柄(図鑑の記載で長さ6-12センチ)の先にほぼ球形の散形花序に多数つきます。花には花冠と副花冠とがあり、淡い黄緑色で5裂し初めは平開しのちに外側に反り返るのが花冠で各裂片の長さは4-5ミリ。内側にあって白色で花弁状の5個が副花冠で長さ3ミリ程。副花冠はそれぞれ2裂し、裂片の間に蜜があります。なお、花の中央部に見える5個の白片ですが手元の図鑑に説明はなく、web上にこれを「葯の付属体」とする記事があります。

この記事に

開く コメント(6)

イワガラミ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

16日(日)は少しでも涼しい所をと長野県木曽町三岳と王滝村を訪ねました。いずれも御岳山の登山口があります。まずは三岳で道路沿いの擁壁の上で咲いていたイワガラミの花。従来の分類ではユキノシタ科でしたがAPG植物分類体系靴任魯▲献汽げ覆如属は変わらずイワガラミ属。イワガラミはつる性落葉木本で、「岩絡み」の名の通り幹や枝から気根を出して岩や樹に取り付いて登り、図鑑の記載で普通7-10メートル時に10メートル以上に達します。
対生する葉は広卵形(長さ5-15センチ・幅3-10センチ)で長い葉柄(3-10センチ)があり先は尖ります。縁には不揃いな鋸歯があります。花は両性花とその周りの装飾花で散房花序(径10-20センチ)となります。両性花の5個ある花弁は先端がくっついた帽子状で開花と同時に落ちます。オシベは10個、花柱は1個。装飾花はふつう白色で脈の目立つ萼片1個で、両性花は退化するかあっても小さくて不捻です。

この記事に

開く コメント(4)

全613ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事