ここから本文です
小田急の代々木上原〜梅が丘間の地下複々線開業まであと1週間。
世田谷代田駅〜下北沢間の地下に建設中の新緩行線の見学イベント「しもちかウォーク」に当選したので参加してきた。 
世田谷代田駅で受付を行い、階段を下りて地下に建設中の緩行線ホームへ。 
ここから下北沢駅手前までを往復するウォーキングイベント。 


イメージ 1
世田谷代田駅の新緩行線下り線ホームを線路の高さから見る


イメージ 2軌陸車


イメージ 3
下北沢方向から、下り線世田谷代田駅ホームを望む
既に信号は点灯している



イメージ 4
ウォーキングコースの折り返しは、下北沢駅手前
見えているのは下り緩行線ホーム
駅間距離は0.7Km


イメージ 5
記念撮影用のボード


イメージ 6
GSEバージョンの記念撮影ボード



イメージ 7
下北沢駅上り緩行線ホームを望む
京王線への連絡改札も設置されるのか?



イメージ 8折り返して上り線脇を世田谷代田に戻る
写真手前が下北沢駅



イメージ 9
トンネル壁面に映像を投影して工事の流れを説明していた。
展示や説明コーナーも各所に用意されていた。



イメージ 10上り線を歩く
奥に見えるのは世田谷代田駅ホーム


1時間くらいの見学コースと言うことだったが、速足で回ったせいか、40分くらいで見学を終了できた。

この記事に

開くトラックバック(0)

京王8000系 「陣馬」

前回の都営10-000形から、撮影地の「笹塚」つながりで京王8000系「陣馬」号 
京王線100周年を記念した企画で、平成25年のゴールデンウィークに、かつて行楽期に走っていたハイキング特急の復刻として運行されたもの。 
イメージ 1
京王8000系8714 特急 新宿行
「陣馬」ヘッドマーク 
平成25年5月 京王線 笹塚

この記事に

都営10-000形 船堀行

前回の写真から「船堀」つながりで、都営地下鉄10-000形、船堀行 
都営新宿線の東大島〜船堀間の開業は昭和58年12月23日。その後、篠崎開業の昭和61年9月14日までは船堀が終点で運転されていた。 
冷房化される以前の10-000形6両編成、船堀行 
イメージ 1
都営10-000形10-049 船堀行 
昭和61年9月 京王線 笹塚

この記事に

開くトラックバック(0)

京王7000系 船堀行

「京王7000系」つながりで、高幡不動始発の各駅停車船堀行7000系 
2010系の東大島行の写真(リンク)を以前に紹介したが、都営新宿線が船堀まで開業したのと、7000系への置換えが進んだことから、撮影時点では高幡不動からの上り始発5200列車は7000系の船堀行として運行されていた。 
桜上水で都営10-000形に車両交換されるのは、2010系時代と同様だった。 
イメージ 1
京王7000系7704 船堀行 
昭和59年5月 京王線 千歳烏山

この記事に

前回の都営10-000形から、撮影地「京王よみうりランド」つながりで京王7000系 
区間急行の方向幕は以前は白地に緑色だったが、平成30年2月のダイヤ改正に合わせて黄緑地に白文字に変更された。 
この写真は旧色の区間急行方向幕時代の写真 
イメージ 1
京王7000系7805 区間急行 橋本行 
平成25年8月 京王相模原線 京王よみうりランド

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事