ここから本文です
イメージ 1

韓国歌手で俳優のRain(ピ)と女優ファン・ジョンウムのドラマ共演が白紙となった。
11日、複数のテレビ関係者によると、2人はことし上半期放送予定のJTBC新ドラマ「スケッチ」に出演しないことがほぼ確定したという。
同作品は、未来を変えるために孤軍奮闘する人々のストーリーを描く捜査アクションドラマ。当初、Rain(ピ)とファン・ジョンウムが出演を検討中と報じられ注目されていたが、今回2人のドラマ復帰は見送りとなった。

この記事に

イメージ 1

BS 2TV「ザ・ユニット」でピが参加者にきつく冷静言葉を吐き出しても暖かく感じられる理由は何だろうか。

放映終了まで10回、残りの「ザ・ユニット」でピの役割と活躍が目を引く。
これまで、様々なオーディション番組で審査員の提案を受けたが、断ってきたピが「ザ・ユニット」から「先輩」として出演している。
審査員やメンターではなく、先輩のタイトルをつけた理由は、より暖かく親密に参加者に近づいていきたいピの心が反映されたもの。
誰かを評価すること自体に負担を感じたピは放送序盤「優しい」審査評だけ増え一部ではオーディション番組特有の楽しさが住んでいない反応あった。
しかし、時間が経つにつれ、先輩としての彼の真価があらわれプログラムを見る楽しみも倍になっている。

ピはアイドル歌手として過去の失敗の苦味を経験したので回復オーディションである「ザ・ユニット」に出演した参加者一人一人に心から近づいていった。
何よりも、これらの舞台で実力で勝負したいと望んたので、これらの成長できるように血と為り肉となるアドバイスをしている。
このような理由で舞台に上がる準備が少なくされた姿を見て、ピは「このように、睡眠が来たら。 こんなに大まかにするつもりなら、しないで"、"(一チームは記憶でなくなった舞台、(他のチームは記憶に残る舞台だ。 冷静に話してあげる。 自尊心たくさん悪くなるだけだ。 なぜ私も君逹に期待が大きかったんだ。 ところであまりにも(振付家)明らかであり、"などきつい言葉をためらわなくても参加者たちは彼の話に大きな傷を受けるというよりは、"私たちを大事にしてシャーをしてくれる言葉"だとし、さらに力を出して不足した部分を補完した。
参加者たちにピの暖かい心が伝わったという意味だ。

イメージ 2

ピが脱落者発表を控えて言った言葉は多くの参加者らを泣かせたりもした。 ピの言葉に参加者らは力を出しており、また他の希望を夢見た。
 ピは"お兄さんもこれ('さらにユニット')しながらおかしい。 もともとさらにとげとげしく言ってあげたいのに、傷つくことを嫌なんだ。 私はそれで来るたびに簡単ではないよ。今は脱落する人たちが自尊心も傷つかて自尊感も傷つけたり、悲しいんだ。 ('さらにユニット'で脱落しても)しかし私のそばにいる誰かがどうして成功するかもしれない。 仕事がうまくいかなくても耐えて乗り切らなければならない。 頑張っていれば、いつかわたしの花が咲く日が来るから。それがここがなくてもいい、"と話した。

「ザ・ユニット」の関係者は、「ピは、録画時に、単純に番組に出演して臨む感じではなく、参加者一人一人を愛情し惜しむ心を込めることが目に見える。参加者に実際に大きな力になってくれる存在」と伝えた。

この記事に

イメージ 1

KBSアイドル再起プロジェクト「THE UNIT」のイエロー、ブラック、オレンジユニットが勝利の喜びを味わった中、女性ユニットはオレンジが、男性ユニットはイエローが1位に輝いた。
23日の放送で、最初の対決は女性ボーカルユニット対決だった。グリーンはカッコいいステージを披露し、その後、イエローは予想だにしないステージで、「新しいことを試みること自体がいいと思う」とRain(ピ)から絶賛された。結局、この対決ではイエローがグリーンを抑え、勝利を手にした。
その後、女性パフォーマンスユニットの対決が繰り広げられた。Rainはレッドユニットに大きな期待をしていたが、創造的な振付で絶賛されたのはブラックだった。Rainは「遊ぶときは、確実に笑って遊べ」とアドバイスし、ブラックを力付けた。
刺激を受けたレッドもストーリーに力を入れ、変化を図ったが、この日の勝利はブラックとなった。特に、「SONAMOO」のウィジンは中間点検のとき、突然鼻血を出し、「ビックリした」と言いながらも、明るい表情を浮かべ、視線を集めた。

次は男性ラップ&ボーカルのブルーとオレンジユニットの対決が続いた。まず、ブルーは選曲から頭を悩ませた。ラッパーとボーカルの意見が衝突したためだ。激しい話し合いの末、彼らは2曲をミックスすることにし、カッコいいステージを届けた。
一方、オレンジはいち早く選曲を終えた後、自分たちの本心が込められた歌詞を書くため、努力した。彼らは感動的なステージを終えた後、目頭を熱くした。その中でも、「U-KISS」ジュンは「『U-KISS』の兄貴たちのことを思い出した」とわんわん泣いた。
放送最後、セルフプロデュースミッションの最終結果が発表された。女性ユニットはオレンジが、男性ユニットはイエローが1位を獲得。優勝チームの個人順位1、2、3位は脱落免除権獲得に成功した。

この記事に

イメージ 1

韓国・KBS2TVアイドル再起プロジェクト「THE UNIT」の参加者たちが「演技大賞」で特別ステージを披露する。

 18日、韓国メディアによると、「THE UNIT」に出演する参加者は来る31日、生放送で進行されるKBS「演技大賞」の特別ステージに立つ。

 この日のステージに上がる人員は、現在までに生き残っている90人で、団体曲「My Turn」のパフォーマンスを披露する予定だ。大規模なアイドルメンバーたちがステージを構成し、1年間ドラマで活躍した俳優陣の視線を奪うものと予想される。

 「THE UNIT」の参加者は「演技大賞」に加え、29日のKBS2TV「歌謡大祭典」にも出演する。彼らは年末のKBS授賞式すべてに出演し、意味のあるパフォーマンスをおこなうこととなった。

 一方、「THE UNIT」は男性9人、女性9人が最終的にデビューを勝ち取る。現在、男性では「U-KISS」ジュンが、女性では「SONAMOO」ウィジンが1位を獲得している。

この記事に

韓国KBSアイドル再起プロジェクト「THE UNIT」のパク・ジヨンプロデューサー(PD)が先週放送された一次UNIT発表式に関連し、制作側が強調したかった演出意図を明かした。
パク・ジヨンPDは最近、韓国メディアの取材に「今回の発表式は中間順位の集計で、最終集計ではない。初めから華やかなセットを組む考えはなかった」と口を開いた。
9日放送の「THE UNIT」では一次UNIT発表式が映し出され、男女1〜9位を公開した。ここに、降板メンバーと脱落者を加えた36人も公開され、悲しい別れのシーンが描かれた。
しかし、最初の脱落者が発生する重要な発表式はセットではなくKBSの人材開発院講堂でおこなわれ、先輩アドバイザーのRain(ピ、35)がステージに登場して順位どおり一人ずつ名を呼び上げた。特別に華やかなセット場でなかったため、似たオーディション番組「プロデュース101」や「MIXNINE」と比較され、「素朴すぎる」、「なんだかみすぼらしく見える」などの反応が寄せられ、全体的に発表式の緊張感もなかったという評価だった。
パクPDは「最近、視聴者の見る目が高くなり、あの場面がビジュアル的に美しくなく見えるかもしれない。わたしもその部分については同感だ」と述べた。続けて「正直、強調したかったのは結果ではなく過程だ。あの日の撮影はいままで競演してきたメンバーたちと別れる内容だったため、気持ちがとても重かった。そのため、番組内でも脱落ではなく別れという表現を使った。“もう一度頑張ろう”という趣旨で集まった人たちが、番組の特性上、徐々に別れていく過程は心によくない」と打ち明けた。
パクPDは「THE UNIT」の企画段階で「脱落という単語は最初からなくせないか」と悩んだそうだ。序盤の会議でも重要要素として扱われたが、順位を公開するオーディションであり、完全には排除できなかった。
彼は「だからといって、発表式を素朴に制作するという意図はなかった。もう一緒にできない子達の姿に傍点を置き、前の部分の発表式を派手にしなかった。一緒に進めないメンバーへの残念な気持ちが最も重要なポイントだった。今後もこうした企画意図は維持していく」と説明した。

この記事に

イメージ 1

JTBC『パッケージで世界一周−集まってこそ旅立てる』のおじさん4人組がRAINの娘のためにプレゼントを準備した。

3日間のパッケージ強行軍に疲れはてたおじさん4人組とRAIN。この5人の目を見張る体験が始まった。ついにメンバーたちは「これでRAINの娘に1歳の誕生日用リングを作ってあげる」と一攫千金の夢を膨らませた。

だが、期待はすぐに失望に変わった。採取するたび極少量だけ出てくる砂金の量のためだ。既に誘惑に陥ったメンバーたちは、何度も砂皿を追加して砂金採取に熱を入れたが、集めた微量の砂金からリングを作るには足りなすぎた。RAINは「韓国行きの飛行機に乗るまで、これだけやろう」と最も熱を入れて笑いを誘った。

金のリングを贈ることに失敗したおじさん4人組はRAINとキム・テヒの娘のために他のプレゼントを探した。彼らが足を止めたのは、ベビー服の店だった。壁いっぱいに飾られたベビー服から目を離さないRAINを見たメンバーたちは「彼の娘にプレゼントしてあげよう」と言って本格的なショッピングを始めた。

キム・ヨンマンの他3人は、いつも金を使わないようにしていたが、この時だけは先輩パパらしく新生児用の服からよだれかけまで丁寧に選び始めた。兄たちに予期せぬプレゼントを渡されたRAINは感動する姿を見せた。

この記事に

イメージ 1

RAIN(ピ)が、後輩アイドルを慰めた。

9日夜10時45分から放送されたKBS2TVの『アイドルリブートプロジェクトTHE UNIT』では、参加者にアドバイスするRAINの姿が描かれた。

この日RAINは参加者の前で「出て行ってもっとうまくいくかもしれない。その時、人気アイドルになれば兄さんのことを知らないふりをしてはいけない」と、話して重い雰囲気を明るくした。

彼は引き続き「鋭く言ってあげたいが、傷つくかもしらないから嫌だ」とし、「それでも誤ったことをたださなければならない。ここにくるのは容易ではない」と、話した。

RAINはまた「今はプライドも傷ついて悲しいだろう。自分のそばにいる誰かがどのように成功するかは自分でも分からない。物事がうまくいかなくても勝ち抜かなければならない。持ちこたえればいつかは自分の花が咲く日がくる」と、アドバイスした。

彼は「それが必ずここではなくてもかまわない」と、真心に充ちた助言で参加者を泣かせた。

この記事に

イメージ 1

8日放送されたMBCの『シングル男のハッピーライフ』では、イ・シオンとヘンリー、チョン・ヒョンムのシングルライフが公開された。

この日イ・シオンは同い年の友達RAIN(ピ)と時間を共にした。この席でイ・シオンが尋ねたのは「結婚してみてどうか? 楽しいか?」と、いうこと。 RAINは言葉なくニッコリ笑ってうなずいた。その小さな行動からも幸福はにじみ出た。

引き続きイ・シオンはRAINに今夜は外泊をしようとし、「家には後で知らせればいいじゃないか」と冗談を言った。 拒否するRAINにイ・シオンは「嫁がこわいのか?」と、繰り返し尋ねたし、これに対しRAINよりも虹会員たちが激昂した。彼らは「家にキム・テヒがいるのにイ・シオンと行くか?」 、「家にキム・テヒがいるなんて現実性がない」と、笑った。

代わりに成されたのが2人の友達のカラオケ対決。10年ぶりにカラオケボックスに来たというRAINは意外な緊張感を表わした。カラオケのリモコンでなく冊子で歌を探すRAINを見て虹会員たちは「昔の人だ」と、笑った。 RAINは自分の歌を熱唱し、ワールドスターの品格を誇った。

この記事に

イメージ 1

歌手RAIN(ピ)が自身の肩幅が広くなった理由について明かしました。

12月6日に放送されたMBCエブリワン「週刊アイドル」では、ワールドスターRAINが出演し、楽しいトークを展開しました。

この日の放送でRAINはMCたちから「噂のオッケカンペ(肩幅の広い人)だ」、「それは先天的なものですか、運動で培ったものですか?」といった質問を投げかけられました。

実際にMCたちはRAINの肩幅を測ってみることに。なんと彼の肩幅は57cmということがわかり、今をときめくアイドルグループ「WANNA-ONE」のカン・ダニエルと同じぐらいであることが明らかになりました。

イメージ 2

これについてRAINは「子どもの頃、あまりにも殴られたので身体から鍛えることにしました」と明かし、人々を驚かせました。

イメージ 3

彼は「いじめを受けて、中学に入学するシーズンにこのままではダメだと思って両親に言った」と明かしました。

イメージ 4

そして「朝には水泳、昼にはトレーニングジム、夕方には合気道の道場に通いながら鍛錬した」とし、「その時に身体を鍛えたのです」と、“オッケカンペ”の秘訣を説明しました。

イメージ 5

RAINはこの日の放送の中で自身のニューアルバム「MY LIFE愛」の広報も行いました。彼は「本当に一生懸命作りました」とし、「アルバムの話が切実だ」と語りました。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事