ここから本文です
LAGUNA’s CINEMA DIARY
yahooブログ終わるんだ

書庫全体表示

イメージ 1

監督 ダニー・ボイル
出演 デヴ・パテル   マドゥル・ミッタル   フリーダ・ピント   アニル・カプール   イルファン・カーン  他
【2008年/イギリス/アメリカ】

インドを舞台に、テレビのクイズ番組に出演して注目を集めたある少年が、たどってきた生い立ちと運命の恋をボリウッド風の持ち味を生かしながらつづっていく。

テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕される。ジャマールになぜこれほどの知識があり、この番組に出演するに至ったのか。警察の尋問によって、真実が明らかになっていく。(シネマトゥデイ)

アカデミー賞 最多8部門受賞した作品。楽しみにしてました。

インドのスラム育ちで教養のない彼が 何故ここまでクイズに答えられたのか?
冒頭に4択問題がでました。
不正を疑われ、逮捕されたジャマール。

彼はお金のためではなく、ある目的のためにこの番組に出演しました。

日本でも みのもんた司会でおなじみの【クイズミリオネア】
そのTV番組の華やかなシーン。 警部の尋問のシーン。ジャマールの生い立ちのシーン。
クイズを答える度に生い立ちの回想シーンが流れ、それで知ってたのかぁと納得させられます。
クイズの答えを答えるたび、彼の人生が徐々に明らかになっていきます。
生い立ちと同時に格差社会、裏ビジネス 宗教問題・・ありとあらえるインドの社会問題がわかっていきます。そしてジャマールと兄サリームの過酷な過去。
幼い頃から過酷な道を歩いてきて、自然に普通では知れないような事まで知っていたんですね。

もう、まさに答えの裏側には彼の人生があったわけです。
単に夢をかなえるサクセスストーリーではなく 社会問題を織り交ぜながら、軸は純粋なラブストーリー。
3つの場面が結びつき、徐々に明かされるストーリーと構成、演出なんて 良かったと思います。
人気番組と社会問題を上手く絡めてますよね。
番組の特徴ともいえるライフラインが効果的でドラマチックでした。


スラムの雰囲気とダニーボイルらしいテンポのいい展開、疾走感溢れる映像に音楽がいい感じでマッチ。
「トレイン・スポティグ」ですね〜


いかにも出来すぎな感はありましたが、特にあの最後の問題。
最後の問題にあの問題・・・「三銃士」の問題がでたときは幼い頃の兄弟、ラティカのエピがでてたので、ドラマチック〜、と思いますが、普通は最終問題であんな簡単な問題が・・^^; ってここでちょい醒めてしまったんですけど。(だからちょっと期待したほど感動できなかったかな^^;)
 日本のミリオネアでは最後の問題って教養ある人でも まるでわからないような問題でカンが頼り。
あそこまで辿り着いてるヒトだったら簡単に答えられそうな問題でしたが、教養のない彼は 知らなかったのよね。そして結局カンで答えるのですが・・・。
ただTVを観てる人たちと一緒に観客も応援しちゃうような感じ。

でも、ジャマールと正反対ぽい兄サリーム。悪党になっていきましたが、子供の頃、最後、ここぞというとこで弟を助けましたね。ジャマールとは反対にお金に埋もれながら銃で撃たれて死んでいったとこはリアル。


尋問する警部に 「その名にちなんで」 でとてもいい父親役だったイルファン・カーン。いい人のイメージだったけど、さすが俳優さん。違う顔みせてくれました。
だいたいこれほどノミネート多い作品だと 主演男優賞のノミネートもありそうだけど、今回なかったですね。でも 考えてみたらほとんどTVで答えるシーン。あと生い立ちは子役の子だしね〜。だからノミネートなかったのねと納得しちゃったわ。

ラストは冒頭にでた4択問題の答えが はしっこの方にでます(ってこれ、ダレでもわかったでしょうけど(笑)

最後の群舞もなにかハッピー。


(鑑賞日 2009年4月19日) 無料

  • 顔アイコン

    いろんな要素を含んだ映画なのですね。
    私はクイズ番組の映画だと思っていました。
    見応え十分のようですね。こっちは5月公開なので、しばらく待たなくっちゃ。。

    にげら

    2009/4/20(月) 午後 8:03

  • おらもそのうち観にいこうかと思いますw

    ディオ!

    2009/4/20(月) 午後 10:45

  • これ、うちの町にも来てるので、絶対観たい映画ですね。
    じっくり観たい映画です。早く行きたいな〜。

    巴御前

    2009/4/21(火) 午後 1:01

  • 観てきました〜^^
    パワー溢れる作品でしたね〜映像も音楽もとっても良かったです^^
    少々出来過ぎ感はあるものの、躍動感たっぷりのエンタメ作品で楽しめました^^
    トラバさせてくださいね♪

    じゅり

    2009/4/23(木) 午前 0:17

  • 観てきました(^^)
    ライフラインをうまく使ったラストの演出は良かったですね〜。
    あまり褒めていない感想ですがTBさせていただきます(⌒_⌒;)

    f57y

    2009/4/23(木) 午前 0:46

  • 観て来ました!
    そうそぅ、あの疾走感がトテインスポッティング風でしたね
    なるほどなぁ〜上手く出来た作品だなぁと
    楽しめましたです(≧∇≦)
    TBさせてね♪

    [ 翔syow ]

    2009/4/23(木) 午後 9:13

  • 顔アイコン

    ほんとダニー・ボイルらしいテンポ、疾走感ってのすごくわかる!
    彼らしさとインドって国が合わさるとあんな凄いパワーになるんやね〜。これは期待以上、きっと今年のベストに入ってくると思う^^(早いか^^)
    遅くなったけどTBお返しさせてね〜

    SHIGE

    2009/4/24(金) 午前 10:29

  • これって以外にご近所で上映館少なくないですか?
    作品は社会問題&純愛で観やすく楽しませてくれるようですね。
    音楽もよさそうだし〜早く観に行ってきます。

    ひかり

    2009/4/24(金) 午後 4:59

  • 手放しの傑作、ってほどではなかったですが、楽しめる映画だなぁと思いました。きっと、ハリウッドに人たちの目には新鮮に映ったのでしょうね。エンドロールのダンスがなんとも微笑ましかったです。
    TBさせてね♪

    [ yk ]

    2009/4/25(土) 午前 0:42

  • ジャマール君、子役の子から 二宮和也くんっぽい感じの少年に変わり、最後は瑛太くんの顔を引き伸ばしたような感じの青年に。
    そうそう、フリーダさんは ボンドガール候補になり、ウディ・アレン映画に出演が決まったとか。懐かしい女優顔の方でしたね。
    TBでぇーす。

    たんたん

    2009/4/26(日) 午前 8:42

  • 顔アイコン

    サリームも最後の最後にジャマールとラティカのために行動してくれましたね。
    ジャマールの過去が明らかになっていくのを描写で見ていくのがかなり辛かったです。
    ラストはハッピーエンドだったので気持ちよく帰ることはできました。

    ken

    2009/4/27(月) 午後 10:36

  • うまい具合に、彼の「人生」がクイズに関連していましたね(^_^;)
    ラストの群舞、確かにHAPPYになれますね〜。子役の2人もかわいく踊っていて、愛らしかったです。TBさせてくださいね〜。

    [ - ]

    2009/5/2(土) 午後 4:15

  • 顔アイコン

    そうそう、ライフラインが効果的に使われてましたよね。^^
    躍動感溢れる映像は見応えありました〜。 音楽もよかったですね〜。
    ラストのダンスも気に入りましたです。 ^^ TB、お願いします〜。

    サムソン

    2009/5/6(水) 午前 2:33

  • 顔アイコン

    アカデミー賞で、8部門も独占しましたが、確かに俳優部門の演技はノミネートなしでした。音楽などは印象に残りました。子供たちのエネルギーが自然で、いきいきしていました。TBさせてください。

    fpd

    2009/5/6(水) 午後 0:24

  • ご実家に行ってらっしゃる隙をついて(爆!)
    映画、久々にやっと観られたんですv
    前半は申し分なしです!スピード感溢れる映像と音楽。
    下調べしなかったのでラティカとの恋は予想外で、、
    でも、、面白い設定で楽しめました〜^^。
    遅くなりましたが、TBさせて下さいね〜♪

    ふぇい

    2009/5/6(水) 午後 1:37

  • 答えの裏側には彼の人生が・・・これはいい表現ですねぇ。。
    本当にクイズと青年の人生が、この時間で絡み合って現在、過去、そして未来へと進んで行く展開って、あんぐりするほど見事でした。
    他のブロガーさんの記事で、インドが一番難しい問題なのだ、というのを読みましたが、これには、うん?ですよねw
    トラバさせて下さいませ。

    恋

    2009/6/3(水) 午前 0:50

  • クイズミリオネアがどんなお話に?と思ってましたが、さすがダニー・ボイル監督、お見事でしたね。疾走感を持続させて飽きさせませんでした。インドでよく撮影しましたよね〜。
    ジャマールの一途な思いと賢さに感動し、サリームの弟への思いに胸を打たれ、ドキドキハラハラ楽しめました。パワー貰いました。
    遅くなりましたが、TBさせてください。

    かりおか

    2009/7/10(金) 午前 0:30

  • メッセージも多かったですが、前向きなインドのパワーを感じた作品でした!
    TBさせていただきます!

    takutaku!

    2009/12/23(水) 午後 10:40

  • 顔アイコン

    都合がよすぎるといえばよすぎるけど
    やっぱりみているうちに、あつくなりますよね〜

    TBおねがいします

    る〜

    2010/3/6(土) 午後 7:57

  • 最後のダンスでねぇ〜!?なんか全てハッピー・エンドになっちゃたような…
    “Jai Ho!Jai Ho!”で、みんなハッピーだぜぃ♪

    やっくん

    2010/7/26(月) 午後 10:26

開くトラックバック(22)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事