ここから本文です
LAGUNA’s CINEMA DIARY
yahooブログ終わるんだ

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

ジュリアン


イメージ 1

【2017年/フランス】
ジュリアンは母親を守るため、必死で嘘をつく

離婚した両親の間で苦悩する少年を主人公に、両親の不和の行方を緊張感ある筆致で描き出す。

両親が離婚し、母と姉と3人で暮らすことになった少年ジュリアン。しかし父アントワーヌにも共同親権が認められ、隔週で週末を父と過ごさなければならなくなる。するとアントワーヌは、ジュリアンから母の連絡先を聞き出そうとする。母がアントワーヌに会いたくないと知るジュリアンは、アントワーヌに母の居場所を突き止められないよう必死で抵抗するのだったが…。<allcinema>


ヴェネチア国際映画祭で監督賞受賞。


以前アカデミー賞短編賞にノミネートされた作品を長編化。
短編の方とキャストも同じとの事。

思っていたのと違って、びっくりするほどストレートでシンプル!

イメージ 2

両親が離婚し、母親と暮らすことになったジュリアンだけど、父親も共同親権が認められて隔週で父親とも会うことに。
ただ、ジュリアンは父親が嫌いなのか、まったくしゃべらない。
母親は連絡先も教えないので、父親はジュリアンから聞き出そうとするが
ジュリアンは黙っていて教えない。
この沈黙に何があるのか??秘密があるのかも・・・・
終盤 明かされる秘密!
なーーーんて思っていたら(^^;  それには肩透かしであったんだけど

終盤の緊迫感たらなかったです。怖い怖い
ほんとに怖い。 でも、ありえる話なんですよね。
一歩間違えると。


考えてみれば、元々 短編映画ですからね シンプルで当然といえば当然なんですね

イメージ 3



(鑑賞日 2019年1月28日) No.4 千葉劇場

 

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事