旦那と私の最終章

最愛の旦那が逝ってしまった。再び会える日を待ちながら

雑感(書籍・雑誌)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
以下、週刊新潮最新号より転載です


 社民党を離党、9月末には民主会派入りした辻元清美衆院議員(50)。永田町界隈で久々に彼女の名が取り沙汰されたのは、揺れ動く政局のせいではなく、長年の“パートナー”が出版した問題本ゆえだった。
 
その本とは、11月25日に発行された「流出『公安テロ情報』全データ」。
「10月末、国際テロを担当する警視庁公安部外事三課が作成したとされるファイル114件がネットに流出する事件がありましたが」
 社会部記者が解説する。
「その大量の流出データを469ページに亘って採録したのが、この本です」
 イスラム関係者の監視・内偵結果からFBIでの研修の報告まで……“無修正”で掲載された文書の中には、警視庁の対テロ要員や監視対象となった在日外国人の顔写真入りの詳細な名簿、数十人分も含まれる。そこには、自宅住所や携帯番号ばかりか、幼児や小学生を含む家族の実名や生年月日、健康状態までもが、モザイク処理など一切なく掲載されているのだ。
 個人情報を晒されたある在日外国人は、
「家族の情報まで暴かれている。流出データには間違いも多いのに、確認もせずに出版するなんて信じられません。無茶苦茶です」
と怒りを露わにする。個人情報保護に詳しい堀部政男・一橋大学名誉教授も、こう批判するのだ。
「確かに、公安情報が流出したことは大問題だし、すでに多くの人がデータに触れているのも事実。しかし、それを出版することで情報を拡散し、情報が固定化されて、関係者のプライバシーがさらに侵害される惧れがあります」
 本の「まえがき」には“読者が自分で評価できるように”無修正で掲載した旨が誇らしげに書かれているが、
「問題を提起するにしても家族の生年月日まで晒す必要はない。そこまでの公共性・公益性があるとは思えません。また、この本には第三者には非公開が原則である外国の諜報機関の情報も掲載されているが、そのせいで今後、他国の協力が得られなくなる可能性もある。その点で国益をも損なっているのです」(同)
 
元赤軍の“出版テロ”
 
 こうした批判にどう答えるのか。出版元・第三書館の北川明社長を直撃したが、
「週刊新潮には何も答えません。迷惑です」
 と取材拒否。実はこの御仁、本誌がかつて報じたように75年に強制送還・逮捕された日本赤軍の元活動家で、辻元清美議員とは長年にわたるパートナーだった。
「彼は、実は07年にも世間を騒がしています。皇室に対する侮辱的記述や多くの事実誤認で講談社が出版を断念した『プリンセス・マサコ』日本版を刊行したのが第三書館でした。その後、原著者への印税未払い騒動というおまけもついた」(出版関係者)
 今回も、トーハン、日販等の大手取次が配本を拒む中、ツイッターで<書店ではほぼ在庫なし><重版決定しました>と強がって見せた第三書館だったが……
イスラム教徒ら数名の申し立てを受け、11月29日、東京地裁は出版や販売の差し止めを命じる仮処分を決定した。さらに、板倉宏・日大名誉教授によれば、
「プライバシー侵害で民事訴訟を起こせば、一人当たり100万から200万円は取れるケースでしょう」
“出版テロ”に走った北川氏には、凍える明日が待っている?


開く コメント(2)

【尖閣問題】週刊新潮が“sengoku38”こと一色正春氏の顔写真を掲載 「“英雄”のように持ちあげる世論」に異論

週刊新潮が“sengoku38”の顔写真を掲載
尖閣ビデオ流出問題で連日、任意の事情聴取を受けていた神戸海上保安部の主任航海士・一色正春氏の顔写真を週刊新潮が掲載した。

週刊新潮の特集記事『「英雄」か「英雄気取り」か「変わり者」 見る前に跳んだ「海上保安官」の素顔』には一躍時の人となった一色氏の半生と素顔を追うとともに、彼の行動に対する識者たちの疑問も掲載されている。

一色氏の顔写真を掲載するかについては各メディアでも様々な議論があった。「これまでも、多くの事件では逮捕、起訴されるまでは人権に配慮して名前や顔を伏せていました」(週刊誌記者)。さらに今回、議論を難しくしていたのが、一色氏を“英雄”のように持ちあげる世論があったことだという。

しかし、週刊新潮が掲載したことで、今後の展開は変わっていきそうだ。「週刊誌は後追いでも顔写真を掲載するでしょう。ただ、テレビはまだ慎重な姿勢のようです」(週刊誌記者)。
 

今後の各メディアの動向に注目したい。
http://npn.co.jp/article/detail/60819913/
前 
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1290082416/
参考
週刊文春も批判
「流出保安官」一色正春「覚悟なき英雄」の正体
あえて言う! この男は「正義」なのか
▼保阪正康 国が壊れる時ユルい組織に穴があく ▼佐藤 優 情報漏洩を正義の告発と誤認するな
http://www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/

週刊現代は擁護
さらば民主党、愛想が尽きた sengokuよ、これを読め!
43歳海上保安官 一色正春 覚悟の告発「正義はわれにあり」
http://kodansha.cplaza.ne.jp/wgendai/

週刊朝日は民主批判のみ
尖閣ビデオ流出事件
検察も警察も「笛吹けど踊らず」 霞が関に見限られた内閣の末路
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=12095


ご意見
雑誌売りたいがため

妻が韓国人だろうが本人が在日だろうが
ビデオ流出させたことを俺は評価するよ

       ↓新潮
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   ほんとはミンスを批判したいんだお…
  / o゚((●)) ((●))゚o \  売り上げも下がってるお…
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    でも仙谷が怖いお…
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\    だからsengoku38の顔写真を晒してやるお、
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   これで売り上げアップだお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
       ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\    マスコミ通さない告発者は英雄じゃないお、
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   金にならない英雄気取りの奴は
  |     |r┬-|     |   これからも叩いてやるお!!
  \      `ー'´     /

新潮記事
ttp://2sen.dip.jp/cgi-bin/upgun/ga1/src/1290071451062.jpg
ttp://2sen.dip.jp/cgi-bin/upgun/ga1/src/1290071457625.jpg
ttp://2sen.dip.jp/cgi-bin/upgun/ga1/src/1290071463531.jpg
マスコミがもっと一般人から信頼に足る存在であるなら、you tubeではなくマスコミを介してビデオを公開するという選択もあったろうけど、結局こんなマスコミばかりだから、ネットに頼っちゃうんだよな

国を攻撃せずに、反撃してこない個人ばかり攻撃する

起訴されてもいない人を堂々と晒しますか、そうですか

読売フジサンケイテレビもすっかり黙っちゃったな
2日前までの海保ニュースが嘘のように消えた

自分たちじゃなく、事もあろうにyoutubeを選んだ、ってのが癪に障るんだろwww

英雄のように持ち上げると言うか、単に国民が観たい物をうpしただけであり、現政権が隠蔽して居る事に国民に不満が有っただけであり、尚且つ、国家の運営上、如何なる見地からも世界に公開すべき物であったと思われる物。と言うだけの話。

売国政権にいいようにやられなくて済んだ
国民の不安も払しょくされたし、国益守った
普通に英雄だと思うんだが

まぁ、頓珍漢なことやってる民主がだめだわ
彼は日本を救った英雄だよ
例えそれが職務違反であったとしても

これは紛れもなく、日本人として、いや、人間として
普通に思う感情だと思うよ
だから、問題は無責任な政党からアホな指示や売国行為と思われることが
わかったら、それを取り締まる法律を設ける必要があるということだろ

いろいろとマスコミの限界が見えたな

元記事たどったらソースはaeraじゃん。
在日大好き朝日新聞系列だから、
捏造工作の可能性絶大だぞ。


開く コメント(4)

ビデオでしかテレビに出てこない屋山太郎氏が今後の民主党政権に大きな期待をしている。
屋山氏は政権交代以来失態を重ねる、民主党政権への捨てきれない希望を、影の総理兼官房長官・仙谷由人氏の「小沢切り」による政権運営につなごうとしているようだ。
 
以下月刊「WiLL」12月号連載の“常識のためのサプリ”より抜粋


民主党が踏み出した政権党の第一歩
 民主党は政権与党としての資格を備えつつある。本誌の読者層の大半は「政権党として認め難い」という主張が多いと思うが、仮に認めなければ誰が政権を担うのか。民主党を解散に追い込んで、自民党が勝っても、参院では第一党になれない。相変わらずの“ねじれ現象”は続くのである。衆参とも自民党一党支配のような時代の再来は、永久に来ないだろう。
(中略)
 普天間問題と漁船事件によって、民主党は小鳩の外交政策を清算する良い機会を得た。
 前原誠司氏(現外相)が代表となったとき、まず示した“前原三原則”は①外交・安保政策では前政権と段差をつけない②政策は党内の多数決で決める③連合のうち官公労とは若干の距離を置くーーというものだった。
 小鳩両氏が完全に死に体となった結果、外交は平静さを取り戻し、前原路線に戻った。一方、党内に政調を復活させた結果、小鳩両氏が独裁的に提起した①外国人への地方参政権付与②夫婦別姓③人権侵害救済機関設置法の“三毒”政策も霧消するだろう。
 実質的に政権を運営しているのは仙谷由人官房長官だが、就任にあたって当然連れてくると思われた20年来の政策秘書を切って、別の秘書を据えた。切った理由について仙谷氏は「彼は左翼だ。左翼の発想では権力の維持はできない」と断じた。


以下「週刊現代」11/6号より
「赤い後藤田」仙谷由人かく語りき・松田賢弥文
より抜粋


仙谷の「長期政権」を見越した財務省を中心に、官僚たちも仙谷に擦り寄っている。ある財務官僚は「仙谷氏はどんな話をしても、砂が水を吸い込むように吸収してくれる。他の政治家ではこうはいかない」と絶賛する。それはそうだろう。東大文科一類に現役合格し、在学中に司法試験にも通った仙谷は、キャリア官僚にとって「言葉が通じる」政治家に違いない。
 菅は見限るが、「菅」は味方につけておく。小沢を追いとすまでは菅という駒も必要だったが、小沢が表舞台から消えた今、担ぐ神輿は菅でなくても一向に構わない。


 


今、菅を手なずけ、小沢を葬った男が、この国で何を目指すかはまるで見えてこない。ある民主党代議士はこんなエピソードを明かした。
「自分の親しい副大臣が仙谷さんに『仙谷さんはどういう世の中をつくりたいんですか。この国をどうするんですか』と聞いたそうです。仙谷さんの答えは『ちょっと俺も忙しくてなあ』。これをやるんだという思いがないところは、仙谷さんも菅さんと同じなんですよ」「政治は数」と言い切り、目先のことしか考えず、羅針盤がない。仙谷は、自分がバカにする者や小沢と、相似形であることに気づいているのだろうか。


<ケ>
仙谷も菅も小沢も同じ穴のムジナですよ。
 
 

開く コメント(0)

以下、週刊文春10/28号「新聞不信」から転載です


信じられない菅政権“問題答弁”
 
 今月15日から新聞週間が始まった。同日付各紙朝刊が特集を組んでいる。
 読売朝刊は一面で「『新聞は必要』92%」と題し、同社による全国世論調査を報じた。「新聞の報道を信頼できるとの回答は87%」、新聞が「必要とする情報や日常生活に役立つ情報を提供している」は88%、「事実やいろいろな立場の意見などを公平に伝えている」は70%という結果を発表している。
 果たして新聞は本当に必要な情報を、公平に伝えているだろうか。10月14日の参院予算委での質疑をもとに検証してみたい。
 当日付産経朝刊は「仙谷氏政権の『顔』独演会」と題した記事を掲載した。それに対し、仙谷官房長官は答弁の中で「産経新聞で私は憤懣やるかたない報道のされ方をしている」と不快感を表明(15日付産経)。新聞週間のさなか、新聞の信憑性を巡り「国権の最高機関」で交わされた質疑である。にもかかわらず、産経以外の全国紙は報じていない。ライバル紙に塩を送るのが嫌だったのか。朝日は16日付朝刊で、仙谷官房長官の「メディアで書かれているのは半分余興、冗談だと思って受け止めている」という発言を取り上げているが、それ以上の追及はしていない。
 別の例を挙げよう。やはり15日付産経では、柳田稔法相の「珍答弁」を報じている。中国人船長釈放を巡り、柳田法相が「私が(釈放を)決める前に」云々と答弁。これでは政治介入ないし指揮権発動を認めたことになってしまう。そこで「言い間違い」と弁明し、苦しい釈明に追われた。
 それだけではない。「処分保留のまま最終的に起訴も不起訴にもしない例は過去にあるか」(衛藤成一議員)との質疑に「多々ある」と即答。j法務省の西川刑事局長が「最終的には起訴か不起訴にしなければならない」と訂正してもなお「処分保留のまま釈放したことはある」と答弁を重ねた。結局、西川局長の答弁を認め、法相答弁をすべて撤回する一幕があった。
 大きな失態であるにもかかわらず、産経以外の全国紙はこのやり取りを報じなかった。読売が16日付朝刊で「(柳田法相は)中国漁船衝突事件の刑事手続きに関する答弁をたびたび間違え」た、と簡単に触れたのみだ。新聞週間の名が廃る。(秋)


<ケ>
自画自賛のための新聞週間か? 
 
うちの老父はテレビ、新聞大好き人間だが、最近のメディアへの怒りは半端じゃない(私がネット情報を教えているせいもあるが)。
 
「もう国民はだませないぞ」と言っている。 
 
私は朝日→読売→産経という新聞歴だが、朝日をありがたがって読んでいた恥ずかしい過去がある。
 
産経にも注文はあるが、知りたい情報はベタ記事でも載っている。朝日、読売よりははるかにまし。
 

開く コメント(4)

期待していた私がバカだった。
ジミンガー松原には正直がっかりだ。
 
結論、民主党の保守派は死んだのではない。
最初からいなかった。
 
以下、「正論11月号」(「民主党内の保守派は本当に死んだのか」松原仁氏インタビュー)より抜粋


日本の運転席に座ったからには
 
─ではまず、自民党政権に取って替わって丸一年が経つ民主党の政権運営について、どう思われますか?
 
松原 これまでにも何度か言ってきたことですが、遺憾なことに、まだまだ初心者ドライバーの域を脱していないと認めざるを得ません。外交においても内政においても、国民の期待に十分に応えているとは言えない。しかし、外は土砂降りで視界もきかない中、懸命に運転席に座ってハンドルにしがみついている(政権の旨みじゃないの)。その点は、自民党政権時代とは大きく異なると思います。
 
 
─どういうことでしょう。
 
松原 自民党政権時代は、誰も運転席に座っていなかったということです。みんな官僚任せ(笑)で、助手席の政治家は明確な指示を与えることすらほとんどしなかった(蔑笑)。そして官僚も、実は運転席に座っていたわけではない。座っていれば、あれほどわかりやすい形で失敗を重ねることはなかったし、自ら官僚バッシングを招くこともなかったでしょう。
 結局、日本というトラックは、アメリカという大型トラックに牽引されて動いていたか、もしくは予算編成も政策決定も前年のやり方を踏襲する“自動操縦”で走っていたのです。一方、民主党は、乗客から見れば相当危なっかしい運転でしょうが、自分でハンドルを握っている。その姿勢については、もう少し評価されてもいいと思いますよ(大笑)。
 
 
─それで日本が良くなればいいのですが、どうも民主党の運転を見ていると、日本がとんでもない方向に走っているのではないかと考えてしまいます。
 
松原 それは民主党に対する色眼鏡というか、どうせ失敗するに違いないという先入観もあるんじゃないかな。確かに政権交代後の一年間で、日本が良くなったとは言えません(悪くなったと言えます)。しかし、自民党政権のままだったらもっと良くなったはずだと言えるでしょうか(悪くはなりません)。財政悪化や医療崩壊など内政上の諸問題は全て自民党政権時代からの積み残しです(ハイ常とう句、バカの一つ覚えと言います)。 外交面でも、普天間飛行場の移設をめぐるゴタゴタはありましたが、マスコミが大騒ぎするほど日米関係が決定的に崩れたわけではない(ハアー)。民主党は中国寄りだという批判にしても、福田康夫内閣よりはましだという声もあります(誰の声。天の声か。出典を明らかにせよ)。
 日本にとって問題なのは、運転席に誰も座っていなければ下り坂でブレーキも踏めずに崖から転落してしまうか、せいぜいガス欠で動けなくなるだけということです(???)。初心者ドライバーもハンドルさえ握っていれば、危険な場所で方向転換できるかもしれない。昨年夏の衆院選で国民は、運転席に座ろうとしない、あるいは座ることのできない自民党ではなく、ハンドルを握ろうとする民主党の可能性に賭けたのだと思いますね。そしてその賭けは、今も続いています。


政治は博打ではない。
 
誰が初心者に毛の生えたようなやつらに国政を任せられるかよ。
 
一年以上たっても、相変わらずジミンガー、成長のかけらもない。それでも賭けろというのは、
「この商品、少し欠陥がありますが、だましだまし使えます。だから返品はしないでね」ということか。
 
いい加減にしろよ。エセ保守が。
 
松原は拉致被害者家族の気持ちを考えたことがあるのか。横田夫妻は選挙でも松原の応援に立った。しかし、拉致問題はおざなり、それどころか朝鮮学校無償化に向かって動いているではないか。
 
きちんと説明できるかよ。今のお前に。
 
恥を知れ

開く コメント(8)

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事