全体表示

[ リスト ]

ドラゴンボールのキャラクター芸人(DB芸人)たちによるコメディショー、「劇団アニメ座DB」、2012年中にやるつもりだったのですが、諸々の事情で、ようやく今年、3月2日に開催できることになりました。

去年、一昨年くらいから急に、ドラゴンボールのキャラクター芸人が増えだしたんですよw
「○○のモノマネをやってる奴がいる」という情報を聞いては自分のニコニコ動画の生放送番組に出演してもらったり(魔人ブウ、セル、界王のパターン)、何となく見た目や体系が似てるなーと思ってやらせてみたり(サイバイマン、ZTVアナウンサーのパターン)・・・まあ基本的には僕のせいなんですが。

元々、冗談っぽく「ドラゴンボールの新喜劇をやるのが夢だ」とか言ったりはしてたんですが、これは本当に何とかなるんじゃないかと思い、去年6月、本家の劇団アニメ座のツアー終わりで座長の若井さんにも快く許可をいただき、まずはやることを自分の中で決めたんです。やっぱり「アニメ座」って名前は付けたかったですし。

で、やるなら自分の単独ライブ(シアターブラッツ2回公演)より大きい会場でやりたかったんです。1人でできるレベルのことをみんなでやってもしょうがないですし。

となるとお客さんを300人以上は集めたいところですが、いくら出演者が増えたところで誰も知名度ないし、なかなか厳しいんじゃないかと。稲垣早希のようなキラーコンテンツもないですしw

ということで、まずは「DB芸人」という括りを作り、こういう奴らがいるんだぞ、というのを少しでも広く知ってもらうために、ニコニコ動画にいくつか動画をアップしたり、ネット上で「DBG総選挙」という人気投票をやってみたり、「DBナイト」という企画ライブを4回にわたって開催(6、7、9、12月)したりと、2012年下半期は、とにかくDB芸人が「チームとして動く」ことをやってきたわけです。

ありがたいことに、ラップの動画は15万再生を超え、総選挙は荒らしていただくことで2ちゃんねらーやニコ生主様などにも新規に知られることになり、「DBナイト」は阿佐ヶ谷ロフトを満員にできるイベントになりました。

そういうのを経て、とうとうやるわけですよ!

会社にも会場の手配、日程など、多少わがままを聞いてもらったんです。単独の時もそうだったんですが、失敗するわけにはいかんのです。

売れてない芸人だけで300人以上のお客さんを呼んでイベントをやるというのはどういうことか。

このご時勢、アマチュアの方がお客さんを呼べたりします。出ること自体が「イベント」になるんですから。
バイト先のよう分からん芸人やってる後輩が今度やるらしいお笑いライブと、バイト先の店長が何を思ったか出場するR-1ぐらんぷりの予選、どっちが見たいかって話ですよ。

何で前者に魅力を感じないかというと、よう分からんからですw 面白いかどうかも。
でもそこに、1つ要素を足すだけでも変わるもんです。
バイト先のゲイっぽい後輩が芸人やってて、今度ゲイの芸人だけでライブをやるらしい、これだとちょっと気になります。

我々にとってそれが、「ドラゴンボール」。
思いっきり、お借りしているんです。
ニブンノゴ!の大川さんのおかげで、鳥山先生ご本人の許可はいただいてるとは言え、直接お会いしたわけでも公式のお仕事をいただいているわけでもなく、「公認だー!」などと浮かれる気は毛頭ございません。少しでも、愛でお返しするだけです。

もちろん、お笑いですから、愛だけではうまくいきません。
R-1に出たバイト先の店長はウケる必要はないですが、我々はそうはいきません。お金をもらっているからというだけでなく、これからも続けていくからです。
期待している人にもしてない人にも、笑ってもらい、満足して帰ってもらうようにしないといけない。

「DBナイト」をやってきて分かったのは、DB芸人の「個人の弱さ」でした。
お客さんが暖かくていいイベントだと思える反面、細かいリアクションや企画への入り方など、演者の芸人的な力量が気になってしまったのです。
まず、見た目以外に「ボケ」と呼べる人が少ない。かと言ってツッコミや仕切りタイプでもない。じゃあ何なんだ、とw

まずは「個人個人はよう分からんけど、たくさんいたら何か面白そうやんか」でもよかったんですが、ここらでいい加減、その先に進まないといけない。

もちろん、僕以外の芸人には「出てもらってる」わけで、そのことへの感謝はありますし、今まではそこまで負担をかけたくもなかった。

ですが今回は、企画ライブではありません。個人個人が用意したネタを見せるライブでもありません。1本のショーです。完全なチームになってもらうのです。

台本、ネタなどはできる限り僕が用意させてもらいますが、DB芸人の皆様には今回、それなりにいろいろと要求すると思います。納得いくまでやります。そのための稽古です。
「あいつ出来てへんな〜」でヘラヘラするような空間は作りたくないのです。
先輩もいますが、そこはイベントの成功を優先させてもらいます。灰皿とか投げます。

あと私、人と何かを一緒にやっていくにあたって、自分だけが把握してしてたり、勝手に進めてしまったりと、ちゃんと人に伝えるのが下手なので、そういうのも成長できたらいいな〜と思ってます。
最後に学生みたいな目標を書いてしまいました。学生みたいなノリの打ち上げにならないように頑張ります!



この記事に


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事