蛇苺の味

自分が思った通りの小説、詩、エッセイを書いて行きたいと思います。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1



アインシュタインの相対性理論では、
動いている物体のなかでは
時間がゆっくり動くのだそうである。
時間は動きを一つの形としてとらえた概念であるから、
形のなかにある形は別の形ということになる。
同じ長さの2本の鉛筆のうち、1本を筆箱に入れると、
長さが違ってくるというような話になる。
時間という次元に二重性が発生してしまう。
3次元までの次元には、
二重性は発生しないのに、時間という次元には、
二重性が発生するのはなぜか、
その説明がなされなければならない。
しかしそれは時間を4次元空間として扱った場合の話で、
時間を次元空間とは別のものと考えるのなら、
問題は無い。
アインシュタインは計算の都合で時間を4次元として、
扱っているが、時間を次元空間としてカウントするという、
発言はしていない。
このように、
いろいろやっかいな問題が発生するので、
時間を次元空間としてカウントするのは慎重にすべきではないか、
と思う。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事