デJya秘ブ

いいかげんで緩めです

全体表示

[ リスト ]

エール音響
S邸サウンド

まだ低音ドライバーはスロートのみですから低域はささやかに優しく聞こえる上品さ。


イメージ 1



ダンサブルな要素は低音にありと思う。
低音が無いと体は静止。
停止状態なだけに、また中高音だけだとおのずとボリュームも下がる。結果より真剣に聴く。
逆に低音が欲しくなるとボリュームが上がる。

ラージモニターではダンサブルさ、
スモールでは音質や 定位、
音以外ならラジカセやカーステの方がいい
みたいな。

家でも、中高域の調整時にはウーハーをミュートすることもあり。

聴いていると、

美術館で水墨画を鑑賞している絵が頭に浮かんできた。
繊細で謙虚。
日本の美と心と小生は感じます。
写実的とも劇的とも異なる描写。

イメージ 2





昔の歌謡曲
そのナローな情報をチリ一つ残らず優しくハケで掃き出すような鳴り方。
精巧な筆で描いた薄墨の魅力。

ロック
インタービーのSRデモのAC DC的な
重機でほじくり出したサウンド、疾走感とは異文化です。

と、、

小生の貧相なボキャなのでうまく伝わらないと思いますが、

、誤解を招くかもしれないが、
薄墨音は実体的なリアリズムが無いのが魅力。これに西洋的な力強さを加えたら、シンバルやスネアがその材質まで、サイズまで露わになってしまったら違うと思う。

音源を優しくハケで汲み出した微細なサウンドは唯一無二。

世界中のスタジオを股にかけて仕事をしたMマイスターに都内で1番の音と言わしめたのは、西洋の音とガチンコ勝負ではない、世界に誇るエール音響、日本の音、更にベリリウムのフラジャイルな音。そこにあるのではないのかと感じる。

自分の良い音の感覚とは異教とも言える別の世界、脳が理解するまでにはいささか時間が必要でした。

イメージ 3






良い音が出た!
と言うことでいつものお好み焼き屋でお祝いです。

プロ級の焼きです。ご馳走になってしまいました。最高でした。


イメージ 4



自分の音が良くなると色々とモチベーションが上がるものです。

翌日家の音を聞いてやろうじやないかと。


自分の場合、ノンカラーレーションどうとかではなく明快に自分が出したい音があるだけ。

音を作ってはいかんと言うご意見は聞こえないフリをするの自己満。

でもね、本心は自分の感じる生音、ノンカラーレーションレーションな音にしてるだけ。

こんなことになってちゃうのはただただ、溢れる力とソリッドな実体感、生を超える迫力、没入感、スケール感にしたい。


^_^

ピュアオーディオ機材は?^_^?
物置部屋で積まれています。
場所も電気も食うから。
名器が眼前に立ち並ぶハイエンド、
の洗脳力、説得力はありません。


こんなことやってんだからひどい音がする先入観が強烈に脳内定位。
見えないよーに暗いなか真っ青に。


イメージ 5




もしもどこかしら、まあいいんじゃないと思ったところがあれば幸いでございます。

さて、

それに薄墨のニュアンスを入れることができるのか?

新たなテーマをいただきました。
S邸の体験に感謝です。

閉じる コメント(6)

顔アイコン

ジャジャオさん

『精巧な筆で描いた薄墨の魅力』
エール160Dの音が泣かせますか!!

本人はホーンの設置を目論んで居ますが・・・大仕掛けになるんでしょうね。

出音が最高と言う事で・・・オーナーの焼きにも気合が入って最高の
お好み焼き堪能して・・・大満足の一日になりましたね!! 削除

2018/12/18(火) 午後 9:03 [ ヒデ ] 返信する

精緻な筆で描いた水墨画とは言い得て妙。
生以上の実体感とライブ感のジャジャオさんと好対照。生模倣を狙って生半可になって諦め境地で生演奏通いの私からするとお二人とも眩しい。
当日を思い返すに、藤圭子は歌い回しと吐息のリアルさが歌い手の思いを喚起しされ堪能。聴き終わって黒い情念表出は薄かったことに気づくが、演歌の苦手な私はこのほうが好き。一方で私が好きなクラッシックだと、チェロやオケの演奏の精妙さを堪能しつつ、こちらの体に響く胴鳴りが弱いことに物足りなさを感じてしまう。ここで初めて低域ホーンを何としてもつけたいというS藤さんの思いに共感してしまうので勝手なもの。
果たしてこの素敵な宇宙を濁らせず、豊穣の通奏低音を加えることができるのか?!
一緒に挑戦を応援、見守りましょう!
ジャジャオさんにつられて饒舌気味に、御容赦を。

2018/12/18(火) 午後 10:15 [ tabearuky ] 返信する

ヒデさん
素晴らしい音でした。
ぜいたくな具材の出汁のとら食堂のスープのような、、
具材は食べずに出汁だけ頂くようなぜいたくな世界。
通のうまみ成分と言う感じでしょうか。
ぜひご賞味あれと思います。

2018/12/19(水) 午前 0:02 [ デビルJyajyaoの秘密基地 ] 返信する

tabearkyさん
ホールで年の3分の1も生を聞かれているのですから、自分のオーディオと比較して聞いたときに起こりがちな良く聞こえる妥協矯正勘違い幸福脳内補正も効かない状態だと思います(笑)
確かに低域がカットされた澄んだ歌声は拳は聞こえませんがその方が良い曲もありますね。48センチをてなづけただけあり、ホールでたくさん聴いている客観的に聞く力と洞察力です。ウーハーがなくても聞くに耐える中高域と言うのは難しいと思います。よほど澄んでいないと聞いていられない。
しかし澄んだ中高域に足す低域、定石の主張しないような方向になるのか、それで満足できるのか、私も興味が尽きません。

2018/12/19(水) 午前 0:12 [ デビルJyajyaoの秘密基地 ] 返信する

顔アイコン

”音源に入っている音をすべてほじくり出す”のが自分のエール音響システムの目標でもあります。でも自分は元来スカ〜ンと抜ける爆音が好きなので爆音ストレスが溜まっています。低音ホーンについてはこれからです。正月休みにまだまだいじるのでまた遊びに来てください。宴会しましょう!

2018/12/19(水) 午前 3:04 audiovideo_fan 返信する

正月伺います。うちのほうも手を入れますのでいらしてください。鮮烈さがぬけの良さが私のテーマでもありますが優しいのにぬけの良さを感じる上品さと言うのを体験できました。また、入っている情報と言うところも人それぞれですね〜。私のシンボルのゴーストノートやピアノのペダルの音とは異なる、高能率ユニットの再生する音源微弱情報。いろいろな音がありますね。

2018/12/19(水) 午前 7:25 [ デビルJyajyaoの秘密基地 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事