旦那と私の最終章

最愛の旦那が逝ってしまった。再び会える日を待ちながら

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

渡辺淳一
あとの祭り(週刊新潮)
「何故田母神論文が生まれたか」

このところ、田母神航空幕長の話題が新聞やテレビで大きく取り上げられている。

この男が発表した論文、確かに狂って的外れだが、それを取り上げるマスコミの意見も、同様に少し的を外れているように思うのだが。

〈知らないだけ〉
日本は朝鮮半島や中国大陸に相手国の了承も得ないで、一方的に軍を進めたことはない。わが国は蒋介石により、日中戦争に引きずり込まれた。日本が侵略国家だというなら、当時の列強で侵略国家でなかったのはどこかと問いたい。アジアの多くの国が大東亜戦争を肯定的に評価しているのに、日本が侵略国家だというのは濡れ衣である。

以上が旧田母神論文の要旨だが、これが誤りであることは明白である。

事実、1995年に発表された村山談話で、昭和期の戦争について、日本が国策を誤ったこと、植民地支配と侵略により、アジア諸国の人々に損害と苦痛を与えたことを明確に認めている。

だが、田母神氏は、これは誤りだという。日本はアジア諸国、朝鮮も中国も侵したことはなく、侵略は濡れ衣だという。

何故空漠長の要職にいた男が、こんな馬鹿げたことを言うのか。

理由は簡単である。日本の過去の事実をほとんど知らされず、体験もしていないからである。


〈非道の数々〉
日本が戦争に敗れたとき、私は小学六年生であった。

当時、私は札幌に住んでいたが、その前、小学生低学年のときには、北海道でもっとも大きな炭坑があった砂川に住んでいた。

此処で、私は信じられない、恐ろしい情景を目撃した。
まず、砂川の市街を外れた丘の下、山峡を流れる川のほとりに炭坑労働者の飯場があった。たまたま親戚がその丘の上で新聞販売店をやっていたので、時々遊びに行ったが、「下の川べりに行ってはいけない」と厳しく言われていた。

そこには、朝鮮人の飯場があって、腹を減らした労働者が「アイゴーアイゴー」と言って泣き、時々殴られている、と聞いていた。

また、あるとき、表通りが騒がしいので出てみると、裸同然の朝鮮人労働者が、棒に両手と両足を縄で吊るされたまま運ばれていた。大人たちの噂では、日本人の棒頭に逆らって制裁を受けたのだと言っていた。

そしてある冬の日、私の家の屋根の雪下ろしに来た朝鮮人に、母があたたかいお握りを渡すと、涙を流して喜んでいた。

彼らはなぜ日本にきて、このような過酷な労働にたずさわっていたのか。理由はただ一つ、日本軍に一方的に捕らえられ、強制的に連行されたからである。

子供の世界でも、朝鮮人はすぐに泣くといって馬鹿にしていたし、中国人は「チャンコロ」と呼んでいた。

この傾向は戦後も続き、在日韓国人は公務員や一流企業に勤めることができなかった。

たしかに、欧米諸国もアジアを植民地化したが、日本は朝鮮人すべてに日本語を強要し、名前を日本式に変えさせて、文化まで破壊した。

敗戦まで、日本人はどれだけの朝鮮人と中国人を強制連行して、炭坑などで過酷な労働をさせたのか。その数、百万ともニ百万ともいわれているが、今、日本で生活している韓国系の人のほとんどは、この人たちの子孫である。

こんな過去がある限り、北朝鮮を巡る六カ国協議で、日本が訴える拉致問題に対し、中国や韓国が積極的に支援してくれないのは、当然トいえば、当然である。


〈教科書で教えろ〉
口上の事実に加えて、戦時中のあの異様な軍人の威張り方、そして朝鮮や中国への蔑視教育を思い出したら、日本が侵略戦争をおこない植民地やそこに住む人々に過酷な仕打ちをしたことは、疑いようのない明白な事実である。

この傾向は戦後も続いたが、幸か不幸か、田母神氏はそれを知らない。なぜなら戦争が終わったとき、彼はまだ生まれていないからである。
ならば、これらの事実をしっかり学ぶべきである。

しかし、彼が小学校から中学校に進んだ頃、日本の歴史の教科書では、それらの事を全くといっていいほど教えていなかった。教科書は明治維新までで、そのあと日韓併合や日支事変の実態についてはほとんど記されていない。

これでは、侵略戦争はなかった、と思い込むのも無理はない。

そして、彼の言動を批判しているマスコミも、かつての日本については、あまりよくわかっていない。

実際、今回の事件について新聞の社説などでは「言論の自由をはき違えている」「歴史観を述べるのは空幕長の仕事ではない」「文民統制に問題がある」といった、現実離れした記述ばかりで、侵略は事実か否かについては触れていない。

要するに、今、マスコミの第一線にいる記者たちも過去、日本が犯した罪については何もわかっていない、

こんなピンボケ状態を正すにはどうするか。

最も重要なことは、歴史教科書にきっかり、かつて日本は侵略国家で、アジアの国の人々を苦しめたという事実を、明確に記すことである。

自分たちの国の犯した罪を子供にしっかり教える。それを知らされるのは辛いことだが、そうすることでしか、アジア諸国との真の理解は生まれないだろう。



〈コメ〉
渡辺淳一氏が「週刊新潮」最新号で田母神論文騒動について持論を展開しています。

戦後に生まれた人間には日本が犯した罪についてはわかっていないそうです。

開く コメント(2)

党首会談はけなしあい

【産経抄】党首は、政敵をこきおろすだけでなく、正々堂々と言論でやりあってほしい


「2人は会談後、『新たな改革の時代』を切り開かねばならないとの声明を発表、党派に縛られた『あしき習慣』の変革をうたい、超党派の協力を誓った」。賢明な読者はおわかりだろうが、この記事は、月曜の麻生太郎首相と小沢一郎代表との党首会談を報じたものではない。

▼同じ日に米シカゴで開かれたオバマ次期米大統領と敗れた共和党のマケイン上院議員との会談に関するものだ。声明は「あらゆる党派の米国民が指導者の結束を望み、必要としている」と強調、金融危機や安全保障など重要政策に超党派で取り組むと約束している。

▼両陣営は、激しい中傷合戦を繰り広げていたが、戦い終わればノーサイド。敗軍の将・マケイン氏が、私情よりも国家を優先してオバマ氏の本拠地を訪ねて新政権に協力を約束した姿は、感動的ですらある。

▼それにひきかえ日本は、とは書きたくなかった。日本と米国は歴史も国情も違う。
政治制度だって大統領制と議院内閣制では大きく異なり、 一長一短がある。しかし、麻生・小沢会談の結末は、感動とはほど遠いものだった。

▼小沢氏が「早く第2次補正予算案を国会に出せ」と迫ったのは正論だが、関係ない新テロ法改正案の採決をホゴにしたのは筋が通らない。首相も「永田町のあしき習慣をともに打ち破ろう」と持ちかける大胆さに欠けていた。

▼会談後の双方の会見も相手を非難するだけでみっともなかった。党首は、政敵をこきおろすだけが商売ではない。議会人なら密室の場ではなく、国会で徹底的に論議を尽くすのが筋だ。
そのために党首討論があるのに今国会は一度も開かれていない。
どちらがこの国の指導者としてふさわしいか、一刻も早く正々堂々と言論でやりあってほしい。



(産経抄)

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/196924/

〈コメ〉


マスコミの大半を見方につけている強みか、小沢氏は変に強き、麻生氏は半ばふて腐れる。

国民は二の次三の次。

開く コメント(0)

【元次官ら連続殺傷】毎日新聞、「ネットに犯行示唆?」の記事についてのおわび文掲載

おわび:「ネットに犯行示唆?」の記事について元厚生事務次官の吉原健二さんの妻靖子さんが宅配便を装った男に胸などを刺されて重傷を負った事件について19日未明、「ネットに犯行示唆?」などの見出しで、ネット版の百科事典「ウィキペディア」に犯行を予告するような書き込みがあったと報じましたが、書き込みの時刻は事件前ではなく、事件の報道後でした。おわびして訂正します。

毎日新聞 2008年11月19日 

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081119k0000e040034000c.html

〈コメ〉
ネットに恨みがあってもこれはね。

毎日も末期症状ですね。

開く コメント(0)

【コラム/潮匡人】田母神論文に対する「みのもんた」「大谷昭宏」の罵倒…反応したくないが、放言にも程があろう

もはや「良識の府」(参議院)と呼ぶに値しない。「招致」した田母神「参考人」の反論を封殺、与野党で「反省」を迫る。

総理は元部下を呼び捨て、防衛大臣は目も合わさない。なんと冷淡な政治か。

毀損(きそん)されたのは田母神氏の名誉と空幕長職の尊厳性だけではない。

近代憲法上、最上位を占める精神的自由、その根幹をなす表現の自由すら侵害された。奪ったのは、他ならぬ「文民」である。

テレビにも呆(あき)れた。投稿文同様、どこも中継せず、発言を切り貼(ば)り編集したあげく、非難の大合唱。当日昼には日テレで

「みのもんた」キャスターが「懲戒免職」を主張、夕方の「スーパーJチャンネル」(テレ朝)では大谷昭宏コメンテーターが「単位が取れないような論文」「まさに稚拙そのもの」と罵倒(ばとう)し、こう述べた。

「稚拙な方が、航空自衛隊のトップに立っている」「今回あんまりバカバカしいから中韓もあんまり反応してないんですね」「これ1回ですね(中略)締め直す、徹底的に締め上げる」「制服組をきちんと締め上げられるかどうかだと思いますね」

隣の小宮悦子アナも「稚拙ですよね」「文民統制という言葉を勉強していただきたいですね、ぜひ」と追従。

反応したくないが、放言にも程があろう。ここまで言うなら、自分で論文を書いてみろ。本来の文民統制に加え、法の支配や立憲主義、人権の不可侵性も基礎から勉強し直せ。
彼らこそ1度、徹底的に締め上げてはどうか。(評論家 潮匡人)

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/dan/196935/

〈感〉
大谷もみのも果たしてこの論文を読んだのだろうか。

大谷は仮にもジャーナリストなのだから、読んできちんと検証するのが先であろう。

まあ、鳩山氏も読んでいなかったのを、慌てて秘書がとりよせたそうだから。

「ばかばかしいから中韓も反応していない」というが、文句は言っていますよ。

それより、中国は国内が大変なことになっているのにそれどころではないのが現状だろう。

ワイドショーに出まくって好きなことを言っている暇があったら勉強したら。

特にテレ朝やTBSは局の方針の思い通りに喋ってくれるコメンテーターばかり並べ、口を開けば同じことばかりを言うように教育し、高いギャラを払っているからね。

麻生首相も漢字が読めないことでバッシングされるより、ご自分の思想をきちんと発言して、それを批判された方がまだかっこいいと思うが。

開く コメント(0)

【日露中】対馬だけじゃない!露中土地買い標的は「横須賀基地」…所有者が防衛大臣に連絡


神奈川県横須賀市にある海上自衛隊基地や米軍基地が見渡せる高台の土地を、中国やロシアの関係者が購入しようとしていることが18日、分かった。

外国関係者の思惑は不明。国境の島・対馬(長崎県)の自衛隊基地周辺の土地が韓国資本に続々と買収されていることが安全保障上の問題となっているが、同様の危機が全国規模で広がっている可能性がある。

福田内閣で防衛相を務めていた石破茂農水相(写真)の事務所に、神奈川県在住の男性から連絡が入ったのは今年に入ってからのこと。次のような内容だった。


「私は横須賀にある自衛隊基地や米軍基地が見渡せる高台の土地を所有している。宅地にも商業用地にも向かない場所だが、最近、業者を通じて『売ってほしい』と頻繁に連絡が入る。不審に思って調べてみると、中国やロシア関係者の依頼だった」

このため、石破事務所では男性から何度か事情を聴いた。

男性は「安全保障上の問題があるのでは。私は外国人には売る気はない」と語ったという。

福田内閣末期となり、石破事務所は防衛省関係者に事案を引き継いだ。

横須賀は多数の入り江を形成する天然の良港で、明治以来、海軍鎮守府が置かれて軍都として栄えた。

戦後、横須賀本港や隣の長浦港には、海上自衛隊地方総監部や米海軍横須賀基地などが設置された。

海自が誇る護衛艦隊や潜水艦、掃海艇部隊だけでなく、米第7艦隊の巡洋艦や駆逐艦なども配備されており、今年9月からは米原子力空母「ジョージ・ワシントン」も事実上の母港として配備された。

港近くまで山が迫っているため、横須賀には港が一望できる高台がいくつかある。記者は地方総監部裏にある高台に登ってみた。高台の下から直接登る道はなく、迷路のように入り組んだ細い道を通って、やっとたどり着いた。住宅や商売に向く場所ではない。

高台の空き地に立つと、「おおなみ」などの護衛艦数隻をはじめ、8月に退役した南極観測船「しらせ」などが目の前に見える。地図を確認すると護衛艦が接岸する桟橋まで300メートルもない。

双眼鏡を使えば、右奥にある米海軍基地への艦船の出入りも把握できそうだ。

近くの住人は
「以前、過激派があの高台周辺から基地に何かを撃ち込んだことがある。警察も時々、『何かありませんか』と訪ねてくるが、出入りを防ぐような柵もない。そういえば、前の道路で外国語を話す不審な人間を見かけたことがある」と話す。

この高台については、2004年からの自衛隊イラク派遣で第1次復興業務支援隊長を務め、サワマの住民から「ヒゲの隊長」として親しまれた自民党の佐藤正久参院議員(写真)も視察している。

http://www.zakzak.co.jp/top/200811/image/t2008111835satou.jpg

「現場に行ってゾッとした。RPG(携帯型ロケット推進てき弾、射程数百メートル)などで狙われたらひとたまりもない。当時、衝突事故を起こしたイージス『あたご』も停泊していたが、甲板上の乗組員の動きも確認できた。地理的条件は仕方ないが、何か対策を取らなければならない」

最近、対馬の自衛隊基地周辺の土地が韓国資本に次々と買収されていることが永田町で問題になっているが、横須賀のこうした高台についても、安全保障上警戒すべきではないのか。

佐藤氏は「サマワでは敵対勢力の攻撃を受けにくく、近づく者を発見しやすい砂漠の真ん中に基地を設営した。今回の場合、『保安用地』や『バッファゾーン(緩衝地帯)』として、国が所有者から土地を借り上げたり、購入したりすべきではないか。日本はもっと安全保障について真剣に考えなければならない」と話している。

ソース:ZAKZAK(2008/11/18)
http://www.zakzak.co.jp/top/200811/t2008111835_all.html

〈コメ〉
米軍はこれを知っているのか。

だんだん露骨になってきたね。

政府が弱腰ではホントに困る。

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事