raccoon21jpのブログ

ポストモダニズムを超え、人間と社会と世界の再生のために

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

<次の米朝首脳会談を要請 金氏がトランプ氏に「温かな」書簡>

BBC 2018年09月11日
米ホワイトハウスは10日、北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長がドナルド・トランプ大統領宛の書簡で、次の米朝首脳会談を要請したと発表した。

米政府は、すでに新たな会談の時期を模索しているという。

サラ・サンダース・ホワイトハウス報道官は、金委員長の「とても温かな」書簡には、北朝鮮が「引き続き非核化に注力していく責任感」が表れていたと話した。

朝鮮半島の非核化をめぐる交渉は、6月にシンガポールで行われた歴史的な首脳会談の後、滞っているようにみられる。

サンダース報道官は「書簡の主な目的は、大統領との次の会談を要請し、日程の決定を求めるものだった。我々はこれを前向きにとらえ、すでに調整に入っている」と説明した。ただし、具体的な時期については示唆しなかった。


韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領はこのニュースを歓迎し、「朝鮮半島の完全な非核化は根本的に米朝の交渉によって解決されるべき問題だ」と述べた。
文大統領は6月の米朝首脳会談で重要な仲介役を務めた。来週には金正恩氏との3度目の南北首脳会談を控えている。
BBCのローラ・ビッカー・ソウル特派員によると、文氏は米朝双方の仲介役を自認し、両国に大胆な一歩を踏み出すよう求めている。

北朝鮮が書簡を送った前日には、国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長が、北朝鮮の核開発は国連安全保障理事会の決議に違反していると警告した。
北朝鮮はIAEA査察を受け入れていないが、天野氏は政治的合意が得られれば査察を再開する準備はできていると話した。

◆とても温かく前向きな手紙
サンダース報道官は書簡を「とても温かく、とても前向き」と評価したほか、北朝鮮が先週末に行った軍事パレードについても「珍しく、核兵器を目立たせるものではなかった」と評価した。その上で、トランプ大統領の外交政策の「素晴らしい成功」の成果だと述べている。

北朝鮮の建国70周年を祝うこのパレードには兵士や戦車、兵器が登場したが、大陸間弾道ミサイルは披露されなかったと報じられている。

核弾頭が搭載可能で、米国本土に到達する大陸間弾道ミサイルの展示は、米国に対する挑発行為とみなされる可能性があった。

◆先週末には建国70周年を記念した大規模な軍事パレードが行われた
トランプ大統領自身もツイッターで金氏に感謝し、軍事パレードは「北朝鮮からの大規模でとても前向きな意思表示だ」、「ありがとう金委員長。みんなが間違っていることを証明しよう!」と書いた。


6月にシンガポールで行われた首脳会談で、トランプ氏と金氏は朝鮮半島の非核化に達した。

合意には非核化の時期や詳細、進ちょくを承認するメカニズムなどは含まれなかった。
政府高官同士の訪問や協議は続いているものの、先に予定されていたマイク・ポンペオ米国務長官の北朝鮮行きは直前にキャンセルされた。

両国は共に非核化に向けたプロセスに尽力していると強調しながら、交渉を遅らせているのは相手側だと非難し合っている。

(英語記事 Kim 'warmly' invites Trump for new summit)


並行して、ボルトン補佐官「非核化1年以内に可能」と再度言及、NBCニュースは「2018年北は新たに5〜8個の核爆弾を製造」と報道。トランプ流には何度もチャンスと時間を与えたがのらりくらり非核化を先延ばししたのは「北」と世界を納得させたうえで、一年以内非核化が進展せぬなら斬首作戦に踏み切る腹、と読む。



<正恩氏、中国代表と再会談=「友誼は堅牢」と蜜月誇示>

時事 2018年9月11日 20:33 発信地:中国
【9月11日 時事通信社】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は10日、中国の習近平国家主席の特別代表として平壌を訪れた共産党序列3位の栗戦書全国人民代表大会常務委員長(国会議長)と2回目の会談を行い、両国の蜜月ぶりを誇示した。中国国営新華社通信が11日伝えた。

 正恩氏は会談で、「朝中の友誼(ゆうぎ)は堅牢(けんろう)で壊せず、長い時間を経て一層強固だと両国や世界に示したい」と強調。「われわれは各分野の交流や協力を強化し、地域の平和と繁栄の促進のため貢献しなければならない」と訴えた。

 栗氏は、両国首脳の指導によって「強固な中朝の友誼は新たな活力を奮い起こし、新たな歴史の階段をまい進した」と応じた。(c)時事通信社

<非核化対話で成果期待=米特別代表に韓国大統領=>

時事 2018年9月11日 21:01 発信地:韓国
【9月11日 時事通信社】韓国の文在寅大統領は11日午後、訪韓した米国のビーガン北朝鮮担当特別代表と会談した。文氏は「韓国特使団の北朝鮮訪問を受け、米朝間に対話の雰囲気が高まっている」と述べ、2度目の米朝首脳会談開催に向けた動きを念頭に、非核化対話で成果を挙げるよう期待を表明した。韓国大統領府が発表した。

 米朝の非核化協議が停滞する中、5日の韓国特使団の訪朝後、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長がトランプ米大統領への書簡で再会談を提案。ホワイトハウスも開催検討を表明した。

 文氏はまた、「非核化の過程で、わが政府は可能なすべての役割を果たす」と強調し、ビーガン氏にも、積極的に役割を果たすよう要請。南北関係と非核化対話を共に進展させるため、「韓米間で引き続き緊密に協力していこう」と呼び掛けた。(c)時事通信社

開く コメント(0)

<ロシア、「同国史上最大」の軍事演習を開始 中国軍も参加>

AFPBB 2018年9月11日 19:34 発信地:チタ/ロシア
【画像】ロシア・ボリソフで開催された軍事演習「ザパド2017」に参加したヘリコプター(2017年9月20日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / Sergei GAPON
ロシア・サンクトペテルブルクで開かれた海軍パレードで戦艦を視察する、ウラジーミル・プーチン大統領(手前)とセルゲイ・ショイグ国防相(2018年7月29日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / SPUTNIK / Mikhail KLIMENTYEV

【9月11日 AFP】ロシアは11日、同国史上最大とする軍事演習を開始した。西側に揺さぶりを掛けてきた軍事力を誇示する今回の演習には、ロシア兵数十万人に加え、中国軍も参加する。

 ロシア国防省は声明で、1週間にわたる軍事演習「ボストーク2018(Vostok-2018)」を極東地方と太平洋上で開始したと発表した。

 同省が公開した映像には、演習冒頭に軍用車や戦闘機、ヘリコプター、軍艦が配置につく様子が捉えられている。

 中国軍とモンゴル軍も参加するこの演習について、北大西洋条約機構(NATO)は「大規模な紛争」を視野に入れた予行演習だと非難している。

 ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領も、東部ウラジオストク(Vladivostok)で開催中の「東方経済フォーラム(Eastern Economic Forum)」閉幕後に演習を視察する予定。同フォーラムには、中国の習近平(Xi Jinping)国家主席も出席している。

 ロシアと西側諸国の間では目下、西側の諸問題へのロシアの介入疑惑や、ウクライナおよびシリアで続く紛争をめぐり緊張が高まっている。

 今回の演習は、1981年に行われたソ連期最大の軍事演習「ザパド81(Zapad-81)」に匹敵する規模とされている。当時の演習には、ワルシャワ条約機構(Warsaw Pact)加盟国の兵士10万〜15万人が参加した。

 とはいえセルゲイ・ショイグ(Sergei Shoigu)国防相は、今回の演習の方がさらに大規模になり、兵士30万人、軍用車3万6000台、航空機1000機、軍艦80隻が参加するとしている。(c)AFP/Maxime POPOV

何のための軍事演習か?プーチンや習近平、そして軍人さんたちの自己満自己主張のためとしか思えない。この種報道、やった後しかも過去の映像を流すような報道では意味がない、情報公開に基づき事前に報道し納税者に知らせ、軍隊を牽制すべきだ。



<Russia kicks off massive war games, hosts Putin-Xi meeting,Russia rolls out miliary might in huge war games>

By Mary Ilyushina, Ben Westcott and Matt Rivers, CNN
Updated 1311 GMT (2111 HKT) September 11, 2018
(CNN)Russia kicked off what it says are its largest war games since the fall of the Soviet Union on Tuesday, as it hosted a bilateral meeting between President Vladimir Putin and Chinese leader Xi Jinping in the far eastern city of Vladivostok.

Tuesday's meeting between the two leaders comes amid continued US-led sanctions against Russia and an escalating US-China trade war.

At least 300,000 troops, 36,000 vehicles and 1,000 aircraft will take part in the Vostok 2018 exercises, according to the Russian Ministry of Defense.

They'll be joined by thousands of troops from China and Mongolia, which the Chinese Defense Ministry insisted wasn't "directed against any third party" and would focus purely on "defenses, firepower strikes and counterattack."

The exercises will be held from September 11 to 17 in Russia's Eastern Military District, an underdeveloped and sparsely populated close to the country's borders with China and Mongolia.
In a statement in August, Gen. Sergi Shoigu, supreme commander-in-chief of the Russian armed forces, said the games would be at an "unprecedented scale both in territory and number of troops involved."
The Ministry has previously characterized the exercises as the largest war games since the fall of the Soviet Union.

【Photos】 from the Russian Defense Ministry as the Vostok 2018 exercises begin with China and Mongolia.

◆Deepening ties
The exercises coincide with the Russian-sponsored Eastern Economic Forum in Vladivostok on the Russian Pacific coast.
Putin met with his Chinese counterpart on the sidelines of the event Tuesday, during which Russian state media TASS said "several agreements" would be signed.
Trade turnover between Russia and China increased 50% in the first half of 2018, with the total expected to reach $100 billion by the end of the year, according to TASS.
Xi said China and Russia would work together to maintain stability and peace in the world.
China and Russia would promote "the political resolution of hotspot issues, resolutely upholding the UN charters and principles and standing firm against unilateralism and protectionism to construct a new type of international relations and a community of shared future for mankind," Xi said in comments Tuesday alongside Putin.

The two leaders have attempted to cultivate a special relationship in recent years, meeting often and making demonstrative public displays of warmth.
Xi's arrival in Vladivostok marked the first time a Chinese leader has participated in the annual event, and the third meeting between Xi and Putin in 2018.

【画像】Russian President Vladimir Putin (R) meets Chinese counterpart Xi Jinping on the sidelines of the Eastern Economic Forum in Vladivostok on September 11, 2018. 

In June Putin said President Xi was "the only state leader who has celebrated my birthday with me," while Xi responded by awarding Putin the first-ever Friendship Medal of the People's Republic of China
Chinese ambassador to Russia Li Hui said relations between the two neighboring countries were at their "best (level) in history," in an interview with Chinese state media Xinhua Monday.

◆Mutual trust
China and Russia have been moving closer as both countries look to build a countermeasure against Washington.
In August the US State Department declared it would impose a new range of sanctions on Moscow over the poisoning of a former Russian agent in the UK earlier this year.
China, meanwhile, is bracing for the latest escalation in its ongoing trade war with Washington, as US President Donald Trump prepares to sanction another $200 billion of Chinese goods.
Against this backdrop of concerns over rising US tensions, warmer ties between Xi and Putin have been exhaustively covered by domestic media in both countries.
【画像】At least 300,000 servicemen will take part in the exercises, according to the Russian Ministry of Defense.

"Mutual trust between the two countries has reached an unprecedented level and their military ties are closer," Chinese state tabloid Global Times said in an August editorial.
Bobo Lo, a China Russia relations expert and author of "A Wary Embrace," told CNN that both Putin and Xi have separate reasons for wanting to amplify their relationship.
"(China) is the perfect instrument to project Russia as a resurgent global power, so essentially the Russia narrative is that China, Russia and to a lesser extent India, are part of this new dynamic world order," he said.
"(For Beijing) they need Russia to be benign to them, so Russia might not be able to help China that much but Russia can certainly makes things difficult to China if it should ever be so inclined."

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事