ここから本文です
ぼくらはみんな生きている。生きているから笑うんだ。 byやなせたかし

書庫全体表示

PENTAX K-m

食欲の秋です。
この秋に私はベルトの穴ひとつ分も体重が増えました。
ところが世の中にはこの秋に大幅に体重を減らしたヤツがいて…。
それがペンタックスが先日発売したK-mというデジタル一眼レフカメラです。

イメージ 1

このK-mの何がすごいのか。
小型軽量化されたことももちろん素晴らしいことです。
白飛びと黒潰れに強くなったことも魅力のひとつです。
でも一番の驚きはこれだけの技術力をつぎ込んで驚くほど安い価格で市場に投入したことです。
いまのところボディ単体の最安値が5万5000円。
販売されてまだ数日しか経っていないのにこの価格は驚きです。
そしてこのK-mは今後のペンタックスに夢を見せてくれるカメラなのです。
というのは手ブレ補正を供えているのですが、このユニットを小型軽量化することに成功しているのです。
つまり今後のペンタックスのデジタル一眼レフカメラが小型軽量化される可能性があるということです。
軽すぎるカメラはイヤですけど、重すぎるカメラも考え物。
そんな私にこの小型軽量化は朗報となりました。
いま日常のスナップに使っているK100Dが壊れる頃に、もっと魅力的なカメラが出ますように。
いますぐ壊れたらK-mかK20Dか迷うのですが。

来年発表されるであろうKシリーズの続報が楽しみだなぁ。

  • 顔アイコン

    先日カメラ屋さんで見ました、K-mはホントに小さいですね。これに単焦点のパンケーキを付けたら最強かも。新製品で55000円は安いですね。でもα200やD40は3万円台で売られてます。デジ一も安くなったもんですね。

    takabu

    2008/10/28(火) 午後 7:19

    返信する
  • 顔アイコン

    >たかぶ〜さん。
    α200はまだ発売されてから1年も経っていませんが、D40は長く売られていますね。そのうちK-mも3万円台になっちゃうのかなぁ。
    カメラが安くなることはいいことですが、企業にしてみれば儲けは無いに等しいでしょうね。やはりレンズを買ってもらわないといけないわけですから。そう考えるとボディも自分なりに色々とカスタマイズ出来るようになると企業側の利益率も上がるしユーザーも差別化できて面白いとおもうのですがね。モードラとかワインダーってまた発売されないかなぁ。

    [ ]

    2008/10/29(水) 午後 7:43

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは^^
    これ!パパが買ってる雑誌で見ました!
    やっぱりペンタックスっていうと「お」って気になるし、
    ペンタックスからこんな気になる存在が生まれることは
    とっても嬉しかったりします^^*
    今のが壊れたらなににするか・・・迷っちゃいますが、これって
    かなりいいですよねっ
    お値段もこんなに身近だったなんて。
    ママの私には特にです^^ 削除

    [ dokin ]

    2008/10/30(木) 午後 3:04

    返信する
  • 顔アイコン

    >dokinさん。
    ペンタックスの情報に「おっ」とアンテナが向くとは、これはもう立派なペンタ党ですね。ペンタックスには日本にも海外にも根強いファンがいて、それらの人をペンタ党と呼んでいるのです。カメラマンが集まる場所では見知らぬペンタックスユーザー同士が語らい合う光景なんてのもありますし。私も見知らぬ人から「そこのペンタックス」だなんて呼ばれたことが何度かあるんですよ〜。
    K-mもそうですが、K100Dのようなお値打ち価格のカメラってシャッターの耐久性が1万〜3万ショットなのだそうです。私は2年をかけてまだ1万ショットにも達していないので、まだ壊れる心配はそれほどないかなと楽観しています。でも泥をかぶせたり、滝のすぐそばや吹雪の中でも使っているので壊れるときは突然だろうなと思ってもいますが。
    K-m、持った感じもよかったですよ。ただ、手ブレ補正のON・OFFがメニュー画面からやらないといけなくなったのはちょっと面倒なのですが。

    [ ]

    2008/10/30(木) 午後 7:01

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして!PENTAX党にしぶしぶ入党したものですが
    FA LIMITEDにつられただけなんです・・・単焦点レンズの変な距離、
    微妙な明るさ、高い質感、ノスタルジー、癖になる要素が多すぎて
    DA☆は月並みでNにもCにもありますが、LIMITEDレンズ中心にシェア浮上起こせそうな気がするのは気のせいですかね?
    レンジファインダーのような小型機種に期待します

    anntake

    2008/11/1(土) 午後 0:51

    返信する
  • 顔アイコン

    >ANNさん、いらっしゃいませ〜。
    ペンタックスのLimitedは変なレンズがそろっていて面白いですよね。私も43mm Limitedを持っています。柔らかい写りをしてくれるいいレンズです。FA LimitedとDA Limitedとでどっちが好みかと迫られれば私もFA Limitedが好きなのです。DA Limitedは21mmがちょっと気にはなりますが、他はそれほど(40mmも面白そうですけど)。FA Limitedは常に生産中止の噂が付き纏っているので、いつかは77mmを手にしたいと思ってはいるのですが…。
    今朝方ネットの海を泳いでいましたら「リコーがデジタル一眼レフ市場に参入するかも」という噂を目にしました。リコーといえばかつてKマウントを採用していた会社です。もしこの噂が本当でKマウントに参入してくれたら面白いことになるのですけどね。ペンタックスのヘンテコなレンズを多くの方に体験してもらう機会が増えるわけですから。面白いことにならないかなぁ。

    [ ]

    2008/11/2(日) 午後 3:39

    返信する
  • 顔アイコン

    FA Limitedは常に生産中止の噂・・・・>前から結構おびえてました、FA LIMITEDはすべて国内生産でしたので先日の国内生産終了(益子)の一報があった時に、焦りとイキオイで最後の31mm買って揃えてしまいました。人気のレンズらしいのでまだまだ大丈夫みたいですよ!
    リコー参戦期待大です!!kマウントでGRレンズ出してくれ!!LIMITEDの隙間の正当な焦点距離でいいので・・・(笑) 間違ってもマイクロフォーサーズとかに手ださないでくれよ(嫌な予感) そんな事したらGRD?鵺売って次も買わないぞ(イジケル・・・)

    anntake

    2008/11/2(日) 午後 11:00

    返信する
  • 顔アイコン

    >ANNさん。
    リコーの参入の噂はあくまでも噂なので、まだこの段階で一喜一憂はできません。それでもペンタックスにもマイクロフォーサイズに参入するんじゃないかという噂があって、デジタルカメラ市場は動いているんだなという実感が持てます。でも私はペンタックスのKマウントがなくなったらデジタル市場から手を引きますが。だって私がK100Dを買ったのは43mm Limitedが使えるからだったのですから。43mmにあこがれて1年間貯金をし、初めてそのレンズで写した時の感動は今でも覚えています。その43mmが使えなくなるような愚行だけはしてほしくないです。アダプターをかませればというのはナシで。って、アンタが噂に左右されてどうする!←自分にツッコミ
    いい噂が本当になるといいですね。

    [ ]

    2008/11/3(月) 午前 11:47

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事