デJya秘ブ

いいかげんで緩めです

全体表示

[ リスト ]

クラシックの二大巨匠
金町のYさん邸と千葉のTさんのお宅に伺いました

クラシックのお勉強です。
小生クラシックはほとんど聞かない。
どんなふうにならしたらいいのかわからない。

と言う次元のお勉強です。

オーディオのクラシック向けなサウンドとは?
タンノイとか。むかーしむかーし
アーデンも使いましたが。

小生的に言うとやはりジャズのガツンがないしジャズの細かな音も聞こえない。(小生には)

クラシックの無音から立ち上がる音だとかよく聞く言葉ですが、ジャズだと(俺ら的には)そういうの気にしない。というか客はガヤガヤうるさいもんだし(笑)

かといって繊細なブラシワークなんかは大好き。そういう細かい音は大きな会場では遠すぎて聞こえない。

と言うことでジャンルによっては聴きどころが違うというか聞こえる音が違う傾向があるのかな。
と済ませてしまっている。

そうは言っても聞きに来る方はくらしく聞かせてよと言うのでたまには鳴らすが
何がちゃんとなのかがわからんのが小生。
もちろんいろんなホールに聞きに行った事はありますが、。
そんときの大迫力のホールが音に満ち溢れるところなんかは大好きでその辺を再現して自己満でこういうクラシックが好きだなぁと思っていますが、
多分聞き方がいかんのか?違うだろー!
と言われてしまいますね^_^




まぁ何でもなるよと言うシステム(当社規定による(笑))もあれば、きっぱりと俺らのはそれはならないよと言うシステムもある。

と言うことでお勉強をさせていただきに伺いました。


金町のYさん邸
千葉のTさんと伺いました


イメージ 1

イメージ 2



さらに磨きがかかったシステム、
チューニング方法はほとんど移動していないような寸法での微調整は、スピーカーのみならず周りに置いてある機材の位置もちょっとずつ動かしては聞かれて追い込みをされています。

以前よりさらに音量は下がってじっくりと聴きこむ感じ。

おいらの耳は益々耳鳴りがする(泣き)

そんなんでオーディオやってんじゃねーよと言われるでしょうね(汗)

バイオリンのソロのパートなんかはとっても音が遠くて小さくてフラストレーション。
シンバルもバシャーンというのが何か飛んでこない。

それでも勉強した。
ホールで演奏しているのを思い浮かべるとなるほど原寸大。

そうすると音がとってもよく聞こえてくる。

生では聞こえるはずもないようない、わざとらしさは微塵もない。
強めの力加減やツヤ感、そういったものは虚像と切り捨てた感じかな?
エール音響やごとーのシステムとも共通する、zenの世界観なのかなとも思う。


おいしいお寿司屋さんでオーディオ談義。楽しい1日、そして次はTさんの所だねと




さて次の勉強先は千葉のTさんのお宅

イメージ 3

イメージ 4




FPSのユニット用の箱が完成したと
ずいぶん時間がかかってしまったらしいがさすがの作りの良さ。音の調整用の取り外し可能な構造

共振防止で鉛の板が貼られたりチューニングを追い込まれています。

MUTEC10Mhzリファレンスクロックジェネレーター REF10 を導入されておりました。これでおお化けしたと。

イメージ 5



途中でアクトンのセラミックのユニットのものとダイヤとを比べをしました、以前はそんなに差がなかったと。しかしこのクロックにしたらさがありすぎてもうセラミックは聴けないかな?と。
同感。ちょっと濁った感じのセラミックは、、、、になってしまいました。
まぁセラミックはその辺の良い濁り加減が逆に勢いだったり疾走感になってくるわけで、箱がならない構造だったりするとそちらの方がいいとか、
立松音響の古典的な箱バスレフにはスンナリのダイヤとの組み合わせがいいとか、、。クロックでピントがあったからの変化とか、、
奥深い。


おいしいお蕎麦屋さんでオーディオ談義。

肝心のクラシックの鳴らし方とは?

うーん、、、

やっぱおぃら的には力があって飛んできて音に満ち溢れるホールの感じが好きだなぁ。

難しい事は、、、

よくわかりませんでした(笑)

小さな音で、遠目の席から聞いている脳内補正をして聞くことをちょっとわかった気がしました。

その音量だと逆にマスキングされない音が耳に届きますし。

またまた勉強します。

閉じる コメント(8)

顔アイコン

言いたいことは良くわかります。ジャズの直接的前向きな、良質の中望遠レンズで写したような解像感。それに比べてクラシックは広角レンズのような遠近感。「バイオリンのソロのパートなんかはとっても音が遠くて小さくてフラストレーション」ですがコントラバスが本気で稼働すると地鳴りのようなエネルギー。クラシックは難しい!

2019/2/1(金) 午後 11:48 [ mat*u*tsu1 ] 返信する

北の信者さん 、コントラバスの迫力良いですね。
ホールで聞いていれば当然そんな気は起きませんが、オーディオで鳴らすとついついジャズのベースと同じ脳内補正で聞いてしまいます。
。ピチカート時、エネルギー感はありますが立ち上がりは大勢なだけに当然揃わないし離れているし、緩いなあ。と、ジャズ的なブンとした立ち上がりを少しだけ出すかなと。
邪道だろーが?
わかっていますが。まぁ音の好き好きと言うわけであります。(笑)楽しくやっております。

2019/2/2(土) 午後 5:05 [ デビルJyajyaoの秘密基地 ] 返信する

顔アイコン

ジャジャオさん

『クラシックの二大巨匠金町のYさん邸と千葉のTさんのお宅に伺いました』

SP500個越えを40CHのアンプでマルチ駆動して…その出音をピンポイントで可聴ポジションのコルビジェの椅子の合わせる、超能力をお持ちのジャジャオさんも・・・人様の音を聴く事で新たな学びや気付きもあるんでしょうかね? 我々レベルですと、大いに参考になりますが、なかなかそこに辿り着きません。

金町のYさんの処は余計なアクセサリーは取り払って純粋にダニエルヘルツサウンドになっているんでしょうか?

目指している出音はYさんがコンサートで聴かれる音そのものの再現なんですね!!

千葉のTさん宅には、ジャジャオさんの愛する平面ユニット箱入りのFPSのユニットがありましたし・・・アクトンのセラミックのユニットのものとダイヤユニットの聴き比べがあったり・・・楽しい一日でしたね。

いやーーー羨ましい限りです!!

かごの鳥は・・・さびし――――ですよ。

2019/2/3(日) 午後 9:42 [ ヒデ ] 返信する

ヒデさん 皆己のアプローチがあり自分らしさが出たストレートなサウンドは個性的。参考になり自分のをイジるの繰り返しです。
暖かくなりましら復活ですね!

2019/2/4(月) 午前 5:57 [ デビルJyajyaoの秘密基地 ] 返信する

顔アイコン

「ホールで演奏しているのを思い浮かべるとなるほど原寸大。そうすると音がとってもよく聞こえてくる。」最高の褒め言葉です。ありがとうございます。「強めの力加減やツヤ感、そういったものは虚像と切り捨てた感じかな?」・・・違います。両立できず(意気地のないことに)諦め気味です。T内さん宅の一切の刺激音を取り去った音楽のしなやかさと音色感の見事さ、驚きでした。ジャジャオさん宅の音像の実体感・力感と現実以上のリアリティ感!魅力的でまぶしく感じます。課題曲を決めた試聴交流、またよろしくお願いします。

2019/2/4(月) 午前 8:44 [ tabearuky ] 返信する

tabearukyさん の物差しが凄すぎるので、諦め気味な心境でしょうか?とは言え、現実を模写するオーディオもデザインしないことがすばらしい、バウハウスデザインのような音もありだと思います。オーディオ道の方ほどそちらにいくと思います。小生はあきらめないと言うよりもその道がわからないので、現実以上のリアリティを楽しんでいると思っています。

2019/2/4(月) 午後 10:56 [ デビルJyajyaoの秘密基地 ] 返信する

顔アイコン

この記事に気付くのが遅れてしまい、失礼しました。

音楽の楽しみ方は人それぞれで、聴き方も千差万別と思っています。
私はジャズ向きとかクラシック向きとかは特に意識していません。
ただ、オーケストラものが大好きですが、ジャズもボーカル物も良く聴きます。
オーケストラの再生に限れば、以下の点を重視しています。
全楽合奏でジャーンと鳴った時、混濁せず、それぞれの楽器として聴こえること。
色々な楽器の独奏で、それぞれの楽器らしい音色と出音で、寂しげに鳴ること。
弦楽器群の弱奏で、水面がたなびくように瑞々しく、ふわーと聴こえること。
空間が表現されて、ホール感が出ると共にスピーカーから出ていると感じ難い事。
振り返って自分の所の音を考えると、ハッハッハあまりに遠いですね。
特にが難しい、でもこれで一生楽しめます。
「力があって飛んできて」これも好きですが、ジャジャオサウンドのようにはいきません。
最近、ホーンシステムも欲しくなってきました。 削除

2019/2/11(月) 午後 0:43 [ Take ] 返信する

Takeさん コメントありがとうございます。私も特に何向きと言うふうに意識してはいませんが、主に聞くジャンルとそれの旨味に耳が行くのはしょうがないですね。うちはさておきTakeさんサウンドはかなりのレベルで言ってもオールマイティーの高次元、..相当なマニアでもなになに向きといっても、、なかなか客観的には聞けないもの。到達してないことが多いと思われます。
はクラシックの方の重点ポイントですね。私の最も苦手とするところ(笑)。ジャズやロック、弱奏をふわっとさせるとパーカッションもふわっとなってしまいリアリティー、熱さが足らず、、そこを自分の好みにするとクラシック弱奏時にこれは違うぞと言われて(笑) と諦めております。

2019/2/11(月) 午後 8:04 [ デビルJyajyaoの秘密基地 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事