ここから本文です
知恵と勇気(時々人脈で)で楽しむHOBBY
「金はないけど無い知恵を振り絞り楽しむ」がモットーです
11月3日4日 に三重県のホクセイサーキットで「RCMJ全国ミーティング」が開催されます。
今まで数回の開催があっていますが、さすがに遠方のため参加することはありませんでした。
でも今年はどうしようかなと思っています。
全国の皆さんとも交流深めたいし、思いっきり走らせる機会も少なくなりましたしね。
まだまだ先なので本決まりは先の話になりますけど。

行くなら新幹線とレンタカーだな、泊まり先はどうするか…
せっかく行くならピカピカのヒデヨシカタナ仕様で行かなきゃなぁ。

ホクセイサーキットでRCバイク走らせるとこんな感じです。
もちろん私はこんな速くは走らせられませんけどね。
三重近郊の方で興味がある方、そうでない方も見学に来られてはいかがでしょうか。

この記事に

開くトラックバック(0)

アナコンダ仕様

イメージ 1

完全に気まぐれでホビキンのアナコンダ仕様になってしまいました。
ヒデヨシとのカラーリングにもそんなに違和感ないし、暫くこれで行こうかな。
Kobaフォーク仕様にして色々な位置調整の結果、サウンドシステムが載せられなかったのですが今回搭載可能になりました。

ヒデヨシが生きてたらヨシムラのライダーになってたはずですから
フルカウルに乗っても問題なし…という事で


この記事に

開くトラックバック(0)

初のフルカウル

イメージ 1

2ヶ月ほどバラバラになってたのですが、ようやく組み上げました。
ネジがバカになったので、バラさなければ行けなくなったためでしたが、
ついでに手を加えようと思ったら、結果放置となってしまいました。

組み上げる途中でそこらへんに転がってたホビーキング?のカウルがあったので
つけて見ました。
Toshi-Spl初のフルカウル仕様です。
でもシートカウルはカタナなのですけどねー
よって色はバラバラなのです。
暫くこれで走らせるかな。

この記事に

開くトラックバック(0)

ホイールウエイト装着

JAサーキットで走らせていますが
ストレート後のフルブレーキングでフロントが暴れる時があります。
毎回じゃないのでごまかしながら走らせていましたが
やっぱり速く走らせるためには安定したブレーキングが必要です。
自作ブレーキが駄目なのかと思いブレーキ機構とにらめっこしましたが
これといって欠点が思いつかず
ディスクがアルミ板なので波打ってるのか?
とも思いましたが…

しかしふと気付きました。
タイヤをGRPにした事でホイールが軽くなっています。
これによりジャイロ効果が弱くなっているはず…
Kobaさんとウエイトについてやりとりした事を思い出しました。

これでフラついてるのかと思い、ウエイトを2枚装着してPMT+アルミホイールと同じ重量にしてみました。
結果はまずまず、安定したブレーキングが出来ました。
ウエイト必要ないと思ってたのですが侮れません。

以前のPMT+アルミホイールの場合バンクさせながらブレーキングすると
タイヤがグリップせずにフロントタイヤが滑って転倒していました。
だからブレーキの設定はかなり甘めにしか出来ませんでした。

GRPにしてからはブレーキングで車体が安定しなかったのでブレーキ弱めで走らせてためバンクさせながらブレーキしても転倒はしませんでした。
しかし今回ウエイト装着によりブレーキングで安定したのでハードブレーキングが出来るようなったこと。
さらにハードブレーキング設定にもかかわらず、バンクさせながらのブレーキングでもGRPのグリップのおかげでフロントタイヤが滑って転倒する事もありませんでした。

結果、ハードブレーキングも出来るようになったし、バンクしながらのブレーキングも出来る様になった事で確実にペースアップできると思います。
イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

昨年9月以来のJAサーキットです。
昨日の朝は大寒波による積雪でしたが、今日は打って変わっていい天気でした。
普通に走りました、久しぶりでしたが特に問題なく走りますけど
若干ストレートでフラつく感じです。
これは以前からですが、自作スポークがセンターが出てないのかなと思ってます。

イメージ 1

そしてmakoさんがtomeoさんから譲っていただいたKSR4です。

イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

久しぶりのFM-1e

すっかりご無沙汰しております。
正直夏以降は放置状態でした。

しかし、この度とあるルートから小林さんの倒立フォークを譲っていただきました。
フォークだけなんですが、折角なので付けてみることにしました。
今まで小林さんの倒立フォークを買わなかったのは、
自作ブレーキがそのまま付けられるのか分からなかったのが理由でした。
でも今回ほぼ無加工で取り付けることが出来ました。

少し走らせて見ましたがブレーキには全く問題ありませんでした。
それにやっぱりフロント周りの剛性が上がった感じはしますね。

同時にまたまた気まぐれでCBにして更に若干マイナーチェンジしてみました。
そろそろ復帰しようかな。

あっ、フォークと同時にFM-1nを譲っていただきました。
でも、エンジンの知識も道具も持ち合わせていないので観賞用になるかな。
イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

KT8マイナーチェンジ

先日のモデマデビューで気付いたのですが、可動ドライバーが目立ちません。
首とハンドルだけなので地味ではありますけど・・・

しかしギャラリーへのアピールも大切なのです。
そこでMakoさんと相談の上、ドライバーを大きくしようという事になりました。
本来1/8スケールを1/6スケールに作り直します。

イメージ 1

ドライバーだけふた周りほど大きくなりました。
元来カートってこのくらいの大きさかと思いますけど、いかがでしょうか。

イメージ 2

イメージ 3


元のドライバー小さすぎですよね。
イメージ 4

これで少しはアピールできるかと・・

この記事に

開くトラックバック(0)

KT8モデマデビュー

久しぶりにモデルマートに行ってきました。
とはいってもバイクではありません。
現在モデルマートではバイク走行NGなので、今回はカートKT8でEPコースに行ってきました。
イメージ 1
※写真はモデマブログより拝借しました

まともに走るのかどうかも分らない状況でしたので、結果お金だけ払う事態になりかねないかもしれないという不安はあったものの、とりあえずチャレンジしてみました。

KT8はゴムタイヤが純正ですが、とりあえず大昔の1/12のスポンジタイヤを履かせていました。
そしてこれまた25年くらい前のグリップ材を使用して走らせてみたことろ、結構まともに走るではないですか。

イメージ 2

周りは何万円もするシャーシーに、緻密なセッティングを施した車体ばかり走っていますが、KT8といえば数千円の車体にほとんどセッティングなんて出来ない足回り・・・
でも引けをとらないくらいに走りますよ。
バイクほど神経使わないで良いし、結構気楽に遊べました。

時々遊びに行こうかな

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事