ここから本文です
LAGUNA’s CINEMA DIARY
yahooブログ終わるんだ

書庫全体表示

ザ・ロード

イメージ 1

監督  ジョン・ヒルコート
出演  ヴィゴ・モーテンセン   コディ・スミット=マクフィー   ロバート・デュヴァル    ガイ・ピアース    シャーリーズ・セロン    モリー・パーカー
【2009年/アメリカ】

文明が崩壊し荒廃したアメリカ大陸をひたすら南を目指して旅を続ける一組の父子を主人公に、飢えや寒さ、さらには人肉さえ口にする暴徒たちの襲撃から我が身を守る極限のサバイバルの行方と、そんな過酷な状況でも最愛の息子の無垢な心を守り通し、人間らしさを失うまいと振る舞い続ける父親の無限の愛を描き出す

原作は「ノーカントリー」のコーマック・マッカーシー。ピュリッツァー賞受賞してます。

『ザ・ウォーカー』と同じような文明が崩壊した設定。
どうして、そうなったか特に説明はありません。

その中で旅する父と子。ひたすら南へ向かいます。『ザ・ウォーカー』では西でした。これはちゃんとした理由がありましたが、こちらは 漠然と ただ南にいけば少しは温かいであろうということ。
時折、昔の妻とのシーンがでてくる。この世界で生きていたくないと・・妻を演じたシャーリーズ・セロン。彼女のとった行動も哀しいです。

飢えと寒さ。食べ物はなくなり、人肉さえ口にするようになった暴徒たちから 逃げる。
戦うということはしない。身を守るか逃げる。それがとてもリアル。
持っているのは自決の為に使う拳銃。弾は2発のみ。
どのようにして自決するのかも息子に教える。

『ザ・ウォーカー』のように主人公が物凄く超人的に強いのであればアクションもあるのだろうが、飢えや寒さでからだも弱ってきている人間では逃げるのが精一杯。
そんな過酷の中でも父親は 『善き人』になるようにと息子へ言う。
心に火を持ち続ける事。

でも父親は自分達が生きるために、出あった老人にも無視しようとするし、盗人をつかまえて着ていたものまで脱がせてしまったり過剰な仕打ちもする。実際、過酷で自分達が生き抜くには 他人などかまってられないということもあるでしょう。
でも、息子は助けてあげてと父親に懇願する。
出あった老人は 息子を「”天使”かと思った」と言ったが、父親は神と言っていた。
実際、この子は天使だったのかも・・・。

全体的に荒廃した世界なので映像は暗いけど 素晴らしい。


父親は「善き人」をみつけるのだと子供にいいのこす。
父親の無限の愛を感じることができました。
そして、最後に出会った人は・・??心に火をもっている人??
 
”心に火”っていうのは 人間らしさを失わないって事ですね。
文明が崩壊した時代、人間ラシさを失わずにいるのは難しいことなのかも・・。
 
エンドロールでは暗く、音、声のみ聞こえ、「ミスト」みたいでしたが
その 音には希望が感じられました。

ヴィゴは 全裸率高いですね。2回ほど全裸になってたような・・。
なりきり役者ですね。

監督は「プロポジション -血の誓約-」のジョン・ヒルコート。
    ↑これ記事にしたないですが、かなりなバイオレンスで ガイ・ピアーズが主演。
     今回はちょい役で 最後に登場。

 老人役はロバート・デュヴァル。父と子以外は皆、特別出演のような出方でしたね。


(鑑賞日 2010年8月28日) 1300円 NO.53 

  • これ私は何かヒシヒシと胸に迫るものがあったんですよね。
    父の無限の愛感じましたね〜。
    この子役が『ぼくのエリ〜』のリメイク版の主役なので期待してます。
    はは、ヴィゴの全裸率はサム・ロックウェルとダメはりそうですねw
    TBさせてください。

    pu-ko

    2010/9/5(日) 午前 3:15

  • 顔アイコン

    これも結局劇場公開を見逃しました。(/∇\)

    そうか、やっぱ全裸がお好きなんだな。(笑)
    内容も見応え有りそう。(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2010/9/5(日) 午後 0:20

  • 顔アイコン

    んん〜〜、これはなかなか過酷な映画のようですね。
    見ごたえありそう〜〜〜。
    全裸も含めて(?)、ぜひ観てみたい一本っす!

    サムソン

    2010/9/5(日) 午後 2:32

  • 顔アイコン

    あらら・・風邪ひいた??大丈夫かな?
    「ザ・ウォーカー」は観れたんやけどこれは観逃したんよなぁ〜
    そっか〜こっちのが見応えがありそうやね。

    あ、またヴィゴは全裸に。。
    まぁ〜彼ほどのいい体やったらそりゃ〜脱ぎたいやろう^^
    ・・あ、勝手に脱いでる訳じゃないか。。

    SHIGE

    2010/9/5(日) 午後 6:38

  • あ〜いいなぁ。これ公開前から気になってたのに観れてない〜
    てか近くでやってないような(^-^;
    やっぱり胸にくる作品みたいですねぇ。うー、観たい。
    あ、ヴィゴさんまた全裸ご披露ですか(笑)

    じゅり

    2010/9/5(日) 午後 8:22

  • DVD早くでないかな〜〜と思う作品です。地元で公開なくて(泣
    ヴィゴさん。観るのはちょー久々で楽しみです♬
    「ミスト」は、「あ〜〜〜あ。。。」とやりきれなかったけど。
    ラストに興味しんしんです^^

    けいとき

    2010/9/5(日) 午後 8:45

  • 風邪、お大事に☆

    けいとき

    2010/9/5(日) 午後 8:54

  • 顔アイコン

    これは、我が指輪役者のヴィゴ主演ということで、是非映画館で見たいのですが、我UDON王国での上映はないようです。残念です。
    全体的に暗い映像とのことなので、家でDVDで見たら寝てしまうかもしれないですね。
    ヴィゴの全裸率、結構高いですね。
    これまでの映画でも、必ず1回は全裸ですもんね…。

    xiumei

    2010/9/5(日) 午後 8:54

  • ヴィゴさんのファンなので、これは是非観たいですね。
    ストーリーも◎のようだし。チェックしとこうっと。

    巴御前

    2010/9/6(月) 午後 0:21

  • 顔アイコン

    全裸度高め(笑い)

    ちょっとつぼりますたよ
    TBおねがいします

    る〜

    2010/9/6(月) 午後 4:33

  • 全裸率高い・・・さすがらぐなさん、そういう表現が ^^
    いやいや、これは凄い作品でしたね。
    こういう世界をまず原作で書き、それを映画化しようという意気込みにも感動しましたし、改めて人が生きるというのはどういうことか、というのを考えさせられました。
    素晴らしい作品でした。トラバさせて下さいませ。

    恋

    2011/1/2(日) 午後 10:28

  • 息子は天使でしたね〜。荒廃した世界で理性を保つのがどれだけすごいことか。。
    ラストのへんでは泣けて泣けてしょうがなかったです。
    ヴィゴさん名演技でした。(ハダカも。。)
    TBお願いいたします。

    けいとき

    2011/1/6(木) 午後 0:51

  • 顔アイコン

    地味ですけど、メッセージ的なものにぐっときちゃいました。
    父親の屈強さも必要と思いますが、息子ちゃんの優しい心も大切ですよね。いい映画でした。
    TB、させてくださいね。^^

    サムソン

    2011/4/12(火) 午後 10:36

開くトラックバック(5)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事