The eyes which I watch ぼくの見る目

同じ空の下、走っていれば仲間じゃん

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

日本では、農地、水源地を含む森林、ゴルフ場、リゾートなどの広大な土地が急速に外国資本に買収されている。近隣諸国の積極的な進出に、我々はなす術はないのか? 最新事情を探る!

◆外資に買い占められる北海道

 外国人による北海道の土地買収がとどまるところを知らない。

 農林水産省が昨年の4月27日、林野庁のホームページで公開した調査結果によれば、’17年1年間だけで外国資本に買われた森林面積は、53ha。東京ドーム12個分に相当する広さだ。

 それでも、この状況は今に始まったわけではなく、10年ほど前からすでに深刻な問題だったという。そう語るのは、外国人による土地・不動産買収の状況について、全国的な現地調査を行っている平野秀樹氏だ。農水省を皮切りに、国土庁、林野庁、環境省の官僚として、日本の国土保全に長年携わってきた人物である。

「林野庁の統計によると、’06年から’17年までに外資および外資系が買収した日本国内の森林総面積は5789ha。しかし、森林以外の土地売買については政府へ報告する義務がないため、実際どれくらいの面積の国土が外国人に買われているのか、データ自体がないのです」

 この5789haは、山手線内側面積の9割に相当する広さだが、これはあくまで氷山の一角というわけだ。

「当然、森林以外にもゴルフ場、ホテル、ソーラー発電用地、農地などもたくさん買われています。私の推計では、日本全国でおよそ10万ha(東京都の面積の半分弱)は外資系の掌中に収まっていると見ています」

 特に北海道は、約1万5000haの土地が買収されているという。具体的な地域では、ニセコ(ニセコ町・倶知安町)、トマム(占冠村)、サホロ(新得町)などの人気リゾートや、国際交流が盛んな苫小牧市、釧路市周辺などが買われているようだ。

 外国人は、北海道の土地をどのような動機で買うのだろうか。平野氏は次のように分析する。

「日本政府はこれまで北海道のインフラ整備に何兆円を投じてきました。道路もエネルギー供給も水道も整っている土地ですから、たとえ過疎化・無人化が進んで日本人にとっては無価値になっても、外国人にとっては極めて割安となります。そこが彼らの目に魅力的に映っているようです。特に中国・香港系が積極的に動いており、投資目的で購入しているケースが大多数だと考えられます」

 近年、地価の上昇が著しいニセコでは、不動産オーナーの6割以上が中国・香港系なのだという。一方、北海道と同様に、これまで政策的に膨大なインフラ投資が行われてきた長崎県対馬でも、土地買収が刻一刻と進行している。外国資本による土地取得問題に詳しい、産経新聞社編集委員の宮本雅史氏はこう指摘する。

「対馬は韓国まで直線距離で50kmとかなり近いこともあり、韓国資本による土地や不動産の買収が急速に進んでいます。それに加えて最近では、中国資本が土地を買い始めているという噂が対馬の住民の間でささやかれています」

 また、宮本氏によると、沖縄に次いで琉球弧の二大拠点の一つで、現在陸上自衛隊の拡充計画を進める奄美大島や、尖閣諸島までわずか170kmしか離れていない沖縄県宮古島でも中国資本による土地買収が進行しているという。投資目的にはそぐわないような地域での事例も少なくないのだ。

 北海道や対馬、沖縄の離島など、買収されている理由はそれぞれ異なる。しかし、なぜ外国人の土地買収がこれほど激化しているのだろうか。平野氏はこう説明する。

「日本の土地・不動産は外国人でも買える上、登記が義務ではありません。諸外国ではあり得ないことですが、ここに根本的な問題があります。投資目的の外国人にとって、誰が買ったのかを秘匿できる日本の土地・不動産は、マネーロンダリングや資産隠しの手段としても使いやすいんです」

 つまり、所有者が誰なのか、行政も把握していないため、保有時の固定資産税、転売時の不動産取得税、所得税を支払っていない外国人は相当数いると予想される。日本人は真面目に税を納めている一方、外国人が未納で済んでいるとなれば、日本国民として到底納得できないところだ。

<撮影(対馬)/昼間たかし>

― 外国人に買われるヤバい土地 ―



共同通信社   2018/12/31

イメージ 
 【ロンドン共同】音楽配信の「スポティファイ」など20種類以上のスマートフォンアプリが、利用者に関するデータを無断で米交流サイト大手フェイスブック(FB)に送信していた疑いがあることが英個人情報保護団体の調査で31日までに分かった。リクルートホールディングス傘下の求人検索サービス「インディード」も含まれる。

 英団体「プライバシー・インターナショナル」は、米グーグルの基本ソフト(OS)、アンドロイド向けのアプリ34種類を調査。このうち20種類以上でアプリを開いた瞬間にデータをフェイスブックへ転送することを確認した。





転載元転載元: フルタマンタロウ 京都から発信中


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ


大東亜戦争で日本軍が降伏すると、連合国軍はアジアを再度、植民地にしようとした。
 
しかしアジアの国々は、白人など日本軍が来ると逃げ回っていたのを見て、自分達もやればできるという「独立」の風が吹いていたため、植民地支配は出来なかった。
 
その白人の恨みは日本軍に向いた。
 
シンガポールでは日本軍を全員素っ裸にしてトラックに乗せ、そのまま炎天下の市中引き廻し、繁華街を見世物のようにゆっくり走った。
 
捕虜への配慮がない白人であった。

イメージ
 
そのまま刑務所の狭い独房に5人入れて、足を延ばして横になることも出来ないコンクリートの上で、膝を抱えてまどろみ、毛布一枚も与えられずふんどし一つで、夜中には冷え込んで眠れなかったという。
 
最初の1週間は食べ物は何も与えられなかった。
 
1週間して与えられたのが親指ほどの大きさのタピオカとお湯のようなスープが少しであった。昼は食事がなく、夜はビスケット3枚であった。
 
たちまち栄養失調となり、体力は低下し、病人が出始めた。
 

英軍や民衆は豊かな食生活の中、死なない程度の最低量の食べ物しか出さない拷問・虐待状態であった。マレーの刑務所はどこもこうであった。

 
日本の捕虜収容所は、日本人自体が極度の食糧不足であっても捕虜にはきちんと食事を与えていた。
 
腹が減って体力が消耗している中、英軍は日本人捕虜をヤシ畑やパパイヤ畑の農作業に駆り出した。足はふらふら、めまいもする中、能率が上がらないと英軍は棒で頭や身体の至る所を思いっきり殴りつけ、日本人捕虜は血だらけになっていた。

イメージ
 
ベトナムに戻ってきたフランス軍も日本兵を素っ裸にして独房で絶食、絶水、火責め、電気責めなどの拷問をし、2日間の裁判で被告の陳述や、反証や、疑義は封じられて死刑にされた。
 
このような捕虜への虐待は国際法違反である。
 
我々日本人は、今の日本があるのは、お国のために大東亜戦争を戦い抜き、その後も国家の戦後処理を一身に負われたこの尊い人柱の上に成り立っていることを知らなければいけない。
 
本来は学校で教えて日本人共通の学びとしなければいけない。

・・・・・

人気ブログランキングに参加しています。 

きちんと語り継ごう、と思った方はここをポチッとお願いします。 
                    イメージ 2


転載元転載元: さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」


明けましておめでとうございます

イメージ 1

昨年は皆様に支えられ
新年を迎えられました

ありがとうございます

昨年7月に
八ヶ岳中腹の別荘に引っ越しました
夏は快適な場所なのですが

冬は
外も氷点下
家の中も氷点下(≧▽≦)
水道凍結防止に蛇口から
数滴ずつ水を出していますが
朝 氷柱になってその下は逆さ氷柱になってます

幸い
水道管地中埋設と水道管不凍栓工事は
終わっていたので水回りは大丈夫そうです
寝床も
一部屋だけ灯油ストーブで暖房して
10度を保ってます

今年は他の部屋も
少しずつ断熱リフォームをして
住み心地よくしていきます

けっこう この状況を
楽しんでいるふしもあるんですよ

こんな環境のせいか

寒い部屋の中にいると
生き物みんなが愛おしく感じます
ふだん 羽虫やコオロギの類は
外に逃がしますが

この時期だとこの寒さを共に生きる同志のように
感じ 外には放さず ストーブの脇に逃がします

他にも壁の中にはたぶん
保護動物のヤマネやネズミが
いるかもしれません

こんな新年を迎えてますが

本年も宜しくお願い致します


追記
猫のボタンは
こんな環境に一人残して仕事に行くのも
忍びないので
今回の冬は実家に預けました

イメージ 2





気ブログランキングに参加しています。 

謹賀新年  まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2






年の始めの 例(ためし)とて
終りなき世の めでたさを
松竹たてて 門ごとに
祝ふ今日こそ たのしけれ
 
初日の光 明(あきら)けく
治まる御代の 今朝のそら
君がみかげに 比(たぐ)へつつ
仰ぎ見るこそ たふとけれ
 
 
この歌は『一月一日』と書いて「いちげついちじつ」と読みます。
 
戦前は正月に登校して「元旦拝賀式」の奉唱歌として歌い続けてきた唱歌である。
 
しかし戦後、唱歌『1月1日』は学校の教科書から消えてしまった。
 
理由は「軍国主義の復活につながる」ということである。
 
ちなみに、この唱歌は大正2年に2番の歌詞が次のように変わる。
「初日の光 さし出でて 四方(よも)に輝く 今朝のそら」
 
明治天皇の「治まる御代」がなくなるのは名残惜しいが、大正天皇の御代として歌詞が変えられた。
 
さて、この唱歌の何が軍国主義につながるのでしょうか?
 
それは2番の「君」が『君が代』の「君」と同じで、天皇に忠節を誓うのは戦争を思わせるからいけない、ということである。
 
反日左翼というのは何でも戦争と結びつけて、日本の伝統や文化を壊したがるのだ。
 
ここでいう「君」は「天皇陛下」であり、唱歌『11日』は国民が御皇室の弥栄をお祈りして祝賀する歌なのである。
 
一方、天皇陛下は元日の日が昇る前に、野外の暗く寒い中で「四方拝」という祭祀をされ、年頭に神々へ「日本の安寧と世界の平和」をお祈りされる。
 
このような天皇陛下と国民の間柄こそ、教育勅語にある「我が國體の精華」である。

日本の国柄を考えれば歌い続けることこそ日本人として大切なことである。
 
そして日本の国柄を踏まえれば、正月に神社にお参りする時には、自分のお願いという小さなことではなく、御皇室の弥栄と国家国民の繁栄に感謝してお参りいたしましょう。


・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
日本の国柄こそ世界に誇れるものである、と思った方はここをポチッとお願いします。 
                    イメージ 2

転載元転載元: さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事