ここから本文です
大田区久が原のR75PCは高齢者向けのパソコンスクール
大田区久が原にある高齢者向きのパソコンスクール
へんな日本語の詐欺メールがきました

要約すると
あなたの
 パソコンに、ウイルスをにインストールした
 すべての連絡先情報を収集した
 消したければBTC(暗号化通貨)で550ドルを払え

という内容で、9/19にかなり多くの方がこのメールを受け取っているみたいです

イメージ 1

================以下メールの内容===================

こんにちは、*******.ne.jpの親愛なるユーザー。
あなたのデバイスに1つのRATソフトウェアをインストールしました。
この瞬間、あなたのメールアカウントはハッキングされています(今、私はあなたのアカウントにアクセスできます)。
あなたのシステムからすべての機密情報をダウンロードしました。私はいくつかの証拠を得ました。
私が発見した最も興味深い瞬間は、あなたのマスターベーションのビデオ記録です。

私はポルノサイトに自分のウイルスを投稿し、それをあなたのオペレーティングシステムにインストールしました。
ポルノビデオの再生ボタンをクリックすると、その瞬間に私のトロイの木馬があなたのデバイスにダウンロードされました。
インストール後、フロントカメラは自慰行為のたびにビデオを撮影します。さらに、ソフトウェアは選択したビデオと同期します。

今のところ、ソフトウェアはソーシャルネットワークと電子メールアドレスからすべての連絡先情報を収集しています。
収集したすべてのデータを消去する必要がある場合は、BTC(暗号化通貨)で550ドルを送ってください。
これは私のBitcoinウォレットです: 19rq65nR7FqvEgeq3r8YmHGupsUvnD3pmD
この手紙を読み終えてから48時間経っています。

あなたの取引後、私はあなたのすべてのデータを消去します。
さもなければ、私はあなたのいたずらを伴うビデオをあなたのすべての同僚や友人に送ります!

そして今後はもっと注意してください!
唯一の安全なサイトにアクセスしてください!
さようなら!


==============================================

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

ネット上の情報を集めた結果
新しいiPhoneXシリーズはカメラがすごい!らしい
(XRは若干機能が少ない)

特にポートレートモードでは、f値スライダーを調節し小さくすれば
背景をぼかしより雰囲気のある写真が撮れる
またその効果は撮影後も可能だ

イメージ 2

これを実現できたのはCPU A12と、Neural Engine 機械学習 である

Appleのホームページには、次のように説明されている

============以下が内容=============

顔検出。ポートレートモードでは、カメラセンサーから集めたデータをNeural Engineが機械学習を使って分析し、フレームの中にある顔をすばやく識別します。
 
フェイシャルランドマーク。顔が検出されるとすぐに、フェイシャルランドマークによって、iPhoneがクリエイティブなポートレートライティングのエフェクトを被写体に適用します。
 
深度マッピング。ISPの先進的な深度エンジンは、Neural Engineから集めたセグメンテーションデータを使って、被写体を背景から正確に区別します。

==============================

イメージ 3

↑Appleホームページの上の掲載画像からイメージすると
撮影された画像データはNeural Engine により
顔認識された人物部分と背景が分離され
それぞれに最適なエフェクトがかけられ統一画像データとして保存される
f値スライダーは撮影後も調節可能であるということなので
撮影された画像が、人物といくつかに分離された背景データはバッファ=記憶されるようである

一部の情報記事上では
CPU A12と、Neural Engine 機械学習は、iPhone用のアプリ開発者に
魅力のある新しい場所を用意した
というような内容で投稿されている

これらを利用したAppleオリジナルアプリもアップされると思うが
他社のアプリもどんどん出てきそうである

これに対し、Android端末やgoogleはどう対抗していくのであろうか
iPhoneはパソコンの機能を詰め込んだタブレットと考えると
googleは「パソコンはいらない」操作端末でいいといっているようであるので
クラウド上に保存されたAIを使ったシステム上で処理を行う方法に行きそうである

iPhoneXへの買い替えをスルーした方で「カメラ機能が重要」と考える方は
XSは買い時かもしれない

この記事に

開くトラックバック(0)

ネット上の情報をいろいろ集めまとめてみました

9月13日に新型iPhoneXS・XSMaxとXRが発表されました
携帯各社も予約受付を始めています
価格はXSが 112,800円〜 XSMaxが 124,800円〜
   XRが 84,800円〜

イメージ 4

発売日はXS・XSMaxが9月21日
XRが10月26日

新型iPhoneXSはXと比べどうかわったかのでしょうか
大きさが同じなので見た目は変わらない、重さが0.3g増えた
ゴールドが追加された

変わったところだけ比較すると

イメージ 5



・防水性能は 1m30分から 2m30分の耐水性へと上がっています
 が「防水は完璧」との過信は禁物です
 真水で検査されるため、海・お湯は条件がちがう
 気密性は劣化していくことが考えられます
・CPU性能は20%ぐらいアップとのうわさですが
 使用感レポートがまだないのでなんともいえません
・カメラの機能としてF値スライダーが用意され
 ポートレートモード使用時
 より背景をぼかした撮影が可能に

イメージ 1

イメージ 2

・DSDSはディアルシム機能ですが、iOSのアップデート後でないとだめ
 さらに国内携帯各社は所有者がシムの内容を書き換えて
 他の携帯会社の接続サービスを使うのを嫌がっているようなので
 いずれはということらしい

さて、iPhoneXRですが躯体はアルミ、有機液晶ではない普通の液晶で
 価格が 84,800円 からとお手頃です
 そして6カラーバリエーションが用意されている
イメージ 3
iPhone7・8を使っている人は「買い」じゃないでしょうか



この記事に

開くトラックバック(0)

挿入→図形から六角形を描いて、「図の塗りつぶし」で「図」→「ファイルから」
で画像を選択し挿入
六角形線は「図の枠線」→「太さ」→「その他の線」→「幅 10Pt」、「色」はお好みで選択
Ctrlキーを押しながらドラッグしてコピー
上記「図の塗りつぶし」操作から画像を入れ替え線の色を変更

イメージ 1

「挿入」→楕円を描いて、「塗りつぶし」を薄いピンクのグラデーションに設定
茎は「直線」をフリーハンドで書いたものをコピーして、回転して変化をつけた

イメージ 2

(花びら9枚の花ははなかなかないけど)

この記事に

開くトラックバック(0)

Wordの「図ツール」の「書式」では「色」というメニューがあって、いろいろ色の変化が付けられる

イメージ 1

カレンダーの日付「玉」と呼ばれているものは、平日は黒、土曜日は青、休日は赤で、背景色が白なので、他の画像と重ねた場合あまり面白くない。

そこで、色のいろいろな変化を付けてみた。

図形の挿入で台形を描き、塗りつぶしをテクスチャに
カレンダーの背景の白を透明にして、日付の色を白っぽくした
イメージ 2

カレンダーの周りを四角くぼかし、文字は白黒で背景色が付くパターンにしてみた
イメージ 3

この記事に

イメージ 1

毎年9月に行われるAppleのイベントで新製品の発表が行われてきたが
今年も現地時間9/12(日本時間13日2:00から)のイベントで
新型iPhoneが発表されるとのうわさで、ネット上の情報をまとめてみた

新型iPhoneは3機種

6.5と5.8インチの有機ELDの2機種
 どこがどう刷新されるかの情報はないがゴールドが追加されるらしい

廉価版の6.1インチのLEDで、6色・アルミ躯体でディアルシム機種
 アルミということは、ワイヤレス充電不可
 ディアルシムは、データ通信や音声通信や海外対応シムの挿し替え可
 700〜800ドル

以上がうわさのまとめです

情報はこちらから得ました


この記事に

開くトラックバック(0)

Edgeで必要な所ののみ印刷したいのに、できない!

Internet Explore ではドラッグした範囲を「選択した部分」で
印刷できましたが

ということで、Wordの「スクリーンショット」という機能で印刷します

簡単です
Edgeで印刷したいところを表示させます(最小化はしない)
Wordを起動したら、挿入→スクリーンショット→画面の領域 を選択

イメージ 2

Edgeの画面に切り替わり白っぽくなります

イメージ 1

マウスポインタが 十 になるので、印刷したい範囲をドラッグすると
Wordに挿入されます

イメージ 3

ドラッグして大きくしたり、「図ツール」の「書式」で、はっきりするよう「修正」したりして、後は印刷すればよいです

イメージ 4

Wordは簡単に最終的に印刷を目的にするなら、簡単で便利なアプリです

地域イベントのポスターも、最終的には家庭用プリンターで印刷しているので
Wordで作っています
最終の印刷の大きさがA3なので
A4の大きさで作って、PDFにしてデータ渡して、印刷で何ら問題ないみたいです

この記事に

開くトラックバック(0)

4Kテレビ関連のニュースのページを見ていると、ひさびさに、「Googleメンバーシップ・リワード」という偽の当選画面が表示されました。
当選したので、クイズに答えて正解すると、iPhoneX等が無料でもらえるよ!
というような内容です。こんなうまい話は、聞いたことがない。
これは、偽物です。スマホにも、来るようです。

イメージ 1

イメージ 2

GoogleとAppleはライバルなので、当選で無料でもらえるものにApple製品があるのはおかしいかな。
簡単なクイズに答え、正解すると、個人情報を入力させれられるようです。カード情報を入力してしまう人も中にはいるようですが・・・・・

重なって、上に表示されている画面は、✖で閉じますが、下の画面は、✖や、Alt+F4 でも消えませんでした。
Ctrl+Alt+Deleteキーで、タスクマネージャーを起動し、「タスクの終了 」で消しました。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事