ここから本文です
LAGUNA’s CINEMA DIARY
yahooブログ終わるんだ

書庫全体表示

誰も守ってくれない

イメージ 1

監督 君塚良一
出演 佐藤浩市    志田未来    松田龍平    石田ゆり子    佐々木蔵之介   柳葉敏郎 他
【2008年/日本】

殺人犯の妹になった少女と、彼女を保護する刑事の逃避行を通じて日本社会の理不尽さを問う社会派ドラマ。過熱するマスコミ報道と容疑者家族の保護をテーマにした問題作を撮り上げた。

平凡な4人家族の船村家で、ある日、一家の未成年の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)は容疑者家族の保護を命じられ、保護マニュアルに従って15歳の沙織(志田未来)をマスコミの目、そして世間の目から守るため、ホテル、アパート、マンションと逃避行を始める。(シネマトゥデイ)

モントリオール映画祭で 脚本賞受賞したので気になってました。
監督は 踊るシリーズで脚本をつとめた君塚良一。

24日(土)公開日の夜に 『誰も守れない』という この映画の前の話になるスピンオフ作品がTVドラマで放送されました。
ぎゃはは、初日観にいった方、残念でした!
映画だけみてもわかるとは思いますが、ドラマをみると より人間関係などわかりましたね。
勝浦がトラウマになってる3年前の事件など。
逆にみてないと、精神科医の木村佳乃なんて、?って思わなかったかしら??
映画では出番ちょっとだけだしね^^;

それと、 佐藤浩市と松田龍平の会話で やたら『シャブ漬けにするぞ』っていう言葉がでましたけど。ドラマみてると、フッと笑ってしまう・・。
TVドラマで 三島(松田龍平)が闇の復讐請け負うグループからシャブ漬けにされるシーンがあったので・・。

映画は、TVドラマの最後のシーンから始まりました。

ある未成年の少年が殺人事件の容疑者として逮捕。
勝浦(佐藤浩市)は容疑者家族の保護を命じられる。今まで容疑者側の家族の保護という視点はみなかった気がします。
殺到するマスコミ。近所、関係のない人からの嫌がらせ・・・。そういうことが続くと家族は自殺するものもでてくる。ここでも母親は自殺してしまう。
序盤はすごいバタバタ。
いきなり、姓を変えるため、離婚手続き、そして、すぐ婚姻届。奥さんの方の姓に変わるためです。
勝浦は、容疑者の妹を保護する任務で、マスコミなどから逃れるためにあっちいったりこっちいったり・・。結局都内からでて、地方へいくことに。


容疑者家族の保護の話だが、被害者家族ともむきあっている。
被害者側の家族といっても、3年前の事件の被害者家族なんですが・・。

マスコミから逃れるようにして海辺にたつペンションへ。このペンションを経営する夫婦は3年前に子供を殺されている。深い傷を抱えながらもこの夫婦は前向きに生きてるようでした。
ちょっと、??って思ったのが、いくらなんでも 昔、子供を殺された過去を持つ夫婦のペンションに
現在、世間を騒がしてる容疑者の妹を連れていくんだろか・・・・^^;???
映画の中に 被害者家族も描きたかったんだろうなと思いましたが^^;

ネットの書き込みをみて怒りを爆発させてとこは、ぐっときましたけど・・。
「犯人はそのうち戻ってくるけど、息子は戻ってこない」
被害者側からしたら、やはり犯人やその家族も憎いんですよね。
そして、容疑者側の家族も 家族にしてみたら自分がやったことではないんだけど世間から冷たい目でさらされ、ずっと酷い目にあっていくわけなんですよね〜
「BOY A」 や 「手紙」 でもそうですが、一度犯罪を犯すと、どこまでものしかかってきますね。
それと マスコミよりもネット社会の怖さを感じました。
今は未成年で名前もだしてないのに、あっというまにネットで知れ渡ってしまいます。

デリケートな問題で考えさせられます。考えても結論でないですが。
演出(?)てきにちょっとつっこみたいとこもありましたが、見応えありました。


 

  • ドラマの「誰も守れない」を観ないと設定が分かりにくい感じですね。見逃してしまったことを後悔しています。
    殺人事件で生じる社会問題の仕組みを知ることができたような作品でした。今の時代では名前を隠し通すなんてことは不可能に近いのでしょうね。トラバさせてくださいね。

    いっちー

    2009/1/28(水) 午後 10:39

    返信する
  • 顔アイコン

    僕も演出の雑さが気になって、演技はよかっただけにもったいないなって思いました。

    mossan

    2009/1/28(水) 午後 10:42

    返信する
  • テレビドラマを観てないとちょっち損した感じなのですねw

    ディオ!

    2009/1/28(水) 午後 11:46

    返信する
  • 顔アイコン

    TVドラマの最後のシーンから始めるんですかァ〜〜?
    そりゃズルいやん〜〜〜。(/∇\)
    でも社会派で面白そうですな。(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2009/1/28(水) 午後 11:49

    返信する
  • 国際的な映画祭で日本の作品が脚本で受賞するというのは嬉しいことですね。
    ドラマを観てたら分りやすいんだ〜。
    記事の最初の方読んでて、私も「BOY A」と「手紙」(本しか読んでませんが)思いだしてました。
    加害者、被害者ともに家族の抱える問題も大きいでしょうね。

    pu-ko

    2009/1/29(木) 午前 2:43

    返信する
  • 『手紙』が好きだったので見てみたぃ作品です。
    確かに保護側視点はわからなかったです(*´・д)(д・`*)ネー
    なんだか考えさせられそうですが・・・(*´ω`)ノ

    [ 翔syow ]

    2009/1/29(木) 午前 9:55

    返信する
  • 顔アイコン

    あ〜テレビでやってたの少し観てやめてしもた・・こんな面白そうなにゃったら最後まで観ておけばよかったな〜

    へ〜モントリオール映画祭で。。そりゃ益々観たい・・・

    SHIGE

    2009/1/29(木) 午後 0:23

    返信する
  • かなり強引な見せ方でしたが、問題を我々に提起してくれるということでは、意義のある作品だったと思いました。TBしておきますね。

    [ つっぱり太郎 ]

    2009/1/29(木) 午後 4:40

    返信する
  • ドラマを録画してるので、録画をみてから映画にしようかなって思っています。『手紙』同様加害者側の家族の話は、興味あります。

    巴御前

    2009/1/30(金) 午後 0:25

    返信する
  • 顔アイコン

    う〜〜ん。そうですよね。「手紙」を見た時にも思ったけど、犯罪を犯したらその家族もそういう目で見られちゃうんですよね。私も実際のところ、差別の目があるかもしれない。だからこそ、こういう映画は必要かな。チェックしたいと思います。

    にげら

    2009/1/30(金) 午後 2:29

    返信する
  • 昔と違って、今はネットがあるので怖いですね〜
    って言っても、僕も使ってるんやけどね。。。
    ほんと、犯罪が起こると、どちら側にも災難が訪れるんですね〜
    犯罪の無い社会になって欲しいですね。

    ゴルバチョフ剛

    2009/1/30(金) 午後 11:16

    返信する
  • 佐藤浩市さん…観にいきたい♪ドラマもおもしろかったです。

    [ - ]

    2009/1/30(金) 午後 11:27

    返信する
  • 見応えありましたか〜
    テレビドラマの方は観ていないのですが(汗)
    「手紙」はちょっと前にテレビでやっていたのを録画してあるので、観てみます!

    ももてん

    2009/1/31(土) 午前 0:43

    返信する
  • 顔アイコン

    ドラマのことを知らず、未見だったので、令子さんやシャブ漬けのことなどよくわかりませんでした。映画だけで完結してほしいです。
    でもネットの怖さとか、家族の辛さとかよく伝わってきましたね。
    TBさせてください。

    car*ou*he*ak

    2009/1/31(土) 午後 0:13

    返信する
  • 顔アイコン

    柳葉さんも何気に熱演でしたよね。^^;
    主演のおふたりもよかったですが、脇役陣もよかったな〜と思いました。
    ズシリと重く、見ごたえのある一作でした。
    TB、お願いします。

    サムソン

    2009/2/1(日) 午後 3:11

    返信する
  • 顔アイコン

    僕も見応えあったと思います!
    情報社会の問題点が露呈されましたね。

    ken

    2009/2/1(日) 午後 11:05

    返信する
  • ドラマは見てませんが加害者家族が節度のないマスコミから追いかけられ糾弾され、匿名性を隠れ蓑にしてネットを使った野次馬たちからさらし者にされる怖ろしさを感じました。加害者家族という重荷を背負ってこれから生きていかなければならない沙織たちのことを考えると胸が痛みました。
    TBさせてくださいね。

    つらら

    2009/2/4(水) 午後 3:24

    返信する
  • 顔アイコン

    作品の出来はもちろん大事ですが、こういう普段そこまで深く考えないような視点である事柄を見るというのが凄く大切なことだと感じました。
    TBさせてください!

    かず

    2009/2/17(火) 午後 11:22

    返信する
  • そうでした、「BOY A」 もこういうテーマでしたね。。
    多少、こういうことあり?と思う場面もありましたけど、すごく考えさせられました。。
    役者さんたちもよかったし、いい作品ですよね〜
    トラバさせて下さいませ♪

    恋

    2009/11/2(月) 午後 10:41

    返信する
  • 大きな構成感とメッセージ性を感じる作品でした。現実のシビアさを直視していました・・・。TBさせていただきます!

    takutaku!

    2009/11/19(木) 午後 11:16

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(10)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事