ここから本文です
LAGUNA’s CINEMA DIARY
yahooブログ終わるんだ

書庫全体表示

天国でまた会おう

イメージ 1

監督 アルベール・デュポンテル
出演 ナウエル・ペレス・ビスカヤール  アルベール・デュポンテル  ロラン・ラフィット  ニエル・アレストリュプ  他
【2017年/フランス】
共に生きた時間に 一生分の輝きがあった。

歳の離れた主人公たちの友情と、彼らが国家を相手に企てる大胆不敵な詐欺計画の顛末を、ペーソスを織り交ぜシニカルに綴る     <allcinema>


ポスターをみたときは ファンタジー映画だと思っていたけど、違いました。

監督は 本作でアルベール役のアルベール・デュポンテル

語り手が警察に捕まったアルベール。
警察に今までのことを話ているのがこの映画になっていて、テンポよく進んでいく。


1918年 休戦目前だったが、上官のプラデル中尉の悪事に気付いたアルベールは生き埋めにされそうになり、そこを若い兵士のエドゥアールが助ける。その際にエドゥアールは顔に重症を負ってしまう。
父親との確執があったエドゥアールは家に戻る事をかたくなに拒み、アルベールは彼の戦死を偽装。
アルベールは彼の描いた絵を遺品として届けた。
エドゥアールは、芸術の才能をもっていて、失った顔の一部をかくすために マスクを作る。
このマスクが ほんとに神秘的というか、芸術的というか・・・仮面舞踏会のときのようなのもあれば、めちゃくちゃシュールなのもあり。Vフォーヴェンデタみたいなのもある(笑)
その仮面で彼の気持ちを表現していたりもするので、このマスクもこの作品の見どころ。
ほんのりファンタジックな風味もあり。


二人は復讐もあり、大胆な詐欺計画をたてるが・・・

364350_01_06_02.jpg 

364350_01_02_02.jpg 


エドゥアールの一番求めていたことは、復讐よりも父親に認めてもらいたかったことなのか、
和解のシーンはとてもいいシーンだった。
仮面の男に「息子に愛している」と伝えてくれと言ったときに 抱きしめあったシーンはぐっとくるものがあった。  
それなのに、そのあとのエドゥアールのとった行動は 思いもよらず 哀しかった。



復讐で 詐欺して大金を手に入れ、逃げるより あの行動を選んだエドゥアールの心情ってどうなんだろう
ちょっと原作を読んでみたくなりました。



親子の物語でもあり 友情でもあり
マスクの効果か ちょっと一風変わった反戦映画だった。


(鑑賞日 2019年3月10日) No.8 TOHOシネマズシャンテ

コメントは 新ブログの 天国でまた会おう にお願いします。

  • 顔アイコン

    こんばんは(*^^*)

    ポスターはファンタジーみたいですね、確かに
    「ゆれる人魚」のように、意表をついた映画は大歓迎です
    特にヨーロッパ映画でそんな感じを受けます
    原作は小説なんでしょうか
    観たいし読みたいですね

    [ fuku ]

    2019/3/11(月) 午後 11:39

    返信する
  • 顔アイコン

    > fukuさん
    フランスの人気ミステリー作家ピエール・ルメートルの同名小説を映画化らしいです。ベストセラーみたい。
    なのでちょっと探して読んでみようかな〜って思ってます。一味違った反戦映画でしたよ。

    LAGUNA

    2019/3/12(火) 午前 2:52

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事