Raccoのぶーぶーブログ

ブログ移転しました→→→https://racco.fc2.net/

車インプレ(日産)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

C27セレナ、2回目。
友人のご厚意により試乗させていただいた。
写真も沢山撮らせてもらった。
ありがとうございました。。

運転してみて気付いたのは、アクセル開度にかかわらず
エンジンの回転が一定だったシーンがあったこと。
モーターへの電力供給用途だということが体感できた。

試乗では試せなかったプロパイロットも、自動車専用道路で体験させてもらった。
車線に合わせて ステアリングホイールがググッググッと勝手に動く〜!
運転しながらの設定操作に脳内処理が追いつかず、オタオタしてしまった。

イメージ 5

イメージ 6
ブルーのグリルは、e-POWERの証

イメージ 9
今月(2019年8月)のマイナーチェンジで、
ハイウェイスターは立派なグリルになったね。トヨタ風というか。
この顔は 前期型ということになる。
藍色みたいでいいなこの外装色。

イメージ 10
縦の長さが抑えめなコンビネーションランプ
リフレクター位置はバンパーではなく、そのランプ内。
LEDのブレーキ連動のは付けられまへん。

イメージ 14
195/65R15 91Sタイヤ(エナセーブEC300+)&e-POWER専用エアロアルミホイール

イメージ 11ステップワゴンには横開き機能があるが、セレナは上部分だけ開くことができるぞ。
先発のノア/ヴォク/エスクも、次期型では何らかの提案をしてくるかもね。。

イメージ 7
こっくぴっと
アルパインの大画面ナビ&専用パネル

イメージ 21
C26に比べていくらか軽快に感じたハンドリング、
小径ステアリングによる部分もあるかも!?

イメージ 22
C26よりは見切りが良い印象

イメージ 4
アラウンドビューモニター
枠からのズレ具合や斜めってるかどうかが確認できてイイね

イメージ 2
使いやすそうなエアコン操作パネル・シフトレバー・電動パーキングブレーキスイッチ

イメージ 24
照明点灯時
C26はシフトポジション現在位置の照明がなくて、
今どこに入っているか手元で確認できなかった。
これのはちゃんと光ってるけど、
e-POWERじゃないモデル(ストレート式シフト)はどうなったかなぁ?

イメージ 8
ステアリングコラム右側に配置されるスイッチ類
ドライブモード・ステアリングヒーター・スライドドア関連

イメージ 13
左右のグラスエリアが下方に広くとられて側方視界が良いのは、セレナの美点

イメージ 3
インテリジェントルームミラー(スマートルームミラー)
通常の鏡面とは距離感が違うので、慣れが必要かもしれない

イメージ 17
2列目からの眺め

イメージ 20
シート間に物置き場がある

イメージ 18
2列目の天井の空調操作パネル

イメージ 23
2列目の天井の空調操作パネル
照明点灯時

イメージ 19
2列目用USBポート(前席シートバック部分)

ノア3兄弟やステップワゴンより、いくらか床は高いのかな?
イメージ 15
前席

イメージ 16
2列目

イメージ 1
3列目収納は、ステップワゴンは床下収納式だが、
セレナやノア/ヴォク/セレナは跳ね上げ式だ。
シートに厚みがあるぶん荷室幅は狭いように見えるが、
3列目の座り心地を優先させたということかな?

イメージ 12
エンジンルーム


3代目C25(2009年2月)でかなり気に入り、
4代目C26(2014年11月)でちとガッカリしたセレナ。
現行 5代目C27(2016年8月発売)に試乗してきた。

セレナ e-POWER ハイウェイスター V (HFC27) 
2WD FF ダイヤモンドブラック
HR12DE-EM57 1.2L直3/モーター
プロパイロット・アラウンドビューモニター
車両寸法:4770×1740×1865mm
ホイールベース:2860mm
車両重量:1760kg
最小回転半径:5.5m
燃料タンク容量:55L
3,404,160円(税込)(オプション含まず)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 4
試乗開始!

第一印象…
ステアリングを切った感触や乗り心地など、C25にあった軽快なフィールが
少し戻ってきたかな? C26よりもスッキリとした感じで、好印象。
ちなみに、C27(とC26)のプラットフォームは C25からのキャリーオーバー。

さて、C27になって新たに搭載されたメカニズムが、ノートで大ヒットした“e−POWER”。
プロパイロットとともに、今の日産を象徴する技術。(なのかな?)
エンジンは発電に使って、動力伝達はモーターが担うシステムなんだそうだ。

モーター駆動=EV(電気自動車)!?
となれば (e−NV200のような)モーターならではの太い低速トルクを期待するのだが、
そこまでグイグイくるほどの力強さはなかった気がする。(車重と3名乗車もあるかな?)
このセレナの場合 エンジンも多くの割合で動いているので、
音もなくしかも力強く加速するEVよりは 純ガソリン車の走行感覚に近かった。
発電のためのエンジンと理解していても、エンジン音がしてると
モーターが動力なのが実感しにくいのよね^^;
のちに試乗したエスクァイアハイブリッドやステップワゴン1.5Lターボと比較すると、
ピックアップの良さというか トルク感はあった。
HR12DEエンジンは 4代目マーチに搭載されるものと同じ型式だから流用かな、
さほどうならないせいか セールス氏に聞くまで3気筒だとは気が付かなかった。

想像と違ったのは、 ワンペダル走行。(走行モード切替で機能する)
クルマを操る楽しみとは違う方を向いているかんじがして
懐疑的だったけど、実際に体験すると いい意味で期待を裏切られた。
アクセルペダルを離すと強めに減速されて ブレーキを踏まずとも停止できる。
MT車・AT車で低いギアのまま加減速を繰り返した時のようなギクシャク感がなく、
エンジンが高回転でうなることもない。思っていたよりも自然なフィーリングだった。
セールスによれば、減速時には 適時ブレーキランプも点灯するとのこと。
試乗車では、完全停止時にブレーキホールドもされ ブレーキペダルを踏まなくて済んだ。
狙った位置(停止線など)にピッタリ停めたり、右左折時の歩行者見極めたり
といったシーンでの微調整はなかなか難しいが、慣れるコツを掴むのもまた面白そう。
普通のクルマだと ある程度スピードに乗ったらアクセル離して惰性走行させたりする
ところを、ワンペダル走行の場合 減速が強めなので常にアクセルを踏んでるかんじ?
それでも燃費は悪くならないとセールス氏は言ってたけど、どうなんだろうねぇ。

プロパイロット(自動運転)については、試乗では試さず。

自分の好み
C25>C27>C23>C26>C24

現実的な話をすると、日産に限ったことではないけど 車両価格が…
一昔前のエルグランド買うような感覚なんだよなー。。

イメージ 6
C26よりエアコン操作はしやすそう?
イルミも、C26のレディッシュオレンジ色よりは目に優しくなったかな?

イメージ 7
インテリジェントルームミラー(スマートルームミラー)

イメージ 8

イメージ 10

イメージ 9
左右窓ガラスが下に広くて側方視界が良いのはセレナの美点

イメージ 11
e−POWERは、2列目独立シートの7人乗りのみのようだね


試乗後、プログレ君で くら寿司へ。
イメージ 12


イメージ 13
椅子の端に隙間があるもんだから、物落っことして 拾うのが大変だった

イメージ 14
ビッくらポン!、景品出てこず…
店員さん呼びました。。


タイムズカーレンタル(神奈川)でキャンペーンをやっていたので、
日産のピュアEV『e−EV200』(2014年10月発売)レンタカーを借りて 走ってみました。
ワゴンG7人乗(H28・ZAA-ME0)
イメージ 1
6h4320+免責フルカバー2484=6804円

12時からの予約だったので、車両説明/確認とかあるから早めに11:30に行ったら、
勝手に11:40からの使用にされてしまった。う〜ん。。

今年3月登録&走行たった370km…ほぼ新車だわ。(あまり借りる人がいないらしい…)
イメージ 2
航続距離185kmのはずなのに、フル充電(したと言ってた)で残り130kmの表示。
カタログ数値とは乖離があるようですな。

イメージ 3
正午に出発。使いにくそうな純正ナビ(クラリオン製)を無視して、Yahoo!ナビを使用。

イメージ 4
早起きして かなーり久しぶりにJRに乗って川崎駅まで来たら疲れちゃったので、
出発前に買った「からあげクン」(ドラゴンクエスト ホイミ味)(5/10発売)で体力回復。
(よく利用してたJRコンビニ「NEWDAYS」看板が赤→緑に変わってたり、浦島太郎状態)

イメージ 5
電気自動車に乗るのは、2000年2月の トヨタRAV4(東京電力)以来、約16年ぶり。
おぉ〜 このクルマ、いいんでないかい!?楽しいんでないかい!?
“いくら走ってもエンジンがかからないプリウス”みたい^^

リチウム電池は床下に配置されているため、
低重心と 上げ底による見晴らしの良さを実現しているぞ。
昨今のミニバンは乗降性重視(子供とか高齢者とか)で軒並み低床化されていて、
アルファード/ヴェルファイアだって初代のほうが見晴らしはいい。
(ひとりで乗るなら)上げ底はむしろ歓迎なのだ。
時代はパーシャル!…じゃなくて、時代は高床!

イメージ 9
EVのモーターは 特性として ガソリンエンジンよりも発進トルクが強いのだが、
常識的速度域なら 中間加速もじゅうぶんに強力。

イメージ 6
2014年に乗った日産セレナ(C26)に比べたら劣る部分も多いはずなのに、なぜか楽しい。
1.鼻っつらの長さは同じだけど、視点が高いから 見切りが良くて車両感覚が掴みやすい
2.非力なレシプロだとストレスを感じるが、モーターは静か低速トルク大…プチV8感覚

イメージ 39
イルミはアンバー色

イメージ 8
ゴールに近づいてまいりました

イメージ 7
宮ヶ瀬湖に到着。下道オンリー約65km走行、14時からのダム観光放流に間に合った。

イメージ 10
駐車場の入口のおじさんに、違うって言ってんのに「○○の組合の人だよね?」みたいに
何回も聞かれた。若者(あ、私のことです)が自家用で乗ってるとは思われないんだろな。

イメージ 11
外車やら色々停まってたけど、このクルマが一番カッコよく見えた^^

イメージ 12
宮ヶ瀬湖到着時、航続距離を見ると130→35km。
実走行距離は64.5kmなのに、95kmも減ってる。(70%弱の達成度)
カタログ数値は185kmだけど、100km程度に考えといたほうが良さそうだな。
(夏のエアコンや冬のヒーター使用を考えると さらに少ないかも)

これだと、川崎まで帰れなくなっちゃうので…

イメージ 28
近くの愛川太陽光発電所に立ち寄り…

イメージ 13
駐車場に設置されている無料急速充電器で充電!

イメージ 14
ボンネット?を
イメージ 15
開けて
イメージ 16
出力を、急速充電用ポートに接続(右のオレンジのは普通充電ポート)
イメージ 17
充電中

イメージ 18
充電器のモニター

イメージ 19
車内ダッシュボード上のインジケータでも、大まかな充電状況がわかる

充電待ちの間に、クルマを撮影。
イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22
テールランプはLED

イメージ 29
インパネまわり(宮ヶ瀬湖Pで撮影)
全体的な質感は、シート以外は ベースのバンそのままだが、
ピアノブラックパネルと本革巻きステアリング…この部分だけ高級感があるw
シフトレバーの操作性はあんま良くないかな。。

イメージ 30
オーディオやハンズフリーの操作ができるステアリングスイッチ(宮ヶ瀬湖Pで撮影)

イメージ 31
シフトレバー下には、シートヒーター・ステアリングヒーターのスイッチや
12Vソケット・ACコンセント・USBコネクタが配される。
サイドブレーキは、足踏み式ではなく、レバー式。

イメージ 23
2列目シート

イメージ 24
3列目シート(宮ヶ瀬湖Pで撮影)

イメージ 34
ラゲッジスペース

イメージ 25
2列目シートの手動開閉式小窓(宮ヶ瀬湖Pで撮影)

イメージ 26
1500WのACアウトレットは2つ装備される(写真は、助手席下
コンセントのフタが邪魔するので、ACアダプタは挿しにくい(延長コード必須)

イメージ 27
ヘッドランプは2灯式(H4)ハロゲン(ブルーのシェード)
ポジションランプはシグネチャーLED

イメージ 32
15インチアルミホイール(6J)
インセット+45mm
うちのクラちゃん用に1セットほしいねぇ^^

イメージ 33
タイヤサイズは、185/65R15
グッドイヤー「EfficientGrip」

お、充電が完了したようでーす。
イメージ 36
これで、安心して川崎まで戻れます。
ショボショボECOモード(…といっても十分力強い)にしなくても
エアコンつけてアクセルベタ踏みしても、心配なし!

イメージ 35
グリルレスと ヘッドランプのデザインの違いで
素のNV200とこんなに違って見えるものか。。
(カラーは、他に ブラックメタリック・ホワイトパール・ライトブルーメタリックがあります)

イメージ 43
“素のNV200”
(後日撮影)

イメージ 44
日産のサイトより

イメージ 40
イメージ 41
電気、ごちそうになりました!

イメージ 37
視点の高さは、ハリアーのようなSUVを見下ろす感覚(復路にて)

イメージ 38
新横浜駅のビル群(復路にて)

往復ともにほぼ渋滞はなく、定刻18時前に帰着。
ひさびさの電気自動車体験ができて楽しかったです。

イメージ 42
タイムズ傘、いただきました^^

ちびっとほしくなって、このクルマの価格を調べました。
4,786,560円でした。またの機会にしました。

【気に入ったところ】
・見晴らしが良くて運転しやすい(初代FRセレナや初代FRノアみたいな感覚)
・当たり前だけど、ガソリン代がかからない(今回の返却時も 電気代?は無料)
・ガソリンとのハイブリッド車と違い、フル加速してもエンジンが無い(うならない)から静か
・セレナ(チーフデザイナーは同じ人)同様、
下部までえぐられたデザインの左右窓…右左折時の視認性が良い
・後輪にもディスクブレーキが採用されている
【うーん…だったところ】
・バンがベースだから仕方ないけど、ひょこひょこ上下動があって快適とまではいえない
・電動パワステ…ドヨーンとした反発力があって、ステアフィールはいまひとつ
・高速域ではロードノイズと風切音盛大…遮音に優れた高級ガソリン車のほうが静か
・使いにくそうな クラリオンのMOPナビ
・ドアミラーが手動格納
・スライドドアのオートクロージャーが付いてない
・1755mmの全幅を、5ナンバーサイズにおさめてほしい


Tおじさんが、奥様の新車ノートで来宅。
試乗させてもらいました。

後席が広かった。GEフィットにも乗ったけど、いい勝負なんじゃないかな。
走りについては、きわめてプレーンな印象。(乗り心地・ステアフィールなど)
エンジンは3気筒だけど、ヴィッツの1KR−FEほどのガサガサ感はなかった。
パワーはいまひとつ。深く踏み込んでも 加速は排気量相応。
しかも パワーはワンテンポ遅れて出てくる。
スーパーチャージャー(SC)付いてて こんなもん?
日産のカタログサイトを読んだ。ECOモードにしている時はSCが効かないんだとか。
わお、ECOスイッチ=SCスイッチみたいなもんなんだー。
コンフォートGT−Z思い出したよ。(あちらは、純粋な SCオンオフスイッチ)
どおりで VWの過給機付き1.2Lみたいなトルクが出なかったわけだ。
これは良いシステムかもねー。コンビニ行くぐらいならスーチャいらないし^^;

イメージ 1
2012年登場の2代目です

イメージ 6
翌日、同じ場所で プログレ君を撮る
(一寸ブレ気味)

イメージ 2
なかなか複雑な造形してますな

イメージ 3
HR12DDRエンジン
(直3・1.2リッター 直噴ミラーサイクル+スーパーチャージャー)
スーチャ無しHR12DEエンジン搭載グレードもあるのだが、
そちらよりも燃費が良いという新開発エンジンなのだ

イメージ 4

イメージ 8
ステアリングとコンビネーションスイッチ(ウインカー/ワイパー)の距離が若干遠く、
(指の短い人だとどうなのかな)と感じた

イメージ 7
オートエアコンのスイッチは下のほうにあるので、ちょっと操作しにくいかも

イメージ 5
このクラスとしては質感が高い、ファインビジョンメーター
(スーチャ搭載車の証、エコメーター付き)


以前に応募してあった『日産 ワクテク1泊2日無料モニターキャンペーン』に当選したので、
11月12〜13日 日産プリンスで セレナを借りてきた。
 
2009年2月に乗って以来 前の型のセレナ(C25)を とても気に入っていたので、
ぜひ一度 現行型C26系のステアリングも握っておきたかったのだ。
(5年前は文章うまいなぁ オレ。今じゃ書けないわ。…って、自分で言うか?)
 
※C25系セレナへの愛情ゆえ、言いたい事言ってます、
  オーナーの方 気分を害されたらごめんなさい
※写真大量、そこに文章添えたので まとまりないです、ご了承下さい
 
イメージ 1
借りた帰りに寄った、ホームセンター「くろがねや」(東宝日曜大工センター跡地)駐車場にて
 
エクステリアは、ディテール含めて トヨタ・ノア/ヴォクシーやホンダ・ステップワゴンより好き。
きれいにまとまっているし、MC後の獅子舞マスクもカッコいいと思う。
イメージ 8
奥に見えるクルマは、前の型(C25)
 
C25系セレナが好きだったポイントは、
1.前席サイドガラスが下側がえぐられた形になっていて 視界が良く、左折時に安心
2.ドアミラー埋め込みのカメラで左前方がしっかりと確認できる、サイドブラインドモニター
3.スッキリとした ステアフィール、エンジンフィール、サスペンションフィール
4.明るいベージュ内装
 
結論から書きます。5分走って、購入候補(どうせ中古になってからだけど)から外れました。
 
借りた店舗を左折で出て(電動ステアリングフィール確認)、
加速して(エンジンフィール確認)、数百メートル走って(サスフィール確認)…
好きなポイント「3」については、期待を全て下回っていた。早くもガッカリ。
ステアフィールは、(軽い重いではなく)切り始めがボヨンとした 好みでない味付け。
エンジンは、うなるだけで加速しないのは車重もあるし仕方ないけど、音が気持ち良くない。
サスは、ダンパーが良くないのか ひょこひょこ揺すられる。下で“いなす”感じが無い。
ノア/ヴォクシーはFF初代の60系から70系になった時 これらがだいぶマシになったけど、
セレナは逆行してる…。自分にとって「フツーのクルマ」になってしまった。
 
次のガッカリが、好きなポイント「2」。
アラウンドビューモニター搭載で、危惧していた事が現実になってしまった。
ドアミラーに埋め込まれたカメラは、C25系では 斜め前方を向いていて、
狭い場所を右に抜ける時に 障害物に当たるか当たらないかを目視できたのだが、
C26系は ほぼ真下向き。ただの幅寄せ用になってしまった。(幅寄せ用としてなら、良い)
アラウンドビューの機器として形成(右ミラーにも同じ角度のカメラが付く)するためには
やむを得ないのかもしれないが、残念。
イメージ 15
左:C26系 右:C25系
 
イメージ 25
これは、トヨタ 70系ノア・ヴォクシーのサイドカメラ(視点を前方向に切り換えたところ)
C25系セレナのモニターの見やすさには届いてない
 
イメージ 16
ちなみに アラウンドビューってのは、コレ(モニター左側)。
ん? 視点は違うけど、他車や障害物を正確に映し出してくれるなら、
サイドブラインドモニターの代わりになるかな?(そこまでは試さなかった…)
モニター右側の、歪みのない前方カメラ映像のほうは 使えそう。
自分は、クルマに乗りこむ前 障害物(ハイハイする赤ちゃん含む)が無いか必ず確認するので。
 
好きなポイント「1」と「4」については、乗らなくてもわかる。
「1」は、視界の良さをしっかり継承していた。素晴らしい。ハイエースとかとは雲泥の差。
「4」は、グレー系もあるが、ブラックがメインのようだ。ベージュは設定無し。
イメージ 17
下方の視界抜群
 
他にも、細かい不満点あり。
イメージ 18
シフトインジケーターがなく、どこに入ってるんだか わかりにくい。
確認できるのは、タコメーターの内側にある表示(下写真参照)でだけ。
C25系は、コンパクトなシフトレバーが ステアリング左横におさまってて
コラムシフト並みにスッキリしていたが、C26系は デカいのがセンターに張り出している。
ドライビングピジションをとると、位置的に 肘をたたんでレバーを下げるような感じで、
なんだか窮屈。左右ウォークスルーが少ししにくくなるのもマイナス。
イメージ 3
 ステアリングには クルーズコントロール(全グレード標準装備)のスイッチ…しか無い。
DOPナビ(下写真)のオーディオの細かい操作はタッチパネルでしかできないので、不便。。
MOPナビ装着車だけにじゃなく、レス車にもオーディオスイッチを付けてほしいところ。
イメージ 4
時計レスってのも、どうかと思う。これはC25系もだったかもしれない。
 
この手のクルマにしては、鼻が長く感じた。
路地の取り回しがあまり良くない。小回り利かない印象。
と思って カタログの諸元見たら、このグレード 最小回転半径5.7mもあった。
イメージ 24
ボンネットは、身を乗り出すようにすれば少し見える。普通に座った状態だと見えない。
(70系ノア/ヴォクシーは、そこまでしなくても見えてた)
 
イメージ 19
盛り上がったメーターナセルは、思ったより目障りで邪魔。
レディッシュオレンジのイルミネーションも、個人的には 眼が疲れる感じがするので嫌い。
(C25系のイルミは、日中に走ったので確認してないです… 同じオレンジかな?)
 
イメージ 2
 LEDヘッドランプ&LEDポジションランプ
イメージ 20
LEDヘッドランプは 明るくて 夜の運転にとても良かったけど…
イメージ 21
ヘッドランプを消すと、こうなる。
このポジションランプ、もはや“車幅”灯じゃないよね? よくこれで認可通るな。
むしろ、フォグのほうが幅をアピールしているような。。
 
イメージ 6
この上に「セレナ ハイウェイスター」がつくんだから、長い〜^^;
 
ハイブリッドの名が付くが、トヨタのシステムとは似て非なるもの。
トヨタのは 燃費にもパワーにも貢献度特大だが、こちらは 何の体感もできなかった。
 
イメージ 7
イメージ 22
テールランプもLED
 
イメージ 9
エンジンルーム (向かって右奥に 大きめのバッテリーがある)
 
巡航時は CVTで回転が抑えられるのはいいんだけど、
エンジンが静かになればなったで とたんに盛大なロードノイズが気になり出す。
タイヤの銘柄などによっても多少は違うんだろうが、遮音は良くないと感じた。
イメージ 12
タイヤ:195/60R16 (ブリヂストン ECOPIA EP150)
ホイール:16インチ アルミ
 
イメージ 5
自分が借りた店舗では このセレナを貸し出すのは今回が初めてとのこと
走行11kmの、ほぼ新車
  
イメージ 14
DOPナビ MM514D−L (フルセグ付 ワイドVGA 16GBメモリーナビ)
これ、ゴリラ(旧サンヨー・現パナソニック)だよね?(違ってたらすみません)
ゴリラが25万って…。
 
イメージ 13
なんで、室内からバックドアを引っ張るためのくぼみorストラップが無いんだろう?
 
イメージ 10
前席までスライドする、2列目真ん中シート 兼 アームレスト 兼 センターコンソールボックス
 
イメージ 11
 後方視界は悪くはないが、一番後ろのピラーが もう少し細いと良かった
 
イメージ 23
返却時 走行:32.3km 平均燃費:6.8km/l
体調悪いので、遠出はせず。ちょい乗りが数回。
…にしても、燃費は(表示を信じるならば) トヨタの2Lより悪い印象。
 
「エマージェンシーブレーキ」は試すの忘れた。
私道でダンボール積んで突っ込もうかと思ってたんだけど。
 
セレナを返却して、預けていたプログレ君を引き取って 帰宅。
プ君は 走りに関しては決して満点だとは思ってないのだが、
すんげーレスポンス すんげーパワフル すんげー快適に感じた。
 
 

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事