ここから本文です
ノールマスターのハイボルテージ商会
糸島カフェ食堂ノール マスターのブログ

最後の輪盛写真館⁉

突然ですが今回をもちましてご来店車両の撮影、紹介は最後とさせて頂きます。

昨日ご来店下さいました 正に最後を飾るのに相応しいキングサイズな一台‼

1960' chevrolet impala(米)
シボレー インパラ2ドアハードトップクーペ
イメージ 1


いやぁ〜、凄い迫力です。

60年といえば割と大人しめな顔に 突き刺さりそうな 巨大なテールフィンがインパクト大で非常に人気の高いモデルです。
イメージ 2


気になるお顔は・・・、こんな感じ。
一つ前の59のような厳つさは有りませんが非常にカッコイイ面構えです。
イメージ 3



インパラを筆頭にベルエア、デルレイ、ビスケイン、とグレード毎に名前の違う弟車が存在しますがその最高峰が このインパラであります。
このデカさ、正にキングサイズの象徴⁉
この次の61'年モデルから羽が無くなりラインとモールの残念なフィニッシュになります。(それでも超カッコイイので大人気なですが!)
イメージ 4


インパラといえば、このフロントウィンドウも特徴の一つ。
イメージ 5


ジェットストリームライン‼
飛行機✈飛んでます。
イメージ 6


ゴージャスなインパネ周り。
2ドアハードトップっていうのも魅力的ですね。
イメージ 7


車高もローライダーのようなベッタベタではなく、ストリートドラッグ的な高さとタイヤの関係が素晴らしくマッチしていてカッコ良すぎですね。

凄い車両でご来店頂き感謝致します。
ご来店有難うございました。

そして今迄輪盛写真館にお付き合い頂き誠に有難うございました。
ではまたいつか再開するまで御機嫌よう‼

最後は走り去るインパラを思い描きながら真後ろショットでお別れしましょ。

サイナラ‼
イメージ 8



※店は普通にやっているのでいつでもお越しください。

この記事に

輪盛写真館‼

前回の510ブルと連発での日産。

カルロスゴーンのお陰で「やっちゃえ日産⁉」
ではなく、今や「やっちゃった日産。」になってしまった日産2発目!

1968'〜72' 日産スカイライン1500DX /C10(日)
イメージ 5




ショートノーズと呼ばれる4気筒エンジンの4ドアセダン。
イメージ 6

イメージ 7



バランス良く素敵な4ドアセダンに仕上がっているのは 紛れもなくショートノーズだから。
イメージ 1


後ろから見るとデボネアも顔負け、のアメリカンスタイルなセダン!
イメージ 2


ハコスカと言えば・・・、やはりこのサーフライン。
イメージ 3


いつも思うが給油口の蓋がオシャレ。
イメージ 4



ご来店有難うございました。

この記事に

輪盛写真館!

昭和スーパースポーツセダンの代表格。

1968〜72'
DATSUN BLUEBIRD 1600sss 510型系 (日)

イメージ 1


ブルーバードでは3代目に当たります。
「スーパーソニックライン」と呼ばれる直線基調なデザインが特徴。
イメージ 2


このモデルから 三角窓が無くなります。
エンジンは上級版 である1.6L SSS/スーパースポーツセダン。
イメージ 3


後ろ姿もシンプルで良いデザインですね〜。
イメージ 4


昔のセダンって今見ると👀とっても小さいですね〜

イメージ 5


ご来店有難うございました。

この記事に

輪盛写真館。

以前もご来店下さいましたが その時はケータイが充電切れで画像に収めることが出来ず悔しい思いをしました、しかし本日はバッチリ👌撮らせて頂きました‼

1974' VW TYPE1 (西独)
イメージ 1



外装の仕様は歴史的大変換を遂げた人気モデルである67'ver.
イメージ 2


機関は最強の、高年式1.6L‼
イメージ 3


やはり横から見る👀と素晴らしいですね〜、角と直線が限り無く少ない温かみのあるデザインで。
イメージ 4



羨ましいことにエアコン付きなんすよ。
イメージ 5


僕が昔乗っていたストラット仕様は鼻先が短いカバ🦛顔でしたが、ビートルというとやはりこのフードじゃなきゃイカンすね。
イメージ 6


来年2019年をもってビートルの生産を終了してしまうというと寂しニュースが夏頃流れましたが、空冷がこうして元気に走っている姿を見ると👀まだまだ心配いらんですね。

そのうち水冷フロントエンジンのニュービートルなんかもプレミア価格になっちゃうんだろうね!

ご来店有難うございました❣
イメージ 7




この記事に

輪盛写真館‼

旧車の秋真っ只中!
各地でイベント等も沢山開催されております。
旧車乗りの皆様 楽しんでおられることでしょう、羨ましい限りです😭

昨日ご来店のコチラの車両
80年代中期頃のルノー・4 (仏/🇫🇷)

イメージ 1



このキャトルのオーナーさま、実は来週
11/10(土)〜11(日)に開催されるツールド アリタ2018の専属カメラマンさんの愛車でした。
イメージ 2



ルノーのキャトルって、実はVWビートル、T型フォードに次ぐ 世界で3番目に多く生産された車なのです。
イメージ 3



リアレイアウトであった4CVのエンジンを、なんと そのままフロントに持って来たのでミッションが一番前にありバルクヘッドを貫通した長〜いシフトロッドがヘッドカバーの上を走っていると言う凄い車です。

後ろ姿もオシャレな商用車風で可愛い❤です。
イメージ 4
イメージ 5
 
更に面白い事にウインドウォッシャーは足元のポンプを踏み 圧力で噴射させる水鉄砲🔫のような方式らしいです。


サイドウインドーは昔ながらのスライド式
イメージ 6

コチラが正式な名称なのでしょうか?
RENAULT 4 GTL
イメージ 7


ツールドアリタで素敵な写真沢山撮っ下さい、楽しみにしてます。
ご来店有難うございました。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事