カシメが緩い

イメージ 1

ガタガタと遊びが大きくなってきたシフト。
これも一度中古良品に取替えていた。
こんな所をカシメるなんてどうよって思ってしまう。

イメージ 2

知人からヤマハ純正中古品を戴いた。
全くガタなしの良品。
アームの角度が違うのとボルトはM8からM6に変わったがスプラインは同じなので交換は簡単。
やっぱりガタは無い方がいいよね。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

フォークオイル交換

イメージ 1

イメージ 2

今日もバイクに乗れず。

これと言ってやる事もないのでトラのフォークオイルの交換でもしてみた。

2年で約3千マイル走行、あまり走ってないね。

汚れもなくまだまだ行けそうな感じ。

このフォークはアウタースプリングなので左右同時にオイル交換可能、インナースプリング方式ならフロントタイヤを上げないと大変な事になりますよね。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

2日前のこと
夜にブラリと出かけようとしたがエンジンかからず、初爆があるものの続かない。

キックを20分もするとシールドが曇ってきた、薄っすらと汗も。

それでも諦めなかったら気持ちが通じたのか?
エンジン始動。

100m走って再び静寂が訪れる。

キックしても火が飛んでいないようだ。
飛んでいればデジタルタコメーターがそれを教えてくれるはず。

ヒューズをいじったりあちらこちらを叩く、なんともアナログ的な修理方法、これが功をそうしたのかエンジンに再び火が飛んだ。

そして昨夜はタンクを外して配線のチェック。
損傷箇所はなさそう、あとはコネクターの接触不良が考えられるので抜き差しして復活を期待。

そして今夜。

エンジンの始動性は良くは無いがティクラーを押して油面を上げれば問題なし。

走行中もエンストなし、これで電気系トラブル解消としたい。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

IGSW取替え

イメージ 4

雨降りの日にタイミングよく到着しました。

イメージ 1

トラのイグニッションSW、ラバーブーツとパネルノブ。
電気系のトラブルでエンストした事があったので接触抵抗を測定すると抵抗値が安定しなかったので新品を投入する事にしたのです。
IGSW:20ポンド
ラバーブーツ2.5ポンド
パネルノブ:4ポンド
送料:8ポンド

イメージ 2

キーシンダーが3つ
1つは現車からの移設。
残りの2つは注文していないのになぜか同封されていた。
古いのとはキーのタイプが違う、
新しいシリンダーを使う時はIGSWとハンドルロックとセットで交換すれば使えそう。
その時はワンキーで使えるように簡単な細工が必要。

イメージ 3

交換自体は簡単、これで電気系トラブル解消となるか。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ガス漏れ修理中 続編

イメージ 1

今月何回目のタンク外しだろうか。
新品のダイヤフラムのお陰でガスは漏れなくなりました。
停止中も臭く無いし汚れなくなりました。
ここで終わりなら言うことないんだけどなぁ〜

負圧コックが閉まりきらないのです。
停止中もガスはキャブに供給してフロートバルブで止まっている感じ。
直ぐに問題になる訳では無いが負圧コックの意味が・・・

イメージ 2

バルブを押さえるスプリングに少しプリをかけるためにゴムを入れてみた。
随分とましにはなったが完全には止まってないね。
これでしばらく様子を見ます。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事