みたまんま ねこまんま

パソコン壊れて、現在バンバンTwitter呟いてます。

全体表示

[ リスト ]

ひと月ほど前かな、仕事帰りに古本屋に寄ったら、
ペーパーバックの『ハリー・ポッター』シリーズを見つけたんです。
(実は『死の秘宝』だけはなかった(;´Д`))
イメージ 1
ハードカバーのを全巻持ってたんだけど、息子のリクエストで送っちゃったので
自分の本棚用に購入。寝る前とか、休日の家事の合間とか、
移動時なんかに読んでます。

今、『賢者の石』『秘密の部屋』『アズカバンの囚人』『炎のゴブレット』〜ときて
『不死鳥の騎士団』に入ったことろなのですが…。

イメージ 2
「名前を言ってはいけないあの人」が復活し、
その力に対抗すべく「不死鳥の騎士団」が結成されます。
ダンブルドア先生、ルーピン、シリウス、トンクス、ムーディー、スネイプ先生…
あぁ、本当に勇敢で知性のあふれる人々!

ロンのママ、モリー・ウィーズリーは、騎士団に興味シンシンの子どもたちを
危険から遠ざけようと躍起になっています。騎士団メンバーのお世話をしながらも
同時に「子どもたちの安全が脅かされる」ことに恐怖を感じています。

騎士団が隠れ家にしている屋敷に「真似妖怪ボガート」が出てきた時、
ボガートがモリーに見せたのは
「(戦いに敗れて)死んだ息子たち」の姿でした。
激しく動揺し、混乱するモリー。
ボガートはその人が最も恐れるものに変身するのです。
いつもは、子どもたちだけでなく、お行儀の悪い大人さえ叱りとばす
肝っ玉母さんなのですが
…なんか、泣けました(;_;)

でもそんなモリーが『死の秘宝』の中でベラトリックス・レストレンジと
直接対決する場面があります。
ジニーが勇敢に戦っていたところに助けに入るのです。

あの、動揺して混乱して「リディクラス」の呪文も使えなかったモリーが
イメージ 3
「名前を言ってはいけないあの人」の側近中の側近、ベラトリックスを倒します!

この時、映画の中では「魔術の強さ」というより、
「呪文を力いっぱい押し付ける」ような表現で勝っていましたね。

先日、テレビで「死の秘宝」を見て、
今、「不死鳥の騎士団」を読み返してみて、
モリーのひたむきさに感動して涙があふれてしまいました。


ハリー・ポッターシリーズは本当に伏線がたくさんで、
「あぁ!この人、こんなところに出てきた!」と思わされることたびたび。
今、『ファンタスティックビースト』第2弾(「黒い魔法使いの誕生」)が公開中ですが
そこで大人気の「魔法動物のニフラー」は
なんと『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』に既に出てました。
わぁー覚えてなかったわ〜〜♪

JKローリングさんのイメージ世界、深くて広いな…。楽しい!




閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事