R in Bay Village, Boston

yahooからlivedoorへ移転します

アメリカ/うーん、受け入れがたい

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

自分ら、あほや!!

やられました。

アパートの窓が投げ入れられたコーヒーマグ(!)で粉砕されました。
防寒用の2重窓なのに、2枚ともきれいに割れてマグがうちの中へ!

幸い物置部屋の窓だったので人的被害は無し。

さらに以前紹介したプラスチックシートが張ってあったので
細かいガラスの破片の飛散は免れました。
こんな風に役に立つなんて!

うちは3階。歩道脇に垂直に建てられたビルなので
直下からマグを投げ込むのは無理。

アパートが面する道路は、2車線+両脇に路駐スペース。
どうやら、この道路を挟んでそびえ立つ某ホテル(わりと有名)から
アホな客が夜中にマグを投げたと思われる。
ホテルは約20階あるので
上の階の客がぽいっと備品のマグを投げたんではないかと。上の階のアホ客が。

ホテルの3階部分はガレージになっており
そこからうちの窓へ水平に投げ込むのも一応可能ですが
道幅から言って、松坂級の肩じゃないと無理でしょう。

大家さんによると、
ホテルの客が酔っぱらって氷やペットボトルを投げる事がたまにあるが
たいていはうちのビルの屋上へ散らばる、と。
窓にヒットしたのはこの20年くらいで初めて。
こんな事はめったに起きないわ(←慰めてるつもり?)だとよ。

まあ、運が悪かったとは思うが…。

しかし、なんでマグ投げるかね。酔っぱらってたとしても。

アメリカ人達は言う。
They are just crazy. There’s no reason.

私の見解は違う。
自分ら、あほや!!

追記
犯人がアメ人とは限らないんですけどね。ボストン観光してる日本人かもしれないし。いずれにせよ、Fxxx! Sxxx!

さらば、#66

現在通勤に使ってるのは、公共バス。66番。

バス通勤、これって最高にストレスフル

転職のおかげで、もうバスに乗らなくてすむと思うと心底嬉しい。

ケンブリッジからボストン市内まで、普通に車で行けば15分弱。
#66バスだと、順調に行って30分。

で、これが順調に行かない事多いのよ、ほんまに〜。

道路工事とか/昼は仕事しないくせに朝夕にショベル動かしたりする。危ないって。
あほドライバーとか/のろいバスの隙をついて無茶なコースをとる車多すぎ。
へたくそバス運転手とか/カーブ切り返しまくりでは驚きません。縁石でこすってパンクさせた運転手いましたから(運転手はシーットと叫んで乗客を強制降車させ、バスの横でタバコ吸ってた)。

10〜15分おきで走ってる筈のバスが、3台ほど溜まってしまい並んで走ってるのは日常茶飯事。
のろのろやって来たバスにやっと乗ったあげくに
後ろから来た同じ#66バスに追い抜かされるのもいつもの事。
2台に抜かされる事もめずらしくなかった。

順調に行って30分の道のりを、1時間半以上かけた事も多々あります。
ええ、大阪弁でぶつくさ文句言いつつ青筋立てて耐えてました。

でも、バスって人間観察には面白い場所だったかも。
ラジカセ持参で騒ぎまくる黒人のティーン軍団。
ベビーカーのお母さん達(何故だかいつもラティーノ)と泣き叫ぶ子供達。
ハバードビジネススクールの前で降りてくいかにもスマートな人々。
いつも漫画を読んでる女性アニメオタク(鞄はトトロリュックか犬夜叉イラスト入り手提げ)。
レポートかいてる学生さんもよく見ました。
そういえばこんな人も見たんだっけ。

イラクからの軍撤退を訴えるビラを配るおじさんにむかって
「私の兄は今イラクにいます。私は彼が正しい事してると思ってる!
/I am sure he is doing the right thing!」
と言い放った金髪の女の子もいました。
バス内、シーンとしてしまったんだよなー、あの時。

1月からは、地下鉄通勤。
もちろん、人間観察に励みますよ!

アメリカン土産

イメージ 1

サマースクールのクラスメートだった
アルゼンチン娘キャロが国に戻る事になり急遽送別会。

ブラジル人フラビアから
"アメリカンなプレゼント"がキャロに贈呈されました。

まずは、ハロウィンのカボチャの形をしたストロー付きマグ。
中南米はキリスト教信者は多いけれど、ハロウィンはないそうです。
アルゼンチンではストロー付きの水筒でマテ茶を持ち歩く人が多いらしいので
マテ茶用にしてね、とフラビアからのコメント。

もう一つは、手に使う消毒用ジェル、サニタイザー。
これって日本にもあるのかなあ。
ハンドクリームのように手に広げて、雑菌を消毒。
成分はほとんどエタノールなので、拭き取る必要なし。
拭き取らなくていい所がアメリカっぽいですね。

フラビアとキャロにとってサニタイザーは
とってもアメリカーンなんですってさ。
キャロはベビーシッターしてた時に
赤ちゃんに触る前には必ずジェル消毒しろとキツく言われたそうです。
アメリカって衛生的過ぎ、アルゼンチンの皆に見せなきゃ〜って言ってました。

しかし、ほんとにアメリカは衛生的なのか?
アメリカメディアでも“我々は神経質すぎる”とか書いてるの見かけるけど…。

日本でも消毒用おしぼり等持ち歩く方いらっしゃいますよね。
ああいう方が、アメリカに来たら気が狂うと思います。
はっきり言って何処もかしこも怪しい。

だって靴を履いた足をを椅子やソファの上に投げ出して
御飯食べても平気な人たちなんですよ。ここの人は。

その靴が歩いたトイレはなんだかいろいろ床に散乱してて
ジーンズの裾をあげて歩く必要があるとこなんですよ。

そして、
そんな床に鞄を置いても平気な人たちなんですよ。ここの人は。

その鞄がテーブルの上に置かれる様は想像しない事にしましょう。

あ、こんな人がいる国だから、サニタイザーが必要なのか。
でも、サニタイザー愛用アメリカ人もソファに靴乗せると思うぞ。
スタバ行ってみ。ソファ使用者みんな行儀悪いから。

アメリカン オタク

rabikoさんのコメントを見て共感。
アメリカンオタク、特にアニヲタ達は、日本にとっても憧れてるみたい。
日本の何処に憧れているのか具体的にはよくわかりません…。

このオタクという言葉、オタクなガイジン達は自分を紹介する時に嬉しげに使うんですよね〜。
彼らの話している雰囲気とか語調から言うと、
"とっても熱心なファン”くらいのつもりで使ってるんじゃないかと思います。

オタクの存在感が日々増しているとはいえ
やはりオタクって100%ポジティブな語感ではないですよね?日本人には。
もちろん、個人のキャラクターや話している時の状況等々によって
言葉の意味合いというのは色を変えていくものなのですが
それでもやはり、オタクというと非社交的でロリ入ってて…
一歩間違えれば性犯罪者扱いくらいの勢いで使われる事もしばし。

この辺の負のイメージをアメリカンアニヲタ達はわかってるんだろうか?

私のかつてのランゲッジエクスチェンジパートナーその2も
”僕はオタク〜”って言ってました。
ただ、彼は日本でオタクって言うとヘンタイのことでしょ〜と
(中途半端に)わかってて言ってたけど。
(悲しいかなヘンタイは日本語そのままで英語化しつつあります)

私に言わせると、彼は日本刀/侍マニア兼ちょっとだけアニメファン。
いわゆるヲタな雰囲気はまるで持ち合わせていません。
能天気なアメリカ人に見えるけど
ハーバードで日本語専攻するおりこうさんである彼は
宮元武蔵の五輪書を原書で読みたいと熱く語る。
私は "…"。

やっぱ、ヲタかも。

ハグとセクハラ

ハグについて書いてたら、思い出しました。
職場で受けたセクハラ講習会(職員は全員受講必須)で見たビデオ。

挨拶の時に相手にタッチしたり、ハグしたり、honeyって呼んだり、キスしたり、
こういった行為は相手に取って不快である事があります。
もしあなたが不快だったら、まずその事を相手に伝えましょう。

このビデオを見て
うちの職場が国際色豊かだという理由だけではなく
アメリカ人の間でも温度差があるんだろうな〜、と思ったのでした。

同じビデオでは、明らかなセクハラ行為の例として
女医が男性看護士に
"いつもよく働いてくれてありがとう。もうすぐ仕事の評価の時期ね。
ところで、今週末ふたりで出かけない?友人の別荘がXXXにあるの。"
と、わかりやすく迫っておりました。

さすがアメリカ、セクハラするのは女医かい!

あまりに解りやすいセクハラ例が連発されるので
おもわず隣のアメリカ人に、アメリカって本当にこんな国なの?と聞くと

安心して。こんなのハリウッド映画だけ。


という返事。
向かいの席のおじさんも深く頷いておりました。
そりゃそうだよね。

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事