SLACKERのブログ

ロンダ・ケイって水槽栽培でもすごくないっすか?

スリソンブーン

今年の頂き物の一つです。

やっと!!
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

キング・オブ・サイアム、プライ・ファーの作出でも知られるタイのチャイヤポン・タマスワン氏作出の品種。

立ち上げが遅く、かなり涼しくなってきたのが悪いのか結構黄色感が強く出てしまいましたが、本来はオレンジのハッキリとした花色だそうです。

来季、再チャレンジですね・・・


そんなこんなで夜になり・・・

夜咲きの十六夜
イメージ 4

夜咲き品種って数種しか育てた経験が無いのですが、コンパクトに栽培しても花が大きく、相対的に(草体的に?)葉に比べて花の大きさが際立つかな?と思ってるのですが、この品種は顕著ですね。

イメージ 5

3メートルくらいに広がった巨大レッド・フレアーの花を近所の池から盗んできて比べてみたのですが、十六夜ってやっぱ花大きいですよねーって思います。


この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

今年は高温のせいで肥料の溶け出しがすごくて、花がよれてしまってましたが、なんとかアップ出来る花がようやく開花しました。

イメージ 1

加藤さん交配の白と青のシャープなミニ。
ただ細身でシャープな花じゃなくって、花弁元は太目でそっからシュッとなってます。
花弁の先端の尖りが強調されてて、カッコいいハイブリッドです。
どことなく野生の趣があります。
イメージ 2

450の容器で栽培してますので、流石にもうちょい浮葉が大きくなるだろ?と思いきや、小さなまんまです。

イメージ 3


イメージ 4

この睡蓮、加藤さんハイブリッドの中でもカッコよさではかなり上位なんじゃないでしょうか。

逆に可愛いのはこちら、ハクですね。
イメージ 5

イメージ 6

同じ単色の浮葉でもこちらは丸っこくて葉も可愛いです。
暑すぎてよれてますが・・・

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

UV綺麗

台風、近畿地方の被害が出ているようですね。
何人かお世話になってる睡蓮仲間の方がいらっしゃいますが、大丈夫でしょうか??

さて、やはりこの品種は綺麗ですね。
育てやすさと端正さではよく比較されるタンザナイトに譲りますが、優雅さというかゴージャス加減が勝ってるのかな?

イメージ 1

イメージ 2

親指の先端から中指の先端が23㎝とすると、もう少しで25㎝越せそうです。
イメージ 3

浮葉は60㎝超えてますが(汗)

この位の巨大株になるともうちょっと水深が無いと上手く立ち上がれないようです・・・


この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事