ここから本文です
ガンプラ プラモデル ファミコン メガドライブ
a ジェガンに続いて2個目のSDガンダムプラモデル。たくさん作ってきたがMSVはまだ数える数しかなくというところで初めてのジョニーライデン機。シャア機と比べてまた違った赤い色が楽しみでした。
 こちらは未塗装。
イメージ 11

イメージ 9

イメージ 10
89年発売で300円。

イメージ 1

イメージ 2

2016/12/03(土) 

塗装後。足の下、左肩のトゲトゲの黄色など塗装。足だけのために赤80%+レッドブラウン20%に黒少量と書いていたので大体の感じで色混ぜして塗りました。
塗箇所が少ないのはかなり久しぶりか。
見本はモノアイはニコニコ顔だが普通にピンクのを貼ってしまった。失敗。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
マシンガンにバネは入っていて弾丸を飛ばしても遊べる。絶対なくすので今でも飛ばさず。
イメージ 7
ヒートホークのニュートラルグレー塗るの忘れてたが、この写りならまあ良いかも。
イメージ 8
写真を撮り忘れてたが、箱には黒い三連星仕様と量産型ザクの塗装の写真もあるので今後買うか迷う。

箱保存 ○ 一応角があるので箱を大きくつぶさないように注意。
a
a
a
a
a
a

SDガンダムのプラモデルは武将以外ははっきりと見た記憶がない。2015年7月にオープンした店で150円だったので購入。同時購入SDガンダムマークII300円と一緒に。ゲルググ500円、ギラドーガは600円と定価超えもするのでこれは珍しい物に違いないという心理もきっとあったかもしれません。
小学生の時はSDガンダムの消しゴムがすごい欲しかったのですけどガチャガチャは数回しかしたことがなかったりする。
11/26ほかに制作記録。
イメージ 1
定価300円
イメージ 2
塗装はネットで調べて旧キットジェガンの塗装を元に塗りました。盾の白+デイトナグリーンはランナーと同じ色にはなりませんでした。目とかのスカイブルーや模様はシール。胸はシール貼るよりシャインレッドで塗ってしまったほうが良いと思い塗装の方に。
あと20cm上から落下してしまいアンテナが折れました。・・・
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10
SDガンダムのキン消しの延長で安価なおもちゃとみればなかなか良いものと思います。
イメージ 11
箱保管 一応入るが箱の中で揺らすと折れて接着したアンテナがまた割れたので✖
a


a
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

紫電に2個目。買った思い出は過去記事でどうぞ。

完成品134●川西局地戦闘機 紫電 11型甲●1/48 SCALE 旧キット●(2016年3月上旬制作)


箱の中。デカールも怖がらずにそろそろまた挑戦するべきかと思ってきてはいる。
2016/11/28(月)他にニコ生で公開作成した記憶あり。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
今回も今までの接着塗装のみ。紙ヤスリ使用なし。
指定が複数有り、一つ一つ確認しながらが面倒だった。
ほとんどがシルバー。当然のようにビトー管を折ったり、空中線支柱が取れて行方不明になったりいつものこと。
反射よけ、濃紺の指定だったがあり、最初コバルトブルーで塗ったがやっぱり違うと思い青15号(あい)という廃盤塗料で塗り直しました。
イメージ 7

イメージ 8

a
イメージ 9

イメージ 10
兵士と中の写真撮り忘れていたかな。塗ってますよ。
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13
箱保管 ✖ 100円CDケースに入らない。ビトー管折れるのが目に見えているのでさっさと居間へ。
自分の好きなアニメ5本の指に入るかも知れない作品のプラモデル。自分にしてはバンダイの90年代プラモデルは珍しいです。天空のエスカフローネはサントラCDやアニメイト通販でグッズや本をほとんど買ってました。プラモデルはアレンシェラザードだけ持ってて特に検索したことなかったので今回初めて実物見てて即買いました。
イメージ 1
イメージ 2
定価1000円。リミテッドモデルという別の作品と一緒になっているシリーズの模様。
イメージ 3

イメージ 4
ニコ生2016/11/23他に記録。
イメージ 5
1000円ですが部品は少ない。固めのプラスチック。可動は方が回るのと両足。
ランナー一色なので塗装は必須。白いランナーはプランプリホワイト+オレンジイエロー少量の指定だが、見本を見るとオレンジイエローは不要に思えたので足の合わせ目消しした部分のみグランプリホワイトを塗りました。
あと、シルバー下地+クリアレッド上塗りなど星矢の聖衣のような塗装ありました。
イメージ 6
説明書。組み立て自体は簡単。数点のみプラモデル接着剤を使います。
イメージ 7
マントは布です。肩のシルバー下地+クリアグリーン上塗りのクリアーグリーンは今回は初使用でした。
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10
足だけガンプラのような稼働出来るのでポーズをそれなりに。
イメージ 11
同じのでフラッシュ写真
イメージ 12
騎士
イメージ 13
箱保管 ✖ 各箇所はずせば可能かもしれないが接続部を折る可能性があるので飾ったほうが良い。
--------
独り言 歯の詰め物が取れたようなので田中屋行けなくなった。・・・
軽い咳が止まらない。
尼アフィできないのでヤフー以外のブログに替えるかも。

7月に買ったドルバック2個目。小学生の時ガンダムだけ買っていた時に発売してて今まで知らなかった接着剤使用プラモデルが新鮮でわくわくしました。
http://blogs.yahoo.co.jp/quinty_w/55804148.html または上からドルバックで検索してもらえば表示します。
パッケージは2種類あって一緒に写したかったけど見当たらなかったので断念。
2016/11/19(土)他にニコ生で公開作成した記録あり。
イメージ 1

イメージ 2
塗装図、今回の色はドルバック専用カラー ハーク用を自分で作る必要があります。
DH10アーマーブラック H2黒 50% + H5ブルー 45%+H43 ワインレッド(マルーン) 5%
DH11アーマーブルー H54 ネイビーブルー 85%+H1ホワイト 10% +H43  ワインレッド(マルーン)5%
DH12アーマーホワイトH53ニューラルグレー 90%+H5 ブルー 10%+H1 ホワイト2滴
 アーマーホワイトはランナーと同じ色と判断して色作りからは除外。
Mrカラーと水性では同色でも色合いが僅かに変わっているものがあるので今回はきちんと水性ホビーカラーでスペアボトルも用意して気合の入った色作りだったが。・・・
今回ランナーに色を塗ることから始めました。
イメージ 3
↓ ^^
イメージ 4
アーマーブルーが完璧に違う。これ後期版パッケージだよ。訂正できるだろ。^^
H54ネイビーブルーがまずおかしい。ネイビーブルーは今かなり使う色だが、黒+白少量のような色である。それに白とマルーンをさらに多く混ぜたらどうにかなるわけがないだろ。^^ じゃあ正解の色を考えると、ブルーかインディーブルーくらいしか思いつかないが皆もそう思うでしょうか。
イメージ 5
まあ、2個持っているので、青いのはいつかまたやります。
イメージ 6
ストーブのそばに置いたらすぐ乾きました。温度は12度未満の設定Loの表示。数時間で軽く触っても指紋もつかない。自然乾燥なら数日経っても指紋が付く。
乾ききるとMrカラーと比べると絶対に剥がれません。水性もこういう時はなかなか良いと思いました。
良い感じに出来たので、紙ヤスリがけしなかったのもがもったいなかった。のちに少しだけ紙やすりがけしましたが色が剥げた音に色をまだ塗っていない状態での撮影です。
イメージ 7
手をグレネードガンを持ったのと交換。
イメージ 8
大きさ比較。あと、指揮官タイプ用通信システムドーム付き (頭)
イメージ 9
バイファムオールオーバーと一緒に。これも1/24だったかな。
イメージ 10
おまけ  チラシなど紙
イメージ 11

イメージ 13

イメージ 12

イメージ 14

イメージ 15
造形がたまらない。アニメも見ておきたい。レンタル化ないかな。
ニコニコのブログはプレミアム会員でないと書けないので、今回はヤフーブログのみです。ニコのブロマガは、プレミアム会員登録をすることがあったらにコピペします。



[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事