デJya秘ブ

いいかげんで緩めです

全体表示

[ リスト ]

機材の詳細等はヒデさんが書かれております。
他力本願です。すみません(汗)

https://blogs.yahoo.co.jp/banshikoji55/50520349.html

たじろぐ皆様


イメージ 1



フェスの会場!??
別の次空につながる入口です。
たじろぐ訳は、ホームユースとしては日本でここであろうトリノフ&インフラソニック!
どんな音を聞かされるか?
打ちのめされるのでは?


覚悟を決めお邪魔します。

ゆったりとおおらかにクラシックが流れています。
真鶴の絶景が見える開放的な部屋。
サウンドも開放的で爽や、自然界のダイナミックさのある音。
窓のない閉塞的なオーディオ部屋と違う音はこのシチュエーションじゃないと生み出せない極楽の世界なのでしょう。

この時はGS1も同時に鳴らされていました。

イメージ 2




長年のコンビが歌うかのような感じ。


同じ機種のラジカセでも二台鳴らす違和感が出てしまうのに上手く鳴らす技、苦労話などは語っていませんでしたが、運び込みセットされたマイクロファラッドさんたちといろいろな試行錯誤しておられるのだと思います。

GS1もやEVも学問的?に見ると置いてあるだけで邪魔なのでしょうが、難しいオーディオは昨今の縮小につながっているような気もする。

好みの機材が組み合わされた枠なしオーディオは車で言えばマスプロではないガレージマシン。


イメージ 3




それを短時間で端正に校正する!
そこにはきっとリベロさんの職業も関連しているのではと感じた。

純血、ブランド派もよし。
自作派なども。
趣味とは楽しいもんだと思います。

と書いたのは、この日はクラフトのトップランナー小澤さんも来られ。
氏はどちらかと言うとコスパ記事系。

さて、この超ハイエンドオーディオにどんな興味を引くかと。
ど真ん中で音源持参!
引き込まれていたのでは?

バイク仲間の方もこられており、その中のお一人はこちらのヘッドホンの代表者。

イメージ 4



トライオード取り扱いに会場で聞かせてもらいましたがやはり周りの騒がしく。どう?
うーむ。よくわかりませんでした。

隣の部屋で静かな中じっくりと聴かせていただきました。

持参のAK.リファレンス、
以前多田さんに買っていただいたロシアの海賊盤?アデルのナゾのグラスティンバリー、ライブ盤冒頭のhello、いきなりお客さんの大合唱の立体感と距離感はヘッドホンの苦手なところ。場と雰囲気はなかなかのもの。
スピーカーからは出ない繊細さ、
ダイレクト感、スピード、
それらもうまく馴染んでいて良い。
先日中野サンプラザで聞いた他の振動系のものと比べるとなじみの良いとも言える古めの音質だがそれは好みの所。

liberoさんがお迎えから戻ってきて会が始まりました。
ヘッドホンはここで外し。
代表の方にお話をしたいなと思っていたが、お話しする前に帰られてしまい、残念ながらインプレッションなどお伝えできませんでした。
ここで変わって簡単にですが素晴らしかったですとお伝えします。

体調不良から復活されたヒデさんがスイートスポット、後に今回2回目にお会いしました紫音さんがその後にと指定席。私は端っこで聞いていましたが、そこでも以前のFujiyamaを真ん中で聴いた感じだなあと。
ライブで気持ち良い反響だからか?
サクララウンジを思い出させる上質なインテリアはデザイン的にも音響的にも相当なこだわりを持って作られたと思います。


紫音さんがスピーカーの真ん前間近のパワースポットに。
パワーオーディオはそちらですね。


イメージ 5




DS audio 光カートリッジと発電型のカートリッジの対決も始まる。

往年のアナログ派には発電型が安心した音がする。
光カートリッジは別次元。
青柳さん入魂の物量を投入したイコライザーはまた別格だったと。
この下のクラスとはだいぶお値段も違うので、針は最上級、イコライザーは下のランクと思っていたが聞いたら、

やはり最上級を導入となってしまったとぶっちゃけ話もありました。

そういった違いがこれだけ出てしまうのも恐ろしいシステム。
そう、何をやっても敏感に反応してしまうシステムは、どんどん何かやりたくなってしまう。先が見えない青天井。



その頃寺島御大が到着。

2回目の乾杯とお食事、
nazootoko会長の日本酒を味わいながら新鮮な伊勢エビ三昧バーベキューです。小生話し込んでて食いっぱぐれましたが(笑)
最高の音がバーベキューエリアまで流れる中での食事でまさに異次元空間。


イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8





ぶらり途中駅ノリで真鶴探訪、
アナログの取材、音堀端堀(笑)いろいろ聞き出しています。

御大、オーディオはビジュアルだ!
もう見ただけで凄い音がすると。
見た目は大事だと。さすが色違いのアバンギャルドユーザ。


もともと木下モニターのヘビーユーザーですからなじみ深いサウンドも聞こえたと思いますが、最新鋭のサウンドは新たな境地も発見されたはず。

聴き入る御大

イメージ 9



Fujiyamaを浴びて酔っ払っぱらい。
トリは爆音映画祭!

異次元空間!
こちらでライブ盤をかけたらその場所へ瞬間移動するでしょう。

超絶体験をさせていただきました。

アナログの取材も無事終了。
オーディオ業界3大美女の野間さんもご満悦。

イメージ 10



小生の現実空間へ戻るため東海道Time Machineにて時空トリップ。
2駅乗り過ごしてしまい帰宅。
買ったひものを冷蔵庫に入れ忘れ、
翌朝カバンの中から干からびかけた魚の匂いが。

干からびた干物のような空間に戻った。

閉じる コメント(10)

ヒデ様の記事も拝見致しましたが、素晴らしい邸宅にシステム !!!
目の保養とさせて頂きました !!!

2019/6/2(日) 午後 5:36 [ ogu ] 返信する

顔アイコン

御大と美人編集者!他の面々といい役者が勢ぞろいですね。確かに「恐ろしいシステム」です。スーパーウーファーの存在が全体を底上げしているとみました。

2019/6/2(日) 午後 9:17 [ mat*u*tsu1 ] 返信する

顔アイコン

素晴らしいですね。懐かしいお顔も。ご苦労さまでした!

2019/6/3(月) 午前 2:54 ゴルゴ平蔵 返信する

顔アイコン

いい音が出ていましたね。
あの日聴いた中で一番心に残ったのはカートリッジの違いですね。
それに刺激されて、帰宅してからアナログ一辺倒です。
とうとうVictor MC L-1000を入手しました。
これまで聴いたカートリッジの中で最高だと思えるのはこれです。真鶴に勝負するにはこれっきゃない!と思っています。

2019/6/3(月) 午後 4:20 [ nazo_otoko ] 返信する

顔アイコン

楽しいレポートありがとうございます。
干からびた干物の閉めは最高です^^
この会合をイメージして家造りを進めました。
皆さんに楽しんでもらえたようで良かったです。
お披露目会終わって、ひと段落しリラックスしてます。
いろいろなソースを楽しみたいと思います。

2019/6/3(月) 午後 5:44 [ lib*r*_jbl ] 返信する

oguさま
オーディオ業界3大美女も目の保養になったかと思います。
いやほんと全身全霊保養をさせていただきました。

2019/6/3(月) 午後 9:09 [ デビルJyajyaoの秘密基地 ] 返信する

北の信者さん 超弩級のシステムの絶品のサウンド!低音はすべての音楽の母、底力ですね!

2019/6/3(月) 午後 9:13 [ デビルJyajyaoの秘密基地 ] 返信する

ゴルゴ平蔵さん リベロさんの人望でものすごいメンツが集合、たじろぐばかりでございます。 楽しい1日てした。アナログ誌が楽しみです。

2019/6/3(月) 午後 9:15 [ デビルJyajyaoの秘密基地 ] 返信する

nazo otoko会長 絶品サウンドを堪能いたしました。カートリッジの差はとんでもないものでしたね。ビクターの針記憶にありますが当時とても買えませんでした
それだけの技術と素材をその値段でできるのはブームだったからですね。今やとてもできない。
オーディオテクニカART1,000 を聞きましたがこれまた素晴らしいものでした。
発電型はやはりこのような形式を取らないと太刀打ちできないと私も思います。

2019/6/3(月) 午後 9:24 [ デビルJyajyaoの秘密基地 ] 返信する

liberoさん 最高の体験でした。ありがとうございました。 明るく開放的なお部屋、バーベキューをしながらとも楽しめる。オタクが酸っぱい匂いをしながら篭るオーディオ(おいらか?) とは対極、今度女子集合で女子オーディオ取材を野間さんに企画してもらいましょう。私は干物臭い部屋で過ごしております(笑)

2019/6/3(月) 午後 10:16 [ デビルJyajyaoの秘密基地 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事