Raccoのぶーぶーブログ

ブログ移転しました→→→https://racco.fc2.net/

映画◇

[ リスト | 詳細 ]

GD=地上波 BSD=BSデジタル SD=標準画質 R=録画にて DVD=DVD BD=ブルーレイ

Raccoのオススメ映画は…
★★★★★ ★★★★☆ ★★★★ で「内容」検索してネ。

↓過去のレビューは、こちらをご覧下さい↓
http://www.geocities.jp/rpbubu/eiga.htm
記事検索
検索

全29ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

この世界の片隅に』(16) ★★★★★
邦画アニメ。文部科学省選定作品。監督は片渕須直。
監督の前作「マイマイ新子と千年の魔法」では 昭和30年代の山口が舞台で
戦争は出てこないという安心感?みたいのがあったけど、
こちらは昭和10年代前後の広島(広島市と呉市)が舞台。
あらすじの中の“昭和20年の夏”というくだりを見て、観る前から少しつらかった。
でも実際観ると、恐怖を植え付けるような描写はあまりしていないね この映画は。
あと、「マイマイ」でも感じたけど、悪人が出てこないというか。(憲兵もほどほど)
戦時中にあっても 主人公すずは 自分のペースで毎日の生活に一所懸命。
すずは怪我をしてしまうんだけど、彼女の人間性には こっちが逆に元気づけられる。
(声を担当した のん(能年玲奈)は、原作漫画のすずに忠実かどうかはわからないが、
雰囲気の表現に貢献したという意味ではすごい才能だと思う)
あと、当時の困窮していく状況をしっかりと盛り込んでいながら、
いい意味で“昔”を感じさせないというか、身近。
つらい・苦しい・かなしい、それだけじゃない。
戦争の描写の仕方を含め、(こういう見せ方もあるんだな)と気づかされた。
これだったら、現代の小さい子たちが観ても
違和感なく入りこんでいけるんじゃないかな。(原作漫画にも言えるのかも)
原爆のおそろしさの表現は、終盤に 直接的・間接的に短めにされてた。
そこでわからないことは、知らない人が聞き 知る人が説明すればよいのだと思う。
1908GDR

イメージ 1
ひみつのここたまの ラキたまちゃん
すみ(すずの妹)の声優つながり(めぐみさん)

マイマイ新子と千年の魔法』(09) ★★★★☆
邦画アニメ。監督:片渕須直。文部科学省選定作品。
舞台は、昭和30年ぐらいの山口県防府(ほうふ)。
主人公は小学生9歳の女の子…ってことは、昭和21年生まれ。
リンクするのは現在70代ぐらいの人。
この時代には自分は生まれてないけど、どこか懐かしい。
(親世代はこんなかんじだったんだろうなぁ)っていう思いにもさせられる。
平安時代が絡むことで ファンタジーっぽさは少しあるものの、
空想か現実か どちらにもとれる程良さ。
基本、悪人が出てこない。かといって、
大人達はそれぞれの事情を抱えていたりもするから 現実味もある。
転校生の女子に男子が近づいていき…意地悪するのかと思えばそうでもない。
いじめられる転校生を主人公が守って、みたいな話ではないんだな。
出色の出来だったなぁ。ストーリーは 壮大ではなくて、
何がどうってことない日常を描くもの。だがそこがいい。
絵とか喋りとか、全てが優しさに包まれた雰囲気がある。
1908GDR

コーチ・カーター』(05) ★★★☆
バスケットボールもの。
予定調和だけど、コーチ(サミュエル・L・ジャクソン)と
指導に応えて結果を出す生徒たちとの連帯感が心地よい。
1908GDRSD吹替

カメラを止めるな!』(18) ★★★☆
邦画。つまらんホラー映画かと思ったら、場面が変わって…コメディだったのね。
1907GDR


プリズン・ブレイク5』(17) ★★★★☆
TVゲームに例えると、ラスボスを倒しにいくロールプレイングではなくて
アクションアドベンチャーだね、これは。マンネリ感は全く無かった。
ティーバッグ(ロバート・ネッパー)が、おいしい役どころ。
1906VOD吹替
---------------------------------------------

アンストッパブル』(10) ★★★☆
デンゼル・ワシントン、クリス・パイン共演。
危険物を満載した機関車が無人で暴走してしまう話。
脚色が多く 実際は画ほど無茶なことにはならなかったらしいが、
本当にアメリカであった事故なんだねぇ。
1906GDR吹替

レジェンド 狂気の美学』(英・仏)(15) ★★★★
ロンドンの双子のギャング クレイ兄弟の実録映画。
主演トム・ハーディが一人二役ということで、
吹替版で観て良かったかも。(別の声優が喋るから違いがわかりやすい^^; )
裏社会を牛耳ったとはいえ、どこか哀しい人生…。
妻役のエミリー・ブラウニングって、キャメロン・ディアスにちょっと似てるね。R15+
1906GDR吹替

LOOPER/ルーパー』(12) ★★★★
クライムサスペンス風味のタイムトラベルもの。
ジョセフ・ゴードン=レヴィットが、ブルースウィリスに“なってから”のほうが
強いという…経験の差か? PG12
1906BSDR吹替

ファイヤー・ウィズ・ファイヤー炎の誓い』(11) ★★★★
ブルース・ウィリスがどんな活躍をするのかと思ったら、
殺人事件に巻き込まれた消防士が スゲー気合いで
マフィアのボスを倒しにいく話だった。
ヒロイン?役は、美人なんだかよくわからないロザリオ・ドーソン。R15+
1906GDR吹替

ブライド・ウエポン』(14) ★★★★
女格闘家ジーナ・カラーノのアクション。
新婚旅行で事件に巻き込まれる。
治安が悪い国の不安さが伝わってくるよ。
ラスボスが プリズンブレイクのスクレ(アマウリー・ノラスコ)かよー^^;
ダニー・トレホやルイス・グスマンも出てきます。PG12
1906GDR吹替

エンジェルウォーズ』(11) ★★★★☆
エミリー・ブラウニング主演。
ストーリーとしては暗くて重いんだけど、
合間に挿入される空想世界の映像がお見事!
CGゲームが好きな人だったら楽しめると思う。
1906GDR

イコライザー2』(18) ★★★★☆
今回も主人公(デンゼル・ワシントン)の無敵ぶりは健在。
「1」はメチャ爽快だった。続編となれば
インパクトが薄くなるのは仕方ないところだが、
それを補うような濃密なつくりで飽きさせない。
地の利を活かすラスト、という点では共通している。
謎解き要素はあまりなくて、アクションの描写を楽しむ映画かな。PG12
1906VOD吹替

イメージ 1


イップ・マン 序章』(香)(08) ★★★★☆
ブルース・リーの師匠「葉問」のお話。(フィクション部分も多い)
演ずるのは、自らが武術家でもあるドニー・イェン。
彼の優しい雰囲気と 大塚芳忠の吹き替えがとても合っていた。
あまり強そうに見えないのに強いのが痛快。つまみ枝豆を超人にしたかんじ。
他にも、観月ありさ似の妻(リン・ホン)・渡辺謙似の荒くれ者(ルイス・ファン)・
金城武似の子分(ウォン・ユーナム)など、キャストが個性的。
日本軍に占領された後の描写は少しキツいですな。
クライマックスは、日本軍司令官(池内博之)との一本勝負。  
1904BSDR吹替

イップ・マン 葉問』(香)(10) ★★★★
舞台は、戦時中の中国から 戦後 英国統治下の香港へ。
ひさびさに見るサモ・ハン・キンポー、吹き替えがちゃんと水島裕なのが嬉しかった。
今回の敵は、イギリス人ボクサー。
1904BSDR吹替

イップ・マン 継承』(中・香)(16) ★★★★
2作目と同じく香港が舞台。主演のドニー・イェン、
第1作目で既に落ち着いた風貌だったからか 10年近く経っても老けて見えない。
毎回、強敵が現れるこのシリーズ。今回は 同じ流派の詠春拳を操る同門、
エグザイルみたいなカッコいい兄ちゃん。(マックス・チャン)
そして若き日のブルース・リー役も登場。マイク・タイソンも出演。
これは 年内公開予定の4作目「完結篇」もぜひ観てみたいねぇ。
1904BSDR吹替

-------------------------------------------------

ホステージ』(05) ★★★★
ブルース・ウイリス主演。2つの事件が同時進行するのが新鮮だった。
娘役ミシェル・ホーン、グラマー。PG12
1906GDR吹替

フォエバー・フレンズ(フォーエバーフレンズ)』(88) ★★★★
ベッド・ミドラーとバーバラ・ハーシー。前者の押しの強さは一寸キツかったが、
そこをクリアできれば、泣ける。
1906BSDR

ペイベック』(99) ★★★★
メル・ギブソンのやられてもやられても這い上がる不死身ぶりがいい。
何度700万ドルと言っても金額を間違えられてしまうのは笑える。
デボラ・カーラ・アンガー(妻)とマリア・ベロ(浮気相手)、どちらも一寸強気そうなイイ女。
1906GDR吹替

オースティン・パワーズ  ゴールドメンバー』(02) ★★★★
シリーズ第3弾。お下品だけど、かなり笑わせてもらいました。
ビヨンセ、演技うまいじゃん。他にも、色んな豪華スターがカメオ出演で出てきます。
1906BSDR

ジャッジ・ドレッド』(95) ★★★☆
流し観。S.スタローン主演。サイバーパンクっぽい雰囲気。
「ホット・チック」のロブ・シュナイダーがいい味出してる。
1906GDR吹替

ゆりかごを揺らす手』(91) ★★★☆
復讐ものサスペンス。なぜか犯人よりも被害者の奥さんにイライラ。
なかなか味のある邦題ですな。
1906GDR吹替

ホワイトハウス・ダウン』(13) ★★★☆
チャニング・テイタム主演。大統領役にジェイミー・フォックス。
一般向けっぽい。アクションが大がかりで、楽しめなくはない。
1905GDR吹替

愛と青春の旅だち』(82) ★★★★☆
海軍士官学校に入った若者(リチャード・ギア)の、愛と青春の映画。
ちょっとベタなところもあるけど、そこが逆に心地良い。
観たのはTV放映でだが、有名な主題歌
「Up Where We Belong」(昔のCMで聴き憶えあり)はカットせず流してくれよ〜!
1905BSDR

黄金のアデーレ 名画の帰還』(米/英)(15) ★★★☆
かつて 祖国オーストリアで 占領下のナチスに奪われたクリムトの名画の
返還を求める女性(ヘレン・ミレン)が弁護士(ライアン・レイノルズ)とともに闘う。
淡々と進む内容だが、歴史の中でこうした事実があったと知れるだけでも
観た意義はあると思った。
1905BSDR吹替

イメージ 1


ハルのふえ』(12) ★★★★☆
やなせたかし原作のアニメ。たぬきが人間に化けた母が、拾われた子を育てる。
子供向けっぽいのに、暗い話ではないのに、なんだか訳もなく泣ける。
1902GDR

イメージ 1


ボーン・コレクター』(17) ★★★★☆
ボーンっていうからマット・デイモンが出てくるシリーズを想像してたら、全然違った。
謎解き要素のあるサスペンスで、部屋から移動せずに捜査するデンゼルワシントンと、
あちこち歩き回って操作するアンジェリーナ・ジョリー。
アンジーは、「60セカンズ」「トゥームレイダー」よりもちょっと前。
そう、アンジーってこんなかんじだったんだよ。PG-12
1902BSDR吹替


24:レガシー』(全12話)(17) ★★★★☆
「24」シリーズの楽しさは 主演のキーファー・サザーランド
(と小山力也による吹き替え)によるものも大きかったが、
毎シリーズ同じようなストーリーに マンネリ感を感じるというか 飽きてきてもいた。
スピンオフである本作も 似たようなストーリーではあるのだが、
キャストが一新された新鮮さなのか とても楽しく観ることができた。
残念ながら 本国では不人気だったようで、
続編がつくられることなく打ち切りになったそうだ。
主演が どこにでもいそうな坊ちゃん顔の黒人さんだったからかなぁ?
個人的には (そりゃジャック・バウアーほどじゃないけど)頼もしくて
良いと思ったんだけどなぁ…。
(1901VOD吹替)

イメージ 4
楽天パンダのぬいぐるみがもらえる「パンダフルコレクション」目当てで、
VOD「楽天TV」にて 「プリズンブレイク5」と併せて レンタル購入。

イメージ 1
「高画質」と「標準」で価格が違うのだが、スマホ視聴だと無条件で「標準」にされてしまう。
視聴環境が大画面テレビでなければ、「標準」購入でもいいかも。
年末年始 体調不良だったこともあり、1ヶ月レンタルにもかかわらず
「プリズンブレイク5」は一話も観ずに期限切れ→買い直しTT

イメージ 2
この「楽天TV」、有効期限が過ぎると、スマホアプリだと上(右)の写真・PCブラウザだと
この写真の画面が出て観れなくなってしまうのだが…
裏技を発見したぞ。ブラウザを 閉じたりリロードしたりしなければ、
期限を過ぎても 観ることができるのだ〜!
(PCはシャットダウンせずスリープ状態にすればOK・他に借りたタイトルで確認)

イメージ 3
楽天パンダのぬいぐるみ
左:楽天ブランドアベニュー 右:楽天TV

----------------------------------------------------------

ソナチネ』(93) ★★★★
北野武監督のヤクザ映画。
「菊次郎の夏」(99)でも見られたギャグを盛り込む構成が面白かった。
寺島進、勝村政信、大杉漣ほか、みんな若い!
(1902GDR)

ジャック・リーチャー NEVERGOBACK』(16) ★★★★☆
前作「アウトロー」(12)ほどの面白さではなかったけど、十分に楽しめた。
「ジャック・リーチャー」シリーズは、トム・クルーズ演じる主人公の無敵感と
「ミッション:インポッシブル」シリーズよりもシリアスっぽいところが好み。
監督は「ラスト・サムライ」の人。
(1901VOD吹替)

RYUICHI SAKAMOTO:CODA』(17) ★★★☆
坂本龍一のドキュメンタリー映画。
小学6年に同じクラスの女の子がカセットを貸してくれた時からYMOのファンなので、
有意義に観られた。昔の映像がもう少し多いと良かったけど、
そういう趣旨じゃないんだろうな きっと。
(1812GDR)


全29ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事