ここから本文です
頑張ることはないさ、ゆっくり行こう(^_^)

書庫テーマ ハエさんのガーデン日記

すべて表示

明日、一向キャンプ場で、今年の締めともいえるもみじ祭りがあります。で、行けたら行きますと言っていますので、今日は今日、明日の雨、雪?に備えてタイヤ交換をしました。で、そう言えば昨年も、日曜日の朝、タイヤ交換をしてその足で一向のもみじ祭りに出かけましたっけ。おんなじ状況です。
イメージ 1
さて、今回は、今までは、タイヤ交換の時に、使ったことすらないトルクレンチなるものを買ってきました。プロ仕様ではありませんので、数字は100パーセント信用できませんが、まぁ、3700円余りで安心が買えるなら、ということでDIYで手ごろなものを買ってきました。
ちょうど、前日に、生徒のお父さんがお勤めのトヨタで、簡単な車検を受けていますので、プロがどれくらいの強さでボルトを締めているのかも確認できますので好都合です。
で、まずボルトを緩めてみて、その軽さに驚きです。で、早速買ってきたトルクレンチをベンツ指定の130Nmに設定して、今度は締めてみます。キンッとトルクレンチ悲鳴を上げたところでストップ。やはりトヨタで締め付けとほとんど変わらない回転弧です。そっか、タイヤのボルトの締め付けって、考えていたよりも緩いんやなぁ、、と、感心です。そうしてみると、今まで力任せに締めてきましたが、ボルト傷んでないかなぁ、と心配にすらなります。
何より、5本のボルトに均等に力を掛けられることが、大きいですね。( ・´ー・`)
10N(1kg)fmというのは、ボルトに1mのレンチをかけ、その先に10N(1㎏)の重りをのっけたのですので、
130Nmならその13倍 
つまり13kg
30センチのレンチならその3倍なわけで
39kg
そっか、普通の30cmレンチ程度なら子供が体重をのっけたくらいかなぁ、と改めて納得です。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事