SLACKERのブログ

ロンダ・ケイって水槽栽培でもすごくないっすか?

冬のどうぶつ王国

もう十日も前になってしまいましたが、先月の末に神戸で新年会という事で行ってきました。
泊まりですので、そのまま帰るのももったいなくて翌日はどうぶつ王国へ。
帰りの電車が雪の影響が出そうでしたので滞在時間はわずかでしたが、久々にスイレン池を見てきました。

佐藤さんのNEWアネクフィアイメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

全体的に日照時間の関係で夏場と雰囲気が違いますが、これらの花もまだこの花色で確定ではないそうです。

イメージ 4

イメージ 7

ヴィンティン
イメージ 5

テルレア
イメージ 6



イメージ 8
カピバラの赤ちゃんが誕生したそうで、今人気があるそうです。

イメージ 9

ハシビロコウは冬の間は野外池ではなく小屋で飼育されていました。
窮屈そうですが、間近で見れるのは嬉しいですね。


相変わらずバードショーがスゴイ人気ですごい人の数でした・・・汗

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

寒い〜

急に寒くなってきました。
野外放置分のムカゴ種たちはもうちょっと咲くようです。

イメージ 1




先日まではまだ暖かかったのに、朝は今季最低の2℃まで低下で、慌てて残りの株を屋内退避させました。

イメージ 2



今年こそは11月中に熱帯スイレンの取り込みを終えたいと9月から掘り上げてたのに、結局取り込む株を追加で掘り上げたりしてたので12月になりました。
こんなに越冬させてもどうしようも無いんですが。

掘り上げする迄すっかり存在を忘れていたビッグイージーちゃん。

イメージ 3



綺麗じゃないとの触れ込みなので、イマイチやる気にならず。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

スリソンブーン

今年の頂き物の一つです。

やっと!!
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

キング・オブ・サイアム、プライ・ファーの作出でも知られるタイのチャイヤポン・タマスワン氏作出の品種。

立ち上げが遅く、かなり涼しくなってきたのが悪いのか結構黄色感が強く出てしまいましたが、本来はオレンジのハッキリとした花色だそうです。

来季、再チャレンジですね・・・


そんなこんなで夜になり・・・

夜咲きの十六夜
イメージ 4

夜咲き品種って数種しか育てた経験が無いのですが、コンパクトに栽培しても花が大きく、相対的に(草体的に?)葉に比べて花の大きさが際立つかな?と思ってるのですが、この品種は顕著ですね。

イメージ 5

3メートルくらいに広がった巨大レッド・フレアーの花を近所の池から盗んできて比べてみたのですが、十六夜ってやっぱ花大きいですよねーって思います。


この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事