ここから本文です
LAGUNA’s CINEMA DIARY
yahooブログ終わるんだ

書庫全体表示

記事検索
検索

全367ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

天国でまた会おう

イメージ 1

監督 アルベール・デュポンテル
出演 ナウエル・ペレス・ビスカヤール  アルベール・デュポンテル  ロラン・ラフィット  ニエル・アレストリュプ  他
【2017年/フランス】
共に生きた時間に 一生分の輝きがあった。

歳の離れた主人公たちの友情と、彼らが国家を相手に企てる大胆不敵な詐欺計画の顛末を、ペーソスを織り交ぜシニカルに綴る     <allcinema>


ポスターをみたときは ファンタジー映画だと思っていたけど、違いました。

監督は 本作でアルベール役のアルベール・デュポンテル

語り手が警察に捕まったアルベール。
警察に今までのことを話ているのがこの映画になっていて、テンポよく進んでいく。


1918年 休戦目前だったが、上官のプラデル中尉の悪事に気付いたアルベールは生き埋めにされそうになり、そこを若い兵士のエドゥアールが助ける。その際にエドゥアールは顔に重症を負ってしまう。
父親との確執があったエドゥアールは家に戻る事をかたくなに拒み、アルベールは彼の戦死を偽装。
アルベールは彼の描いた絵を遺品として届けた。
エドゥアールは、芸術の才能をもっていて、失った顔の一部をかくすために マスクを作る。
このマスクが ほんとに神秘的というか、芸術的というか・・・仮面舞踏会のときのようなのもあれば、めちゃくちゃシュールなのもあり。Vフォーヴェンデタみたいなのもある(笑)
その仮面で彼の気持ちを表現していたりもするので、このマスクもこの作品の見どころ。
ほんのりファンタジックな風味もあり。


二人は復讐もあり、大胆な詐欺計画をたてるが・・・

364350_01_06_02.jpg 

364350_01_02_02.jpg 


エドゥアールの一番求めていたことは、復讐よりも父親に認めてもらいたかったことなのか、
和解のシーンはとてもいいシーンだった。
仮面の男に「息子に愛している」と伝えてくれと言ったときに 抱きしめあったシーンはぐっとくるものがあった。  
それなのに、そのあとのエドゥアールのとった行動は 思いもよらず 哀しかった。



復讐で 詐欺して大金を手に入れ、逃げるより あの行動を選んだエドゥアールの心情ってどうなんだろう
ちょっと原作を読んでみたくなりました。



親子の物語でもあり 友情でもあり
マスクの効果か ちょっと一風変わった反戦映画だった。


(鑑賞日 2019年3月10日) No.8 TOHOシネマズシャンテ

コメントは 新ブログの 天国でまた会おう にお願いします。

グリーンブック

イメージ 1

監督 ピーター・ファレリー
出演 ヴィゴ・モーテンセン  マハーシャラ・アリ  リンダ・カーデリーニ  ディミテル・D・マリノフ  マイク・ハットン  他
【2018年/アメリカ】


行こうぜ。相棒。 あんたにしか、できないことがある。

1960年代を舞台に、差別が残る南部での演奏ツアーに向かった天才黒人ジャズピアニストと、彼に運転手兼用心棒として雇われたガサツなイタリア系アメリカ人の凸凹コンビが、旅を通して深い友情で結ばれていく感動の実話を映画化。<allcinema>



本年度アカデミー賞作品賞 助演男優賞 脚本賞 受賞作品

楽しみにしていました。

1962年。演奏ツアーに向かう黒人天才ピアニストに、彼の用心棒兼運転手として雇われたイタリア系の男が8週間の旅にでる話。

驚いたのが監督がピーター・ファレリーということ! おバカ、コメディをよくとってるファレリー兄弟の一人。
もちろん本作も人種差別もあるけれど、コメディ要素もあり・・ってことでとてもみやすくハリウッドらしい作品に仕上がってました。
がっつりコメディだけでなくこういうのもできる(ってばかにしてるんかい) しかも 作品賞ですぜ


ピアニストに助男優賞に輝いたマハーシャラ・アリ。運転手にヴィゴ・モーテンセン。
マハーシャラ・アリは 「ムーンライト」でも助演男優賞をとってますが、ムーンライトでは温かみのある男性を演じていて それほど
出番がなかったように思います。いい演技でしたが、終盤でてくるのかと思ったら序盤の方だけでしたね。今回は ヴィゴとともにW主演といってもいいよう。ピアニストでプライドも持ってますが、やはり黒人で人種差別にあうその複雑な心境をよく演じてました。

一方、ヴィゴはがさつでガラが悪く、無教養。でも人間味のあるとてもよい人。
そして、あんな感じなのに、家族をとても愛してる。とくに奥さんをとても愛していて 奥さんに手紙を書いてねといわれ
 誤字脱字(笑) スペルをかなり間違えながらもちゃーんと書いてるのが可愛かった(笑)
そして、いつも食べてる。かなり大食い。おなかもあんなに出して 役のため 20キロ太ったそうだけど、あのおなかも本物でしょうか?
 365598_01_02_02.jpg


南部へ行くほど、人種差別のひどさがめにつくんですね。
ドクダー・シャーリーもピアニストとしては ステージで喝采をあびますが、そこからでれば、ホテルからでれば もうただの黒人になってしまいます。
夜は黒人は出たらだめ。とか 
ピアニストとして呼ばれているのに、みんなと同じ場所で食事できないとかひどい話ですね。

とりあえず、最初はふたりはかみあわないものの徐々に
二人の間にきずなが生まれて・・・・
差別のあったこの時代にに白人と黒人の絆というのがいい。
トニーの人柄ですね。
ほんとに王道で先も読めるんだけど よい映画でした。
365598_01_03_02.jpg 


ところで ヴィゴの奥さん役の人、みながらどこかでみたんだけど、誰だったかな〜と考えてて途中で思い出しました!!
声出しそうになった(笑)
「ブロークバックマウンテン」で イニスに惚れるウェイトレスのキャシー!

これをみたら、ヴィゴがオスカーを獲ってもよかったと思いました。とらせてあげたあげたかった・・・



(鑑賞日 2019年3月4日) No.7 京成ローザウェスト


コメントは この記事もコメント不可にしてはいないですが、
FC2ブログ グリーンブック にお願いします。 

引っ越し

yahooブログ終了・・・

せっかく 戻ってきたのに残念です。
2006年に開設し、12年以上。

5月に移行ツールできるということですが、さきに 引っ越しをしてみました。

でも、10年以上ヤフーでやってきたので 慣れていたこともあり
やってみたのですが、四苦八苦。
TOPのレイアウトは ヤフーと同じようにしたいのですが、できないみたいなんですね・・・。
いかに ヤフーが使いやすかったか。

コメントしたら、編集とか削除もできないのかなー。それもちょっと。

でも、これは ヤフーに限らず、どこを使っていても 慣れていたのが使いやすいでしょうね。

引っ越ししたらコメントが消えてしまうというのも悲しいな。

41136件のコメントが消えてしまうなんて。

昔 「アンタ、誰?」というコーナーをやっていたんですが、その時のコメントが面白いんですよ(笑)
保存版にしたいんですがねぇ〜・・・・


といことで、5月まで FC2のブログと併用していき、コメントはFC2の方にお願いしたく思います。
こちらにしてもらっても消えてしまうので・・・。まだ慣れないのでアップに時間かかるかも。

オー・ルーシー!

イメージ 2

監督 平柳敦子
【2017年/日本/アメリカ】

わたしは恋するルーシー

43歳で独り身の節子。退屈で憂鬱な毎日を送っていた彼女は、ひょんなことから姪の美花に頼まれ英会話教室に通うハメに。そこで風変わりな講師ジョンと出会い、“ルーシー”と名付けられ、金髪のウィッグまで与えられてしまう。最初は戸惑う節子だったが、いつしかジョンに恋心を抱くように。ところがジョンは、美花と一緒にアメリカへ帰ってしまう。どうしてもジョンのことが忘れられない節子は、姉である美花の母・綾子とともに2人を追ってアメリカへ旅立つのだったが…。<allcinema>

元々「OH LUCY!」という短編で評価され 平柳敦子監督が長編化したとの事。

痛い痛い。とにかく寺島しのぶ演じるLUCY(節子)が痛すぎる。
でも、けっこうおかしくて 途中までニヤニヤしながらみてしまいました。

独身43歳の節子。姪から頼まれ英会話教室に通うことに。
その英会話教室の先生がジョシュ・ハーネット演じるジョン(なんか久々に見て気がします)
ジョンは節子を英語名LUCYと名づけ、金のウィッグも(笑)
そして ハグ。そこで ときめいてしまったのかしら(^^;
同じ英会話教室に通うトム←役所広司 (笑)と英語で自己紹介しあう。

イメージ 1

その後、英会話教室にいくと なんとジョンは辞めていて 姪の美花とジョンはアメリカへ行ってしまった。
そして、節子もおいかけて 急遽、会社で休暇をとりアメリカへ。

美花を心配した姉(南果歩)も一緒に同行。
この姉妹が仲が悪い!!! やりとりがすごい(^^;

アメリカにいってからも 日本人あるあるで、
日本人英語喋ってもいまいち通じないんだよね〜なんてカタカナ英語炸裂。
イメージ 3


終盤の展開は痛すぎ・・・


登場人物が 主人公のルーシー含め、みんな自分勝手。
(ジョシュくんは ダメンズだし)
共感はできないんだけど・・・
でも40すぎて独身だから なにかかわいそうといえばかわいそうだけど
はたからみると 超絶いたい。
 
唯一、役所広司だけが いい人で救いあり。

  ジョシュ君が先生なら、私も英会話教室通っちゃうわww

開くトラックバック(1)

ようやく 1月の記事にしてない映画の記録です。

1月分は 頑張ってアップしたので 記事にしてないのは2本のみ。

1月は ヒースの命日もあって DVD鑑賞しました
  
 ( )の中は5点満点中の点数です。 自分の好み度です。


 
観た順です〜。

 
イメージ 1
ドント・ヘルプ(DVD)
【2017年/メキシコ】
監督 ギジェルモ・アモエド
出演 マリア・エボリ バネサ・レストレポ カルラ・アデル ガブリエラ・デ・ラ・ガルサ 他
ある夜、強盗の3人姉妹は上院議員の家に侵入し、金を盗もうと計画。首尾良く議員夫婦を椅子に縛り、金を手にしようとしたその時、地下から奇妙な叫び声が聞こえる。(2.6)






イメージ 2
ザ・ボルト -金庫強奪-(WOWOW) 
【2017年/アメリカ】
監督 ダン・ブッシュ
出演 フランチェスカ・イーストウッド タリン・マニング スコット・ヘイズ クオリアンカ・キルヒャー ジェームズ・フランコ 他
(2.6)







段々 劇場鑑賞専門になってます(^^;
filmarks中心になっていくかな。

イメージ 3
ブログに載せていない上記のものは こちらに簡単な感想を投稿してます。
このアプリ使ってる方いたらフォローさせていただきますのでよろしく〜。

LAGUNAというIDでやっております。






1月のヒース作品
イメージ 4
「カサノバ」


命日にこれ。
「ブロークバックマウンテン」「ダークナイト」「ロック・ユー」に続いて好きな作品。
今回、見直して思ったのは、みーんなコメディ用の演技なのよね。ジェレミー・アイアンズはさすがだなぁと思っちゃいました。(シエナミラーがちょっと頑張ってる感あるけど(^^;)
ラッセ監督らしくない作品になるかもしれないけど、明るくて楽しくて大好き。
イタリアヴェネチア オールロケの映画7は35年ぶりとの事。
ベネチア素敵。 はちゃめちゃでどうまとまるのか・・・見事にきれいにおさまります。
衣装も豪華 音楽もバロック調というのかしら。
それにしても女たらしの罪 ウケる




その他 下記の作品は 「ザ・ホリラー」 にアップしてます

イメージ 5


「トゥルース・オア・デア 〜殺人ゲーム〜」
「SHUT/OUT シャット/アウト」

全367ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事