全体表示

[ リスト ]

ドリフトから足を洗い、使い勝手がよく、かつ速い車ということで選んだ4代目の車。

先代レガシィB4−RSK Sエディションです。
通常のターボモデルのRSKにWRブルーのカラー。
そしてレザー(合成^^;)のパワーシートとスバル純正の4ポッドキャリパーで武装したモデル末期
の特別仕様です。
イメージ 1

昔から青い色が好きでいつかは青い車にと思っていましたが、以前は純正色で青はあまりありませんでした。

この頃になると各メーカーいろんな車にブルーメタリックの設定があり選び放題でしたが
青=スバルというイメージからインプレッサを買おうと決めディーラーに向かいました。

しかし・・・STIではない普通のWRXでも、なんだかんだで乗り出し300前後・・・。

悩んでいると支店長さんが現れ、「お客さん、これなんだどうよぉ〜!安くしとくよ?」
と言われたので見てみると・・・店内に展示してあったレガシィでした。

この当時レガシィはちょうどモデル末期。
次期型も発売を待つばかりの時。

そんな関係で値引きもかなり拡大し、おまけに超低金利ローン&ナビサービスという特典付き。
しかし展示してあったのはATだったのでMTでも同じ条件で買えるのか尋ねると、もちろんOK
というので即決^^;

色はもちろん青。そしてMT。
当時はまだワゴンのオマケ的存在(?)であったセダンのB4。

メジャーな車でしたが自分なりのこだわりをもって乗っていました。

買ってすぐダウンサス装着。
マフラーも考えたけど、走りをやめたのならマフラーはしばらく付けないでみようと思い装着は断念。

しかしこれが大当たり(?)
今までの車ではウルサイ排気音にかき消されて聞こえなかったエンジン音がよく聞こえる!
クォーンと吹け上がるエンジンの音が心地よく、これから車にマフラーを付けなくなりました。

レガシィ特有の持病(?)であるツインターボの切り替わる際のトルクの谷間も、逆にドッカンターボ
を感じさせ悪くなかったように思えます。

ドリフトもやってみましたが・・・あまりの限界の高さ苦労し、滑ってもかなりスピードレンジが高かった
為、自分がやると危険だと察し、これ以降試しませんでした^^;


改造点
RS☆Rダウンサス
アルミ&タイヤ・クロイツァーX&ファルケン
以上・・・^^;
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


280馬力で5ナンバー。
居住性もよく燃費もリッター11キロほど走ってくれました。
今から考えると、この車がいろんな面でベストな車だったと思います。
3万キロ乗って売ってしまったのですが・・・後悔してます(笑

ちょうど病んでいた時期だったので(笑)買い物に走る癖がありました(爆

この車を買ってから、今も続くスバルさんとの付き合いが始まりますが・・・今後スバルでは私が乗る
ようなモデルは当分出てこないらしいので残念です(><)

車のメーカーなども、一度買うとこだわってしまうので^^;

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

>あまりの限界の高さ苦労し・・・最近の大型バイクもそうなのでしょうかねえ・・悩ましいですね。

2007/9/28(金) 午後 10:58 [ mffactory02 ] 返信する

顔アイコン

限界が高い=安定性が高いということも言えるのでバイクや車でグリップ走行する点では良いことかも知れません^^
ドリフトって故意に不安定な姿勢を作り出すんで限界高いとヘタっぴにはつらいですね^^;
もちろんバイクやグリップ走行でも積極的にスライドを駆使して向きを変えたりしますが・・・私はその域には到底達していません^^;

2007/9/29(土) 午後 11:36 らうーる 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事