ここから本文です
イメージ 1

歌手・俳優のRAIN(ピ)も、たまに1人でご飯を食べる“普通の夫”だった。

最近韓国で放送されたMBC「ラジオスター」は、映画「自転車王オム・ボクドン」のイ・ボムス、RAIN、イ・シオン、シン・スヒャンが出演する「非凡な人々」特集で組まれた。

この日最も話題になったゲストは、何と言ってもRAINだった。RAINは、バラエティ番組にあまり出演しないスターである上、女優キム・テヒと結婚して父親になった後、彼の結婚生活と育児に人々の関心が集まったためだ。

イメージ 2

RAINとキム・テヒは2013年に交際中であることを認め、芸能界の公式カップルとして熱愛を続け、2017年には熱愛5年で結婚式を挙げ、多くの人々から祝福を受けた。そしてその年に妊娠と出産のニュースを知らせて、さらに関心を集めた。

先駆けてRAINは結婚して娘を授かり、昨年JTBC「パッケージで世界一周‐集まってこそ旅立てる」に出演したが、トークショーへの出演は久しぶりだった。

RAINは「ラジオスター」で率直な一面を見せ、視線を引いた。特に、結婚して1人でよくご飯を食べることを明かし、驚きを与えた。RAINは「誰とでも話したくない時がある。悩みがあったり、リフレッシュしたい時がある」とし、1人での食事にもレベルがあると話した。

また「初級はファーストフードやコンビニ。上級は焼肉屋で1人でお肉を焼いて食べること。先日も1人で行ってきた」とし、焼肉屋で1人で食事するコツを公開した。

イメージ 3

RAINは「堂々と1人で入って、連れの人がいるかのように演技してから座る必要がある。1人で来たと言ったら受け入れてくれない。堂々としているのが一番重要だ。すごくナチュラルに、帽子をかぶって自分だけの時間を楽しむ」と話した。RAINは1人でご飯を食べている時に、誰かに気づかれたら挨拶するし、写真撮ろうと言われたら一度ハグしてあげると話した。

RAINの1人食事。彼も普通の夫であり、普通のパパだった。結婚して、そして親になって1人だけの時間を欲しがるが、RAINも普通の夫、パパと同じだったのだ。多くの視聴者たちが、彼の1人食事に共感するという声が寄せられている。

この記事に

イメージ 1

RAIN(ピ)が、イ・シオンと認証ショットを撮った。

9日、歌手RAINは自身のインスタグラムに「#イ・シオン俳優#僕#とてもいい奴#オム・ボクトン」というハッシュタグと共にセルフィー写真を掲載した。

一方、RAINは2月公開される映画「自転車王オム・ボクトン」で主役を務め、熱演を繰り広げた。

この記事に

イメージ 1

昨日(8日)午後、ソウル松坡(ソンパ)区ロッテシネマ・ワールドタワーで映画「自転車王オム・ボクドン」応援団の発足式ショーケースが行われ、俳優イ・ボムス、RAIN、カン・ソラ、イ・シオンが参加した。

「自転車王オム・ボクトン」は、日本統治時代、希望をなくした時代にそうそうたる日本の選手を押さえて、朝鮮人では初めて全朝鮮自転車大会1位を獲得し、東アジア全域を席巻した“東洋自転車王”ことオム・ボクトンを素材にした作品だ。

「自転車王オム・ボクトン」は韓国で2月27日に公開される。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

この記事に

イメージ 1

日本統治時代、朝鮮人としては初めて「全朝鮮自転車大会」で勝利を収め、人々の希望となった実在の人物オム・ボクドンのストーリーで、三一節(三・一独立運動を記念する韓国の祝日) 100周年となる2019年、観客に笑顔と感動を与える映画「自転車王オム・ボクドン」が2月27日の韓国公開を決定し、メイン予告編を電撃公開した。

予告映像の公開後、再生回数400万回を突破し、2019年最高の話題作として観客から爆発的な関心を集めている。映画「自転車王オム・ボクドン」は、日本統治時代に希望を失った中、錚々たる日本選手を抜き、朝鮮人としては初めて全朝鮮自転車大会で1位を取り、東アジア全域を席巻した“東洋自転車王”を素材にした作品だ。

日本統治時代、厳しい状況にも15年間優勝を逃さなかった伝説的な自転車英雄オム・ボクドン。自転車1台で、2千万人の朝鮮のプライドを立てた大韓民国初のスポーツスターだったが、今では忘れられている人物になってしまったオム・ボクドンに対する観客たちの関心が高まっている中、他の映画とは違い20〜30代男性観客たちがコメントなどを通じて爆発的な関心を表しており、ヒットできるかに関心が高まっている。

三一節100周年の2019年2月27日の公開を決定し、同時に公開されたメイン予告編は、オム・ボクドン(RAIN)が自転車王になるまでに経験した苦難の過程はもちろん、愛国団員たちの命をかけた死闘を描き、一瞬も目が離せない迫力と緊張感を与える。特に、平凡な水売りから2千万人の朝鮮人が熱狂する自転車英雄になる過程で繰り広げられるオム・ボクドンの闘魂は、感動を与えるものとみられる。

決勝戦に向かって突き進むオム・ボクドンのスペクタクルな競走シーンと、独立闘志たちの高難度アクション、大規模な銃撃シーンが交差されて繰り広げられるスペクタクルな見どころや、日本統治時代の歴史を想起させる熱い感動が共存する映画「自転車王オム・ボクドン」は、名実ともに2月最高の期待作として急浮上している。

「自転車王オム・ボクドン」は韓国で2月27日に公開される。

この記事に

イメージ 1

映画「自転車王オム・ボクトン」(監督:キム・ユソン)が予告編を公開した。

「自転車王オム・ボクトン」は、日本統治時代、希望をなくした時代にそうそうたる日本の選手を押さえて、朝鮮人では初めて全朝鮮自転車大会1位を獲得し、東アジア全域を席巻した“東洋自転車王”ことオム・ボクトンを素材にした作品。

自転車1台で2000万人の朝鮮人の希望になった実在人物“オム・ボクトン”を素材に、独立のために命をかけて戦った闘志たちの物語を加えた「自転車王オム・ボクトン」は、面白さと感動はもちろん、華麗な見所まで届ける予定だ。またチョン・ジフン、カン・ソラ、キム・ヒウォン、コ・チャンソク、イ・シオン、ミン・ヒョリン、そしてイ・ボムスなど信頼して見られる俳優のラインナップはもちろん、暗鬱だった時期にも消えなかった韓国人の誇りと希望を盛り込み、関心を集めている。

公開された予告編は朝鮮最高の自転車選手“オム・ボクトン”の名前を叫ぶ観衆たちの歓声の音で始まり、注目を集める。日本の厳しいけん制の中でも全力を尽くして疾走するオム・ボクトン(RAIN)の迫真あふれる競争場面と、一つになって彼を応援する観衆たちの姿は、実際の試合を見ているような錯覚を呼び起こし、胸を響かせる感動を届ける。

愛国団の行動隊長アン・ドミン役のコ・チャンソク、オム・ボクトンの師匠ファン・ジェホ役のイ・ボムス、愛国団員のキム・ヒョンシン役のカン・ソラ、親日派サカモト役のキム・ヒウォン、オム・ボクトンの親友で自転車選手のイ・ホンデ役のイ・シオンなど、韓国映画界を代表する俳優たちが見せる演技のアンサンブルと競技場の大規模爆発シーン、緊迫感あふれる銃撃シーンなどは、映画の巨大なスケールを実感させる。最後にみんなの希望を抱えて出発線に立つオム・ボクトン「僕、本当に死ぬほど走ります」という台詞は、深い響きを伝え、期待をより高める。


この記事に

イメージ 1

映画「自転車王オム・ボクドン」が2月の公開を確定し、予告ポスターを公開した。

「自転車王オム・ボクドン」は日本植民地時代に希望を失った中、錚々たる日本選手を抜き、朝鮮人としては初めて1位を取り、東アジア全域を席巻した”東洋自転車王”を素材にした作品だ。自転車一台で朝鮮の希望になった伝説的な人物だったが、現在は、忘れら去られた名前である”オム・ボクドン"を再発掘するという点で、クランクイン当時から期待を集めた。実存の人物オム・ボクドンの物語を土台に、独立のために命を捧げて戦った闘士たちのストーリーを加えて、楽しさと感動はもちろん、華麗な見どころまで披露する予定だ。

「自転車王オム・ボクドン」は忠武路(チュンムロ:韓国の映画界)最高の演技派俳優の組み合わせで、公開前から期待を集めた。水売りから自転車の英雄として朝鮮の希望となったオム・ボクドン役を演じたRAINは、映画の中のすべての自転車レースのシーンを直接演じた。また、朝鮮の独立のために命をかけた愛国団の行動隊員、キム・ヒョンシン役のカン・ソラは決断力ある独立運動家役を務め、強力なアクションを披露する予定だ。イ・ボムスは、自転車で朝鮮の自負心を守ろうとする自転車商会の社長であると同時にオム・ボクドンの師匠であるファン・ジェホ役で出演し、映画に重みを加える。愛国団を皆殺しにするために血眼になった親日派の坂本役のキム・ヒウォンと愛国団の行動隊長・アン・ドミン役のコ・チャンソクはそれぞれ劇中で対立する。2人は日帝の手先と独立運動家の首長として熱演して、ドラマの緊張を高める予定だ。オム・ボクドンの親友であり、日米商会所属の自転車選手、イ・ホンデ役のイ・シオンと選手団のマネージャーのキョンジャ役のミン・ヒョリンがより楽しさをプラスするだろう。

一緒に公開された予告ポスターは自転車で二千万の朝鮮人の胸を躍らせた勝利の期待感をそのまま表わして、注目を集めている。自転車に乗ったまま悲壮な覚悟で競走を準備中のオム・ボクドン(RAIN)の姿と、彼を励ます師匠のファン・ジェホ(イ・ボムス)、そして意味深長な顔の独立軍キム・ヒョンシン(カン・ソラ)の表情はこれから展開されるレースの結果に対する好奇心を募らせている。また、彼を応援するアン・ドミン(コ・チャンソク)、キョンジャ(ミン・ヒョリン)、イ・ホンデ(イ・シオン)と競技場を埋め尽くした観衆の姿が調和し、映画が伝える感動が感じられ、映画への期待を高めている。

この記事に

イメージ 1

韓国歌手兼俳優Rain(ピ、36)が“ムロツヨシ風ヘア”にイメージチェンジを図った。

 Rain(ピ)は27日、自身のSNSに写真を公開した。彼はこれまでとは違う強いパーマヘアで反転した魅力を見せた。

 Rain(ピ)は歌手と俳優だけでなく、制作者としての活動を予告している。所属事務所を通して現在、ソロ歌手とボーイズグループを企画中で、来年以降を目標にデビューさせる計画を明かした。韓国内だけでなく海外の人材も発掘するオーディションを進行中だ。

この記事に

イメージ 1

歌手RAIN(ピ)が近況を公開した。

RAINは本日(27日)、自身のInstagramに特別なコメントなしに、プレゼントの絵文字だけを付け加え、セルフショットを公開した。

公開された写真には、パーマの新しいヘアスタイルになったRAINの姿が写っている。既存のカリスマ性溢れるスタイルにキュートな魅力が加わった。RAINの変わらないハンサムなビジュアルも目を引く。ネットユーザーたちは、「なぜこんなに素敵でいれるのか?」などの反応を見せている。

RAINは最近、親のいわゆる“ビットゥ” (借金を意味する“ビッ”とMetooの“トゥ”からの新造語で、芸能人などの有名人の家族が詐欺を働いたり、お金を返さないなどの事実が明らかになり巻き起こった社会現象)疑惑が浮上し、論議に巻き込まれたことがある。RAIN側は被害を主張した相手に対し虚偽事実の流布などで、法的対応を予告した状況だ。

この記事に

イメージ 1

歌手兼俳優RAIN(チョン・ジフン)が、男ソロとグループをローンチする計画だ。

RAINの所属事務所RAINカンパニー関係者は12日、「RAINが男性ソロ歌手と多国籍ボーイズグループをローンチするためにグローバルプロジェクトを企画中だ」と、明らかにした。

引き続き「現在、内部企画段階で、昨年末から準備した。 RAINが、アイドル男性ソロ歌手があまりいない雰囲気の中、かなり以前から夢見てきたプロジェクトだ。 色々な関係者たちに会ってミーティングを進めている」と、説明した。

該当関係者によると、RAINが製作中であるソロ歌手と多国籍ボーイズグループは来年末や再来年ぐらいローンチする計画だ。

一方、RAINは昨年KBS2TVオーディション番組『THE UNIT』にメンターとして出演して後輩歌手養成に関心を見せてきた。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事