ここから本文です
LAGUNA’s CINEMA DIARY
yahooブログ終わるんだ

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

監督 ダニー・ボイル
出演 デヴ・パテル   マドゥル・ミッタル   フリーダ・ピント   アニル・カプール   イルファン・カーン  他
【2008年/イギリス/アメリカ】

インドを舞台に、テレビのクイズ番組に出演して注目を集めたある少年が、たどってきた生い立ちと運命の恋をボリウッド風の持ち味を生かしながらつづっていく。

テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕される。ジャマールになぜこれほどの知識があり、この番組に出演するに至ったのか。警察の尋問によって、真実が明らかになっていく。(シネマトゥデイ)

アカデミー賞 最多8部門受賞した作品。楽しみにしてました。

インドのスラム育ちで教養のない彼が 何故ここまでクイズに答えられたのか?
冒頭に4択問題がでました。
不正を疑われ、逮捕されたジャマール。

彼はお金のためではなく、ある目的のためにこの番組に出演しました。

日本でも みのもんた司会でおなじみの【クイズミリオネア】
そのTV番組の華やかなシーン。 警部の尋問のシーン。ジャマールの生い立ちのシーン。
クイズを答える度に生い立ちの回想シーンが流れ、それで知ってたのかぁと納得させられます。
クイズの答えを答えるたび、彼の人生が徐々に明らかになっていきます。
生い立ちと同時に格差社会、裏ビジネス 宗教問題・・ありとあらえるインドの社会問題がわかっていきます。そしてジャマールと兄サリームの過酷な過去。
幼い頃から過酷な道を歩いてきて、自然に普通では知れないような事まで知っていたんですね。

もう、まさに答えの裏側には彼の人生があったわけです。
単に夢をかなえるサクセスストーリーではなく 社会問題を織り交ぜながら、軸は純粋なラブストーリー。
3つの場面が結びつき、徐々に明かされるストーリーと構成、演出なんて 良かったと思います。
人気番組と社会問題を上手く絡めてますよね。
番組の特徴ともいえるライフラインが効果的でドラマチックでした。


スラムの雰囲気とダニーボイルらしいテンポのいい展開、疾走感溢れる映像に音楽がいい感じでマッチ。
「トレイン・スポティグ」ですね〜


いかにも出来すぎな感はありましたが、特にあの最後の問題。
最後の問題にあの問題・・・「三銃士」の問題がでたときは幼い頃の兄弟、ラティカのエピがでてたので、ドラマチック〜、と思いますが、普通は最終問題であんな簡単な問題が・・^^; ってここでちょい醒めてしまったんですけど。(だからちょっと期待したほど感動できなかったかな^^;)
 日本のミリオネアでは最後の問題って教養ある人でも まるでわからないような問題でカンが頼り。
あそこまで辿り着いてるヒトだったら簡単に答えられそうな問題でしたが、教養のない彼は 知らなかったのよね。そして結局カンで答えるのですが・・・。
ただTVを観てる人たちと一緒に観客も応援しちゃうような感じ。

でも、ジャマールと正反対ぽい兄サリーム。悪党になっていきましたが、子供の頃、最後、ここぞというとこで弟を助けましたね。ジャマールとは反対にお金に埋もれながら銃で撃たれて死んでいったとこはリアル。


尋問する警部に 「その名にちなんで」 でとてもいい父親役だったイルファン・カーン。いい人のイメージだったけど、さすが俳優さん。違う顔みせてくれました。
だいたいこれほどノミネート多い作品だと 主演男優賞のノミネートもありそうだけど、今回なかったですね。でも 考えてみたらほとんどTVで答えるシーン。あと生い立ちは子役の子だしね〜。だからノミネートなかったのねと納得しちゃったわ。

ラストは冒頭にでた4択問題の答えが はしっこの方にでます(ってこれ、ダレでもわかったでしょうけど(笑)

最後の群舞もなにかハッピー。


(鑑賞日 2009年4月19日) 無料

開くトラックバック(22)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事