めざせ、ねこまた。

ラグドール「モコ」の成長記録

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

料理、頑張ってル!
最近は“料理をすること”にだんだん慣れてきたかもー。

さて、今回は、大分県の郷土料理『琉球』を作った。
大分県出身の母親がたまーに作ってくれた魚料理の一つ。
私にとっては、小さい頃からご馳走だったのだ。

自分で作ってみると、なるほど、ご馳走の意味が分かる。
琉球で使用する魚は高い・・・。
(っていうか、魚全般が高い!ような気がする!)

脂がのった魚を使うのだが、本来は鯖(大分県なので恐らく関さばなのでは?)、続いて、ぶり、はまち、かんぱち等で代用できる。
今回は、寒ぶりで作った。

作り方はいたって簡単。

<作り方>
生食用の寒ぶりにすりごまとねぎをテキトーにかけ、調味料に漬け込むだけ。

<材料>
生食用の寒ぶり 好きなだけ
すりごま 好きなだけ
ねぎ(もしくはあさつき) 好きなだけ
醤油:酒:みりん 2:1:1

小さい頃から食べていたご馳走は、実は、超初心者向けの魚料理だった。
簡単ながらも、アツアツのご飯で食べるとものすごくまいう〜(^Q^)なのがイイ!
魚を使っているから、ちょっぴり高級感?もあるしね。

でも、本当は、漬け込んだ魚と調味料をご飯の上にかけ、お茶漬けにして食べるのが正式らしい。
これもまた Non Stop GOHAN!って感じになる。

あはは。

私のように、炭水化物ダイエットをしている人(最近はご無沙汰しているが)には、かなり強敵となるアイテムである。



反省点:調味料をテキトーに扱っていると、ドボッと勢いよく出て途方にくれることがある。それが最後に入れる調味料だと致命的な味となる。
経験値:1P [累計 56P]

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事