旦那と私の最終章

最愛の旦那が逝ってしまった。再び会える日を待ちながら

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

星野仙一という虚像 


 

コーチを叱る楽天星野の組織マネジメント

一球への集中力
 楽天の進撃が、少し夏休みとなった。対西武戦の連続サヨナラ負けで勝ちゲームをふたつ落とした。課題であるブルペン陣が崩壊。星野仙一監督はベンチで暴れた。それでも2位ロッテとのゲーム差は、5.5。最短22日にも球団創設以来初の優勝マジックが点灯することには変わりない。マー君の21連勝記録に続いてマジック点灯となれば、チームは、早々と、夏休みを切り上げて勢いを増すだろう。(THE PAGE)

この記事を書いている駒沢悟とか言うスポーツライター。星野とは旧知の仲らしい。
オムライスの恩恵はいまだに効いているのか。
それとも、ローレックス? 温泉ご招待、ずばりお金。
いろいろと想像できますよ。
ほかにも、
実況アナの島村(落合と懇意だったのに、いつの間にか星野べったりになっていた)とか
スポーツライターで明大の先輩の工藤健作(『日本のプロ野球をだめにした9人』とか言う本に落合をしっかりと入れていた)とかまあ、いろいろといらっしゃます。
 
 
今年、異常なまでに調子のいい楽天。
特に若手左バッターのどんなボールにでも対応する、
打ち損じなどない状況を見て、
あの、10年前の阪神の優勝を思い出している。
 
あの時は今岡だった。今岡がいい打者なのは知っていたが、野村監督と相性が悪いと言われており、成績もいまいちだった。それが星野監督になってからバカみたいに打ち出した。
どんな球でも打ちに来て、打ち損じがほとんどない。
意地悪くみていたせいもあるが、打席に入ったときの目つきが怪しかった。3塁方向ばかりきょろきょろ見ていた。それも、塁に走者がいるときばかり。
 
東スポだったか忘れたが、当時、ヤクルト側が神宮で阪神とやるときに「バックスクリーンを調べてみろ」というようなことを言っていたらしい。
 
ダイエーとの日本シリーズでも城島が相当神経を使ったという情報もあった。
 
 
今年の楽天の若手の左打者も本当におかしい。
どんな球でも当ててくる。
これは主観だが、やはり星野が絡むとおかしくなる。
 
そして、予想通り、今首位を走っているから、星野の子飼いのライターがやはり、持ち上げ報道を始めた。
阪神の監督に就任した当時、
「マスコミも戦力のひとつ」とおだて、バカなスポーツ新聞を骨抜きにした手口は今も生きているというわけか。
北京五輪での失態も一部マスコミを除いて、ないことにさせ、星野の御用新聞の産経スポーツにV待望号まで出させる 抜け目のなさ。
 
おそらく、北京での汚名返上のためにどんな手段を使ってでも勝ちに来るだろう。
 
ひとつ違うのは表向きスタッフとコーチのおかげを装っていること。
 
優勝して勝ち逃げ、そしてコミッショナーへの道。
それを貪欲に狙うこの男には謙虚さなど微塵もない。
 
選手は持ち駒に過ぎない。
かわいそうに。
 
 
 

 

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

【メディア】パナソニックの“逆襲”始まる CM拒否の最初の矛先はTBS? [13/08/18]

 まず、最初の矛先はTBSか。

 パナソニックが反撃に出た。
 同社が発売したネットテレビ『スマートビエラ』のCM放送を、民放各社が拒否したためバトルが始まった。
 
怒ったパナソニックは決算も莫大な赤字('13年3月期で純損失7542億円、'12年3月期は純損失7721億円)ということもあり、番組に広告提供する『タイム枠』などから撤退を決定。
今後はテレビの宣伝費を大幅に減らしていく方針だ。

具体的には、秋からTBS月曜午後8時枠『月曜ミステリーシアター』の単独提供から撤収、複数提供社の1社になることにした。
 
現在は小泉孝太郎の『名もなき毒』が放送されているが、視聴率は10%とるのが精一杯で低迷しているのも要因の一つだ。
「パナソニックの広告宣伝費は日本でもトップクラスの額。'12年3月期は746億円だったが、'13年3月期は、巨額の純損失を出したせいか111億円減らした。それでも635億円。'14年3月期はさらにその半分に減額しようとしている。『スマートビエラ』の報復措置が始まった、
とテレビ関係者は戦々恐々です」(広告代理店関係者)

パナソニックが提供する月曜午後8時枠は、かつては『水戸黄門』『大岡越前』が放送されていた伝統枠だった。1969年から2011年12月の『水戸黄門』打ち切り後も提供を続けていた。
 
それだけに、今回の単独提供枠から複数枠への移行はTBSに対し意趣返しに出たとみてもおかしくない。
「TBSとは今後、関係を希薄にしていくとみられている。撤廃対象はTBSラジオの一部番組や秋のゴルフ番組も含まれているそうです」(番組制作関係者)

ドラマ『半沢直樹』の大ヒットに沸くTBS幹部も難題山積みで、今後もパナソニックの出方が注目される。

ソース:週刊実話
http://wjn.jp/article/detail/5214487/

関連過去スレ
【放送/家電】民放各局、パナソニックの新型テレビCMを拒否:大手広告主のCMを流さないのは極めて異例 [13/07/06]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1373104145/


お見事!!
 
長年の悪行に罰が当たる日も近い。
 
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事