ここから本文です

国鉄103系 赤羽線

前回の京王2010系から、「緑の電車」つながりで赤羽線103系 
埼京線が開業する直前の昭和60年撮影で、電車は山手線と共通の103系10両編成が使用されていた。
イメージ 1
国鉄103系 赤羽線
昭和60年8月 赤羽線 赤羽

この記事に

開くトラックバック(0)

京王2010系 東大島行

「緑の電車」つながりで、京王2010系の東大島行 
昭和58年当時、高幡不動からの上り始発電車5200列車は、都営新宿線直通の行き先を表示して運転されていた。 
当然そのまま都営新宿線に直通できるはずはなく、桜上水で10-000形に車両交換していた。
この2064は車内に設置する行き先表示板だが、方向幕仕様の車両は「東大島」表示をどうしていたか気になる。
イメージ 1
京王2010系2064 東大島行
昭和58年12月 京王線 桜上水

この記事に

京王2000系 高尾線

前回の銚子電鉄から「2000形」つながりで、京王2000系。  
昭和32年から導入され、昭和58年10月まで活躍した。 
晩年は、高尾線の区間運用に4両編成で投入されていた。 

退役直前の昭和58年10月に撮影。イメージ 1
京王2000系2003 北野〜高尾山口
昭和58年10月 高尾線 北野

この記事に

銚子電鉄2000形

伊予鉄つながりで、銚子電鉄2000形 
伊予鉄800系は平成21年に千葉県の銚子電鉄に譲渡され、平成22年から2000形として使用されている。 
その際に、2002編成は京王帝都電鉄時代の旧塗装にペイントされた。 
イメージ 1
銚子電鉄2000形 2002
平成25年5月 銚子電鉄 銚子
 

クハ2500は、伊予鉄時代に先頭車化改造される際に、京王5000系風の運転台を取り付けた。
京王帝都の旧塗装なので一見京王5000系に見えるが、車体幅が狭く裾が絞られていないので、5000系だと思って見ると違和感がある。
イメージ 2
銚子電鉄2000形 2502
平成25年5月 銚子電鉄 銚子

この記事に

開くトラックバック(0)

伊予鉄道800系

京王2010系つながりで、伊予鉄800系 
昭和59年に京王帝都を引退した2010系は改造を行い、愛媛県の伊予鉄道に譲渡され、昭和59年から平成22年まで活躍し、伊予鉄道では冷房化工事も行われた。 
この写真は、伊予鉄を退役する直前の撮影 
イメージ 1
伊予鉄800系 825&826
平成22年8月 伊予鉄高浜線 古町

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事