旦那と私の最終章

最愛の旦那が逝ってしまった。再び会える日を待ちながら

雑感(書籍・雑誌)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

「私は小沢に勝った」

以下週刊新潮最新号より
「悪魔の人命辞典・か行『菅直人』」


菅直人
 
 相変わらず韓流人気のご時世に支持率を下げ続ける韓流政治の担い手。もはや求心力はゼロで、そのうえ半年間も仮免許で運転していたと自白し、道路交通法違反の疑いも生じている。菅氏を民主党代表に選んだことを遺憾に思う支持者から、総スカンを食らっているが、幸せなまでに鈍感なため、あと2年、首相を続けるとほざいている。だが、民主党の屋台骨に磨きをかけるはずの鉋音(かんなおと)は、すっかり錆びついている。


以下週刊文春最新号「ドン菅首相今年もカン違い 新年大放言『私は小沢に勝った』『官房長官はお気の毒』」より抜粋


年が明けても、菅氏の“絶好調”は止まらない。盛り上がりに欠けた「公邸開き」でも、一人鼻息が荒かったという。
「焼酎をロックでグイグイ飲んで、酩酊とはいかないものの、かなり上機嫌でした。『小沢に配慮する必要はないんだ。結局、参院の輿石だってこっちの言うことを聞いているだろ』と熱くなっていた。会の最後に『私自身、権力は好きではありませんが、やっぱり政治は権力が大切。思い通りやるために権力を掌握して頑張る』と言うと、自ら音頭を取って、『ガンバロー』と拳を振り上げました」
 全くへこたれない様子の菅首相。4月の統一地方選が近づいても、“ドン菅”のままなのか?


<ケ>
引きづり下ろされたとき、「何故だ」となるか。
 

開く コメント(0)

「顔が売れすぎて生活に支障も」池上彰の全番組降板騒動 真相は政界進出か!?
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20110108/Cyzo_201101_post_6315.html

「民主党から出馬するための準備をしているらしい」
 
こう語ったのは情報収集力に定評のある、ライバル自民党の若手議員だ。
「池上さんは向こうの某大物議員と非常に親しい関係にあって、密会も増えているそうですよ。そもそも彼の解説をよく聞けば分かりますが、例えば中国の親日の動きを絶賛する一方でマイナス面は語らないなど非常に偏っていて、それらは民主党の政策に都合の良い発言ばかり。解説という名のもとに政権交代を必死に後押ししていた人でもあるので、民主党から出馬する噂を聞いても驚くことではないです」
 
もし出馬するとなれば、早めのテレビ撤退は絶対条件となる。過去の番組で池上氏は確かに「中国人観光客がたくさん買い物をしてくれており、日本の景気に欠かせない。やがて都内一等地に中国人がたくさん住むようになる」と語ってはいたが、マイナス面である水資源を狙った土地買い占めについては一切触れなかった。
 
また、昨年9月のフジテレビの番組では、麻生太郎元首相がホテルの高級バーで飲んでいたことに対し、菅直人首相がラーメン店の常連だとして「高級料亭とはずいぶん違う」と安易な比較論で自民党を痛烈批判していた。
 
現時点で出馬のための降板かどうかは判断がつかないが、既に著書がベストセラーになって億単位の印税が入っていると言われる池上氏。金に困らない彼が政界関係者と会うとすれば、そこは料亭? それともラーメン店?


<ケ>
東スポの一面に、「NHKからの嫌がらせ」という見出しが躍っていたが、まあ、ソフト左翼路線での芸能人洗脳には吐き気がしていたが…
 
 

開く コメント(2)

最新号目次

http://www.shinchosha.co.jp/common/images/_.gif
http://www.shinchosha.co.jp/common/images/_.gif
http://www.shinchosha.co.jp/common/images/_.gifhttp://www.shinchosha.co.jp/common/images/_.gifhttp://www.shinchosha.co.jp/common/images/_.gif
http://www.shinchosha.co.jp/magazines/images/10/cover_l/20110106.jpg
http://www.shinchosha.co.jp/common/images/_.gif
http://www.shinchosha.co.jp/common/images/_.gif週刊新潮 2011年1月13日号(2011/01/06発売)
定価340円(税込)
JANコード:4910203120114
http://www.shinchosha.co.jp/common/images/_.gif
http://www.shinchosha.co.jp/common/images/_.gif
http://www.shinchosha.co.jp/common/images/_.gifhttp://www.shinchosha.co.jp/common/images/_.gif
http://www.shinchosha.co.jp/common/images/_.gif
http://www.shinchosha.co.jp/common/images/_.gifhttp://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/common/images/button_05.gif
http://www.shinchosha.co.jp/common/images/_.gifhttp://www.shinchosha.co.jp/common/images/_.gif

【ワイド】門松は冥土の旅の一里塚
(1)「マグロ解体ショー」もあった「小沢新年会」実況中継
(2)「赤い官房長官」の正気と品性が疑われる桃色言行録
(3)「私は女性に甘い」と美人記者を見つめた「前原外相」
(4)「青木愛」代議士に降りかかるカネの影に不倫パチンコ秘書
(5)読売元旦スクープ「公安情報は意図的流出」で描かれた犯人像
(6)「三菱商事」内定もいる箱根駅伝「早大」4年生の就職先
(7)明けまして実の息子に殴殺された山形県「新聞社支社長」
(8)喧嘩一代「伊藤リオン」を格闘界に誘いたい「石井館長」
【グラビア編】
▼「石破茂」元防衛相が大雪元日に「焼き鳥」「枝豆」「卵焼き」
▼吉でも「待ち人遅し」でずっこけた「三原じゅん子」参議院議員
▼総選挙なら100議席! 「渡辺喜美」みんなの党代表の皮算用
▼末吉「諸事控えめに」は無理な相談「福島瑞穂」社民党党首
▼恐妻「太田光の妻」が採寸したマボロシのウエディングドレス
▼初笑いのネタは海老蔵だった「小朝」と落語界サラブレッド
▼「河村たかし」名古屋市長の「気分は桶狭間だぎゃー」

開く コメント(2)

週刊文春の左傾化はオブラートに包んだ状態で進行しています。以下転載


週刊文春12・23号より
菅首相が閉口する“ヤジ将軍”
ウラに控えるのはあの元首相
 
「今年1年を漢字一字で表すと?」との質問に、「総理大臣という仕事は修行している身だという意識でやらなきゃいけない」と、「行」の字を挙げた菅直人首相。その首相が自ら課すのは「脱イラ菅」。感情に任せて発した言葉がいかに反発を招くか、苦い思いを積み重ねてきたからだ。
 
その最たるものは、衆院本会議で「不適切な発言との指摘を真摯に受け止める」と陳謝させられた10月の国会答弁。「詐欺とも言うべきマニュフェストで政権をかすめ取った」などと挑発した自民党の稲田朋美議員に対して、首相が色をなして「私も野党時代、かなり厳しい言葉を使ったが、これほど汚い言葉は使わなかった」「『原稿を読まないで答弁しろ』というなら、原稿を読まないで質問するのが筋だ」と反論。自民党から「質問者に原稿を読むなというなら、今後は事前に質問通告しない」と抗議を受け、無念の陳謝に追い込まれた。
 
何とか臨時国会を乗り切ったものの、自分の質問時間以外も予算委員会室に詰め、大声でヤジを連発する稲田氏ら自民党の若手議員に、首相は閉口していた。「あの連中は何とかならないのか」とぼやくことしきりだという。衆院では稲田氏、参院では当選一回の西田昌司氏、丸川珠代、森雅子の三氏が代表格だ。
 
自民党関係者が語る。
「“若手ヤジ将軍”の4人組は、いずれも町村派所属で、安倍晋三元首相の一派です。平沼赳夫たちあがれ日本代表が最高顧問、安倍氏が会長を務める超党派の保守系議員集団『創生「日本」』でも事務局長代理に稲田氏、事務局次長に西田、丸川両氏が名前を連ねています。安倍氏らは菅政権を『左翼偏向政権』と敵視し、日韓併合100年の首相談話や尖閣問題への対応を強く批判。4人組はその尖兵なのです
 
安倍チルドレンのヤジには、自民党内でも眉をひそめるベテラン議員が少なくない。今月2日の党所属議員のパーティーで、伊吹文明元幹事長はこう挨拶した。
「いい機会だから幹事長に頼んでおく。党を代表して委員会や本会議に出る人は品格を持ってもらいたい。菅さんはどうしようもない人だけど、一応みんなで選んだ日本の代表だ。その人をバカだとかなんだとか言うのは自民党の品位を下げ、非常に悪い印象を与える」
 石原伸晃幹事長は「ご指摘は至極ごもっとも」と応じたが、“確信犯”の4氏にブレーキはかけられない?


<ケ>
文春さんに言いたいが、昨年史上最低の総理に麻生さんを選んでいたが、この間は菅氏を俎上に乗っけていたね。
 
結局あんたがたマスコミの思い通りに動いてくれなければ、最低になるんじゃないの。
 
4人組のヤジが汚い? 的を得ていると評判だよ。
 
<安倍チルドレンのヤジには、自民党内でも眉をひそめるベテラン議員が少なくない>
 
このベテラン議員って誰? 加藤紘一か、どうせリベラル派でしょう。
 
 
今の日本をめちゃくちゃにしている戦犯は、民主党とマスコミだ。自分たちはきれい顔をしているが、国民はすでに分かっている。
 
それに確信犯の「4人組」は保守の期待の星、
恐れをなして、こういう記事になってしまったのだろう。
私の予想だけどね。
 
 

開く コメント(4)

以下、「月刊テーミス12月号」
(権力の「甘い蜜」にたかる?! 菅首相の『政治よりグルメ」の日々)から抜粋


 中でも政治部記者たちの間で、菅首相の“政治音痴”ぶりが話題になっているのが、10月16日の会食である。この日、菅首相は東京・代官山のすし店『代官山
韻』で早くから夕食を囲んだ。その相手とは、民主党の枝野幸男幹事長代理、辻元清美衆院議員、福山哲郎官房副長官らいわば“お友達”議員たちである。
 ただ当日、菅首相は大事な人と会う約束があった。
 全国紙政治部デスクがいう。
「この日は横浜で開かれるAPEC(アジア太平洋経済協力会議)対策のために、北海道洞爺湖サミットでホスト役を経験した福田康夫元首相との会談がセットされていた。官邸から福田氏の長男・達夫氏に対し、達夫氏が以前、勤めていた三菱商事のルートを介して要請があったもので、福田氏にしても元首相として断る理由はなかったが、夜だというのに食事もセットされていない。おまけに菅首相は直前に代官山では辻元清美氏らとすし店に行っていると聞いて、早々と官邸を後にした」
 ただでさえ気難しい福田元首相のこと。会談は約35分間だったが、菅首相から『いろいろ教えてください』と言われても福田氏はそっけなく、こう言ったという。
「特別なことは何もない。外務省のいうとおりにやればいい」
 招いておいてこれでは、首相はおろか、ベテランの政治家としては失格である。案の定、福田元首相の素っ気ないアドバイスは何の役にも立たなかった。官邸筋がいう。
「柳田法相問題などの陰でほとんど報じられていないが、APECでの菅首相夫妻のふるまいはホスト国として恥ずかしいものだった。晩餐会では他の出席者を気遣うわけでもなく、菅夫妻は会場に入るなり、さっさと食事を始めてしまった。伸子夫人は肉料理がお好きなようで、夫妻で肉料理店へ行くことも多いが、もしや晩餐会でステーキにぱくついていたのではないか」
 鳩山由紀夫夫妻のふるまいもひんしゅくを買ったが、もっと見苦しい夫妻がいたとは!


<ケ>
ここまで来ると笑うしかないが…

開く コメント(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事