全体表示

[ リスト ]

工作部屋が・・・

連休!やりたいことをやっていますが、持病の腰痛がひどくて・・・。
今日はF22ラプターの垂直尾翼の補修です。
新品、製作途中の機体をお嫁にいただきましたので手を入れています。
新品ですが、保管中の破損や組立部分の不安要素を取り除くためにそ、あれこれ相当手を入れないと!
完成までには相当の時間が掛かりそうです。

イメージ 1
ラダー部分にFRPの陥没と割れがありましたので、その部分をカットして内部に押し込むようにカーボンチョプを押し込みエポキシ樹脂を流して固めます。写真はエポキシ樹脂を流してマスキングテープを張り付けたところです。
マスキングテープを貼ることでエポキシ樹脂表面が空気と接触しないようにします。こうすることで表面までカチカチに硬化させることができます。詳しく分かりませんがエポキシ樹脂は空気と触れている部分はベトベトした状態で硬化します。こうなると塗装前の足付けが面倒なのでマスキングテープを貼ることが多いです。



イメージ 2
F22ラプターの胴体!こちらもランディングギヤドアが無いので自作します。



イメージ 3
F22と一緒にお嫁に来たT-33シューティングスターです。
アメリカのフライトショーに出品された機体だと聞いています。かなり細かいところまで作りこまれていますがホコリだらけです(涙)
もともとダクト機だったようですがJETエンジンに乗せ換えたということでした。ただ載っていたJETエンジンを点検したところタービンブレードの破損&エンジン制御用の基盤が焦げていました。エンジンのオーバーホールも考えましたが予想以上に高額な修理になりそうなのでJETエンジンは諦めてダクト機にしようと考えています。



イメージ 4
塗装前のGeeBeeR3です。
AT-6テキサンもあるので、もう工作部屋に機体を置くスペースがありません・・・。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事