ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

2月20日(月)東京・メルパルクホールにて、"ひとり芸日本一"を決定する『R-1ぐらんぷり2017』準決勝を開催。終了後に決勝進出者が発表され、ブルゾンちえみ、三浦マイルド、横澤夏子、レイザーラモンRG、ルシファー吉岡、マツモトクラブ、石出奈々子、アキラ100%、ゆりやんレトリィバァの9名が決定しました。
過去最多となる3792人がエントリーした今大会。2月28日(火)午後7時より生放送の『R-1ぐらんぷり2017』決勝戦(カンテレ/フジテレビ系)では、上記9名に決勝戦当日に行われる「敗者復活ステージ」を勝ち抜いた3名が加わり、計12名で"R-1王者"を目指し戦います。
http://news.yoshimoto.co.jp/assets_c/2017/02/20170221110553-ca4e9f6fb56dec6fd2bcaa396b9024e675f7f442-thumb-300xauto-204014.jpg
準決勝終了後の会場で行われた決勝進出者発表では、一人一人名前が呼ばれる度、出場者たちから「おー‼」という歓声と大きな拍手が。ステージの上がった9名は、決勝進出を決めた思いを聞かれ、ブルゾンちえみが「ひとつ言わせてもらっていいですか。ありがとう!」と一言。次の三浦マイルドも「僕もひとつ言わせてもらっていいですか」と続き"マイルドフラッシュ"とギャグを披露すると、その後全員が"ひとつ言わせてもらっていいですか"でつなぐことに。横澤夏子は「優勝して結婚がしたい!」と切実な思いを、トランプ大統領の扮装をしたレイザーラモンRGは決勝進出ならなかった出場者に向かって「ゲット アウト ヒア!」と叫び、ゆりやんレトリィバァは「落ち着いていきまーす!」とおなじみのギャグをもじり、それぞれが一言で気持ちを表現しました。
http://news.yoshimoto.co.jp/assets_c/2017/02/20170221110021-a657a897f50b759abfeb3bd133758dca2572bdde-thumb-300xauto-203996.jpg
その後、タキシードに着替え行われた記者会見では、意気込みを語るとともに決勝トーナメントの組み合わせも決定。抽選により1番にトーナメントの枠を選べる権利を得たRGは、敬遠されがちな最初にネタを披露するAブロック1番を選択し、会場からどよめきが。RGは「トゥーサウザントフォーティー スティーブ・ジョブズ R-1グランプリ ファースト!」と、2014年の決勝出場時もスティーブ・ジョブズのネタで初っ端に登場したことを上げようとするも言葉が出て来ず「ノー!イングリッシュ!」と英語を放棄。日本語で「オレがめちゃくちゃ会場あたためるから!いい大会にしよう!」とかっこよく宣言しました。ほか、Aブロックには、「R-1のために去年は単独ライブツアーをしました」と気合の入る横澤、「みなさん僕のこと芸人としてもう死んだと思ってると思うんですけど、R-1決勝という最高の舞台でまだ生きているんだということを見せたい」と意気込む2013年の優勝者・三浦が。
http://news.yoshimoto.co.jp/assets_c/2017/02/20170221110105-dd753f9d9cbd6046c993331c8d5dc6a21e023e13-thumb-300xauto-203999.jpg
Bブロックは、ゆりやん、「浅井企画を背負って頑張りたいと思います」という浅井企画から初の決勝進出となる石出、「髪の毛も含めて失う物はなにもないので、思い切ってやって勝ちたい」と意気込むルシファーが。Cブロックには、「女ってうれしい楽しいって、そういう感情を感じれば感じるほど輝く生き物なので、優勝して細胞を輝かせたいと思います」とキャラを貫くブルゾン、過去2回は敗者復活からの出場だったため「初めてのタキシードも着させていただいて、初めてのあおりVTRも作っていただける」と喜ぶマツモト、「笑いはなくてもお盆はおとさない」がモットーのはだか芸のアキラが。各ブロック敗者復活者を加えた4名で戦い、各ブロックから勝ち上がった3名がファイナルステージに挑み、チャンピオンを決定します。
http://news.yoshimoto.co.jp/assets_c/2017/02/20170221110236-f53a7408de6bc2c3c242a6bb262bef77a4e94a6a-thumb-300xauto-204005.jpg
会見では、ゆりやんが「調子乗っちゃって」「落ち着いていきや」などギャグを連発して笑わせながらも、決勝進出に感極まってマジ泣き。隣にいたアキラが手にしていたお盆でゆりやんの顔を覆ってあげるという優しさをみせるものの、そのお盆はアキラがネタ中に局部を隠すためのものだっため、ゆりやんに「局部と同じ扱いしないで」と払いのけられてしまうという一幕も。
http://news.yoshimoto.co.jp/assets_c/2017/02/20170221110316-3c5a49e58c44c0a8af0bf4d852260480384a7d8b-thumb-300xauto-204008.jpg

http://news.yoshimoto.co.jp/assets_c/2017/02/20170221110350-98733b372ad166c452d2d47bf4190b79b17f6e55-thumb-300xauto-204011.jpg
優勝者には賞金500万円と、副賞として全国ネットでの冠番組が贈られます。500万円の使い道を問われると、ヨシモト∞ホールの楽屋の毛布がボロボロのため「"寄贈 横澤夏子"とデカデカと書いて、とてつもなくいい毛布を寄贈したい」(横澤)、「お世話になっているチャンス大城さんに自転車を買ってあげたい」(三浦)、「こう見えて誰とも付き合ったことがないので、500万円持ってるとアピールしてステキな男性とお付き合いしたい」(ゆりやん)と回答。果たして、賞金500万円と、"ひとり芸"日本一の称号を手にするのは!?

この記事に

R−1ぐらんぷり2017。
準決勝が終わった直後に決勝進出者の発表&記者会見がありました。
イメージ 1

終わりで場所を移動し、ネタ順の抽選会が行われました。
ネタ順の決定方法は、ボールを引き1番を引いた人から順に好きな場所を指定できるという方法です。
1番を引いたのは、レイザーラモンRG
イメージ 2

注目が集まる中、RGが選んだ順番は、まさかのAグループ1番!
これには会場が響めきました。
イメージ 3

2番を引いたのは、ルシファー吉岡
イメージ 4

RGのいるAグループを避け、Bグループ6番へ!
3番を引いたのは、ブルゾンちえみ
イメージ 5

Cグループトップの7番へ!
4番を引いたのは、あきら100%
イメージ 6

一番最後のCグループ9番へ!
5番を引いたのは、第11回大会王者の三浦マイルド
イメージ 7

同じ事務所の先輩が待つAグループ3番へ!
6番を引いたのは、横澤夏子
イメージ 8

本当は3番を狙っていたという横澤。
しかし、埋まってしまったので早くネタを終わらせられるAグループ2番へ!
7番を引いたのは、マツモトクラブ
イメージ 9

今までは復活ステージからしか決勝へ進んでいないというマツモトクラブ
今回は決勝進出が決まっているので、ゆっくり準備をしたいという理由からCグループ8番へ!
8番を引いたのは、石出奈々子
イメージ 10

残るはBグループ4番か5番という事で、Bグループ5番へ!
最後は、ゆりやんレトリィバァ
イメージ 11

残り物には福がある!?Bグループ4番へ!
全員のネタ順が決定致しました!
イメージ 12

Aグループ
イメージ 13

Bグループ
イメージ 14

Cグループ
イメージ 15

果たしてこの中にR−1ぐらんぷり2017を制する人がいるのでしょうか!?
イメージ 16

イメージ 17

復活ステージは2月28日14時30分から新宿明治安田生命ホールで行います。
もしかしたら、復活ステージエントリー者の中にR−1ぐらんぷり2017を制する人がいるのかも!?
お見逃しなく!!

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事