ここから本文です
LAGUNA’s CINEMA DIARY
yahooブログ終わるんだ

書庫全体表示

シングルマン

イメージ 1
 
監督  トム・フォード
出演  コリン・ファース  ジュリアン・ムーア  マシュー・グード   ニコラス・ホルト   他
【2009年/アメリカ】
1962年、ロサンゼルス。大学教授のジョージは、16年間共に暮らしたパートナー、ジムを交通事故でなくして以来、8ヶ月に渡り悲嘆に暮れていた。そして今日、その悲しみを断ち切り、人生に終止符を打とうと決意する。身の回りを整理し、最期を迎える準備を進めていくジョージだったが、大学ではめずらしく自らの信条を熱く語り、ウンザリしていた隣家の少女との会話に喜びを感じ、かつての恋人で今は親友の女性チャーリーと思い出を語らい合うなど、その日は些細な出来事がいつもと少し違って見えるのだった。そして一日の終わりを迎えようとしていたジョージだったが、そんな彼の前に教え子のケニーが現われ…。
 1ヶ月以上も前に鑑賞してるんですが ようやくアップ・・
これは、どう感想かいていいかわかんなくて 時間あるとき ゆっくりと・・と思ってたんですよね〜
ですけど、時間があまりないので、簡単に・。
 
これは とても好き。
観てるときから、映像も美しく とにかく良かった〜。
 
 
監督はグッチやイヴ・サンローランでの活躍などで知られるファッション界を代表するデザイナー、トム・フォード。クリストファー・イシャーウッドの原作に監督自身の体験も織り込んでるようですね。
 
愛する人を交通事故で失った大学教授のジョージ。
ジョージは死を決意したその日の1日をじっくり描いてるんですね。
 
最期にむけての準備をする。家の中で身の周りの整頓。大学講義ではいつもより熱弁をふるい、そして拳銃の弾を買う。死を決意してからちょっと周囲もいつもと違ってみえてくる。
隣のやかましい家族も疎ましく思っていたようだけど、それも何か違ったようにも感じる。
 
ちょっと プと吹き出しそうになるシーンもあり・・・
イメージ 2
 
ゲイは、一目で同類がわかるものなんでしょうかね。
このジェームス・ディーンみたいな若者。ついてきていきなり 助手席に乗ろうとしたところとかね・・・
 
そして ベッドの上で拳銃をあてるんだけど、体制を何度も整えなおす。枕の角度を変えたり・・
そうこうするうちに 電話がなり、『10分でいく』って・・。
そして、友達、ジュリアン・ムーアと二人で飲みあかす。
この二人も色々あったのよね〜・・・・ジョージがゲイじゃなければ??
 
右側の画像の教え子・・・ジョージをみつめる瞳が、もう〜たまりません。
二人で 全裸で夜の海へ。
そそ、これ 女性の裸ではなく 男性の裸がよく登場します。
 
とってもいろんな事があった1日。
 
ガラスの家は 繊細で孤独な主人公を象徴してるようでした。
そして、整頓された部屋はとても神経質そう。
デザイナーらしく、スーツはとてもかっこよかった。あの机の上においたスーツのステキな事。
 
ジュリアン・ムーアの髪型やワンピもステキでしたね。
 
とにかく 映像がステキでね〜アメリカというかヨーロッパ映画の雰囲気。
そして、何より 絶望感と孤独感を見事に演じきったコリン・ファース
個人的には、オスカーとってほしかったけど、去年 ミルクでショーン・ペンだったからねぇ〜。
『クレイジーハート』より こっちの映画が好みってこともあるかもしれないけど・・・。
 
(鑑賞日 2010年10月14日)  1000円  NO.63 
 
  9点 (10点満点中)

  • 顔アイコン

    ん〜、内容が濃そうな感じですよねぇ。
    あ、裸は裸でも、オトコが多いんですね。
    んん、もうこの際だから、なんでもいいですっ。(/∀\)
    あ、そっか、去年の主演男優賞もゲイ役だったんですねぇ。

    サムソン

    2010/11/24(水) 午前 0:07

  • 顔アイコン

    お〜9点!!
    そうそう〜同じく思った。出会った瞬間分かるもんなんやね〜彼らは。
    僕は分からんからその要素は無いって事やな^^
    コリン、さすが巧かったよね。
    苦悩の演技はほんま一級品やと思ったなぁ。。
    TBさせてね。

    SHIGE

    2010/11/24(水) 午前 1:43

  • これ観てしまったらコリンにオスカーあげたかったよね〜。
    あ、そか。ゲイつながりのなるの、アカデミー嫌ったかもね。
    コリンの孤独の演技がとにかく堪らなかった。これは良かったです。
    TBさせてくださいね。

    pu-ko

    2010/11/24(水) 午前 3:53

  • 私なんか、まだ記事にしていない(笑)
    でも、同じくとっても好きな作品でした!
    雰囲気がいいですよね。出てくる小物も全てが素敵。
    なぜかゲイの世界でも、ドキドキうっとりでした。
    そうそう、あのジュリアン・ムーアのドレス、本当に素敵でした。
    観た後もお話したけど、コリン・ファースってきっとゲイの世界でも大人気なんでしょうね〜。女にも男にもそういう対象に見られる魅力ってすごいと思っちゃいました。記事にしたら、また来ます〜。

    + kuroneko +

    2010/11/24(水) 午前 10:15

  • 人気あるなあ
    この映画
    残念ながら観れてませんが
    すごく楽しみにしています
    初監督作とは思えない仕上がりのようで・・・

    [ HK ]

    2010/11/24(水) 午前 11:05

  • 顔アイコン

    こりゃ、たまらんくらいの美しさでありました〜
    ファッションもよかった、当たり前なんだろうけど

    TBおねがいします

    る〜

    2010/11/24(水) 午後 0:40

  • 同類ぢゃないけどゲイは見分けられるよーになりました。なにしろ、いっぱいいるからw

    ディオ!

    2010/11/24(水) 午後 5:10

  • その節は<m(__)m>(笑)
    面白いか面白くないかと聞かれると私は?なのでしが、かっこいいスタイリッシュな美しい映像の映画として完璧にできてるとイメージが強い作品でした。孤独な作品でしたね。
    私はどうもあの海のシーンで笑いそうになってしまいました(汗)

    ひかり

    2010/11/24(水) 午後 6:25

  • 顔アイコン

    サムちゃん、このさいどっちでもいいんですね(笑)
    そそ、去年【ミルク】のショーン・ペンだったしね〜
    コリン・ファースにあげたかったわ

    LAGUNA

    2010/11/25(木) 午前 0:32

  • 良かったのですね〜。テンションあがってきました↑
    すっごい楽しみにしてたんですが、コッチは劇場公開ありません(▼▼)話題作なのに〜。なんでっ!!

    けいとき

    2010/11/25(木) 午後 0:32

  • わ〜い!らぐなさんも高評価だぁ〜♪
    とっても美しい映画でした。んで、コリン・ファースの演技にヤラれた〜〜。ほんとに素晴らしかったと思います。
    そか、オスカー、前年もそういう役だったもんねぇ。
    トラバさせてくださいね♪

    じゅり

    2010/11/27(土) 午後 6:56

  • アバター

    どの場面を切り取っても、絵葉書にしたいような美しさでしたよね〜 (*’▽’)
    コリンの上品さが、ゲイと言うより人間としての愛の物語として
    成功したんだよね〜!ホント、女性は好きだよね、これ(=^^=)v
    TBお返しさせてね〜❤

    フラン

    2011/3/22(火) 午後 8:50

  • 顔アイコン

    んん〜、ジュリアン・ムーアもよかったんですが、ニコラス・ホルトの全裸も捨てがたかったでですね〜。 いや〜、悩ましい映画でしたっ。
    んん、TB、お願いしますっ。

    サムソン

    2011/3/31(木) 午後 10:07

  • なるほど・・、ショーン・ペンの後でしたか・・。
    あ、まだ『クレイジーハート』観てないので、そちらも早々に^^
    コリン・ファースといえば、私の中では『ブリジット〜』しかなかったので、イメージもがらっと変わった作品でした。
    今日は、『英国王のスピーチ』観に行ってきましたよ♪
    TB、お返しさせて下さい☆

    A☆co

    2011/4/10(日) 午後 7:50

  • さすがのセンスの作品でしたね
    なにもかもがため息の連続でしたわw
    TBしますね〜(●´∀`)ノ

    [ 翔syow ]

    2011/5/24(火) 午前 10:14

開くトラックバック(9)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事