The eyes which I watch ぼくの見る目

同じ空の下、走っていれば仲間じゃん

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全171ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ






≪石破茂氏は1217日、東京都内で自身の政治資金パーティーを開き、次期総裁選への出馬に意欲を示した。(平成301217日 読売新聞)≫

イメージ
 
「怒れるスリーメンpart11」(平成301216日)で「石破茂がまた問題発言!!」をやっていた。
 
番組で金美齢氏はこのように言った。
「今年の総裁選前に『そこまで言って委員会』に石破さんがゲストで出演したんですよ。そこで私は石破さんにこう言った。
 
『あなたは先の戦争は悪い戦争だから編⊃声劼帽圓ないと言っているが、戦争にはいいも悪いもないのよ。そんなことを言うならば総理大臣になる資格はない!』と。
 
イメージ
 
すると石破さんは何も言わないでプンプンして怒ったんですが、そこはカットされた。石破さんは最後まで機嫌が悪かったとスタッフから聞きました」。
 
それに対して加藤清隆氏はこう言った。
「石破さんは『近い将来総理大臣になっても私は編⊃声劼砲論簑仍欧蠅泙擦鵝戮噺世だ擇辰燭鵑任后
 
すると金美齢氏が言い続ける。
「安倍総理みたいに行きたくても行けないということはわかる。ぐっとこらえている姿勢が見えてくる。しかし石破さんのように最初から私はあの戦争は悪い戦争だから行きませんと言うのとは天と地ほどの差です。
 
だから石破さんに『そんなことを言うならば総理大臣になる資格はない』と断言したの。左右の思想に関係なく、お国のためにたった一つの命を捧げたのよ。日本人としてその方達に対する敬意がこれっぽっちもないとしたら、総理大臣になる資格はない。総理大臣どころか、国会議員も辞めるべきですよ」。
 
イメージ
 
 
その通りである。
そして、これは日本人全員が考えるべきである。

石破茂氏が言う「あの戦争は悪い戦争だった」の根幹には、戦後占領政策から続く自虐教育と反日左翼マスコミによる日本人を”敗北主義者”にされてきたことにある。
 
この”敗北主義者”たる日本人の歴史観は、常に日本だけを非難して、他国のやったことは考えないというものである。日本がアジア諸国や米国やシナに対して一方的に戦争をやっていたと思っている。
 
そして「戦争責任」と言えば必ず日本の戦争責任だけを追及する。
 
過去の問題で批判されるのは常に日本であり、過去の日本の行動を非難することが正義であるかのように日本人も思い込んできた。
 
だから日本人は戦後、戦争に関して米国の責任を追及するという発想で歴史を検証したことがない。日本は原爆投下した米国の指導者が裁かれないことに疑問さえ持たなかった。

これが洗脳教育なのである。
 
勝てば官軍、負ければ賊軍。しかし歴史の真実は勝者の言い分のみではない。一度の戦争に敗れたくらいで、いつまでも貶められることはない。
 
国際法上では戦争は犯罪ではなかったが、戦争に負けた日本人は戦争をしたことで犯罪者とされ、戦争に勝った米国人は戦争をしても、国際法に違反しても罪を問われない。
 
こういう矛盾がネットの普及で広く認識され、おかしいことはどんどん指摘され、多くの日本人が反論できるようになり、日本の立場を主張できるようになった。
 
日本が戦ったから白人の植民地支配が終わったのである。
英霊達が命を捧げたから日本は白人の植民地にされずに今の日本がある。。

戦後はやむなく占領されたが占領解除後から先は日本人自身の問題である。
 
日本を戦後体制のまま戦えない国にしておく方が都合がよいと思っている国がある。
 
それを日本国内で押さえ込んでいるバカな連中がいる。
 
しかし、我々は本来の強い日本を取り戻すために戦うのだ。

・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
強い日本を取り戻そう、と思った方はここをポチッとお願いします。 
                    イメージ 2


転載元転載元: さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ
朝鮮に日本と戦って建国した歴史があったか?


先日、日韓議員連盟を退会した城内実議員に、退会理由を聞いた時にこのように言われた。
 
「韓国にもまともな人は1割いる」と。
 
元外務官僚でアジア局の韓国を担当した経験でそう言われた。
 
ということは韓国人の9割はまともじゃない、ということである。
 

10割でなく9割だったのだ、日本人はここを理解しておこう。

 
 
そしてもう一つ、日本人に認識しておいて頂きたいことがある。
 
全斗煥大統領の頃、名越二荒之助氏が韓国を訪問して、ある大学の学長にこのように言われた。
 
 
私は平素から学生に対して、韓国人としての自覚を促している。日本の韓国併合に抗議する前に、韓国人自身が考えなければならないことがある。
 
日本の韓国併合に対して米国も英国も誰一人反対しなかったことである。世界は当然のような顔で受け止めていた。
 
それは何故か?
 
日清戦争の時、清国軍がソウルを占領しても韓国人は戦わなかった。だから日本軍が戦って清国を追い払った。
 
ロシアが入って来た時も我々は戦わなかった。日本軍が血を流して戦い、朝鮮からロシアを追い出した。
 
だから日本はこれ以上トラブルは嫌だと、朝鮮併合してしまった。これに対して世界の列強は、日本がそうするのも無理はないとして一言も文句を言わなかった。
 
このことを忘れてはならない。
 
韓国は自ら併合されて滅んだのだ。
 
日本の悪口を言い、責任を日本に押し付ける前に、我々韓国人は戦わなかったから滅びたことを知らねばならない。
 
 
これに反論できる韓国人はいないだろう。図星だからである。

冒頭画像の「朝鮮は日本と戦って建国した歴史があるか?」についてである。

「大韓帝国」は上にあるように日本が戦って建国された。

今の「大韓民国」は日本統治の後、米国に統治された後に米国から独立させてもらった。

つまり韓国には他のアジア諸国のように戦って独立した歴史はない。

だから韓国には他のアジア諸国のような「独立記念日」がないのだ。

にもかかわらず「日帝」と戦って独立して、「光復節」と言っている。

嘘である。

嘘を言わなければ日本に感謝しなければならなくなるから嘘を言う。

これでは「民族の誇り」ではなく「民族の埃」である。

・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
こんな民族に振り回されてはならない、と思った方はここをポチッとお願いします。 
                    イメージ 2



転載元転載元: さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2


イメージ


“国がさくらの花ならば、ひとりひとりが花びらだ 輝く誇りを持っている”
 
これはシンガーソングライターの山口采希さんが歌っている国民の歌「若い日本」である。
 
“輝く誇り”とは何か。・・・
 
爆撃にたふれゆく民の上をおもひいくさとめけり身はいかならむとも
 
これは昭和20年の停戦時の昭和天皇の御製である。
 
この御製が国民に紹介されたのは昭和43年であるから、この時、国民は誰も知らなかった。
 
昭和20814日の御前会議の陛下の御発言「朕の一身は如何にあろうとも、これ以上、国民が戦火に斃れることは忍び難い」を翌815日の新聞各紙が報じた。
 
この御発言が先ほどの御製に繋がり、そしてこれを実践されたのが927日のマッカーサーとの会見であった。
 
「自分はどうなってもいいから、国民を救ってほしい」
 
陛下は国民の知らないところで、国民のために命を差し出されておられた。
 
昭和20128日、大東亜戦争開戦と同じ日であった。手に鎌などを携えた青年達が皇居にやって来た。
 
当時は食糧難で自分が生きるか死ぬかの時に、皇居が荒れ放題と聞いて、宮城県から60名の青年達が上京して清掃奉仕した。
 
数日間、青年達は凄まじいばかりの奉仕ぶりであった。
 
彼らのことは早くも陛下の耳に入り、「一同に会いたい」とのお言葉があった。皇居内でこういうことが行われるのは前例がなく初めてである。

イメージ
 
陛下は奉仕の労をねぎらわれ、「郷里の農作はどうか」「肥料の配給はどうか」「地下足袋の配給はあるのか」と次々質問された。
 
さらに10分ほどお話をされた後、最後に「何とぞ国家の再建のために、たゆまず精を出して努力してもらいたい」と仰せになり、一同とお別れになられた。
 
天皇陛下と皇后陛下がもとの道を三十歩ほどお歩きになられた時、突如、奉仕団の間から「君が代」が奉唱された。
 
当時、占領軍が国旗・国歌をやかましく取り締り、誰も口に出来ずにいた「君が代」を歌い始めたのだ。
 
この歌声に陛下は急に立ち止まられ、背中を向けたままじっと聞いておられた。
 
すると今度は青年達の歌声が嗚咽の声に代わり、しまいに歌えなくなってしまった。
 
嗚咽の声を聴かれて陛下はその場で何度も何度もうなづかれて、そして歩いて行かれた。
 
戦時中は二十歳になるかならずの多くの若い編△良霓傭は「私」を捨てて国のために殉じた“無私”であった。この奉仕団の青年達も代価や報酬を求めない“無私”である。そして「わが身がどうなろうとも、国民を救いたい」と言われた陛下もまた“無私”であられた。
 
輝く誇りは、この“無私”である君臣一体の国柄にあるように思う。
 
 
 
「若い日本」
 
一、 日本はいつでも若いのだ 国がさくらの花ならば
ひとりひとりが花びらだ かがやく誇りを持っている
気高い理想を持っている 咲こう 咲こうよ 咲きとおせ
日本よ 日本よ われらの日本
 
二、 日本はいつでも進むのだ 国が火を吐く島ならば
ひとりひとりが溶岩だ 燃えたつ意気と情熱で
世紀を超えて進むのだ
燃えろ 燃えろよ 燃えとおせ
日本よ 日本よ われらの日本
 
三、 日本は大きく伸びる樹だ たまに嵐に折れたとて
若い芽がある 枝がある
がっちり組んで堂々と 世界の上に伸びるのだ
伸びろ 伸びろよ 伸びとおせ
日本よ 日本よ われらの日本




・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
日本に誇りを持って咲き誇ろう、と思った方はここをポチッとお願いします。 

                    イメージ 2 




転載元転載元: さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」

【朗報:堤未果さんの『日本が売られる』が新書ランキング1位今14万部売れている。ミリオンセラーになってほしい! この本で安倍政権の「売国行為」の実態が分かる 全く国益にならず、国民も売る行為!】
 今回の国会でも、出てきた「外国人入管法」の陰にかくれて、静かに「漁業法」「水道民営化」が通過した。「国民に対して都合が良くない」法案であるゆえ、議論もないまま安倍政権は、またも成立させた。
 これでは、「国会など無いに等しい」憤りを強く感じる。提案者の説明は殆どなかった。またもや、今回も民意の反対を無視しての行為であり、「議会制民主主義」まで、完全に無視した安倍政権だった。


 特に水道法や漁業法は殆ど報道される事もなく、ひっそりと成立させたのだ。 なぜ、このような法案が今なのか? と素朴な疑問が湧く。
これをズバリと警告してるのが、
国際ジャーナリスト・堤未果さんの『日本が売られる』(幻冬舎新書)が新書ランキング1位である。日本の安倍政権の現実をあぶり出し話題を呼んでネットでも多くの人が読んだと投稿が目立つ。これこそ、自民党支持者に読んでほしい本である。
イメージ


【今国会で、増々存在感があった、自由党の森ゆうこさんと山本太郎さんの心の底からの怒りの発言だ】
 国会で投票のときに自由党の山本太郎さんなかなか投票せず、議長の注意も振り払い、いきなり大きな声で怒った。
「保守ではなく保身」「経団連の下請け」「竹中平蔵」の下請けに成り果てた政権だ!「加計疑惑」と、派遣会社パソナの竹中平蔵を儲けさせる構図は非常に良く似ている。」と・・。
イメージ
 一方、自由党の森ゆうこさんも、議長も警告も無視して、言った発言は、「これでは、議会制民主主義ではない!!」と。
どちらも、非常に度胸があり迫力ある抵抗だった。
イメージ

今回の臨時国会で、本当の野党の怒りを代弁したのはこの二人だ印象に残っている。
さてーー。
【朗報:堤未果さんの『日本が売られる』が新書ランキング1位今14万部売れている。ミリオンセラーになってほしい!】
イメージ

 「日本が売られる」とのタイトルだが、売っているのは誰か。売っているのは日本政府=安倍政治そのものである。本の貴重な資源が外国に売られている。
 売っているのは、私たち主権者の代表者であるはずの政府なのだ。自国を売る政治を「売国政治」と呼ぶ。
新著は、安倍晋三の売国政治の事実を詳細に主権者国民に知らせてくれる貴重な資料である。
これが、全国の書店で1位になっていてベストセラーになっている。嬉しい限りだ。
イメージ

 わが身だけでなく、子や孫の世代の日本を憂慮する市民必読の書である。

【アベ政権は法律を次々と変え、アメリカ、中国、EU等のハゲタカが日本の資産を買いあさる手助けをしている】
 水も米も魚も森も農地も医療も教育も介護もみーんな外資に叩き売られる道筋を法律改正で国民の殆どが知らぬ間に、安倍政権がつけてしまった。
 日本が売られた結果、例えば、竹中平蔵などのような国民の1%にだけ多大の儲けが入り、99%の国民には地獄が待っています。
信じられない方は、何故、今この法案を、安倍政権が矢次早に成立させたのか分かる。

イメージ

① 水道民営化(水が売られる)
② 種子法廃止(種が売られる)
③ 農地法改正(農地が売られる)
④ 漁協法改正(海が売られる)
⑤ 森林経営管理法(森が売られる)
⑥ IR法(カジノが売られる)
⑦ 汚染土の再利用(放射性廃棄物の土地が売られる)
⑧ 農薬規制緩和(ミツバチの命が売られる)
⑨ 遺伝子組み換え食品表示消滅
⑩ 生乳流通自由化(牛乳が売られる)
⑪ 卸売市場解体(築地が売られる)
⑫ 高度プロフェッショナル制度(労働者が売られる)
⑬ 改正国家戦略特区法(日本人の仕事が売られる)
⑭ 労働監督部門民営化(ブラック企業対策が売られる)
⑮ 公設民営学校解禁(学校が売られる)
⑯ 医療タダ乗り(医療が売られる)
⑰ 介護の投資商品化(老後が売られる)
⑱ マイナンバー包囲網拡大(個人情報が売られる)
ね? 
とても驚くべき内容である。日本の国民にとって、利益になる法案など全くない。1%にも満たない人のたの「売国行為」である事が分かる。
 日本が、バカな安倍晋三のため外資ハゲタカに根こそぎ奪われてしまうのだ。
イメージ

「売国行為」であるから、極右の「日本会議」、「日本神道同盟」「創生日本」の思想とは逆の思想である。
自民党支持者の方々は、これでも、安倍総理を支持するのか? 良く、考えたほうが良い。
イメージ


私のところに、友人から送られて来た。この本を是非読んでほしいと思う。
わかりやすく解説してる。1時間もあれば完読できる。

転載元転載元: 山と土と樹を好きな漁師 ー「佐々木公哉のブログ」



アトランダム 2016/5/19 

イメージ 1

「トモダチ作戦」と言えば東日本大震災でのアメリカ軍による大規模な支援活動としてよく知られていますよね。

ただ、同時にアメリカ軍兵士の放射能被爆、そして東電に対する訴訟も起こされており、ただの美談では済まされない面も持ち合わせていました。

そしてその訴訟の原告の人数が400人に達しているということです。

また今回は小泉元首相が涙ながらに兵士たちへの補償を訴えました。

小泉元首相が言う「見過ごせない」状況がどういうものなのか気になり、調べてみました。


トモダチ作戦を簡単に

トモダチ作戦とは、2011年3月11日の東日本大震災発生直後に約24,000人のアメリカの兵士が被災地に派遣され、さまざまな援助活動を行ったことです。

トモダチ作戦による協力は仙台空港を約1ヶ月で復旧させ、空からの物流の確保に貢献しました。

交通の麻痺がひどかったのを覚えています。空港の復旧が急務だったのがよくわかります。

イメージ 2


空母ロナルド・レーガンと放射能プルーム

震災発生時、韓国に向かう予定だった空母ロナルド・レーガンの兵士約5,000人もトモダチ作戦に参加しました。

問題が発生したと考えられているのは、震災発生の2日後13日、または5日後16日深夜です。

13日は福島第一原発の3号機にベントと呼ばれる措置がとられていました。

ベントとは、原子炉の気圧を下げるために、気体を外に放出する緊急措置です。

そしてこのとき放出された放射能(放射能プルームや放射能雲と呼ばれます)の中をロナルド・レーガンは航行し、兵士たちが被爆した可能性があります。

また、ロナルド・レーガンの航海日誌には16日深夜に放射能プルームに入ったという記録があるようです。

その前の14日には3号機の爆発が、15日には格納容器等の破損による2号機からの大量放射能漏れがあり、それが海側に流れ、兵士たちの被爆につながった可能性もあります。


兵士の健康被害の事例

当時のロナルド・レーガンが福島沖100海里(約185km)以上の場所にあり、距離からして放射能は拡散しているため問題ないという意見もありますが、兵士たちからは被害の訴えがでています。

慢性的な疲労感や頭痛、なかには血液の調整ができず筋肉が機能しなくなり、歩けなくなってしまった兵士もいるということです。

アメリカ国防総省が2014年に議会に提出した報告書(THE ASSISTANT SECRETARY OF DEFENSE)によると。

空母ロナルド・レーガン乗員4,843名中
悪性新生物(いわゆる癌):46名
甲状腺の疾患:35名
呼吸器系の疾患:931名
消化器系の疾患:722名

と、約2000人に影響が出ており、すでに2名の若い兵士が骨肉膜種や急性白血病で亡くなっています。

アメリカ軍は「放射能被爆はしていない」と言っている?

今回の訴訟は、健康被害をもたらされたとする兵士たち自身による東電を相手取った訴訟です。
訴訟の理由は、東電が正しい情報を提供しなかったことが被爆の原因であるというもので、理屈はわかります。
しかしここで疑問が生まれました。
なぜアメリカ軍や政府ではなく、兵士自らが訴訟を起こしたのでしょうか
兵士たちが被爆により健康被害を被ったのであれば、その母体である軍や政府が動くはずだと思ったのです。
しかし、調べてみると、どうやらアメリカ軍は、ロナルド・レーガンの兵士たちの健康被害は被爆によるものとは認めていないようです。それどころか兵士たちには「被爆はない」という書類にサインまでさせているという証言も出てきました。

兵士たちを守るはずの軍が、なぜでしょう…

まとめ

トモダチ作戦に大きな感謝の気持ちを持つ人も多いと思います。もしそれが原因で兵士たちの健康を害してしまっているとしたら、なんとかしてあげたいとも思いますよね。

しかし、アメリカ軍の行動が理解できません。何か隠し事があるとしか思えませんよね。

注意して報道を見ていきたいです。



〈東日本大震災でトモダチ作戦として支援活動した米空母ロナルドレーガン。乗員ら4百人超が放射能による健康被害を受けたと訴訟中だ。死者計9人に...空母で何があった?〉

〈福島第一原発の事故。汚染されたのは東日本の陸上だけではなかった。実は、放射性物質の約8割は太平洋上に流れ込んでいたともいう。そして東北沖で"トモダチ作戦"として支援活動していたのが米空母ロナルドレーガン。当時、艦内では放射能アラームが鳴り響いていた。乗組員の兵士らは次々と放射能による健康被害を訴え死者は計9人に。そして米兵ら400人以上が訴訟を起こしている。空母で一体何があったのか?〉

転載元転載元: フルタマンタロウ 京都から発信中

全171ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事