ここから本文です
知恵と勇気(時々人脈で)で楽しむHOBBY
「金はないけど無い知恵を振り絞り楽しむ」がモットーです

書庫全体表示

記事検索
検索

全44ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

1/64 ミニカーイロイロ

ホットウィールを弄るに当たってそれはどんな世界なのかを色々見て回りました。
ホイール交換シャコタンは当たり前のようですが、ホイールの移植と深リム加工が一般化してる模様。
中にはエッチングパーツで超リアルなホイールが販売されてたりしますが、高価なんで手が出ません。
そこで深リム加工と自作ホイールが出来ないか試行錯誤してみました。

実車も模型も同じでホイール交換でグッとイメージが変わります。
私は適度なシャコタン派なのですが、シャコタンは下品と思う人もいるのでそこはお好みで。

大昔に買って直ぐに子供に取られたて15年くらい放置だった頭文字DのFDですが…
ノーマルだとこんな感じ
イメージ 1
ホイール交換でとシャコタンでこんな感じ
イメージ 2
グッと良くなりますね。
このホイールはタイヤ、リム全て自作してみました。
こんな感じになるもんだから車体よりホイール自作の試行錯誤に時間使ってます。

とは言え、ボチボチ車体も弄ってます。
前回の510ブルですが、グリルは手抜き加工でしたが作り直しの最中です。
まだ塗装が必要です。
イメージ 3

でもって次の車体はこれです。
イメージ 4
510ブルのバンです。
しかし渋いラインアップですねー

ホットウィールいじり

お無沙汰しております、生きてます。
最近急にミニカー弄りをしたいと熱が上がりまして・・
今までミニカーを弄ったためしがありませんし、ミニカー=トミカの固定概念がありまして、もちろんエグゾトなんかの高級ミニカーは昔から知ってますよ、でもリーズナブルな定番ミニカーはトミカって思ってました。
普通にリアルなんですけどまじめすぎてちょっと好みじゃないなぁ、タミヤみたいな感じですかね。

ところがネットでホットウィールの旧車を見かけたらなんかやけにカッコよくて、デフォルメが利いてて実にいい。
漫画で言うと、写実的なしげの秀一氏の絵がトミカっぽくて、アレンジが強いんだけど妙にかっこいい楠みちはる氏の絵がホットウィールっぽいという印象です。

っという事で旧車のミニカーを弄ることにしました。
まずは一番好きな510ブルです。
買ったのはこれ
イメージ 1

やったのは塗装剥離後に全塗装、グリル内作り直し、ホイール交換、シャコタン、フェンダーミラー増設くらいですかね。

でもう完成写真です。
イメージ 3



同じくらいのスケールのカタナといっしょに
イメージ 2

スケールが分かるように
イメージ 4

やんちゃそうな国産旧車を取り揃えているホットウィールは侮りがたし。
ブログ移行どうすっかなぁ、面倒くさい

ドリフトライダー稼動

やっぱりライダーが座ってるだけではなんだか格好良くないですよね。
リアルじゃないのがどうにも我慢できません。

という事でここ2週間ばかりライダー稼動させるべく色々いじってました。
最初は頭固定で身体だけ動けばいいかと思いましたが、それではなんかやっぱりリアルじゃありません。
ドリフトはニーグリップは大切でしょうから、動くのは上半身だけだと思いますがそうなると頭の稼動をどうすればいいのか…
ハングオンなら簡単なんですけどね。

悩んだ結果の答えがこれですが、いじって問題見つけて、さらにいじってまた問題見つけてをもう10回くらい繰り返しています。
それでもまだ満足できてません。

(※動画見たらニーグリップなんて関係なさそうですね、そもそもシートに座ってない事もあるし(>_<))

Toshi spl Ver2 その後

まぁまぁ走るようになりました。
後は自分の腕と少々のセッティングかなとおもいます。
リヤタイヤが滑らなければ始まりませんので、すべるタイヤの製作法を色々考えましたがなかなか良い案が思い浮かびませんでした。
でも寒さが強まったこともあり、ビニールテープ巻くだけでズルズルタイヤに変身しました。

ステアリング周りのディティールアップしました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ベルトドライブはそのままで、タイヤにはビニールテープ巻いてドリフト仕様にしています。
イメージ 6

決して上手く走れているわけじゃありませんけど・・・

開くトラックバック(0)

新プロジェクトのToshi spl Ver2がようやく走るようになりました。
オムオムさんから譲っていただいたeジャイロ搭載でスロー走行ができます。
でも目的はスロー走行ではありません。
ジョリアン・ポノマレフの走りです。

ジョリアン・ポノマレフ…って誰かって?
この方です。


オートバイを手足の様に扱うスタントライダーです。

でもですね〜、そう簡単にこんな走りは再現出来ません。
まずは格好だけかな。
タイヤやら路面やら色々試行錯誤が必要ですね。

基本的なフレームはToshi splのままですが、ステアリング機構はタイヨーYZ250を移植するためにフレーム新造し、スイングアームやベルトドライブ機構はToshi splのままでeジャイロホイールが使える様に加工しています。
ボディは1/6スケールのミニカーのジャンクがあったので再生して装着、エンジンも同様に移植しています。
ライダーはタイヨーRM250のライダーをフォーム変更し、ヘルメットはYZ250の物に1/6フィギュアの顔を入れています。
また頭もステアリングとミキシングで左右動く様にしていますが走ってたらあんまりわからないかな。
イメージ 1

走るには走るんですけど…ドリフトねぇ〜
まだまだ遠い道のりです。
でも格好だけは一丁前かな
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

全44ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事