ここから本文です
railjet26のブログ
NゲージとHOゲージの気ままなブログ

KATO DD54 中期型導入

本年最後の導入です。
DD54が発売された時、かつてトミックスが発売したDD54を思い出しました。
ヨーロピアンなデザイン。
すごく印象に残りました。
という事で…。

KATO DD54中期型

イメージ 1

2両導入しました!
1台目を19号機、2台目を24号機にしています。
調べてみると、ホキ800らしき車両を牽引していた事もあったようで、早速模型で再現してみました。

イメージ 2

DD54+ワフ1+ホキ800 +ホキ800 +ワフ1
良いですねぇ。個人的に好きな編成です。
ワフ1でいいかは分かりませんが、これ以外にヨ8000またはヨ6000が連結されていたようです。
今であれば、DE10にホキ800を牽引させるのも良いかもしれません。

イメージ 3

DD54+オハフ33+オハ35+オハ35+オハニ36
メーカーサイトですと、旧型客車以外に臨時運用で12系客車も牽引していたそうです。

機関車が2両ありますから、貨物と客車列車のすれ違いや、重連なんかも楽しめそうです。

実車は短命でしたが、模型の世界で長く走らせてみたいと思います。

本年も観て下さいましてありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。

この記事に

開くトラックバック(0)

寒い季節になりました。

Nゲージ導入は年末まで休みと決めつつ…。
BR245 TRAXX DCCサウンド版を銀座にて購入。ショーウィンドーに飾られていたBR245を見ながら「欲しいが買うか買わまいか」と悩んでいるところに店員さんと話しながら思い切って買ってみた次第です。

BR245 TRAXX DCCサウンド

イメージ 1

イメージ 2


HOでも良かったのですが、どうも自宅にHOを広げると走らせるのが大変で…。
一度フライシュマンの Nゲージを持ってみようと買った次第です。
サウンドは良いですね!
小さいながらも音は迫力があります!

あとはエルマーさんで客車とこれまたBR245 の番号違いを購入。

ベルリン-ハンブルグエクスプレス

イメージ 3


BR245 TRAXX アナログ

イメージ 4


客車は「ベルリン-ハンブルグエクスプレス」です。牽引機はMRCEのタウルスが多いようです。
3両では短いですので、ほかにDBAG関連の客車を追加しようと考えています。

そして銀座4階でヘラクレスを導入

BR243 PRESS AG

イメージ 5

イメージ 6


気になっていましたので、買いましたが、いやぁ、今回はちょっと買いすぎました…。
DCCサウンド付き以外はDCC化します。
1台は完了ですが、もう1台はデコーダ待ちです。

年忘れ運転会をしますので、その時にお披露目したいと思います。

この記事に

開くトラックバック(0)

試行錯誤の末、やっとライト完成しました!
長かったというか、いろいろ試さないと分からないことが多いですね。

まずヘッドライト

イメージ 1

窓上のライトも点灯するようにしました。

次にテールライト

イメージ 2

窓上がかすかに赤く灯るので、もう少し加工をしようかと考えていますが、構造上灯るのはやむを得ない状況です。

最近はRegio客車も集めたいと思い、計画中です。

この記事に

開くトラックバック(0)

PIKOのメトロノームですが、ライト点灯しないところをここ1ヶ月ほど、仕事終わりに試作しながら進めてきました。
年末には運転ができるよう、調整しているのですが、前回まではヘッドライトのみの点灯でした。
今度ヘッド・テールライトが点灯する機関車導入となった事から、PIKOの客車もヘッド・テールライトを点灯できるようにしてみました。

ヘッドライト3箇所の点灯は自分の技術では難しく…。ヘッド・テールライトとも2灯としました。

テールライト2灯

イメージ 1

ヘッドライト2灯

イメージ 2


LEDは赤も調達し、追加配線しています。

プラモデルのパーツの透明な枠の部分と市販のLEDで作成したライトユニットは、何とか点灯するに至りました。
DCCには対応していませんが…。

これで加工を一旦終了し、機関車導入後にアナログにて試運転してみたいと思います。運転できる日が楽しみです。

この記事に

開くトラックバック(0)

コントローラでライト点灯テストした制御車。レール上では試していませんでしたので、台車から集電する加工も含めて実施。

配線はメーカーのライトユニット取付手順をもとに、国内で揃えられるもので作成。

カトーの集電板をカットして、車輪集電に向けて途中から90度曲げます。
先端はカットしたままのため、少しだけ先端を曲げて車輪を傷付けないようにします。

プラス、マイナスの配線をします。
例によってアルミテープを使っています。

配線が終わったパーツを台車につけて、余りのフレームを台車にゴム系接着剤で付けます。

これで集電時のぐらつきはなくなります。
日が経つとどうか、長時間の走行は試していません。

取り付けた集電台車

イメージ 1


LEDライトの配線を短くして、この台車と結線し…。

コントローラの回し具合

イメージ 3


その結果のライト点灯

イメージ 2


まあまあと思います。
暗くすると分かりやすいのですが…。
通常の導光パーツではないので、良しとしましょうか。

イメージ 4


斜めから撮影

イメージ 5


これで3つのライトが点灯するようになりました!

あとは試運転ですが…。
仕事多忙とNゲージ再現したいものがあり、年末までお休みです(笑)

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事