Raccoのぶーぶーブログ

ブログ移転しました→→→https://racco.fc2.net/

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
GR3台試乗、2台目は「86」。

86は、2012年4月に発売された トヨタとしてはひさびさのスポーツカー。しかもFR。
スバルとの共同開発車両であり、兄弟車にスバル・BRZ(ZC6型)がある。
エンジンは、スバルの2L水平対向に トヨタ直噴システムD−4Sを加えたものを搭載。
車両製造は、スバルの群馬県太田市の工場(「GRMN」仕様を除く)。この「GR」も群馬?

イメージ 4
今回乗った86は、ハリアー・アクアのGR SPORTと違い、「GR」。
86にもGR SPORTはあるのだが、SPORTの名が取れた「GR」は
高級・高性能パーツを惜しみなく採り入れた仕様。(車両価格にもそのまま反映されてる)
予備知識がなかったもんで、GR=メンバーブレース何本か追加した程度だと思ってて…
レカロシート見て(え?)と思ったけど、あとで調べたらレカロ追加どころじゃなかった^^;

※現在、「GR」の名を冠した車種は、この86とヴィッツのみの設定。あと、新型スープラ。

主要諸元:4290×1790×1285/1320mm ホイールベース2570mm 最小回転半径5.4m
最低地上高120mm 車重1240kg FR
エンジン:2L 水平対向DOHC 直噴D-4Sエンジン FA20型 (ハイオク仕様)

・車両価格・
4,968,000円(GR・6MT)※今回試乗
3,846,960円(GR SPORT・6AT)
3,780,000円(GR SPORT・6MT)


イメージ 5
「GR」とベース車両とで大きく違うのが、リアバンパー下部の配置構成

イメージ 1
ベース車では、センターに 逆三角形のリアフォグを挟む形でバックランプが配置。
馴染みの見た目かと。GR SPORTでもここは変わらない。

イメージ 2「GR」では、センターには一本出しのマフラー。
ベース車で左右二本出しマフラーが出るあたりの位置に、大きな丸型バックランプ。
この装備が ベース車両やGR SPORTとのわかりやすい判別点になっている。
また、GR SPORTが前後215/45R17タイヤ(ベース車もかな?)なのに対して、
「GR」はリアに235/45R17という太くて大きなタイヤを履くためかな
フェンダーアーチにエクステンション(白いモール)が追加。
ホイールはベース車標準の物と似ているが、専用のRAYS製鍛造アルミとなっている。
「GR」には その他にも、ブレーキの強化(キャリパーのロゴはブレンボ→GRに)・
トルセンLSD・SACHS製ショックの専用チューン(10mmローダウン)などが加わる。
(リアビューを撮らなかったので、公式サイトから拝借)

イメージ 6
6速MTのシフトゲート、リバースは左上(1速の横)。
バックギアに入れる時は、80系スープラのように ノブ下のリングを引っ張って操作する。
下に押し込んで入れるタイプのように間違える心配なし。

最近のトヨタ車試乗では純正9インチナビが付いたクルマばかり乗っていたので、
2DINワイドサイズの純正7インチナビ(NSZT−W66T)がとても小さく感じる。
HD画質+IPS液晶(?)の9インチに比べると 鮮明さや視野角(TN液晶?)で劣り、
約15万もする高級ナビなのに 相対的に安っぽく見えてしまった。
うちのクラちゃんで使ってる最廉価NSCD−W66が出る幕ないねこりゃ^^;

イメージ 8
メーター
照明OFF状態

イメージ 7
照明ON状態
左側のアナログスピードメーターの指針、こんな角度初めて見たー。
普通のメーターの0km/hの位置→100km/hだもの^^;
サーキット走行用を連想させますな。
タコメーター内にデジタルスピードメーターが別にあるから、
これだけ思い切ったことができたんだろうね。

ホワイトメーターは、アフターパーツで在る車種ならば
わざわざそれに換えたくなるぐらい自分は好きだけど、
外光が入る状況(薄暗い時など)で照明を点灯させると
数字が文字盤の色と同化してしまって視認性が良くないのが難点。
その点は、同じホワイト系でも、文字盤全面が透過するタイプ
(160系アリストやプロナードのオプティトロンメーター・
120系カローラ/スパシオのシルエットメーターなど)のほうがずっと良い。
イメージ 12

イメージ 3
アリストJZS160のオプティトロンメーター(2009.6)

イメージ 9
「GR」専用装備のアルカンターラ表皮レカロシート
リクライニングはダイヤル式で、一発で倒せるレバーもある(シートバックの穴の部分)
サイドサポートの脇にある箱みたいな物はエアバッグ

後席(2席)は 写真だとそこそこ座れそうに見えるけど、非常用と思ったほうがよさそう。


<インプレ>
まず、6速MTのシフトノブを動かしてゲートを確認すると、
ショートストローク かつ コクッコクッと節度感があって 思わずニンマリ。
MT車において、シフトフィールの良し悪しは重要なポイントなのだ。
レカロシートに腰を下ろし、ステアリングのチルトを調整。
「ガコッガコッ」 あれ?これ以上は上にいかないのか…
最近試乗しただいたいの車種は、チルト最上部がジャストなポイント。
しかし、この86は あと数センチは上にしたいかんじ。
(過去でいうと、120系カローラフィールダーがそんなかんじだったな)
レカロシートの座面が高いなのか、自分の座高が高いのか…
まぁ調整できないものは仕方ない。そのままスタート♪

フロントフェンダーの峰が見えるから、車両感覚は掴みやすいね。
イメージ 10
クラッチミートがけっこう繊細(MT車に乗るといつもこれ言ってる気がする)なんだよな、
86って。まぁうまく操作できない(下手とも言う)ものは仕方ない。公道へGO♪
ズゴォォォ〜!
このマフラー、ええ音しますなぁ。。
メーカー系のコンプリートカーにしてはかなり音量も大きくて、違うのが明確にわかるよ。
いわゆるボクサーサウンドではなく、普通の4気筒なかんじではあるけど、
ついつい回したくなる心地良い音色だわ。室内に音がこもらないのがいいね。

マフラーの音が大きめだったからか、ボクサーエンジンの音(86では
元々そんなにしない)は聴き取れなかった。ボクサーなこと忘れて運転してた。
あとから考えると、ある程度引っ張っても苦しげじゃないのはボクサーらしかったかも。

回した時(ベタ踏みではない)の加速感は、
2L NAにしては少し力強いかなという程度で、ほどよいかんじ。
下から上まで一定したパワー感で加速していく。
高回転域でグワッとパワーが出てくるようなかんじではなかったな。
ピーキーな特性でないのならば、
6AT(GR SPORTやベース車両には設定あり)でも楽しめるかもね。
過去のトヨタのスポーツ系4気筒エンジン…
4A−GE(1.6L)・3S−GE(2L)・2ZZ−GE(1.8L)あたりは、高回転型というのか
ATだと 低速のピックアップがいまひとつで 持て余し気味でもったいない気がしたんだ。

乗り心地は、不快な突き上げなどは全然感じなかったな。
シートも、レカロに座っていることは意識させられなかったから
自分の身体には馴染んでいたんだと思う。

シフトレバーのリングが似てたからというわけではないけど、
(80系スープラのようなFRスポーツが久々にトヨタに帰ってきたんだなぁ)と感じたよ。
スープラは、大人しいグレード…3L NA(2JZ−GEエンジン)のSZグレードのATでも
同型エンジンを積むセダンたちとは違う スポーツカーならではの高揚感があった。
手元にあるサイドブレーキレバーを上げ下げする儀式。(一昔前は当たり前だったけど)
調律された美しい音を奏でるエンジン・エキゾースト。
トランスミッションから時折聴こえてくるメカニカルな音。

86は、当時のスープラとは クラスもパワーも違うけど、
小粒であっても その気にさせてくれる部分に共通点はある。 

86の名の由来は AE86(カローラレビン/スプリンタートレノ)。
その後FF化されたレビン・トレノ、さらにはひとまわり大きなFFセリカ。
今回の86は、それらよりもゆったりとした気分で乗れた。
思っていたより大人というか落ち着いていて、
この「GR」においても扱いやすく、日常使いにも十分いけるかんじだったよ。
(Fリップスポイラー擦るのだけは注意しないとだね^^; )

ホンダのエンジニアがS660に対して言っていた「素うどん」という表現は、
S660よりも この86(のベース車両)のほうに当てはまっていると感じたけど どうだろう?


P.S.
友人との複数人乗車だったもんで 店の女性には後席に座ってもらったんだけど、
乗り降りの際にタイトなスカートからチラリと見える美脚が86より気になっちゃった…(笑)

イメージ 11
「GR Garage 東京三鷹」
ここって、前は トヨタ系のVW車販売店(VW東京三鷹)だったんだよね。
かつてDuo店としてVW車を販売していたトヨタも 完全に契約を終えちゃったのかな。
世田谷の店も ネッツ店に変わったようだし。


今日は、トヨタで GRグレードの異種3台(ハリアー・86・アクア)を試乗してきた。

まずは、SUVのハリアーから。
初代10系・2代目30系はひととおり体験したけど、
現行60系(2013.12〜・MC2017.6〜)に乗るのは初めて。

GR SPORTは、内外装専用装備+ボディや脚回りなどに
チューニングが施されたスポーツグレード。
トヨタのいくつかの車種に設定されている“G’s”グレードの後継だね。
このハリアーでは、ELEGANCEというグレードがベースになっていて、
2L NA(FF/4WD) と 2Lターボ(4WD)が用意される。今回乗ったのはターボ。
イメージ 1
初代・2代目に比べ、現行50系は フロントオーバーハングが長い印象があるのよね。
(計測したわけじゃないので、あくまで印象ね)
ちなみに ホイールベースは2代目より短いのだ。

主要諸元:4770×1835×1655mm WB2660mm 地上高130mm TCR5.6m 車重1720kg 4WD
NA車だと 最小回転半径5.3m・車重1590kg(2WD)/1640kg(4WD)となる。
使用燃料は、ターボはハイオク NAはレギュラー。

車両価格:3,996,000円(ターボ) 3,593,160円(NA・4WD) 3,398,760円(NA・FF)
400万… 持込車検の架装車両ならこんなもんか。FFのは安いし。

この202ブラック色だと、白とか銀とかの明るい外装色に比べると
“GR感”が薄い(ベース車との外観の差異が目立ちにくい)かな?
ハリアー好きな人が見たらすぐわかるんだろうけどね^^

イメージ 2
ステアリングは、このクラスのSUVとしては異例といっていいほど小径に感じた。
下部に付くのは、部品価格安くてアクセサリー用途で人気が出て値上げされたバッジ?
シフトレバーあたりのデザイン・操作感、このあたりは初代から馴染みあるもの。
電動パーキングブレーキ/ホールドのスイッチは、ステアリングの右側に配置される。

エアコン操作スイッチはフラットパネル。
左右両端の温度調整スイッチは 上下にスライドタッチすると一気に温度が変化して、
ギミックとしては スマホ感覚で面白い。自分なんかは、UIとしては グリグリ回すツマミの
ほうが狙った温度に到達させやすいし スイッチもオーソドックスな物の方が操作しやすい
思うけど、ラグジュアリー感を訴求するにはデザイン優先も必要なんだろうね。
横方向に立体的なラインを一本入れて操作性を維持させようとする工夫もみられるし、
全面液晶パネル(これから増えるんだろうなぁ)で手探りしちゃうものよりかはいいかも。

イメージ 3
シルバー色のメーターは、意匠としては面白いし好きだけど、
オプティトロンのレッド照明色含め 視認性の面(薄暗い時とか)ではどうなのかなぁ。
数字のコントラスト(浮き出し)が弱いっちゅーかね。
GR各車種に共通する特別感のあるスポーティな意匠ってことなら仕方ないんかね。

レクサスGS初代GRS191のメーター
同じような時間帯(14〜15時台)に撮った写真(2009.2)
こっちのは、ヘアライン仕上げっぽくても 見やすいんだよな。
イメージ 5


<インプレ>
ハリアーは この代からRAV4系プラットフォームになったんだけど、
ヴィッツ(なぜここでヴィッツ)が2代目になった時のような大きな変化は感じなかった。
むしろハリアー“らしさ”が継承されてる印象。
イメージ 4
外観からだと鼻が長くて運転しにくそうに見えた車体、
ボンネットが見渡せるし 試乗してるぶんには気にならなかった。
“ソフトになったよ”って聞いてた乗り心地、このGR SPORTは
235/50R19タイヤ(ブリヂストンDUELER H/P SPORT)+
専用ローダウンサスペンション(-35mm)なせいか それなりにコツコツきて、
やわらかいというフィールではなかった。(ベース車両は235/55R18タイヤ)
このコツコツ感と、ベース車より小径であろうステアリングホイールによるクイックな挙動、
ハリアーどうこうより そっちのほうが印象として強く伝わってきちゃって…
まず先に通常グレードを体験してからのほうが良かったなぁ 順番間違えたかな。
ENKEI製のアルミも、メーカー採用しかもSUV用となれば軽くはないんだろうなぁ。
ただ、メーカー自体がドレスアップ志向に迎合し始めた黎明期のような
バネ入れて下げてはいどうぞ的な おぼつかない走りのものと違って、
全体でバランスが取れているというか 洗練されてるね。
ローダウン車と聞くと想像してしまう 揺すられるような不快感はなかった。
マフラーも専用らしいけど、サウンドチューニングはNA車のみとのことで、
マフラー変えてます的な音は一切聴こえてこなかった。
2Lターボの加速は、そこそこかなぁ。
重めの車重+4人乗車だったのもあろうが、ラグはないけど 強烈なパワー感もなかった。
同型エンジンの220系クラウンもそんなかんじだったし、
8AR−FTS型は NAの不足を補う的な特性なのかしら。
低圧ターボなら もう少しトルクの厚みがほしいなぁ。
車格にそぐわないような安っぽい音ではないのは良い。
試乗時燃費は、メーター写真のとおりで 6.6km/l。
何度か強めに踏み込んだので、あまり参考にはならないねぇ。

後席は、先日乗ったRAV4と比較すると頭上空間のサイドが狭まってはいるものの、
初代・2代目同様 さすがの広さ。(自分の前席位置からズレてたかも…でもたぶん広い)

ハリアーはV6のイメージが強かったから 直4エンジンだけになって寂しいところだけど、
このGR SPORTグレードに関しては 上質な雰囲気を損なうことなく
いい具合にスポーティに仕上げられていると思ったよ。
ステアリングはもうちょっと大径でもいいけどね^^


>施設編からの続きです

プロ野球の試合観戦は 東京ドーム(後楽園)・神宮・横浜へは何度も行っていますが、
二軍戦は観た記憶がないので初めてかも。ここ鎌ヶ谷球場で観るのももちろん初めて。

内野席入場料は1500円。駐車料金と合わせて2500円。
二軍だからタダみたいなもんなのかと思ったら、けっこうお金かかるのね^^;

イメージ 1
内野席入口からの階段

NPBファーム イースタンリーグ公式戦
日本ハムファイターズvs楽天イーグルス
イメージ 2
一塁側から観戦

イメージ 3
ホームは三塁側だった^^;

イメージ 21
茶畑の向こうには、寮と室内練習場

先に感想書いちゃいますが、めちゃんこ楽しかったです。
鳴り物の応援がなく(禁止されている)、メガホンをボコボコ叩く人もいなく、
まぁそれは応援をどう楽しむかの問題なので置いときますが、
生でスポーツを観る醍醐味を満喫できました。
観客が少ない(この日は1227人)こともあるのかな、
一軍戦の 遠くで何かやってる的な雰囲気と違って、距離がすごく近いかんじ。
目をつぶっていても、打球音でいい当たりかどうかわかるんですよ。
楽天の選手がネクストバッターズサークルで素振りする“ブルンッ!”っていう音まで
(聞き間違いでなければ)聞こえてきたのには驚きました。

イメージ 4
フルビジョンのスコアボード
知ってる選手がほとんどいない^^;

イメージ 5
お、今江選手なら知ってるぞ!

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8
ファンの女性も来てる^^

この日のファイターズ先発は、新外国人選手バーベイト投手
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11
うりゃ!
と、投げておりますが、ボコボコ打たれちゃって…
(その後一軍に上がったので、いろんな球を試していたのかも)

イメージ 12
逆にファイターズはヒットを全く打てず、一方的な展開に。。

イメージ 22
カビーもちょっと元気ない?

イメージ 25
審判って、こんなに前進してくるんだっけか?

イメージ 26

イメージ 27
イニング合間の(なぜか)ラジオ体操

試合後、グラウンド内に入ることができました
イメージ 16
ノーヒットノーランは逃れましたが、こんな結果で試合終了

イメージ 14
イチロー目線で。。

イメージ 13
外野の天然芝
スパイクの跡?

イメージ 15
両翼100m

あー、面白かった。

イメージ 17
楽天イーグルスのバス
希望ナンバーの10は、ナイン(先発選手の人数)に続くファンの番号(永久欠番)

イメージ 18

イメージ 19

東京から 来る時は首都高でしたが、帰りは下道で。
R298外環道、高谷JCTまでは昨年6月に完成したばかりなので道がすごくキレイ。
イメージ 20

イメージ 23
R357で、千葉県から東京都へ

イメージ 24
高速道路はあちこちで渋滞してたけど、一般道は全く渋滞もなく帰宅
休日の夕方、下道選択がズバリ当たりました


3月24日、長年ファンである日本ハムファイターズの
二軍本拠地(千葉・鎌ヶ谷)「ファイターズスタジアム」で、
イースタンリーグの公式試合を観戦してきました。

東京からはちょっと遠いけど、クルマで行けるのはうれしいです。

まずは施設のご紹介。

イメージ 16
日本ハムファイターズタウン
ファイターズ鎌ヶ谷スタジアム

駐車場は、施設内の球場の奥…外野フェンスの先にあります。料金は一日1000円。
(バックネット裏の駐車場は、ファールボールが飛んでくる可能性があるので関係者専用)
イメージ 1
ここ(一番奥)に停めれば、場外ホームランも飛んでこないでしょう。
清宮君は出場しないし。
車はいろんなナンバーがいました、県外 けっこう遠くからもお客さんが来ているようです。

イメージ 15
チケット売り場と球場入口は、バックネット裏あたりの一ヶ所のみ。
外野芝生席入口は閉まってます。開放してくれる日もあるのかなぁ?
左翼から三塁側沿いを歩いていきます。(一塁側沿いからもまわれます)

イメージ 14
C☆Bファーム(カビーファーム)…てすのて(笑)
どうやら、ですので。と書きたいらしいです、カビーのツイッター見たらわかりました^^;
右は、鎌スタ茶畑

出待ち?の人達がいっぱい。

イメージ 10
球場左翼の奥にある、室内練習場
中田翔選手 飛距離140m場外ホームラン到達地点
記念して サントリーの自動販売機も模様替えされたみたいですね^^

イメージ 9
室内練習場隣には、選手寮があります

イメージ 8
いいクルマばっか^^

イメージ 6
寮の名前は『勇翔寮』

イメージ 7
あ、選手だ!

イメージ 11
球団のハイエース?

イメージ 3
入口へ近づいてきました
一軍で活躍した懐かしい選手たちの名が。。

イメージ 2
チケット売り場
(球場内野席入口はもうちょっと先)

イメージ 13
京成バスのバス停

イメージ 12
タクシー

イメージ 5
鎌スタグッズ自販機
ファイターズの上の文字が、北海道じゃなくて鎌ヶ谷になってます^^

イメージ 4
球場内を走るのかな?



清宮君、手術からの試合復帰おめでとう。
3月に、鎌ヶ谷の日本ハムファイターズ二軍施設の近くにある中華料理屋さん
東新軒」で、「清宮くん焼肉チャーハン」と「輝星くんカレーライス」を食べてきました。

ご主人(と おばちゃん…お母様?)がとても感じの良い人で、
この後 ファイターズのファームの試合を観に行ったのですが、
店に忘れていってしまった帽子を 球場まで届けてくれました。
(ご主人は、出前で 車で二軍施設の寮まで行ったり来たりしている)

ファイターズスタジアムにて試合観戦

イメージ 1
駐車場
(3〜4台ぐらい停められます)

イメージ 2
お店
(千葉県鎌ケ谷市東中沢1-14-36)

イメージ 3

イメージ 4
メニュー
(他にもあります)

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8
スタミナつきそう

イメージ 9
一口カツ、春巻き、キャベツ、星型チーズのトッピング

イメージ 10
そんなに辛くなくて、食べやすかったです
東新軒のカレーは、豚ゲンコツがベースのラーメンスープが使われているそうです

イメージ 11
とうもろこしみたいなふなっしー発見



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事