ここから本文です
ノールマスターのハイボルテージ商会
糸島カフェ食堂ノール マスターのブログ

輪盛写真館

輪盛写真館

なつかしの80'年代。

そろそろ博物館系の展示施設等が回収を始めてるらしい80'年代国産車、
その中でも特に人気のある550ccの第二世代軽自動車。

1982年(昭和57年)三菱ミニカ エコノ A107
イメージ 1


なんと!
消してますがナンバーも ・え107って洒落が効いてます。
ん?どうして白ナンバーなの?聞くの忘れてた!
イメージ 2


このミニカエコノ、2ドアハッチバッククーペのようなスタイルですが、実は4ナンバー登録の商用車なのです。
イメージ 3


リアゲートのヒンジがアウターヒンジになっております。
82年ってつい最近のような気がしますが、こんなにクラシカルなデザインだったのか!という事に改めて気付かされました、自分も歳とってんだな〜。
イメージ 4


10インチのエンケイ8コンペ カッコイイです!
イメージ 5


給油口の蓋が丸くて可愛いです。
イメージ 6


エンジンがピカピカで凄いです、随分かかったそうです!
360cc軽だと どの車種でも大体リプロパーツなどが個人製作されていたりしますが、
この第二世代軽は部品の少なさが泣き所。
がんばって維持して頂きたいものです。
3代目からは水冷4スト直列2気筒(2ストは2代目まで)
イメージ 7


この後姿、まるでランチア デルタ インテグラ―レのようなカッコ良さ。
リアサイド窓がポップアップでイケてます。
イメージ 8


この年代のミニカ、アミ55やマリコ?マリエ?仕様だなんてのもありましたよね!
こう見ると80年代も中々素敵で注目され始めてるのも納得です。
360ccよりも数の少ない550軽、これからも是非大切に乗って頂きたいモノです。

ご来店有り難うございました。



この記事に

喫煙者 各位

店先の吸い殻入れが腐食で穴が開き、吸い殻がこぼれるようになってきた。
しかも風が抜ける場所なので強風が吹く度に倒れて吸い殻が巻き散らかってしまう。

さらに消し忘れで煙がモクモクだったり、たばこの空き箱が捨てられていたり、紙くずやガムが捨てられていたりと、最近ちょっと喫煙者のマナーに疑問を感じるようになってきた。
イメージ 1


自分も昔は喫煙者だったので吸う人の気持ちは多少判るが、灰皿を見ると「タバコ吸った後捨てさせて頂きます」っていう気持ちが伝わってこない。

まァ、此方もボロイ 腐った吸い殻入れしか用意できていなかったので
それも致し方のない事。

なので思い切って欧米式のアッシュトレイに替えてみよう。

しかし買ったら高いし、そもそも其処ら辺に売ってない、当然造るしかない。

使う物はコチラ、5kg用のプロパンボンベと単管パイプ。
(写真は切った後で重ねました)
イメージ 2



三分割に ぶった切ります。
イメージ 3


久々にコイツが活躍!
家庭用アーク溶接機「スズキッド」!
スパッタの量が物凄く、炭酸ガス溶接程綺麗には接合出来ませんが、それでも有れば何でも作れて便利です、一家に一台溶接機は必要ですね。

イメージ 4


ボンベの一番上 コック部分が中々切り落とせず、結局本日の製作でグラインダーの歯を7枚使用、安いのは減るのも早い。
イメージ 9


製作に没頭してしまい写真撮るの忘れてましたが、こんな感じの形になりました。
後は防錆の為の塗装。
イメージ 5


下地のプラサフ塗って
物置にあった中途半端な使い掛けスプレーで全体を塗ります。
「ディープレーズン」という色でした、悪くない。
イメージ 6


まだ未完成ですが、とりあえず明日から使えます。
こんな感じでベンチ横に置いておりますので、どうぞお使いください。
イメージ 7



では、このアシュトレイの使い方・・・。

下のタンクに水が入っているので、吸い終ったらもみ消さず、火が付いたまま穴に入れ落として下さい、其れだけです。
イメージ 8


「じゃあ灰は?」って思うでしょ!
灰は地面に落として構いません。
それこそが欧米風なスタイルなのです。

よって、このアッシュトレイに捨てられるのは ” 吸い殻 ” だけです。

注意!!
「紙くず、ガム等は絶対に捻じ込まないで下さい」
そして、「タバコの空き箱はお持ち帰りください」










この記事に

本日4/10 臨時休業

本日は次女の中学入学式の為臨時休業頂きました。

わたくしは照れ屋で人の多い処が苦手な為入学式には出席せず普通にお休み。

という事で本日は男の一人飯!

以前から行ってみたかったお店、加布里のマルタ天然活魚店
イメージ 1


近くにあるT本 鮮魚店は以前一度 食べてみたら、長時間並んで食べる程の定食か?
って思ってしまったので並ばなくて済むコッチに期待するしかない。
イメージ 2


でもこの店もイツも満席で入れないらしいが、本日は時間をずらした為ストレートに着席。
本で見た通り、活けすの真横で食べる訳です、活魚店ですから。
イメージ 3


いろいろな魚が見られて まるでプチ水族館。
カワハギの類が沢山入った活けす。
イメージ 4


おいおい、ネコザメって食えるの?
それとも おろし金に加工するのか?
イメージ 5


フグやらタイやら。
イメージ 6


イカも透き通ってます、旨そう!
「イカの活き造り丼」ってメニューにあります、今度食べてみたい!
イメージ 7


ランチのメニューはコチラ。
何だか最近 揚げ物キツイので刺身か煮付けで行こうと思います。
しかし刺身定食みたら、煮付けが付いているじゃありませんか!
決定!刺身定食 行っときます。
イメージ 9




そして本日注文した「お刺身定食」¥1'080 
・お刺身3種  タコ、タイ、炙りシマアジ
・マダイの煮付け
・お味噌汁
・お漬物
・白米
イメージ 8


まずは汁を一口、具は全く入っておりませんが魚の出汁が良く効いて非常に美味。

そしてお刺身。
コリッコリのタコと、真ん中のタイ、ヤバいです、飯が進む事 進む事。
そして極め付け、炙りシマアジ、旨すぎです。

あっさりな煮物がまた絶品!あっと言う間に平らげてしまった。

希望としてはもうちょっと刺身の量があっても宜しい様な気がしますが、
\1'080ですから、充分 良コスパです。

今度は「イカの活き造り丼」食べてみましょう!
ごちそう様でした。


帰りにちょっとドライブ、糸島の老舗カフェ 
ラスティック・バーン入口の看板娘
62'〜3'のシングルナンバー ビートルにご挨拶。
イメージ 10


土に帰ろうとしております。
自分的に一番好きな年式ら辺なので心が痛みますが、再生する金額があれば充分フルレストア車輌が買えちゃうので、やはりこのまま見守るのが得策でしょうね。
イメージ 11


旧車に優しい良い季節になったな〜。
イメージ 12


この記事に

輪盛写真館

昨日の輪盛写真館

先日R1200GSでご来店下さいましたお客さま、本日はキャブのBMWでご来店。
本日は  BMW R80

87年式のようです。
この丸いビキニカウル大好きです、カッコいい!

BMW R80/R100、HDのXLCR、カワサキZ1-R、どれも個性的で他に類を見ないスタイルリングで中学の頃より好きでした。
Z1-Rは一時期所有しておりましたが、乗り味云々というよりスタイル優先でしたね、でも当時の国産マルチは重すぎて「また乗りたい」とは思いませんね。
イメージ 1


このモデル10年近く販売されていたと思います。
BMW2輪の超ベストセラーですね。
イメージ 2


心臓部です。
BMWのフラットツインって横から見ると あまり気付きませんが・・・
イメージ 3


上から見るとこんなに出ています!
イメージ 4


実際に跨っての撮影ではありませんが跨ると こんな具合に見えるのではないでしょうか?

イメージ 5


エンジンガードが無いとコカした時ヘッドカバー割れる処ろの騒ぎじゃすまないですね。
イメージ 7


当然キャブです、自然吸気は良いですね!
イメージ 6


オーナー様、ウチのグッチの横に付けてくれました、シャフドラ仲間です。
わたくしの11号はあんまり綺麗じゃない上に車検が切れとります

こう見るとエンジンの角度と造りの違いが面白いです。
でもやっぱりビキニカウルのカッコ良さには勝てません!
イメージ 8


短期間に何度も足を運んで頂き有難うございます。
またのご来店お待ちしております。

この記事に

輪盛写真館

英国式ライトウエイトピュアスポーツ軍団。

この季節最高のオープンスポーツ
ケータ―ハムスーパー7三連星。


コチラはケントエンジン搭載の80年代のモデルらしいです。
イメージ 1

レーシーなマスコットシールド、これでも無いよりあった方が良いのでしょうね。
正に風と会話する為のオープン!素敵です。
イメージ 2


トノカバーでドライバーズシートのみ露出。
まさかのクラクションは手動式なのでしょうか?(右ミラー下)
イメージ 3


ロールバーも運転席のみ。
イメージ 4


こちらはスーパーライトRというモデルらしいです。
イメージ 5


フェンダーと、口の先がカーボン製!
イメージ 6


4in1の左出しマフラー!
       良い音する筈!
イメージ 7


2座席用のロールバーです、セブンらしいです。
イメージ 8


コチラは最新式のインジェクションモデルのようです。
イメージ 9


排気管にはインジェクションモデルらしくセンサーが装備されております。
イメージ 10


お〜、凄ぇ〜!
ステアリングが着脱式になっている〜!
F1 並だね。
イメージ 11


セブンってロールバーの下トランクスペースになっているのでしょうか?
だとしたら結構 物入りますよね、ある筈ないか、純粋なスポーツカーに!
イメージ 12


最後は3台揃って一枚
イメージ 13


この後唐津方面に出立されました。
本日はポカポカ陽気なのでセブンの様な本格的スポーツカーは最高でしょうね!
ご来店有り難うございました。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事