ここから本文です
シャドームーンのブログ

書庫全体表示

お嬢が手を離れます

昨日、僕がバイトで5年教えた娘(お嬢様の家系なのだが本人に全くそうした雰囲気が無いので僕たちはお嬢と呼んでいる)が手を離れることになりました
要はJKになったので大手予備校に通うとの事
良い時期の良い判断だと思います
大学受験を将来の視野に入れるのならば
明らかに異なる数段上の学力の生徒を直に見て
自分の戦い方を決める必要があるのですから
個別指導等と言う生温い環境では到底太刀打ちが出来ません
今日教室長から明後日の授業で退塾の旨の連絡を受けました
お嬢には「頑張るように・・・」と激励のメールしました
取って返したように普段にはない文体の「お世話になりました…」との返信

この5年間お嬢には授業を組み立てるのに随分苦しめられました
一度は手元を離れたのですが数週間もしたらまた帰ってくる何度か辞めると
言いはしたのだけれど結局の5年間・・・
そんな生徒が晴れやかに桜の季節に自分の道を見つめて旅立ちます

お嬢の授業には毎回苦しんだけど少し寂しい気もします
お嬢の未来に幸多からんことをそんなことをお嬢のメールを見ながら考えました。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事