デJya秘ブ

いいかげんで緩めです

全体表示

[ リスト ]

ダイナミックオーディオマラソン試聴会

イメージ 1



に行って参りました。それ以前に伺ったところからあげたいのですがʅ(◞‿◟)ʃ
取り急ぎ(全然急いでないじゃないか)マラソンの様子です。

二日間開催。以前は両日朝から晩まで伺っていましたがちょっとここのところイソがしく、日曜日の午後から伺いました。

午前中のイベント、東さんや、機材で言うとマーチンオーディオなどなど聞きたかったですが残念ながら逃した。
またお店でと考えております。

イメージ 2



入り口の一等地にはアキュフェーズさんが往年の機器をずらりと並べています。

今までにない景色でしたー^_^

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6



ラックスマン、ダイヤトーンやトライオード、テグダス、アイオーデータ、いろいろな機材が並んでおります

ヒロアコースティック廣中さんのところの新しいサンドイッチコーンの品がありました。
ゆくゆくはアクトンも凸型になって行く?
ユニットの交換は可能ですから色々楽しむことができるかなと。

イメージ 7



イベントは毎年のことながらてきぱきとあっという間に機材の交換がされますすばらしいです

5555のパワー全開
イベンターの掛け合いがある
楽しいプレゼンです。
柴田さんのLINNやktima.boenicke.
octaveの球、オーディオマニアが興味深い組み合わせ。

天野さん上野さんは
B&Wの802D3とTADのE1TX.
アキュフェーズ、TAD、ラックスマン、エソテリックの聴き比べは同じ音源でのガチンコが有り難い。
また、エソテリックの工場見学した話が面白かった。

TADは進化してますし、エソテリックも鳴りが変わりましたね。と感じたら、
ダイナさん、今までエソテリックは硬い感じがありましたが、より豊かさを感じさせると。 などなど、メーカーのプレゼンでは聞けないコメントがイイ。

イメージ 8




トリは川又さん。
ナゾ男さんも駆けつけてきました。

やはりアキュフェーズさんを全面的に盛り上げています。面白かったのはまず、なぜ今まで扱わなかったかと言うところで、ネットでいろいろなことが書かれていますが、ダイナが安売りするからおろしてもらえなかったうんぬんとか言う事はなかったと。当初からそのような市場で始まったことで逆にご存知の方がいたら教えて^_^と言うことかの話がありたした。
私も
以前そういう話は聞いたことがあり、別に変な話は聞いていませんでした。
。さらに力強いパートナーをつけたと言う所だと思います。
それから会場の皆さん、アキュフェーズを使われているかた、使ったことがある方は?と言う質問、もちろん小生含めて大勢の方が手をあげてました。

そうそう、島さんのMCの時にアキュフェーズさんとさん付けしてしまうと。今まで取り扱ってなかったから。これからはアキュフェーズと言わなきゃいけないと言いながら次の瞬間またさん付け(笑)


などなどやはり新しいメーカーさんが加わると会話に花が咲きますね。
温まったところで


イメージ 9




わかりやすい説明と質問形式でみなさんから挙手。
一方的なトークではなく会場全体が盛り上がります。


ダイナ若手含めたプレゼンも素晴らしかったのですが、
やはり何かを変えたよ。聞いてください。どっちが良かったか。何をしたか種明かし。などなどが楽しい。

最初はソナスフアベールのアイーダ
ブルメスターとdcsの組み合わせ。
ダックのサンプリングを変えるとか電源を変えるとかそういうことではありませんと言うところまでの説明。
後ろのユニットの有無でした。
レベルも可変的今回は強めにしていたと。
有りが断然場の雰囲気がありますね。
漠然と聞いているよりも集中しますのでいいですね。

やはり超弩級システムは群を抜いてますね。
音的にはやはり会場が広すぎるので、物理的に力がたらなくなってしまうのはしょうがないです。
とはいっても一般的な音量で聞かれている方からしたらものすごい音量。チカラ感じるかな?
。確か去年のCH.パワーメータは、1.2キロワットまで行っていましたがここだと12キロワット位は欲しいかな(笑)
などと思ってしまうのは訳があります。
ホームオーディオとは違うプロの世界、インタービーなどと比較して聞いてしまう。そういう次元まで上がっているのだと思います。
普通のホームオーディオイベントでは割り切って聴きますからそんなことは考えませんから。

ヒロアコースティックのCCCSは
アキュフェーズのDF65を二台使ったマルチ。
送り出しはMBSの44.1のままのDA
エソテリックのグランディオーソM1を8台でドライブします。
やはりアナログネットワークレスのサウンド。繊細なところや美しいところが聞こえます。

更にベストに聞きたい方はお店の方へ伺うことをお勧めします。


というわけで最後に、プレゼントでいただけますこのカレンダー。

イメージ 10




ちょっと芸が変わって渋くなりました。いいですね。


ありがとうございました












iPhoneから送信

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

夜遅くまで楽しい時間を過ごすことが出来ました。
アキュフェーズに付いては国産高級アンプの代表的なメーカーをダイナが扱うことになってユーザーとしては購入時の比較の幅が広がり、今後のオーディオ業界がうまくいけば良いと思っていますが、実際、ほかの販売店のアキュフェーズの食い扶持を侵食してしまい、ダイナ一人勝ちに鳴らなきゃ良いですがと杞憂もしています。

2018/10/15(月) 午前 7:05 audiovideo_fan 返信する

顔アイコン

今までダイナミックオーディオかアキュフェーズのどちらかが拒否していたんでしょうが、天下のアキュフェーズをダイナミックオーディオが扱わないと言うのは変な話でしたね。でもベンツ、ポルシェ、アストンマーチンのように、それまで育んでディストリビューターを排除する結果にならないように祈っています。

2018/10/15(月) 午前 11:46 [ nazo_otoko ] 返信する

Sさん 確かに今まで扱ってきた販売店さんはちょっと焦っちゃうでしょうね。それでもやはりお店の人とのつながりですから今あるオーディオショップは皆さんしっかりやられていると私は思います。値段だけであの店この店と言う世界では無いある意味健全だと思います。

2018/10/15(月) 午後 8:54 [ デビルJyajyaoの秘密基地 ] 返信する

NAZO OTOKO先生 昔話ですが、祖師谷大蔵の城N電機でSL1200を扱ってなかったのですが、友人3名と3台だから入れてと頼んだら、他店では値引きしていなかったものを安く出してくれました。またされること3ヶ月、出してくれないと言う話は聞いてましたが最終的には。

その後にT製品は扱わないと紙たくさん貼られていました。安売りしたのでもめたと。 当時中学生だった俺らのせいだと(汗) そーゆーご時世でしたから同じ話かなと思う方も多かったのではと思います。

オートバイなどは併売店、国内すべてのメーカーを使うところからメーカーが運営する専売店になり、木造の街のバイク屋は消え。
いずれにしても、文化として継承されるようなつながりを持っていかないといけないと思います。

2018/10/15(月) 午後 9:05 [ デビルJyajyaoの秘密基地 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事