ここから本文です
LAGUNA’s CINEMA DIARY
yahooブログ終わるんだ

書庫劇場鑑賞映画【2010年】

記事検索
検索

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

君を想って海をゆく

イメージ 1
【2009年/フランス】
イギリスに移住した恋人に会うため、最後の手段としてドーバー海峡を泳いで渡る決意をしたクルド難民の少年と、ひょんなことから彼の泳ぎを指導することになったフランス人中年男性が、次第に心を通わせ、絆を深めていく姿を真摯な眼差しで綴る。
 
2010年、最後の劇場鑑賞でした。
これは 年末 『キックアス』 を都内に観にいったとき、せっかくなので もう1本みようと思い、何にするかな〜?と検索して 『白いリボン』にしようかと思ったんですが・・・・
フィリップ・リオレ監督 というのが目に飛び込んできた。
フィリップ・リオレ監督 といったら 私が大好きな 『パリ空港の人々』 『灯台守の恋』 の監督じゃないですか!!!!で、急きょ、これを観る事に。
 
2008年12月 イラクの国籍を持つクルド難民ビラル は  家族とロンドンに移住した恋人を追ってイラクから数千キロも歩いてフランスの北端の町カレにやってきた。
ドーバー海峡を越える密航も試すが失敗。トラックの荷台で 二酸化炭素の検査があるんですね。
そして皆、袋を頭にかぶせて息をなるべくとめておくことをする。でもがまんできないと、審査でみつかってしまい・・・・。トラックの荷台に乗り込みしーんは緊迫感ありましたね〜
市民プールで水泳のコーチをやってるシモンと知り合いになり、最後の手段、ドーバー海峡を泳いでいくしかないと考えたビラルは シモンにコーチをお願いする。
最初はなかなか泳げなかったビラルも少し上達してきた。
 
実は、シモンの方は最愛の妻と離婚調停中。
片や 恋人にあうためにドーバー海峡を泳いでいく・・・・。
私は、みながら 『マリリンに会いたい』を思い出していた。←プ、そんなの思い出すの私くらいかしら?あれも凄い根性の犬でした(笑) 
って、あんなほのぼのはしてないけど^^; 
 
シモンは 妻に 『僕は目の前にいるキミでさえ、手放そうとしているのに・・・・・』とい言葉が印象的。
シモンは 妻を愛していて別れたくないのに別れる。 一緒にいたいのに離れているビラル。
そんなビラルに親切にし、協力するシモンでしたが・・・・ 
ただ、いろいろ、なかなか上手くいかず、難民を手助けしちゃうと拘留されてしまったりするのですね。
 
 
 
これも背景がわかってると入りやすい。でもわからなくても 展開は至ってシンプルなので
特にわかっていなくても 話に入っていけると思います。
 
シモン役はヴァンサン・ランドン。観てるときは何の作品でみたか忘れてたんだけど 『チャーリーとパパの飛行機』 『女はみんな生きている』 の人でした。あとでわかったんですけど^^;
 
イラクから3ヶ月間歩いても尚、海に阻まれるビラル。
手を伸ばせば届くのに、離れゆく妻を引き止められないシモン。
見た目の状況としては正反対の二人。
いつしか二人の間には親子のような絆ができていく。
 
 
 
とにかく、ちょっと切ないです。
原題の『WELCOME』というのが また これが切なくさせてくれますね。
切なさと温かさが同時にじんわりくるという感じでした。
シモンはビラルと会って とても大切なものに気付いたのかも・・・・。
 
 
感動というかなんというか・・・・・・切ないんです。それもあとからじわりじわりと・・・・。
でも切ないだけじゃないのよね〜。
TVで放送しているサッカーのシーン。それをじっとみるシモン。
フィリップ・リオレ監督らしい、いいラストだったと想う。 やっぱり監督との相性ありますね。
やっぱり、好きだったなぁ〜。
 
 
 
〈クルド人〉
トルコ、イラク、イラン、シリア、アルメニアの国境地帯に跨がる山岳地域(クルディスタン)に暮らす。人口は約3,000万人と言われ、現在、独立した祖国を持たない世界最大の民族と呼ばれている。様々な政治組織が存在し、自治や独立を求めて闘争を続けている一方で、クルディスタンを離れ、欧米へ移り住む人々も増加している。
 
 
(鑑賞日 2010年12月29日)   1000円    NO.80

キック・アス

イメージ 1
 
【2010年/イギリス/アメリカ】
「ウォンテッド」の原作者マーク・ミラーのアイデアを基に、同名コミックの執筆と同時進行で製作されたハードバイオレンス・アクション・コメディ。スーパーヒーローに憧れる平凡なオタク高校生が始めた無謀な自警活動が思わぬ事態へと発展していくさまを、ハードなアクション・シーンと軽妙かつブラックなユーモアを織り交ぜ描き出す。
やっと休みに入り、都内まで観にいってしまいました。
せっかくなんで、もう1本みてきたんですけどね〜
しかし、すごい状態。立ち見の人もいました。よかった〜座れて^^;
 
こんな一般ウケしそうで面白い映画、なんで上映館少ないんでしょ??
 
監督がマシュー・ヴォーンと聞いて、めちゃくちゃ見たかったのです。相性いいから 
ガイ・リッチーの製作をずっと担当していて 『レイヤーケーキ』 で 初監督。
渋い作品の次は 驚く事に『スターダスト』 ではファンタジーですよ。ファンタジー!!
でも マシューさんらしく ブラックなとこがあってファンタジー苦手な私だけど、面白かったし〜。
絶対、コレも好みだって思ってたのよね〜
 
ほんと、面白い〜。
ふつうの、さえない高校生が ヒーローになりたくて ウェットスーツ着て、自警活動。
何の能力もないのにね〜。でもこれが YOU TUBE に流れて人気者に。
普通に 着替えて 何か乗り物乗るとかでもなく、歩いて登場してくるから笑える
 
別なとこで、ニコラス君とその娘も、同じようにコスプレしてでてくる。
こっちの親子は、復讐という目的もあって、特訓を重ねて ほんとのヒーローなのよね。
ニコラス君はビッグダディ。バットマンそっくりのコスチューム(笑)
娘はヒットガール。もう、めっちゃくちゃ可愛い(#^.^#) この親から この娘??
 
なんちゃってヒーローのキックアスが (助けがほしいとき)本物ヒーロー親子を呼ぶってさ(爆)
 
マーク・ストロングもガイ・リッチーファミリーの悪役専門みたいになっちゃってますが・・
なんだか、コミカルチックで面白かったわ(爆)
 
 
クライマックスの戦いの時の キックアス登場シーンもなんか笑えたしなぁ。
でも この人、マスクつけてると目元なんてフランコ君に似てるって思ったわ。
 
それから・・・
いやいや、またしても出ました。
常連さん。
   ジェイソン・フレミング    ドアマンだったかな??HGに口の中に銃を入れられて撃たれてた 
   デクスター・フレッチャー  車でぺしゃんこにされちゃってました
 
   必ず、この二人でてくる。たいした役ではないけど・・・・。
   でも、 今後もマシュー・ヴォーン監督作品に この二人がでてくるたび、私は 
   このように 紹介してしまうでしょう(爆) 常連なのにちょい役なのよね〜。
イメージ 2
 
10点満点中 9点
 
(鑑賞日 2010年12月29日)  1000円  NO.79
 
 
 

人生万歳!

イメージ 1
監督  ウディ・アレン
ひょんなことから出会った偏屈な中年学者と世間知らずな家出娘の、おかしな共同生活と恋愛模様の行方を軽妙なタッチで描く。
 
ウディ・アレンが久々にNYを舞台に手がけたコメディ。
 
かつてはノーベル賞候補になるなど天才物理学者と持てはやされたボリス。だがそんな彼も、今ではすっかり落ちぶれ、冴えない独身老人。
ある夜、田舎町から家出してきた若い娘メロディ(エヴァン・レイチェル・ウッド)と出会う。
彼女に同情したボリスは、数日だけという約束で自分のアパートに泊めてやることに。
メロディは居座り、全くでていく気はない。一緒にくらすうち、ボリスを運命の人と勘違い。
このボリスが また偏屈でね〜。
 
みてるうちは、ウディさん、自分がこういう若い可愛い女性とこうなりたいな〜なんていう願望かしらん?
なんて思っちゃって(笑)
 
メロディのお母さん(パトリシア・クラークソン)が心配して探しに・・・
いくらなんでも、相手がこの人?と驚く。
その後、お母さんの親友と浮気したお父さんが現れ、『やっぱり、お前しかいない〜』みたいに謝りにくるわけ。
 
こんなそんなで、 皆さん めでたしめでたし系かなと思ってたら・・・
 
そーよ。これ、アレンさんが監督よね。
 
 
ブッ(>_<)と いう展開に(笑)
ネタバレになるので、かけないけど、キャッチコピーどおり ほんとにハッピーエンディング】なんですわ。
 
そういうハッピーエンドね(笑) とくに、メロディのお父さんとお母さんは別々にハッピーになるんですけど・・・
特にお父さんにはウケタかも・・・。
 
 
しかし、ボリスさん、 カメラに向かってよく喋ってました。
 
 
7点 (10点満点中)
 
 
(鑑賞日 2010年12月26日)  1300円    NO.78
 

開くトラックバック(5)

クロッシング

イメージ 1
 
【2009年/アメリカ】
「トレーニング デイ」のアントワーン・フークア監督が、リチャード・ギア、イーサン・ホーク、ドン・チードルの3人を主演に迎えて描く緊迫の刑事ドラマ。ブルックリンの犯罪多発地区で危険と隣り合わせの過酷な日常を送る3人の警官たちの三者三様の苦悩が、リアルかつ緊張感溢れるタッチで綴られてゆく。
来年 閉館してしまう映画館でみてきました・・・・。
 
あ、実は ひかりさんに 無料券あるといって誘っていただいて、すっかり私までタダでみてしまいました。ありがとうございました。 しかもコーヒーまで買ってきてくれて。+プラハのおみやげまでいただいて、いたれりつくせり(^^♪
 
さて、映画ですが
ニューヨーク、ブルックリンの犯罪多発地区。
・定年退職を1週間後に控えているベテラン刑事のエディ(リチャード・ギア)
  とりあえず、無難にすごすことだけを考えて、面倒なことはさけようとしてきた。
  周りからも 老いぼれなどといわれ、売春婦とひとときを過ごすのが楽しみなような・・・。
  ちょっと『消えた天使』系 ギア様
 
・貧乏子沢山(?)の麻薬捜査官サル(イーサン・ホーク)
  家族のために広い新居が必要だが、給料が安くお金の工面ができない。
  お金に困っている はまりすぎな役
     もうじき 双子ちゃんも生まれる。
     そんな、お金に困ってるなら、もう子供できないようにすればいいのに・・・^^;
 
・長年ギャングへの潜入捜査を続けているタンゴ(ドン・チードル)
  潜入捜査ってとても過酷。抜けたいと上司にかけあうが・・昇進の代わりに命の恩人であるボスを
  ワナにはめるという任務に・・・
 
 
という3人、別々の冴えないというか 問題かかえてる警官の話。
タイトルがクロッシングというので この3人が最後、どんな風にガッツリとクロスするのかと思ったら・・・。クロッシングしません。ちょっとかする程度。 
だから そこにいくまで この3人、どんな絡みがるのかワクワクしてたんだけど・・・。
 
これだったら 3人 オムニバス風にして それぞれ 少しずつ顔をみせるという方法でもよいかな〜とは思いましたが、まぁそれもみてみないとわからないかな^^;
原題は 『BROOKLYN'S FINEST』ですからね。
 
もっと3人の運命が交錯するのかと思ってみてしまったので、そこで ヘ?という風になってしまいましたが
3人それぞれの話は 見応えあって面白かったです。
 
ただ、なんだろ〜上手くいえないけど 惜しい感じなんですよね〜。
『トレーニングデイ』の監督さんかぁ。汚職警官とかの話、多いね。なんかあるのかしら?
 
 
(鑑賞日 2010年12月12日)    無料   NO.76
 
 
 

開くトラックバック(5)

ロビン・フッド

イメージ 1
監督  リドリー・スコット
出演  ラッセル・クロウ   ケイト・ブランシェット   マーク・ストロング   ウィリアム・ハート   マーク・アディ   他
【2010年/アメリカ/イギリス】
12世紀末。イングランドの獅子心王リチャード1世率いる十字軍遠征隊に参加していた弓の名手、ロビン・ロングストライド。フランス軍との戦闘でリチャード王が落命して間もなく、仲間と共に部隊を離れたロビンは、リチャード王の王冠を持ち帰る使命を帯びた騎士ロクスリーが闇討ちされる現場に遭遇する。瀕死のロクスリーから剣をノッティンガム領主である父ウォルターに届けて欲しいと頼まれたロビンは、彼になりすましてイングランドへと帰還。やがて、王冠をリチャード王の母に返したロビンは、ロクスリーとの約束を果たすべくノッティンガムへ。そこで、義父ウォルターと共に夫の帰還を待ちわびていた美しい未亡人マリアンと出会ったロビン。彼は、新王ジョンの専横に脅威を抱くウォルターから、ある頼み事をされるのだったが…。
 
これは、最初はね どうしようかなぁと思っていたんです。
あんまりロビン・フッド詳しくないし・・・ケビン・コスナーの『ロビン・フッド』も何かイマイチ面白くなかったような・・・という印象で^^;
 
しかーーし、チラシを手にとって みてみたら ナ・ナ・なんと 脚本が・・・
ブ・・・ブ・  ブライアン・ヘルゲランド じゃないですか!
何だか、お久しゅうございます<(_ _)> 今まで何やってたんですか??(と思ったけど、最近もけっこう脚本の映画ありました)
あの『L・Aコンフィデンシャル』 『ミスティック・リバー』 『ロック・ユー』 の脚本家ですよ。
これは、面白いに決まってる!
『ロック・ユー』は監督もやってるけど・・・。『悪霊喰』でけっこう叩かれたとか(?) 私は、けっこう好きだけどね〜。そのあと、待ってたのよね〜。
 
あ、長くなってしまった・・・・。
 
ちょっと ロビンフッドっていうと 森の中で弓もってっていうイメージだけど、ロビンフッドビギンズって感じですね。そう思ってみるといいかも。
もともとイングランドの兵士で弓矢の名手だったんですね。
それが、最後、追われる身となって森へ・・・。それで終わり。
あ、おい、おわっちゃうのかよ。
 
いやいや、それまでが けっこう面白かったですよ。
リチャード王が死んで、次の王、ジョンがとんでもないヤツで、これじゃ、民衆がついていかなくなりますよ。
離れてしまった民衆に 仕事、食べ物、自由を約束。
そこで、団結したイングランド軍は勝利できるのに〜。 
汚い王だ(激怒)
ロビンのおかげなのに、それが気に食わないのよ。王が・・・・。
 
 
 
と、何気に あまり背景知らなくてもわかりやすかったし、リドリー・スコットだし、映像も迫力。
そして、ケイト・ブランシェットがやっぱり ステキ(#^.^#)  ロマンスもあったりして〜ウフフ
 
面白かったですね〜。けっこう満足。
 
(鑑賞日 2010年12月12日)  1300円前売り    NO.75
 
 

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事